【2024年7月更新】ゲーミングPC最新セール情報

おすすめのRTX 4070 Ti SUPER搭載のゲーミングPCを紹介! 7月のセールで安いモデルを選別

2024年1月、NVIDIAのGPUのRTX 4070 Ti SUPERを搭載したビデオカードの販売が開始されました。

RTX 4070 Ti SUPERは、RTX 4080とRTX 4070 Tiの隙間を埋めるGPUです。

ターゲット解像度はRTX 4070 Tiと同じWQHD向けですが、RTX 4070 TiよりCUDAコア数、VRAM容量が多くなり、高負荷でよりパフォーマンスを発揮します。

今回の記事ではRTX 4070 Ti SUPERの特徴、ゲーム性能を解説し、最後におすすめのゲーミングPCを紹介します。

目次

RTX 4070 Ti SUPERの概要

RTX 4070 Ti SUPERの立ち位置

RTX 4080RTX 4070 Ti SUPERRTX 4070 Ti
アーキテクチャーAda LovelaceAda LovelaceAda Lovelace
SM数76基66基60基
CUDAコア数9728基8448基7,680基
ベース/ブーストクロック2205MHz / 2505MHz2340MHz / 2610MHz2310MHz / 2610MHz
VRAMGDDR6X 16GBGDDR6X 16GBGDDR6X 12GB
RTコア数76基66基60基
Tensorコア数304基264基240基
メモリーバス幅256bit256bit192bit
グラフィックスカード電力320W285W285W
補助電源コネクター16ピン(8ピン×3)16ピン(8ピン×2)16ピン(8ピン×2)
参考価格
※2024年4月現在
約160,000円約130,000円約113,000円

RTX 4070 Ti SUPERの足回りは、限りなくRTX 4080に近いです。

例えば、VRAM16GB、バス幅256bitなど、一部スペックはRTX 4080と同一です。この強力な足回りは、高負荷なゲームをプレーした際、よりパフォーマンスを発揮しやすいです。

一方、前モデルのRTX 4070 TiはVRAM12GB、バス幅192bitと、足回りが若干弱いです。そのため、RTX 4070 Ti SUPERはRTX 4070 Tiの弱点を克服したGPUと言えます。

ただ、RTX 4070 Ti SUPERのSM数、CUDAコア数は、RTX 4080より約14%減っており、RTX 4080との差は明確に開いています。

グラフィックスカード電力は、RTX 4070 Tiと同じ285Wなのでワットパフォーマンスは優秀です。

また、NVEncは2基搭載されているデュアルエンコーダー構成なので、主に動画編集でパフォーマンスを発揮します。

RTX 4070 Ti SUPERの3D性能

RTX 4070 Ti SUPERの3D性能

DirectX 12ベースのゲームパフォーマンスを計測する「Time Spy」のグラフィックススコアです。

RTX 4070 Ti SUPERのグラフィックススコアは、23807と、RTX 4080とは大きな開きがあります。

RTX 4070 Tiのグラフィックススコアは、RTX 4070 SUPERとRTX 4070 Ti SUPERの中間ぐらいに位置するため、やはり、RTX 4070 Ti SUPERのGPUパワーは、RTX 4070 Ti寄りといえます。

DLSS 3(DLSS Frame Generation)に対応

DLSS 3(DLSS Frame Generation)に対応

RTX 4070 Ti SUPERはRTX 40シリーズ限定で使用できる、フレーム生成のDLSS 3(DLSS Frame Generation)に対応しています。

RTX 4070 Ti SUPERで、DLSS 3(DLSS Frame Generation)を有効にしたところ、設定していないときと比べて、約2倍以上フレームレートが上昇しています。

今まで快適には程遠かったCyber Punk 2077のレイトレウルトラ設定もDLSS 3(DLSS Frame Generation)を有効にすることで快適にプレーできるようになります。

容量16GBのVRAMを搭載

容量16GBのVRAMを搭載

昨今のゲームのVRAM消費量は凄まじいものがあります。例えば、BIOHAZARD RE:4は最高設定だとたとえ、フルHD解像度でもVRAM消費量は12GBを超えます。

その点、RTX 4070 Ti SUPERには、容量16GBのVRAMを搭載しています。極端にVRAM消費量が激しいゲームでも一安心です。

さらに、この容量16GBのVRAMは動画編集や画像生成においても役に立ちます。

RTX 4070 Ti SUPERはゲームだけでなく、クリエエイティブ用途でも安定したパフォーマンスを発揮します。

RTX 4070 Ti SUPERのゲーム性能

全10ゲームの平均fps

全10ゲームの平均fps

ゲーム内設定は最高、アップスケーリングなしの全10ゲームの平均fpsです。

RTX 4070 Ti SUPERはWQHD向けと言われていますが、4K解像度でも平均60fpsを超えており、ゲーム性能は優秀です。

RTX 4070 SUPERと比較して、フルHD解像度では約6%とほとんど差はありませんが、WQHD解像度では約13%、4K解像度では約16%と、解像度が上がるにつれて差が広がっていきます。

高解像度で少しでも快適にプレーしたいのであれば、RTX 4070 Ti SUPERは良い選択肢になります。

各ゲームタイトルの平均fpsと最低fps
ゲームタイトル解像度平均fps最低fps
Assassin’s Creed MirageフルHD165117(1%LOW)
WQHD143108(1%LOW)
4K8872(1%LOW)
Call of Duty: Modern Warfare IIIフルHD205158(1%LOW)
WQHD155114(1%LOW)
4K10173(1%LOW)
Cyberpunk 2077フルHD159123
WQHD10383
4K45336
Deus ExフルHD204137
WQHD176133
4K9578
Far Cry 6フルHD169145
WQHD159137
4K9789
ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシーフルHD20381
WQHD16481
4K8854
FortniteフルHD23097(1%LOW)
WQHD192119(1%LOW)
4K9763(1%LOW)
Ghost of TsushimaフルHD150109(1%LOW)
WQHD11595(1%LOW)
4K6755(1%LOW)
Tom Clancy’s Rainbow Six ExtractionフルHD342228
WQHD235155
4K12165
Watch Dogs: LegionフルHD144106(1%LOW)
WQHD125100(1%LOW)
4K7462(1%LOW)

実際にゲームをプレー

Tom Clancy’s Rainbow Six Extraction(ゲームの負荷レベル:低)

Tom Clancy's Rainbow Six Extraction(ゲームの負荷レベル:低)
設定

・画質:最高
・解像度:フルHD(1,920×1,080ドット)、WQHD(2,560×1,440ドット)、4K(3,840×2,160ドット)

※ベンチマークモードで計測

Tom Clancy's Rainbow Six Extractionのベンチ結果

Tom Clancy’s Rainbow Six Extractionのように負荷の軽いゲームでは、フルHD解像度240fps、WQHD解像度は144fpsが狙えます。

240Hzモニターで負荷の軽いゲームをプレーしたいのであれば、RTX 4070 Ti SUPERは選択肢に入るかと思います。

Far Cry 6(ゲームの負荷レベル:中)

Far Cry 6(ゲームの負荷レベル:中)
設定

・画質:最高
・解像度:フルHD(1,920×1,080ドット)、WQHD(2,560×1,440ドット)、4K(3,840×2,160ドット)

※ベンチマークモードで計測

Far Cry 6のベンチ結果

負荷がそれなりに重いFar Cry 6でも、フルHD解像度、WQHD解像度で144fpsが狙えます。もちろん4K解像度でも60fpsでプレー可能です。

Cyberpunk 2077(ゲームの負荷レベル:高)

Cyberpunk 2077(ゲームの負荷レベル:高)
設定

・画質:ウルトラ
・解像度:フルHD(1,920×1,080ドット)、WQHD(2,560×1,440ドット)、4K(3,840×2,160ドット)
・アップスケーリング:DLSS
・アップサンプルクオリティ:バランス
・フレーム生成:DLSS FG

※ベンチマークモードで計測

Cyberpunk 2077のベンチ結果

負荷が重いCyberpunk 2077でも、DLSS バランス+DLSS FGの合わせ技で爆発的にfpsを伸ばせます。フルHD解像度、WQHD解像度で144fpsが狙えます。もちろん4K解像度でも60fpsでプレー可能です。

さらに負荷が重くなるレイトレーシングを適用させても、十分快適にプレーが可能です。

RTX 4070 Ti SUPERと相性の良いCPUは?

RTX 4070 Ti SUPERと相性の良いCPUは?

RTX 4070 Ti SUPERの性能を引き出すには、CPUの性能も重要となります。

実際にFINAL FANTASY XIV:黄金のレガシーのベンチマークを使用して、各CPUごとの平均fps、最低fpsをまとめたのが以下のグラフです。

やはり、RTX 4070 Ti SUPERと最も相性の良いCPUは、Ryzen 7 7800X3Dです。96MBのL3キャッシュを搭載するRyzen 7 7800X3DがRTX 4070 Ti SUPERの性能を一番多く引き出しています。次点でCore i5-14600KF、Ryzen 7 5700Xと続きます。

この検証結果を踏まえて、RTX 4070 Ti SUPERと相性の良いCPUは以下の通りです。

おすすめ度CPU
Ryzen 7 7800X3D
Core i7-14700、Core i7-13700、Core i5-14600K、Ryzen 7 7700
Ryzen 7 5700X、Ryzen 5 7500F
Core i5-14400、Core i5-13400、Core i5-12400
Ryzen 5 4500

検証に使用したRTX 4070 Ti SUPERのモデル

検証に使用したRTX 4070 Ti SUPERのモデル

検証で使用したのは、「Manli RTX 4070 Ti Super Gallardo」です。

12VHPWRコネクタ変換ケーブル、VGAサポートステイが付属

12VHPWRコネクタ変換ケーブル、VGAサポートステイが付属します。

85mm径のトリプルファンを搭載
金属製のバックプレートが装着済み

85mm径のトリプルファンを搭載しています。裏面は金属製のバックプレートが装着済みです。長さは315mmあるのでコンパクトなPCケースだと入りきれない可能性が高いです。

厚みは約67mmでほぼ3.5スロットを占有

厚みは約67mmでほぼ3.5スロットを占有します。巨大なヒートシンクで構成されているので、厚みはかなりあります。

外部出力端子

外部出力端子はDisplayPort 1.4a×3、HDMI 2.1a×1です。

グラフィックボードの傾きを視覚で確認できる水準器が搭載

グラフィックボードの傾きを視覚で確認できる水準器が搭載されています。ちなみに水準器は発光します。

検証環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
グラフィックボードManli 「RTX 4070 Ti Super Gallardo」
CPUクーラーサイズ「MUGEN6 Black Edtion
CPUグリスARCTIC 「MX-4
マザーボードGIGABYTE「B760 AORUS ELITE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)」(16GB×2)
(DDR5-4800に設定)
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR
OSWindows 11 Home 64bit版

RTX 4070 Ti SUPERの強みと弱み

強み弱み
フルHD解像度で240fpsが狙える
WQHD解像度で144fpsが狙える
4K解像度で60fpsが狙える
容量16GBのVRAMを搭載
デュアルエンコーダ
DLSS 3(DLSS Frame Generation)に対応
AV1エンコードが可能
ワットパフォーマンスは優秀
クリエイティブ性能が高い
RTX 4080との性能差は大きい

RTX 4070 Ti SUPER搭載のおすすめゲーミングPC

FRGKB550/WS628/NTK

スペック
CPURyzen 7 5700X
GPURTX 4070 Ti Super
CPUクーラー空冷CPUクーラー
メモリ32GB (16GB x2)
DDR4-3200
ストレージ1TB
M.2 NVMe SSD
M.2スロット1基(空きスロット0)
マザーボードB550チップセット
ASRock B550M-HDV (M-ATX)
ネットワーク有線:1Gbps LAN
無線:なし
電源750W
80PLUS GOLD
ケース寸法幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mm
価格239,800円+送料0円

FRONTIERの「FRGKB550/WS628/NTK」はRyzen 7 5700X×RTX 4070 Ti SUPERのゲーミングPCです。

「Ryzen 5 5700X」は8コア16スレッドのZEN3世代のCPUで、ミドルクラス帯の性能を有しています。

そのため、RTX 4070 Ti SUPERの性能をフルに引き出すのは難しいです。特にフルHD解像度では、Ryzen 7 7800X3Dなどと比べて、フレームレートは伸びづらいです。

ASRock B550M-HDV

マザーボードはB550チップセットのMicro ATXサイズの「ASRock B550M-HDV」を採用。M.2スロットは1基しかないので、M.2 NVMe SSDを増設することはできません。

ストレージは1TBモデルを搭載。複数のゲームをインストールできる余裕があります。

メモリは大容量のDDR4-3200の32GB(16GB×2)を搭載しています。

容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワー型

PCケースは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワー型です。

小型ですが、垂直エアフロー構造で効率的なエアフローを実現しています。さらにツールレスでサイドパネルを取り外せるので、メンテナンスも楽です。

ケースの寸法は幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mmです。

FRGKB550/WS628/NTKのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
ケースは小型
大容量メモリ(32GB)を搭載
PCケースの色(黒色or白色)を選べる
AMD RYZENトートバッグが特典として付属
M.2 NVMe SSDの増設はできない
CPU性能が低いため、RTX 4070 Ti SUPERの性能を引き出すのは難しい

OMEN 25L パフォーマンスプラスダッシュモデル

スペック
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB (16GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット2基(空きスロット1基)
マザーボードH770
電源800W 80PLUS GOLD
価格285,800円+送料0円

HPの「OMEN 25L パフォーマンスプラスダッシュモデル icon」はCore i7-14700F×RTX 4070 Ti SUPERのゲーミングPCです。

Core i7-14700Fはインテル第13世代のCore i7です。Pコア8、Eコア12の20コア28スレッドという強力なマルチスレッド性能があり、さらにシングル性能も高いです。

RTX 4070 Ti SUPERの性能を引き出すことができます。

もちろん、CPU性能が高いので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能も高いです。

ストレージはGen 4接続のWD_Blackの1TBモデルを搭載。

マザーボードは特に記載されていませんが、H770チップセット搭載のマザーボードを採用。M.2スロットは2基あり、空きスロットは1基のみです。NVMe SSDの増設が可能です。

メモリはDDR5-5200の32GB(16GB×2)を搭載しています。RGBに対応しているので光ります。

電源は80PLUS GOLDの800W電源を採用。Wi-Fi 6E+ Bluetooth 5の無線機能に対応しています。

PCケースはブラックを基調としたシンプルなデザインを採用しています。金属製のフレームを採用しており、質感は高いです。

サイドパネルはガラスなので、内部のPCパーツを見て楽しむことができます。

ケースの寸法は約165mm(幅)x約448mm(高さ)x約396mm(奥行)です。

OMEN 25L パフォーマンスプラスダッシュモデルのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
Wi-Fi 6E+ Bluetooth 5に対応
メモリの容量が32G
メモリはRGBに対応
クリエイティブ性能は高い
ガラスパネルを採用
DDR5-5200のメモリを採用
M.2 NVMe SSDの増設が可能
ストレージなどのカスタマイズはできない
あわせて読みたい
HP OMEN25Lをレビュー!コスパに優れ、狭いスペースにも設置しやすいゲーミングPC 世界有数のBTOメーカーのHP(ヒューレット・パッカード)から販売されている、高コスパゲーミングPCの「OMEN 25L」をレビューします。 今回レビューするのは、Core i7-1...

FRGHLB650/WS701

スペック
CPURyzen 7 7800X3D
GPURTX 4070 Ti Super
CPUクーラー120 mm空冷CPUクーラー
Deepcool AK400
メモリ32GB (16GB x2)
DDR5-5600
ストレージ2TB
M.2 NVMe SSD
M.2スロット3基(空きスロット2)
マザーボードB650チップセット
ASRock B650 Pro RS (ATX)
ネットワーク有線:2.5Gbps LAN
無線:なし
電源850W
80PLUS GOLD
ケース寸法幅(W):約230mm x 高さ(H):約500mm x 奥行(D):約465mm
価格315,800円+送料0円

FRONTIERの「FRGHLB650/WS701」はRyzen 7 7800X3D×RTX 4070 SuperのゲーミングPCです。

「Ryzen 7 7800X3D」は8コア16スレッドのCPUで、最大の特徴がL3キャッシュを96MBも搭載している点です。

L3キャッシュの量はゲームパフォーマンスに影響を与えるので、その量が豊富な「Ryzen 7 7800X3D」であれば、RTX 4070 SUPERの性能を最大限に引き出せます。まさにゲーム性能最強格のCPUの一つといえます。

ストレージは1TBモデルを搭載。複数のゲームをインストールできる余裕があります。

マザーボードはATXサイズの「ASRock B650 Pro RS」を採用。

M.2スロットは3基あり、2基増設できるので、拡張性は優秀です。

メモリは大容量のDDR5-5600の32GB(16GB×2)を搭載しています。

ネットワークは2.5Gbps LANを搭載。一般的な1Gbps LANと比較して、高速なだけでなく、レイテンシも低減します。

高い冷却性能と拡張性を誇る、GHLシリーズのPCケースを採用しています。左サイドの強化ガラスパネルを採用し、4基の光るケースファンとケース側面に施したRGB-LEDラインの装飾を楽しむことができます。

ケースは白と黒の2色から選ぶことができます。

FRGHLB650/WS701のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
ゲーム性能最強格のCPUを搭載
M.2 NVMe SSDの増設が可能
2.5Gbps LANを搭載
ライティングを楽しめるPCケースを採用
PCケースの色(黒 or 白)を選べる
特典としてAMDトートバックが付属
特になし
モガ

「FRGKB550/WS628/NTK」はRTX 4070 Ti SUPER搭載モデルとして考えると、破格の23万円代という驚異的な安さです。Ryzen 7 5700X搭載という点が許容できればおすすめです。もしバランスの良いモデルを探しているのなら、Ryzen 7 7800X3D搭載の「FRGHLB650/WS701」がおすすめです。

あわせて読みたい
【2024年7月】ゲーミングPC最新セール情報まとめ【おすすめ】 ゲーミングPCの価格は近年高騰しつづけています。10万円を超えるのは当たり前で、中には30万円、40万円を超える高額なモデルも当たり前のように登場しています。 ただ、...

まとめ

RTX 4070 Ti SUPER搭載モデルは、25万円~35万円の価格帯で販売しているケースが多いです。

セール品を探すと、20万円代後半で売られているモデルも見つかるかと思います。予算30万円という条件でゲーミングPCを探しているのなら、RTX 4070 Ti SUPER搭載モデルは丁度良い候補になるのではないでしょうか?

目次