パソコン・自作PCキーボード

メンブレン方式、パンダグラフ方式、メカニカル方式、静電容量無接点方式の違いについて解説

キースイッチ

キーボードのキースイッチは主にメンブレン方式、パンダグラフ方式、メカニカル方式、静電容量無接点方式に分かれます。

今回はそれぞれのキースイッチの特徴についてまとめ、それぞれのキースイッチの違いについて解説したいと思います。

モガ
モガ

キースイッチ1つ違うだけで、打鍵感は大きく変わります。キースイッチの種類はキーボードを探す際、最も重要な要素になります。

スポンサーリンク

キースイッチには様々な種類がある

キースイッチには様々な種類があるキーボードの打鍵感を決めるうえで一番重要な要素はキースイッチです。このキースイッチによって、キーボードの打ちやすさ、打ちにくさが決まってしまいます。

キースイッチには様々な種類があります。代表的なのは「メンブレン方式」、「メカニカル方式」、「パンダグラフ方式」、そして「静電容量無接点方式」です。

メンブレン方式

2枚の接点シートの中に、穴の開いた絶縁シートが挟まれている
2枚の接点シートの中に、穴の開いた絶縁シートが挟み込まれています。

キーを押すと、接点が触れ合い反応キーを押すと、接点が触れ合い反応するという仕組みです。

ゴム製のラバードームシートを押すための機構として良く使われるのが、ゴム製のラバードームです。

・製造コストが低く抑えられるので、販売価格を安く抑えられる
・ラバードームがゴム製なので、打鍵音が静か
・常にゴムの感触が感じられ、反発力を感じる。打ち疲れを起こす可能性がある。
・キーが故障したら、キーボード全て買い替えが必要

パンダグラフ方式

メンブレン方式の発展形がパンダグラフ方式です。パンダグラフ式もメンブレン方式と同じようにラバードームを採用していますが、その上に電車の上部にあるパンダグラフ機構がのっかっています。

この機構のおかげでキーの高さを抑えられるので、ノートパソコンのキーボードによく採用されています。

・ストロークが浅く、打ち疲れを起こしにくい
・構造上、どうしても耐久性が他のキースイッチに比べると劣ってしまう

メカニカル方式

メカニカル方式

メカニカル方式は、キーごとに独立したスイッチ機構になっているのが大きな特徴です。主にゲーミングキーボードに採用されています。

キースイッチにはいくつか種類があり、代表的なのがCherry軸のキーです。「茶軸」「青軸」「赤軸」と色分けされており、それぞれ押し心地が異なります。

・耐久性に優れ、壊れにくい
・キースイッチが壊れても、交換が可能
・押した感触がはっきりしている
・打鍵音が大きい
・価格が割高な製品が多い
・キーボード自体が重いので、持ち運びしにくい

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式静電容量無接点方式は電極同士の機械的な接触がなく、一定レベルに近づけば、回路が接続され、キーを押した状態を認識します。

構造がかなり特殊他の形式のキースイッチは電極同士の機械的な接触があるので、この静電容量無接点方式はかなり異端だと言えます。

・キーを底まで押し込む必要がなく、なめらかなキータッチを感じられ、打ち疲れをしにくい
・物理的な接触がないので、耐久性が非常に高い
・チャタリングが発生しない(接点不良による二重入力)
・非常に高額
・他のキースイッチ以上に液こぼれに弱い
・種類が少なく、選択肢に乏しい

静電容量無接点方式を採用しているREALFORCEの清掃についてはこちら

東プレの高級キーボード REALFORCEを綺麗に!掃除方法を解説
キーボードのREALFORCEを使い始めてから5年経過。今まで一度も掃除らしい掃除をしたことがなく、汚れが本格的に目立ってきました。そこで今回、REALFORCEを掃除してみました。

静電容量無接点方式を採用している代表的なキーボードについて

静電容量無接点方式を採用している代表的なキーボードについて静電容量無接点方式のキーボードは、実質、東プレのREALFORCEシリーズかPFUのHappy Hacking Keyboar(HHKB)シリーズしかありません。

ロジクールやエレコムなど、名の通った会社でも、この方式を採用したキーボードを販売していません。

そのため、選択肢は非常に狭くなるのですが、逆に商品を絞りやすいというメリットもあります。

東プレのREALFORCEシリーズかPFUのHappy Hacking Keyboar(HHKB)シリーズの違いについてですが、主に以下の点が挙げられます。

・REALFORCEには偏荷重モデル(小指にかかるキーのみ軽い)があるが、HHKBにはない
・REALFORCEには無線モデルはないが、HHKBにはある
・REALFORCEは大きくて重いが、HHKBはコンパクトで軽い
・REALFORCEは一般的なキー配列だが、HHKBはかなり変則的

amazonで販売されているREALFORCEシリーズをチェック

amazonで販売されているHHKBシリーズをチェック

まとめ

一口にキースイッチといっても、メンブレン方式、パンダグラフ方式、メカニカル方式、静電容量無接点方式と、それぞれ大きく特徴が異なります。

自分に合ったキースイッチを採用したキーボードを選択することで、さらに快適な作業を実現できます。