【2024年4月更新】ゲーミングPC最新セール情報

「Datacolor SpyderX2 ELITE」をレビュー!使い方も解説。初心者向けのモニターキャリブレーションツール

Datacolor SpyderX2 ELITE

PCモニターを長年使っていて、色彩の表示に違和感を感じたことはありませんか?

実はモニターは長年使い続けると経年劣化で色彩が変わります。

そこで必要になってくるのがキャリブレーション(色彩調整)です。このキャリブレーションをおこなうことで、正しい色彩を再現できるからです。

しかし、ハード側、つまりモニター本体にキャリブレーション機能を持つものは正直少ないです。

ただ、ソフトウェアキャリブレーションであれば、ICCプロファイルをパソコン側で設定できるので、基本的にどんなモニターでもキャリブレーションが可能です。

今回は初心者向けにおすすめのソフトウェアキャリブレーションツールの「Datacolor SpyderX2 ELITE」をレビューしたいと思います。

目次

「Datacolor SpyderX2 ELITE」の仕様

同梱物Spyder X2測色計
USB-C to USB-A アダプター
ソフトウェアダウンロードへのリンクと保証情報を記載したウェルカムカード
ソフトウェアをアクティベートするためのユニークなシリアル番号
オンラインデモ、ユーザーガイド、ビデオ、サポートへのリンク。
システム要件対応OS・Windows 10 32/64、Windows 11
・Mac OS X 10.14、10.15、11(ビッグサー)、12(モントレー)、13(ベンチュラ)、14(ソノマ)
対応モニター解像度1280×768以上
パソコン推奨スペック・16ビットビデオカード(24ビット推奨)
・1GBの空きRAM・
500MBの空きハードディスク
・インターネット接続環境
対応言語英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語

「Datacolor SpyderX2 ELITE」とは

「Datacolor SpyderX2 ELITE」は、初心者から写真家、ビデオ制作者、デジタルデザイナーといったプロフェッショナルまで幅広く対応可能なディスプレイモニター用のカラーキャリブレーションツールです。

現在、「Datacolor Spyder」シリーズとして様々なツールが販売されていますが、今回レビューする「Datacolor SpyderX2 ELITE」もその内の一つです。

その中でも「Datacolor SpyderX Pro」、「Datacolor SpyderX2 ELITE」、「Datacolor SpyderX2 Ultra」の3種類のツールが特に人気が高いように見えます。

この3種類のツールの違いについてまとめたのが以下の表です。

製品Datacolor SpyderX ProDatacolor SpyderX2 ELITEDatacolor SpyderX2 Ultra
対象ユーザー初級~中級(写真)初級~中級(写真、映像、デジタルデザイン)中級~上級(写真、映像、コンテンツクリエイターHDR)
ビデオ・シネマ用キャリブレーション2つのターゲット-Rec.709、Rec.20202つのターゲット-Rec.709、Rec.2020
プリントソフトブルーフ
プロジェクターキャリブレーション
マルチモニター表示マッチング
ホワイトPtの設定ネイティブ5000K、5800K、6500K無制限無制限
最大輝度測定値(nitsまたはcd/m2)750cd/m2750cd/m22000cd/m2
対応するモニタータイプオールインワン、業界標準ノートPC、デスクトップPCオールインワン、業界標準ノートPC、デスクトップPC、プロジェクターオールインワン、業界標準ノートPC、デスクトップPC、プロジェクター、HDRディスプレイ
対応ソフトウェアSpyder XSpyder X2Spyder X2
USBコネクティビティUSB-Type AUSB-Type C(USB-Type Aアダプターを含む)USB-Type C(USB-Type Aアダプターを含む)
参考価格25,000円41,600円47,000円

違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

  • Datacolor SpyderX Pro→そこまで細かいキャリブレーションをしない人
  • Datacolor SpyderX2 ELITE→キャリブレーショをする際に細かく調整し、さらにディスク性能分析があるソフト「Spyder X2」を使いたい人
  • Datacolor SpyderX2 Ultra→上記に加え、最大輝度が1000nit以上のHDRモニターに使いたい人
モガ

マルチディスプレイ環境を構築していて、「複数モニターの色を合わせたい」といった、単純なキャリブレーションは「Datacolor SpyderX Pro」で正直事足ります。

「Datacolor SpyderX2 ELITE」の外観をチェック

「Datacolor SpyderX2 ELITE」のパッケージ

Datacolor SpyderX2 ELITE」のパッケージです。白と赤を基調としたパッケージです。

「Datacolor SpyderX2 ELITE」の同梱物一覧

同梱物一覧です。同梱物は以下の通りです。

  • 本体
  • USB-C to USB-A アダプター
  • ソフトウェアダウンロードへのリンクと保証情報を記載したウェルカムカード。
  • オンラインデモ、ユーザーガイド、ビデオ、サポートへのリンク。
パッケージの箱の底にシリアルナンバーが記載

また、パッケージの箱の底にシリアルナンバーが記載されています。

「Datacolor SpyderX2 ELITE」本体

「Datacolor SpyderX2 ELITE」本体です。USB-C接続のケーブルがつながっています。

USB-C to USB-A アダプター

USB-C to USB-A アダプターを装着できるので、USB-Aの端子にも接続できます。

「Datacolor SpyderX2 ELITE」本体裏側

裏面です。中央にはロゴと、そのロゴを囲むようにゴムが装着されています。

1/4ネジ穴

サイドには1/4ネジ穴があります。

レンズ

蓋を開けるとレンズを見ることができます。このレンズをモニター側に向けて使用します。

線を短く
線を長く

蓋は動かすことができます。この蓋がモニターの裏側に位置し、バランスをとってくれます。

モニター裏側に垂れた蓋の位置を調整

このバランスを調整させるために、モニター裏側に垂れた蓋の位置を調整します。

実測で146g

ケーブル込みの重量は実測で146gでした。

「Datacolor SpyderX2 ELITE」の使い方を解説

キャリブレーションをしたい場合

STEP
ソフトをダウンロード
ソフトをダウンロード

対応ソフトウェアの「Spyder X2」をダウンロードします。

STEP
ソフトを起動する前に「SpyderX2 ELITE」をPCに接続
ソフトを起動する前に「SpyderX2 ELITE」をPCに接続

ソフトを起動する前に、前もって「SpyderX2 ELITE」をPCに接続します。

STEP
ソフトを起動
ソフトを起動

デスクトップ上に表示されるアイコンをダブルクリックし、ソフトを起動します。

STEP
シリアルナンバーを入力
シリアルナンバーを入力

パッケージの底に表記されているシリアルナンバーを入力し、アクティベーションを完了させます。

STEP
ワークフローを選択
ワークフローを選択

キャリブレーションをしたい場合、一番左端の「キャリブレーションを表示します」を選択肢し、「次へ」をクリックします。

STEP
セットアップ
セットアップ

ディスプレイの種類などを選択肢し、「次へ」をクリックします。

STEP
キャリブレーションの設定
キャリブレーションの設定

校正タイプなどを選択し、「次へ」をクリックします。

STEP
本体をモニターに設置し、キャリブレーションを開始
本体をモニターに設置し、キャリブレーションを開始

枠内に収まるように本体を設置します。準備が完了したら、「継続する」をクリックします。キャリブレーションが開始されます。

STEP
プロファイルの概要を確認
プロファイルの概要を確認

キャリブレーションが終わると、ディスプレイの色域などの性能が表示されます。良ければ、「終了」をクリックします。

STEP
キャリブレーション前とキャリブレーション後を比較確認
キャリブレーション前とキャリブレーション後を比較確認

プロファイルが作成され、キャリブレーションの結果を確認できます。

キャリブレーション前
キャリブレーション前
キャリブレーション後
キャリブレーション後

キャリブレーショ前とキャリブレーション後の比較ができます。良ければ「次へ」をクリックします。これでキャリブレーションは完了です。

キャリブレーションをすることで色がより鮮やかになっています。特に赤色はキャリブレーション前はくすんでいるので、違いが分かりやすいと思います。

キャリブレーションのオン、オフの切り替えは右下のアイコンからいつでも変更可能

キャリブレーションのオン、オフの切り替えは右下のアイコンからいつでも変更可能です。

色域

ディスプレイ性能分析では「色域」、「色調応答」、「明るさとコントラスト」、「異なるOSD設定での白色点」、「画面均一性」、「カラーの正確性」、「モニターの評価」の7点でモニターの性能を確認できます。

まとめ

「Datacolor SpyderX2 ELITE」は専用ソフトウェアが使いやすく、キャリブレーション初心者にピッタリの商品となっています。

キャリブレーションだけでなく、モニターの性能分析にも使えるので、モニターの色域を調べたいときにも便利です。

モニターの色が気になって仕方ない人にぜひおすすめしたいです。

目次