ガジェット

HUAWEI Band 6をレビュー!エントリーモデルだけど多機能すぎるスマートウォッチ

Huawei Band 6
スポンサーリンク
banner

スマートウォッチを初めて購入を考える方の中で、「いきなり高いものはちょっと・・」と二の足を踏んでいる方はいらっしゃいませんか?

そんな方のためにおすすめしたいのが、HUAWEI Band 6です。多機能なのに価格が安いと、初めてのスマートウォッチとして最適です。

今回はHUAWEI Band 6のレビューをします。

モガ
モガ

本記事はメーカー様より商品を提供していただき、記事を作成しています。

HUAWEI Band 6の仕様

サイズ約25.4(W)x 約43(H)x 約10.99(D、最薄部)mm
質量約18 g(ベルトを含まず)
ディスプレイ1.47インチAMOLED(有機EL) / 194 x 368ピクセル
充電端子磁気充電ポート
充電器の電圧と電流要件5V 0.5A/1A/1.5A/2A
バッテリー持続時間通常使用で14日間
対応OSAndroid 6.0以上 / iOS 9.0以上
防水5 ATM
通信規格2.4 GHz、BT5.0、BLE
動作環境温度: -10℃~45℃
付属品本体×1
充電クレードル付きUSBケーブル×1
クイックスタートガイド×1
保証とアフターサービスのご案内×1

HUAWEI Band 6の開封・付属品をチェック

HUAWEI BAND 6のパッケージ
HUAWEI Band 6のパッケージです。

HUAWEI Band 6の付属品
HUAWEI Band 6の付属品です。付属品は以下の通りです。残念ながら充電器は付属しません。

・HUAWEI Band 6本体×1
・充電クレードル付きUSBケーブル×1
・クイックスタートガイド×1
・保証とアフターサービスのご案内×1

HUAWEI Band 6の外観

HUAWEI Band 6の外観HUAWEI Band 6の色は、「グリーン」、「サンライズ」、「ピンク」、「ブラック」の4色があります。今回レビューするのは、ブラックです。かなり落ち着いたデザインをしています。

1.47インチのAMOLED(有機EL)フルビューディスプレイ搭載
1.47インチのAMOLED(有機EL)フルビューディスプレイを搭載をしています。194×368の高解像度、282PPI、画面占有率が64%という低ベゼル仕様、そして有機ELディスプレイということもあって、文字や色の表現などがはっきりしていて、とても見やすいです。

ガラスフィルム出来れば、ディスプレイの保護のため、フィルムは貼ることをおすすめします。自分が購入したのは3枚入りのガラスフィルムです。失敗するリスクを考え、あえて複数枚入っているのを選びました。

右サイドに物理ボタン1つ
正面から見て、右サイドに物理ボタン1つがついています。5 ATMの防水加工があるので、隙間らしい隙間はこの物理ボタンの箇所だけです。

ベルトも黒一色
ベルトです。ベルトも黒一色です。ちなみにベルトの交換も可能です。

ベルト穴の間隔は約2~3mm
ベルト穴の間隔は約2~3mmです。かなり細かく調整できます。

心拍数等を測定するためのセンサーと充電口
裏面です。心拍数等を測定するためのセンサーと充電口があります。

充電ケーブルを本体裏面の充電口にセット
充電する際は、充電ケーブルを本体裏面の充電口にセットします。ちなみにマグネットで吸着するので、お互いを近づけるだけで「ピタッ」とはまります。

ちなみに電池の持ちは非常に良いです。24時間心拍数モニタリングON、睡眠モニタリングがON、メッセージ通知ON、1日に200回画面表示、毎週30分のワークアウトという比較的ハードな使い方で、14日も電池が持ちます。

重量はベルト込みで約29g
重量はベルト込みで約29gです。ベルト抜きだと約18gです。

HUAWEI Band 6の機能

HUAWEI Band 6は非常に多機能です。そのため、ここではすべて紹介しきれませんが、代表的な機能だけ厳選して紹介したいと思います。

なお、HUAWEI Band 6単体でも使用できますが、最大限、機能を使いたいのであれば、スマホアプリの「HUAWEI ヘルスケア」との連携は必須です。

時計機能

時計機能スマートウォッチというだけあって、時計機能ももちろんあります。時計盤の変更ももちろん可能です。

課金して別の時計盤を入手することも可能時計盤はデフォルトで何種類かありますが、HUAWEI Watch Face Storeから課金して別の時計盤を入手することも可能です。

自動的に画面が点灯
普段は画面が消灯しますが、腕時計を確認するような動作を行えば、自動的に画面が点灯します。

24時間心拍数モニタリング

24時間心拍数モニタリング心拍数を24時間モニタリングできます。心拍数が一定のレベルを超えるとアラートが表示されます。

24時間血中酸素レベル測定

24時間血中酸素レベル測定
血中酸素レベルを24時間モニタリングできます。血中酸素レベルが下がりすぎるとアラートが表示されます。

ストレスモニタリング

ストレスモニタリング1日のストレスレベルをモニタリングできます。

呼吸エクササイズストレスが高いときは、本体に内蔵された呼吸エクササイズを使って、リラックス状態を促すことができます。

睡眠モニタリング

睡眠モニタリング
HUAWEI Band 6をつけたまま睡眠すると、自動的に「深い眠り」、「浅い眠り」、「レム睡眠」、「昼寝」の4つの異なる睡眠状態のいずれかを検出します。

睡眠の評価が点数で表示睡眠の評価が点数で表示され、睡眠に関するアドバイスが提供されます。

ワークアウト

ワークアウト
ランニングなどの運動をする際、心拍数やカロリーなどを記録できます。

グラフで分析記録されたデータは、グラフで分析されます。

天気の確認

天気の確認自分がいる場所の天気が確認できます。現在の気温、最高気温、最低気温、紫外線指数などの情報が表されます。

ストップウォッチ・タイマー

ストップウォッチ・タイマー
ストップウォッチ、タイマーが使用できます。タイマーは1分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、カスタムと幅広く設定できます。

アラーム

アラーム
アラームが設定できます。曜日、時間など細かく設定できます。

懐中電灯

懐中電灯
懐中電灯です。暗い場所で照らしたいときに使います。

光量は弱い
光量はそこまでありません。スマホの懐中電灯よりは間違いなく光量は弱いです。ただ、両手がふさがっていても使えるので、その点は便利です。

スマートフォンを探す

スマートフォンを探す
スマートフォンにアラームを鳴らせて、スマートフォンを探すことができます。スマートフォンから「Im hear」というアラームが鳴ります。

まとめ

スマートウォッチの高価な機種、例えば、Apple watchは最安でも4万円から5万円します。初めてのスマートウォッチとしては二の足を踏んでしまいます。

それに対して、今回紹介したHUAWEI Band 6は1万円以下で購入できます。手を出しやすい価格なので、初めてのスマートウォッチとしておすすめできます。

正直これだけ多機能であれば、高価な機種は必要ないんじゃないかと思っている自分がいます。

スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ