ノッチ付きのDisplayportケーブルは避けた方がいい

壊れたノッチ付きのディスプレイポートケーブル

Displayportケーブルの中にはノッチ付き、いわゆる爪がついているタイプがあります。ノッチつきだとケーブルが抜きづらくなるので、各社そのタイプのものを採用しているのだと思います。

自分ももちろん、ノッチ付きのDisplayportケーブルを使用していました。そのことで大変な目にあいました。

今回はノッチ付きのDisplayportケーブルをおススメしない理由を、自分の体験談を踏まえて解説したいと思います。

モガ
モガ

ノッチ付きDisplayportケーブル全てを否定しているわけではないです。その理由も説明します。

スポンサーリンク

ノッチ付きのメリット、デメリットについて

強く固定されるので簡単に抜けないノッチ付きだとモニターとDisplayportケーブルが強く固定されるので簡単に抜けなくなります。

つまり、誤って足でケーブルをひっかけたとしても、ケーブルが外れるなんてことが起こりにくくなります。

ノッチの部分を押さえつけないとケーブルが抜けないしかし、この強力固定が裏目に出る場合があります。それはケーブルを抜くときです。強く指でノッチの部分を押さえつけないとケーブルを抜けないという仕組みになっています。

無理やりケーブルを抜こうとして壊れた

ここからは自分の経験談を交えてお話します。デスク周りのレイアウトを変更するため、モニターとPCにつながっていたDisplayportケーブルを抜くことになりました。

しかし、自分はノッチ付きのDisplayportケーブルを使用していました。

ケーブルが抜けづらい状況自分のモニターの外部出力端子の位置は正直悪いです。ケーブルは上向きになっているからです。それによってものすごくケーブルが抜けづらい状況に陥ってしまいました。

抜くときに、ノッチを強く押すことが出来ないからです。強引に力を入れてケーブルを抜いたところ、悲劇が起こりました。

ケーブルが破損Displayportケーブルが破損しました。先端が折れ曲がり、プラチック製の蓋も豪快にとれました。おかげで剥きだし状態になってしまいました。

ケーブルの抜き差しがやりやすい
もう一台あるモニターは外部出力端子が水平方向でケーブルが刺せるようになっています。この構造であれば、ノッチ付きのDisplayportケーブルでも問題ないと思います。

ノッチを強く押すことが出来るからです。

iVANKEYのDisplayportケーブルを購入

iVankyのdisplayportケーブル
さすがに剥きだし状態のまま使いたくはないので、改めてDisplayportケーブルを購入しました。購入したのはiVankyのDisplayportケーブルです。

ケーブルの長さは1M、2M、3Mの3種類あり、自分は2Mのものを選びました。

とにかくノッチ無しのものであれば正直なんでもよかったのですが、Amazonで一番売れているのと、値段が安かったため、これにしました。それでは開封していきます。

サポートの連絡先と保証登録
サポートの連絡先と保証登録の案内の紙です。保証登録すれば36か月まで保証を延長できるそうです。

質感の高いケーブル
ケーブルです。全体的に質感は高いです。ケーブルも布巻です。中は多重シールドが施されており、安定的な転送を実現するそうです。

24金メッキコネクタ
先端です。24金メッキコネクタでその周りをアルミ合金でガッチリ保護しています。

他のケーブルと比較
今まで使っていたケーブルと比較してみました。今まで使っていた方はプラスチック製でいかにも安物って感じです。

ノッチがないので抜き差しも非常に楽ケーブルを繋げました。ノッチがないので抜き差しも非常に楽です。映像もきちんと表示されました。

まとめ

Displayportケーブルを購入する際、ノッチ付きか、ノッチ無しかで迷うと思いますが、自分の考えとしてはノッチ無しをおススメします。

抜き差しのしやすさが段違いだからです。現在もノッチ無しのDisplayportケーブルを使用していますが、ケーブルが抜けやすいと感じたことは一度もないです。