2024年2月最新のゲーミングPCセール情報をチェック

【2024年】Amazonタイムセール祭りが2月4日(日)23:59まで開催!お得なセール対象品を厳選して紹介

セール

2024年2月4日(日)23:59までAmazonタイムセール祭りが開催されます。

今回は「PCパーツ」、「ストレージ」、「モニター」、「ゲーミングデバイス」、「Amazonデバイス」の5ジャンルに絞って、おすすめのセール商品を厳選して紹介します。

目次

Amazonタイムセール祭りでお得に買い物するには?

ポイントアップキャンペーンに参加する

Amazonタイムセール祭り開催に合わせて、最大10%ポイントが還元される、ポイントアップキャンペーンが開催中です。キャンペーン参加条件は以下の3つです。

  • 条件その1:2023年1月7日(土)23:59までにキャンペーンにエントリーする
  • 条件その2:2023年1月7日(土)23:59までに合計10,000円(税込)以上の買い物をする
  • 条件その3:以下の3つの条件を満たせばポイント還元率がアップ
    プライム会員なら+1.5%
    AmazonMastercardでのお買い物なら最大3%(プライム会員の場合。通常還元率2%含む)
    ・食品・飲料・お酒の購入で+5.5%

「特選タイムセール」、「数量限定セール」、「お買い得情報」をチェックする

Amazonのセールには種類が複数ありますが、その中でも、「特選タイムセール」、「数量限定セール」という2種類の特殊なセールは要注目です。

「特選タイムセール」は数量に限定なしで、24時間限定でお得に買えるセールのことです。よくスーパーで見かける、「本日の特売日セール」とほぼ同じものだと捉えてもらっても問題ないです。

「数量限定セール」は文字通り、数量に限定があるセールのことです。基本的に8時間経過すると、商品の入れ替えが行われます。

「特選タイムセール」、「数量限定セール」はともに割引率が多く、よりお得に商品が購入できるチャンスが広がります。

また、「特選タイムセール」、「数量限定セール」とは少し性質が異なりますが、割引商品の情報をまとめた「お買い得情報」もチェックする価値があります。

なお、「特選タイムセール」、「数量限定セール」、「お買い得情報」は、Amazonタイムセール祭りのトップページに入り、左端のサイドバーのセールのタイプから、絞り込みを行えば、該当する商品を見つけやすくなります。

おすすめのセール対象品

モガ

価格は2024年2月2日時点のものです。

PCパーツ

ASRock A520M Pro4

ASRock A520M Pro4がセール対象となっています。

A520チップセット搭載のM-ATXマザーです。

チップセットがA520ということもあって、pcie 3.0のみの対応ですが、その点に目をつぶればコスパは高いマザーボードが多いです。

このAsrock A520M Pro4はメモリスロットが4本、M.2スロットが2基とそこそこ拡張性が高いのが魅力的です。価格が下がっているZEN3のCPUと組み合わせることでコスパの高いPCを構成できます。

ASRock A520M Pro4

ASRock A520M Pro4がセール対象となっています。

H610チップセット搭載のM-ATXマザーです。

このMSI PRO H610M-E DDR4はM.2スロットは1基、メモリスロットは2本と拡張性は乏しく、VRMヒートシンク、M.2ヒートシンクもなしです。

割り切った構成ですが、とにかく安いマザーボードで済ませたいという方にはおすすめです。

MSI PRO B760M-A DDR4 II

MSI PRO B760M-A DDR4 IIがセール対象となっています。

B760チップセット搭載のM-ATXマザーです。

特筆すべきはこのセール価格で、ミドルクラス帯の性能を有していることです。

電源フェーズは12+1+1とそこそこ強力な電源回路を有しています。最近のインテルCPUはCore i5ですら、フルパワーで200W近くいくものもあるので、そういったCPUと組み合わせると性能を最大限引き出しやすいです。

さらにM.2スロットは2基、その内一つはM.2 SSDヒートシンク付属、さらに巨大なVRMヒートシンクも付属と、熱対策にも力が入っています。

BIOS更新せずともインテル第14世代に対応している点も魅力が高いです。

MSI MPG B550 GAMING PLUS/A

MSI MPG B550 GAMING PLUS/Aがセール対象となっています。

B550チップセット搭載のATXマザーボードです。

特筆すべきはこのセール価格で、ミドルクラス帯の性能を有していることです。10+2+1フェーズというそこそこ強力な電源回路を有しています。

さらにM.2スロットは2基、その内一つはM.2 SSDヒートシンク付属、さらに巨大なVRMヒートシンクも付属と、熱対策にも力が入っています。

ZEN3のCPUは安くなっているので、このマザーと組み合わせることでコスパの高いPC構成を目指すことも可能です。

Thermaltake S100 TG Snow Edition

Thermaltake S100 TG Snow Editionがセール対象となっています。

強化ガラス製のサイドパネルを採用しているPCケースです。

強化ガラス製のサイドパネルはスイングドア式を採用しており、サイドパネルを外す必要がなくなるので、ちょっとしたメンテナンスの時に便利です。

それでいて、比較的安価なので、総じてコスパの良いPCケースといえます。

あわせて読みたい
S100 TGをレビュー!スイングドア式ガラスパネル採用の高コスパPCケース 自分のパソコン環境を一新したので、どうせならPCケースも新調したいと思うようになりました。 いくつか候補があったのですが、選んだのはThermaltake製のMicroATX専用...

ストレージ

WD Blue SN580

WD Blue SN580がセール対象となっています。

DRAMレス仕様のエントリークラスのSSDですが、性能はほぼWD Black SN770と同等です。それでいて価格が抑えられているので、総じてコスパが高い印象です。

価格が安く、性能や信頼性が高いSSDを探しているのならまず間違いなく候補に入るSSDです。

あわせて読みたい
エントリークラスだが性能は侮れない!「WD Blue SN580 NVMe SSD」をレビュー! NVMe SSDは以前に比べて価格が安くなり、エントリークラスとなると、1TBでも1万円前後というのが当たり前になりました。 ただ、エントリークラスのNVMe SSDは種類が多く...

Kingston NV2 1TB

M.2 NVMe SSDのKingston SSD NV2がセール対象となっています。

連続読み取り速度が3,500MB/s、連続書き込み速度は2,100MB/sなので、PCI Express 3.0(x4)接続並みですが、PCI Express 4.0(x4)接続なのが売りです。

価格はPCI Express 3.0(x4)並みなので、PCI Express 4.0(x4)接続のみの対応のPS5のストレージの増設を安価に済ませたいというのであれば、第一候補になるのではと個人的に思っています。

あわせて読みたい
Kingston NV2 PCIe 4.0 NVMe SSDをレビュー!PS5への増設にピッタリなコスパ良好なPCIe 4.0対応NVMe SSD PCI Express 4.0(x4)接続対応のNVMe SSDは、まだまだ価格は高い傾向にあります。 そんな状況の中、Kingstonからコスパの良さが売りの、PCI Express 4.0(x4)接続対応のNV...

バッファロー SSD-PUT1.0U3-B/N

ポータブルSSDのバッファロー SSD-PUT1.0U3-B/Nがセールとなっています。

スティックタイプということで、非常に小型です。USBメモリと同じような感覚で使うことができます。

USB3.2Gen1対応なので、最大約430MB/sの高速なファイル転送を実現しています。

PCだけでなく、PS5、PS4にも使える汎用性の高さも魅力的です。

モニター

ProArt PA279CV-J

ProArt PA279CV-Jがセール対象となっています。

ProArt PA279CV-Jは27型、4KのIPS液晶のモニターです。一番の注目ポイントは色の再現性に特化している点です。

sRGB 100%とRec. 709 100%の広い色域をカバー。さらにCalman Verified認証済みの優れた色精度 (∆E <2)を実現。しかも、出荷前にキャリブレーションを行うという徹底ぶり。

DisplayPortをサポートするUSB-C ポートを搭載しているので、USB Type-Cケーブル1本で接続できるのも魅力的です。クリティブワーカーにおすすめのモニターです。

INNOCN 27M2V

INNOCN 27M2Vがセール対象となっています。

INNOCN 27M2Vは27インチ、4K解像度、リフレッシュレート160Hz対応、1msと、ゲーム向けのモニターです。

特筆すべきは、HDR 1000かつ1152ゾーン分割QD-LEDを採用している点です。この特徴を有しながら、比較的購入しやすい価格に抑えているのはこのモデル一択といっていいモニターです。

INNOCN 32M2Vは32インチ、4K解像度、リフレッシュレート144Hz対応、1msと、ゲーム向けのモニターです。こちらもHDR 1000かつ1152ゾーン分割QD-LEDを採用しています。

DELL G3223Q

DELL G3223Qがセール対象となっています。

特筆すべきは、HDR 600、4K、144HZという3条件でこの商品が最安だということです。

もちろん安いだけでなく、Fast IPS、DCI-P3 95%など、基本性能も優秀です。

エルゴトロンLX

エルゴトロン


モニターアームの代表格、エルゴトロン LXがセール対象となっています。

エルゴトロンLXは、「モニターアーム選びに迷ったら、とりあえずエルゴトロンLXを選んでおけば間違いない」と言われているほど、信頼性の高いモニターアームです。

保証期間は驚異の10年間。メーカーサイドもよっぽどのことがない限り、壊れないと自信をもっている証拠です。

一度購入しさえすれば、長く使えるので、モニターの調整に困っているのなら早めの導入をおすすめします。

なお、Amazonベーシック モニターアームという類似品がありますが、こちらはエルゴトロンLXのOEM品です。製品そのものはほとんどエルゴトロンLXと同一のものと言っていいと思います。その代わり、エルゴトロンLXより価格が安いです。

ただ、Amazonベーシック モニターアームの保証期間は1年と圧倒的に短いので、それを考えると、多少高くとも、エルゴトロンLXの購入をおすすめします。

あわせて読みたい
エルゴトロンLXをレビュー!モニターを宙に浮かす モニターの位置を調節したいけど、付属の台だと細かな調節はできない。こんな経験ありませんか?これを解決するにはモニターアームを購入するしかありません。 モニター...

ゲーミングデバイス

BIGBIG WON Gale

ゲームパッドのBIGBIG WON Galeがセール対象となっています。

充電スタンド付きのワイヤレス対応ゲームパッドなのに低価格なのが最大の特徴です。

しかも、ポーリングレートは1000Hzを実現(有線時)、アナログスティックの精度が高い、ジャイロ・モーションコントロールに対応、背面ボタンが4つあるなど、性能や機能も非常に優秀です。

あわせて読みたい
BIGBIG WON「GALE」をレビュー!充電スタンド付きで高機能・多機能なのに安価なワイヤレス対応ゲームパッド ゲームパッドは各社様々なモデルが販売され、選択肢が非常に多いです。 ただ、「充電スタンド付きのワイヤレス対応ゲームパッド」という条件になると途端に種類が少なく...

SteelSeries GameDAC Gen 2

ゲーミングアンプのGameDAC Gen 2は、ESS Sabre Quad-DACを搭載し、ハイレゾオーディオ認定を受けた96KHz/24ビットを実現し、SN比は111dBに達します。前世代の「GameDAC Gen 1」と比較して、78%純粋なサウンドを実現しています。

USB-C入力ポートが2つついているので、2台のデバイスと接続できたり、GameDAC Gen 2単体でイコライザーが調整できたりと非常に多機能です。

さらに、パソコン用の専用アプリ「GG Soner」と組み合わせることで機能性がアップします。イコライザーのプリセットは、ApexやFortniteといったゲームごとはもちろん、プロゲーマーのプリセットも選べます。

あわせて読みたい
GameDAC Gen 2をレビュー!2台のデバイスを接続可能なUSB接続型サウンドデバイス 「GameDac Gen2」は、SteelSeriesから販売されているUSB接続型サウンドデバイスです。Gen2と名前がついている通り、「GameDac」の2代目のモデルとなります。 「GameDac ...

Razer BlackShark V2

ゲーミングヘッドセットのRazer BlackShark V2がセールとなっています。

Razer BlackShark V2は軽量、音質も良好、そして低価格というゲーミングヘッドセットです。音の特徴としては、低音が控えめでまさにFPS向けにチューニングされた音です。FPSをメインにやるというのであれば、おすすめです。

また、THX SPECIAL AUDIOというバーチャルサラウンドが使用可能になるUSBDACも付属しているので、それを考えるとお得感はあります。

あわせて読みたい
Razer BlackShark V2をレビュー!付け心地が良く、軽いゲーミングヘッドセット ゲーミングヘッドセットは締め付けが強く、重量感があるタイプが多いため、自分に合うものがなかなか見つからなく、あまり良いイメージを持っていませんでした。 しかし...

EPOS H6 Pro 開放型 / 密閉型

EPOS H6 Proの開放型密閉型がセール価格となっています。

EPOSのゲーミングヘッドセットのH6 Proは、密閉型と開放型の2種類が展開されています。

音質にも違いがあり、聞き比べしたところ、開放型のほうが低音が強めだと感じました。ただ双方、音質は素晴らしく、あとは好みの問題でしょうか?

強いて言うなら足音重視のFPSをプレーするのなら密閉型を、臨場感重視のオープンワールドゲームでは開放型がいいかもしれません。

また長時間音楽を聴くというのであれば、開放型がおすすめです。

ブームマイクは取り外し可能なので、ヘッドホンとしても使えます。また、イヤーパッドが非常に大きいのが特徴です。耳が大きい人でも、イヤーカップに耳がすっぽり入ります。

あわせて読みたい
EPOS H6 Pro Openをレビュー!バランスが優れている優等生的な開放型ゲーミングヘッドセット EPOSのゲーミングヘッドセット、H6 Proの開放型バージョン、H6 Pro Openをレビューしたいと思います。 【EPOS H6 Pro Openの仕様】  イヤーカップアラウンドイヤー ヘッ...

イトーキ YL9G

ゲーミングチェアのYL9Gがセール価格となっています。

YL9Gはオフィス家具メーカーの大手、イトーキから販売されている、ゲーミングチェアです。ベースとなっているのは、オフィスチェアのYL9です。

YL9に比べて、座面クッションの厚みが増し、さらにアームレストもいわゆる4D調整に対応しており、高さだけでなく、回転も可能になり、自由度が増しました。

このアームレストの自由度はゲーミングチェアとしてはかなり珍しい機構なので、大きな魅力となっています。

もちろん、YL9の代名詞、エラストマー樹脂製の背もたれは健在です。

デザインもYL9と大きく変わりなく、派手なデザインを好まないゲーミングチェアを探しているのなら、このYL9Gはピッタリの商品となっています。

あわせて読みたい
サリダチェア YL9Gをレビュー!イトーキの良い意味で地味なゲーミングチェア。組み立て方も解説 YL9はオフィス家具大手メーカーのイトーキから販売されているオフィスチェアです。 今回、YL9のゲーミングモデル、YL9Gを購入したのでレビューと、組み立て方を解説した...

IODATA GV-HDREC/E

キャプチャーボードのIODATA GV-HDREC/Eがセールとなっています。

GV-HDREC/Eはパソコン不要でゲームをキャプチャ可能です。AV入力もあるので、レトロゲームのキャプチャも可能です。

キャプチャされる映像自体も非常にきれいで、ゲーム映像を気軽に綺麗にキャプチャしたい方におすすめです。

あわせて読みたい
PC不要のキャプチャーボードのGV-HDRECをレビュー!初めてのゲーム実況にも最適 大抵のキャプチャーボードはパソコンを介して動かす必要があるので、ある程度のPCスペックが必要です。 しかし、 I-O DATAのGV-HDRECであればパソコン不要でゲームキャ...

Amazon デバイス

Echo Pop / Echo Pop+SwithBot / SwithBot

Echoシリーズのエントリーモデルですが、驚くほど高音質ということで高評価です。

同じエントリーモデルの球形のEcho dot(第5世代)と比べると、 低音の迫力は欠けますが、全体的な音質そのものはEcho Popに軍配が上がるという評価が多いです。

今回のセールでは、Echo dot(第5世代)より安いので、Echo Popのほうがおすすめです。

家電をアレクサを介して遠隔操作したい場合、Switch bot hub miniの購入もおすすめします。ただ、Switch bot単品で購入するよりも、Echo Popとのセット売りのほうがお得に購入できます。

Echo Show 5

Echo dotなどのスマートスピーカーにモニターの機能を持たせたものがEcho Showシリーズになります。

やれることは基本的にEcho dotなどと同じですが、モニター付きなので、情報の取得はやりやすいです。

またタッチ操作対応なので、操作もしやすいです。

Echo Show 5はEcho Showシリーズのエントリーモデルということで、スペックは全体的に抑えめですが、その分小型なので取り回しがしやすいです。

机のスペースに限りがある場合、場所をかなり占有する上位モデルより、このEcho Show 5のほうがいいかもしれません。

あわせて読みたい
Echo Show 5をレビュー!Echo Show 5でできること17選 スマートスピーカーは、AIアシスタントがついているスピーカーのことです。今回そのスマートスピーカーにディスプレイがついた、スマートディスプレイの「Echo Show 5」...

Fire TV Stick / Fire TV Stick 4K / Fire TV Stick 4K Max

テレビ向け映像出力デバイスのFire TVシリーズがセール対象となっています。

フルHDに対応したFire TV Stickと4Kに対応したFire TV Stick 4Kの2種類があります。また、機能性や性能が強化された、Fire TV Stick 4K MAXもあります。

あわせて読みたい
第3世代Fire TV Stickをレビュー!テレビでyoutubeが見れる! 今まで主にyoutubeをノートパソコンで見てたのですが、大型のテレビで見たくなったので、AmazonのFire TV Stickを購入しました。 Fire TV Stickで主に「何ができるのか...

まとめ

今年初のタイムセール祭りということでセール品が数多く登場しています。開催期間は残り少ないですが、この記事を参考にして、お得なセール品を探してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次