2024年2月最新のゲーミングPCセール情報をチェック

【2024年2月】おすすめの予算10万円以上15万円以下ゲーミングPCを紹介

予算10万円以上15万円以下のゲーミングPCは、ミドルクラスに位置付けられます。

本記事では予算10万円以上15万円以下のゲーミングPCのスペックについて簡単な解説をし、予算10万円以上15万円以下のおすすめゲーミングPCを厳選して紹介したいと思います。

目次

ゲーミングPCの価格分布について

ゲーミングPCの価格分布について

上記の表は、パソコン工房 iconのゲーミングPCの価格分布表(2023年3月調べ)です。10万円以上15万円以下のゲーミングPCは26台でした。意外と少ない印象です。

やはり、ビデオカードなど、各パーツの高騰が続いている現在、予算を10万円以上15万円以下に抑えるのはなかなか厳しいようです。

「30万円以上」は範囲が多いので例外として、やはり一般的にゲーミングPCは「15万円~20万円」という価格帯が主流です。

予算10万円以上15万円以下のゲーミングPCのスペックについて

予算10万円以上15万円以下のゲーミングPCのスペックについて

一般的にはゲーミングPCの価格のほとんどを占めているのはビデオカードです。

予算10万円以上15万円以下という縛りがある場合、それは自ずと搭載されるビデオカードのグレードがミドルクラスになることをを意味します。

大抵の場合、RTX 3050、RTX3060、RTX3060 Ti、RTX4060、RTX4060 Ti搭載のゲーミングPCに絞られます。

おすすめはRTX 4060搭載ゲーミングPCです。

性能的には、RTX 3060、RTX3060 Tiの中間といった感じです。ただ、消費電力はその2つのGPUより低く、さらにDLSS FGも使用可能という強みがあります。

DLSS FGを使用すれば、RTX 3060どころか、RTX 3060 Tiを凌ぐ性能を発揮します。

それでいて、RTX 4060搭載のゲーミングPCは安価に設定される傾向があり、結果的にこの価格帯で最もコスパの良いゲーミングPCとなっています。

あわせて読みたい
RTX 4060をレビュー!RTX 3060、RTX 3060 Tiと性能を比較! RTX 3060の後継モデルかつ、RTX40シリーズのミドルレンジモデルとして、RTX 4060が2023年6月28日に発売されました。 先代モデルのRTX 3060、RTX 3060 Tiが未だ販売され...

予算10万円以上15万円以下おすすめゲーミングパソコン

コンパクトタワーPC TS-I7700GTX66TIMIJ

  • CPU:Core i7 11700
  • GPU:GTX 1660 Ti
  • メモリ:16GBx1
  • ストレージ:500GB NVMe SSD
価格:104,980円
このモデルについて詳しく見る

Core i7 11700×GTX 1660 TiのエントリークラスのゲーミングPCです。

GTX 1660 TiはGTX 1660 Superとのほぼ同等な性能を有しています。

Core i7 11700は8コア16スレッドのインテル第11世代のCPUで、性能はそこまで高くありませんが、GTX 1660 Tiくらいとのビデオカードとの組み合わせであれば性能不足を感じることはないです。

メモリは16GBなのはいいですが、シングルチャネルなのは注意が必要です。また、ストレージは500GBと少し心もとないです。カスタマイズできないので、自分で増設するか、外部ストレージを使うなど工夫が必要です。

このモデルは小型のPCケースのJONSPLUS i100 Proを採用しています。小型でありながら、材質はアルミなので高級感もあります。

さらに、マザーボードはMSI MPG B560I GAMING EDGE WIFI、メモリはCrucial CT16G4DFS832A、電源 はCWT GPS750S(GOLD電源)など、質の高いPCパーツを採用しています。

arkhive Gaming Custom GC-A5R66M AG-AR6B55MRN6-ZT3

  • CPU:Ryzen 5 5600
  • GPU:RX 6600
  • メモリ:8GB×2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:108,800円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5600×RX 6600のミドルクラスのゲーミングPCです。

RX 6600は旧世代のグラボですが、性能的にはRTX 3060の8~9割の性能が出せているので、ミドルクラス帯としては悪くない性能です。

Ryzen5 5600は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。マルチ性能だけでなく、シングル性能も十分高く、RX 6600あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは充実しています。

このモデルは、パソコンSHOPアーク、Asrock、AMD3社によるタッグで生み出されたものです。

それもあってか、マザーボードはASRock B550M Pro4、グラボのRX 6600もAsrockのCHALLENGERが採用されています。

それ以外にも、ストレージはCrucial P3 1TB、PCケースも強化ガラス製のサイドパネルを搭載したZALMAN T3 PLUS、電源も玄人志向のKRPW-BK650W/85+など、各パーツ何が使われているかはっきり記載されているので安心感があります。

10万円代でありながらフルHD解像度で高画質&高fpsでのゲームプレイも十分可能なスペックを持っているので、お得感はかなり高いです。

Victus 15L

  • CPU:Core i5-13400F
  • GPU:RTX 4060
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:512GB NVMe SSD
価格:120,000
このモデルについて詳しく見る

Core i5-13400F×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。

Core i5-13400Fは10コア16スレッドのインテル第13世代のCPUです。実質、インテル第12世代のCore i5-12400にEコアが4つついたCPUと言えます。

Core i5-12400と同じくシングル性能が優秀なのはそのままで、Eコアがついた分、マルチスレッド性能も向上しました。RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

PCケースはコンパクトで、デスクの上に置いても邪魔になりにくいのも魅力的です。

ただし、ストレージは512GBなので不安はあります。しかも、カスタマイズでストレージの増量ができないのでその点は注意です。さらに納期もかかるのですぐに欲しい方にはその点はマイナスポイントになります。

※上記のリンクは冬のクリアランスSALEのページに遷移します。そこから購入すればセール価格が適用されます。

G-GEAR GA7A-D230/T

  • CPU:Ryzen 7 5700X
  • GPU:RX 6600 XT
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:124,800円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 7 5700X×RX 6600 XTのミドルクラスのゲーミングPCです。

RX 6600 XTは性能的にはRTX 3060を上回る性能を持っており、コスパの高いグラボ代表として長年地位を築いています。

Ryzen 7 5700Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RX 6600 XTあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは必要十分です。

さらにマザーボードはMSI B550-A PRO、電源は750W 80PLUS GOLD対応、ストレージはgen4に対応したSolidigm P41 Plus 1TBモデルを採用と、質の高いパーツを採用しているのも魅力的です。

AeroStream RM5A-A222TN/CP2

  • CPU:Ryzen5 5600G
  • GPU:RTX 4060
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:129,980円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5600G×RTX 4060のミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 5600Gは6コア12スレッドのZEN3世代のAPUです。APUということで、内蔵GPUの性能が高いことが特徴ですが、CPU性能もそれなりに優秀です。

L3キャッシュの量が少ないというデメリットはありますが、RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは16GB、ストレージは1TBと基本スペックは優秀です。

一切カスタマイズはできませんが、即納モデルなのですぐに届くのは魅力的です。

ROG Strix G10DK

  • CPU:Ryzen 7 5800X
  • GPU:RTX 2060 Super
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:129,800
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 7 5800X×RTX 2060 SuperのミドルクラスのゲーミングPCです。

RTX 2060 Superは旧世代のグラボですが、性能的にはRTX 3060と遜色ないです。

Ryzen 7 5800Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。Ryzen 7 5700Xより若干クロックが高いだけで、そこまで違いはありません。シングルもマルチもそこそこ性能が高いのもあって、RTX 2060 Superとの相性は良好です。

メモリは16GB、さらにストレージは1TBと基本スペックは必要十分です。

ASUSオリジナルのPCケースが採用されており、ASUSのロゴが目立つデザインとなっています。Aura Syncに対応しているのでケースの一部を光らせることも可能です。

CPUやGPUを搭載したエリア、電源やストレージを搭載したエリアの2段で構成されており、効率かつ強力なエアフローを実現しています。

※会計の際、「Ichioshi」のコードを入力することでセール価格が適用されます。

NEXTGEAR JG-A5G6T(ホワイトカラーモデル)

  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:RTX 3060 Ti
  • メモリ:16GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:132,500
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 4500×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、高性能というわけではないですが、GTX1660 Superあたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはないです。

メモリは32GB、さらにストレージは1TBとこの価格帯にしてはかなり充実しています。

このモデルはコスパに優れたLEVELθ(レベル シータ)に属しています。PCケースにはThermaltake製のミニタワーケース「S100 TG」をベースとしたオリジナル筐体を採用。スイングドア方式を採用した強化ガラス製サイドパネルが特徴のPCケースです。

標準でLEDケースファンが搭載されているので、ガラスパネル越しにライティングを楽しむことができます。

NEXTGEARはマウスコンピューターのブランドの中でコスパに優れたブランドという位置づけですが、他のブランドと同じく3年間という手厚い標準保証が受けられます。

長期間安心して使いたい方にはこの保証期間の長さはありがたいです。

FRGKB550M/M104/NTK

  • CPU:Ryzen 5 5600X
  • GPU:RTX 3060(12GB)
  • メモリ:16GB×2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:138,800円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 5600X×RTX 3060(12GB)のミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen5 5600Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。マルチ性能だけでなく、シングル性能も十分高く、RTX 3060あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは32GB、ストレージは1TBと基本スペックは充実しています。

このモデルは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワーのPCケースを採用しているGKシリーズに属しています。

小型ですが、垂直エアフロー構造で効率的なエアフローを実現しています。さらにツールレスでサイドパネルを取り外せるので、メンテナンスも楽です。

HyperX Alloy Origins 65 メカニカルゲーミングキーボードが付属するのでお得感はかなりあります。

NEXTGEAR JG-A5G6T 

  • CPU:Ryzen 5 4500
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:8GBx2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:144,800
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 5 4500×RTX 4060 TiのエントリークラスのゲーミングPCです。

Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、高性能というわけではないですが、RTX 4060 Tiあたりのビデオカードと組み合わせであれば、そこまで大きな性能不足を感じることはないです。

メモリは16GB、さらにストレージは1TBとこの価格帯にしてはかなり充実しています。

このモデルはコスパに優れたLEVELθ(レベル シータ)に属しています。PCケースにはThermaltake製のミニタワーケース「S100 TG」をベースとしたオリジナル筐体を採用。スイングドア方式を採用した強化ガラス製サイドパネルが特徴のPCケースです。

標準でLEDケースファンが搭載されているので、ガラスパネル越しにライティングを楽しむことができます。

NEXTGEARはマウスコンピューターのブランドの中でコスパに優れたブランドという位置づけですが、他のブランドと同じく3年間という手厚い標準保証が受けられます。

長期間安心して使いたい方にはこの保証期間の長さはありがたいです。

FRGAG-B550M/WS205/NTK

  • CPU:Ryzen 7 5700X
  • GPU:RTX 4060 Ti
  • メモリ:16GB×2
  • ストレージ:1TB NVMe SSD
価格:149,980円
このモデルについて詳しく見る

Ryzen 7 5700X×RTX 4060 TiのミドルクラスのゲーミングPCです。

Ryzen 7 5700Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060 Tiあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

メモリは32GB、ストレージは1TBと基本スペックは充実しています。

このモデルは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワーのPCケースを採用しているGKシリーズに属しています。

小型ですが、垂直エアフロー構造で効率的なエアフローを実現しています。さらにツールレスでサイドパネルを取り外せるので、メンテナンスも楽です。

まとめ

10万円以上15万円以下のおすすめのゲーミングPCは全体的にコスパに優れているモデルが多い印象です。コスパと性能を第一に考えているのなら、この価格帯からまずゲーミングパソコンを探してみるのはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次