ゲーム

PC版BF2042のオープンベータ時の必要スペックが発表!推奨はRTX3060から

2021年11月19日に発売が予定されている、バトルフィールドシリーズの最新作、BF2042。そのオープンべータが2021年10月6日~9日に実施されると発表されました。

また、それと同時にオープンべータの必要スペックが発表されました。今回はPC版BF2042の必要スペックについて掘り下げてみようと思います。

モガ
モガ

製品版の必要スペックは、オープンベータの必要スペックと似通ったものになる可能性があります。BF2042の購入を検討しているのなら、オープンベータに参加して、自分のPCでも快適にプレーできるのかを確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

BF2042のオープンべータについて

BF2042のオープンべータは「PC版」、「PS4版」、「PS5版」、「Xbox Oneおよび、Xbox Series X|S」の各種プラットフォームでプレーできます。

オープンベータの実施期間2021年10月6日~9日です。ただ、プレイヤーによっては、オープンベータに参加できるタイミングは下記のように異なります。

BF2042を予約した人、EA Playメンバー10月6日~9日
一般プレイヤー10月8日~9日

BF2042を予約した人、EA Playメンバーであれば、10月6日~9日までの計4日間プレーでき、一般プレイヤーは10月8日~9日までの計2日間のみのプレーとなります。

BF2042を予約した人、EA Playメンバーの方がはオープンベータに参加できる期間が一般プレイヤーに比べて長いです。

ただ、自分のパソコンでプレーできるのか心配な人は、あえて予約せず(またはEA Playメンバーに入らず)、一般プレイヤーとしてオープンベータに参加することをおすすめします。

なお、事前ダウンロードは10月5日の日本時間16:00からできますので、前もってダウンロードしておくことをおすすめします。

BF2042のオープンベータの必要スペック

BF2042のオープンべーターの必要スペックは以下の通りです。

推奨動作環境最低動作環境
OSWindows 10(64bit)
CPUインテル:Core i7 4790
AMD:Ryzen 7 2700X
インテル:Core i5 6600K
AMD:Ryzen 5 3600
メモリー16GB8GB
ビデオメモリ(VRAM)8GB4GB
グラフィックカードNvidia:GeForce RTX 3060
AMD:Radeon RX 6600 XT
Nvidia:GeForce GTX 1050 Ti
AMD:Radeon RX 560
Direct X12
インターネット接続環境512kbps以上のインターネット接続
ハードディスク空き容量100GB

推奨環境ですが、正直、かなりのスペックが要求されるという印象です。参考までに前作、BF5の推奨環境と比較してみます。

BF2042推奨動作環境BF5推奨動作環境
OSWindows 10(64bit)Windows 7, Windows 8.1 and Windows 10(64bit)
CPUインテル:Core i7 4790
AMD:Ryzen 7 2700X
AMD:Ryzen 3 1300X
インテル:core i7 4790
メモリー16GB12GB
ビデオメモリ(VRAM)8GB記載なし
グラフィックカードNvidia:GeForce RTX 3060
AMD:Radeon RX 6600 XT
AMD:RADEON RX 580 8GB
NVIDIA:GTX 1060 6GB
Direct X1211.1
インターネット接続環境512kbps以上のインターネット接続
ハードディスク空き容量100GB50GB

BF5と比べて、BF2042は特にグラフィックカードの要求スペックがかなり上がった印象があります。

BF2042の推奨動作環境で要求される、「RTX 3060」と「RX 6600 XT」の2つのグラフィックスカードは、いわゆるミドルクラスのグラフィックカードで、正直性能も突き抜けて高いわけではありません。

ただ、現在、グラフィックカードの価格の高騰、品薄の状態は続いています。

例えば、RTX3060の最安価格は、時期にもよりますが大体6万円くらいです。とてもじゃないですが、ミドルクラス帯の価格とは思えません。

また、RX 6600 XTもフルHD環境ではRTX3060以上の性能が出て、おまけにマイニング効率も良いこともあって、品薄状態が続いています。2021年10月1日現在、ネットの販売では売り切れ状態が続いており、購入がほぼ不可能です。

事実上、推奨環境でプレーしたければ、在庫だけは潤沢にある、RTX3060だけが候補になります。

一方、CPUはそこまでのスペックは要求されていない印象です。特にインテルのcore i7-4790は、2014年発売のHaswell世代のcore i7と、かなり古いです。

core i7-4790core i3-10105F
世代第4世代 Haswell Refresh第10世代 Comet Lake-S
対応ソケットLGA1150LGA1200
コア数 / スレッド数4コア / 8スレッド4コア / 8スレッド
ベースクロック3.6Ghz3.7Ghz
ターボブーストクロック4.0Ghz4.20Ghz
L3キャッシュ8MB6MB
対応メモリDDR3-1600DDR4-2666
TDP84W65W

core i7-4790は最新のcore i3のcore i3-10105Fと比較してもスペック上は劣ります。

core i7-4790core i3-10105F
Cinebench R15(マルチ)728884
Cinebench R15(シングル)145177

実際Cinebench R15で比較しても、core i7-4790はcore i3-10105Fに負けています。いくらcore i7といっても、5年以上前のCPUなので今の基準でみると、性能は大したことはありません。

ただ、core i7-4790は今から5年以上も前のCPUなので、当然新品で購入できません。

実質、中古品の購入となりますが、ヤフオクの平均相場だとだいたい1万5000円とまあまあ高いです。

もし、今からPCを一から構築というのであれば、core i7-4790の中古よりは、1万円で購入できてcore i7-4790より性能の高い、core i3-10105Fの方をおすすめします。

つまり、BF2042は、CPUよりはやはりグラフィックカードの方が重要になります。

 RTX3060についてはこちら

RTX3060をレビュー!性能をGTX1070Tiと比較
COLORFULのRTX3060を購入したのでレビューしたいと思います。自分が今まで使っていたグラフィックボードはGTX1070Tiでした。RTX3060をGTX1070Tiと比較して、性能にどれくらいの差があるのか、検証したいと思います。

 core i3-10105Fについてはこちら

core i3-10105Fをレビュー!価格1万円前後の格安ゲーム用CPUとしても最適
最近のcore i3の性能は凄まじい性能の進化を遂げており、それでいて価格は安いままです。今回は、Ryzen5 1600AFとcore i5-11400Fを比較対象として、core i3-10105Fをレビューしたいと思います。

まとめ

BF2042の推奨環境のRTX3060の名前を見た時はかなり驚きました。もう少し下のグレードのグラフィックカードだと予想していたからです。

ただあくまでも推奨環境なので、やはり実際にゲームをプレーしてみないと分かりません。

自分もBF2042のオープンベータに参加予定なので、ゲームをプレーした感想だけでなく、快適にゲームがプレーできたのかどうかなど、また別途記事にしたいと思います。※実際にプレーしました↓。

BF2042オープンベータをRTX3060とGTX1650でプレー。プレーした感想も
BF2042のオープンベータを実際にプレーしたので、その感想と、自分のPC環境でどれくらい快適にプレーできたのかを紹介したいと思います。

ゲーム
スポンサーリンク
モガをフォローする
スポンサーリンク
モガラボ