格安SIMネットサービス

無料プランもあるdonedoneとはどんなサービスなのか?プランの違いについて解説

donedone

一般的にスマホの料金プランは月間データの通信量が増えれば増えるほど、高額になっていきます。また高額になるだけでなく、ある一定のラインの通信量を超えた場合、速度制限というペナルティを課される場合もあります。

もし月間データの通信量が大容量になるというのであれば、それに合った料金プランを展開しているサービスを選択する必要があります。

今回おすすめするdonedoneは、月間データの通信量が大容量になる方向けの料金プランを展開しています。

今回はdonedoneについて解説したいと思います。

モガ
モガ

名前もかなり特徴的なdonedone。2021年7月からサービス開始したばかりで知名度もまだまだで、よくわからない方もいるかと思います。そんな方向けに優しく解説していきます。

スポンサーリンク

donedoneとは

donedoneは、ビックローブ株式会社が2021年7月1日よりサービスを開始した、モバイル通信サービスです。ビックローブ株式会社がすでに展開済みのBIGLOBEモバイルとは、全く異なるサービスです。

donedoneには以下のように3つの特徴があります。

・大容量で圧倒的なコスパ
・安定した通信
・料金の一部を社会貢献団体に寄付

それぞれ詳しく見ていきます。

特徴その① 大容量で圧倒的なコスパ

donedoneは、データ容量50GBという大容量にも関わらず、月額2,480円(税込2728円)です。大容量プランは各社様々なサービスを展開していますが、その中でも、このdonedoneは業界最安クラスです。

特に大容量プランで最安クラスの楽天モバイルと比べても、donedoneのほうが月500円ほど安いのは驚きでした。※ただし、楽天モバイルはデータ容量無制限です。

年間だと、donedoneは、32,736円ですが、楽天モバイルは39,336円です。差は6600円なので、料金だけを比較した場合、donedoneを使った方がよりお得です。

事業者データ容量月額料金1GBあたりの料金
donedone50GB2,728円約55円 / GB
楽天モバイル50GB3,278円約66円/GB
povo20GB2,728円約137円/GB
LINEMO20GB2,728円約137円/GB
Y!mobile30GB4,158円約139円/GB
ahamo20GB2,970円約149円/GB
UQ mobile25GB3,828円約154円/GB

データ容量50GBといっても、イマイチピンとこないかもしれません。データ容量50GBで出来る具体的なことは以下の通りです。

・ニュースサイト閲覧約16万ページ
・動画視聴約45時間
・音楽ストリーム約335時間
・ビデオ会議約71時間

特徴その② 安定した通信

donedoneの運営会社のビックローブ株式会社はKDDIグループです。つまり、donedoneはau回線を使っています。

au回線は人口カバー率99%なので、日本のほとんどで通信が可能です。さらに、混雑時でも速度低下が起きにくい特徴を持っています。

donedoneはベーシックUプランなら混雑時のお昼時でも最大3Mbpsを維持しています。

特徴その③ 料金の一部を社会貢献団体に寄付

donedoneと契約して、料金を払うことでその料金の一部(毎月50円)が社会貢献団体に寄付されます。寄付できる社会貢献団体はいくつかあり、自分で選ぶことが出来ます。

\初期費用無料・10,000円キャッシュバック実施中!/

donedoneの料金プランについて

donedoneの料金プランは下記のように3つあります。

音声通話+データ通信データ通信専用
プランベーシックUプランカスタムUプランエントリープラン
基本料金2,480円/月
(税込2,728円/月)
2,480円/月
(税込2,728円/月)
0円/月
データ通信量50GB無制限
通信速度最大3Mbps最大1Mbps最大128kbps
特徴対象の10アプリのうち3つのアプリが通信速度無制限

ベーシックUプランとカスタムUプランの基本料金は全く同じです。唯一の違いが通信速度です。ベーシックUプランが最大3Mbpsで、カスタムUプランは最大1Mbpsです。

料金が同じなのに、速度がベーシックUプランの方が早いので、見た感じはベーシックUプランの方がお得そうに見えます。

しかし、カスタムUプランには下記の10アプリの中から3つのアプリを選び、その3つのアプリの利用時のみ、通信速度が無制限になるという特徴があります。

SNSLINE
Instagram
Facebook
動画YouTube
ABEMA
TikTok
TELASA
音楽Spotify
Amazon Music
ゲームモンスターストライク

動画サービスやゲームなど、データ通信量が多くなるので、快適に利用するには通信速度もある程度重要になってきます。

その点、カスタムUプランは対象アプリ利用時、通信速度が無制限になるので、ストレスを感じることがなく利用できます。ちなみにカスタムUプランの対象アプリはいつでも変更可能です。

また、データ通信専用のエントリープランは、なんと月額0円という衝撃的な価格ですが、最大128kbpsと低速なので、普段使いにはちょっと厳しいかもしれません。

ベーシックUプランの通信速度3Mbpsに不安を感じる方もいるかもしれません。通信速度3Mbpsの場合は以下のような設定のコンテンツが快適に楽します。

・YouTube高画質HD720P
・Netflix標準画質(SD)
・ABEMA最高画質
・Twitterの動画HD画質
・Spotify最高音質
・zoom高品質ビデオグループ会議

\初期費用無料・10,000円キャッシュバック実施中!/

どのプランがおすすめ?

エントリープランに関して、あまりにも特殊過ぎるのでそれを除外すると、donedoneのプランを選ぶ際、実質ベーシックUプランか、カスタムUプランのどちらかになります。

どちらのプランがおすすめなのか、あくまでも自分の意見ですが、ベーシックUプランの方をおすすめします。理由としては、カスタムUプランの通信速度です。

カスタムUプランは対象アプリであれば、通信速度無制限ですが、それ以外は通信速度最大1Mbpsです。おそらく多くの人はブラウザでネットサーフィンもするかと思います。

最近はwebサイト自体重いものも多く、この通信速度最大1Mbpsによってネットサーフィンの快適さが損なわれる可能性があります。

一方、ベーシックUプランであれば、常時、通信速度の最大3Mbpsです。上記で通信速度3Mbpsの場合の使い心地について解説しましたが、様々なコンテンツがストレスなく楽しめます。当然、カスタムUプランよりもネットサーフィンも快適です。

どうしてもある特定のアプリを思う存分楽しみたいというのなら、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーも検討したほうがいいです。

特定のアプリを使う時だけ、データ通信量にカウントされないというサービスです。

BIGLOBEモバイルのコンテンツフリーについてはこちら

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーが凄い!youtube等の通信量がノーカウントに
格安SIMのBIGLOBEモバイルにはyoutube等の通信量がカウントされない、エンタメフリーというオプションがあります。自分は外出した際、スマホでyoutubeを見る機会が多く、このサービスが気になっていました。そこで今回、このエンタメフリーがどういうサービスなのか、まとめてみました。

まとめ

donedoneは、大容量のデータ通信をなるべく安く済ませたいと思う方にはピッタリのサービスです。この大容量でこの低価格なら、ポケットwifiではなく、あえてデザリング目的で契約してもいいかもしれません。

\初期費用無料・10,000円キャッシュバック実施中!/