CMR、SMRの違いとは?HDDの書き込み方式について分かりやすく解説

CMRvsSMR

HDDの書き込み方式は大まかに分けて、「CMR」と「SMR」の2種類があります。

この2つの書き込む方式、違いが非常にわかりづらく、完全に理解している人は少ないと思います。というか、これらの言葉自体を初めて聞いた人もいるかもしれません。

そこで今回は「CMR」と「SMR」の違いについて分かりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

HDDの書き込み方式には2種類ある

CMRとは

「CMR」とはConventional Magnetic Recordingの略称です。直訳すると、従来型磁気記録方式です。

その名の通り、昔からあるタイプで、ひと昔前のHDDはほぼこの書き込み方式を採用していました。

CMR
上の図はCMRの仕組みを図解したものです。HDDは左の図のように円を描くようにしてデータを記録していきます。通常、この円のことをTrackと呼びます。

右の図は左の図で赤い枠で囲んだところを拡大したものです。このTrackの幅を狭くし、Trackの数を増やすことで、記録密度が上がります。

ただ、そう単純な話ではないです。記録密度が上がれば上がるほど、不安定になるからです。具体的には、Track幅が狭ければ狭いほど、読み書きにトラブルが起きやすくなるのです。

そこでこの問題を解決するために生まれたのがSMRです。

SMRとは

「SMR」とはShingled Magnetic Recordingの略称です。直訳すると、瓦磁気記録方式です。

Shingleとは独身という意味のSingleではなく、屋根や壁のこけら板という意味です。2014年、Seagate社が開発した新しい方式です。

SMR上の図はSMRの仕組みを図解したものです。CMRと違ってTrackが重なりあっていることが図で分かると思います。(※本来はズレていませんが、わかりやすくするため、わざとズラしています。)

この重なり方がまるで瓦のように見えるということで、瓦磁気記録方式と呼ばれるようになりました。

データをどんどん新しく書き込むときに、重ねていくこの方式であれば、CMRで起きた問題が一気に解決できます。

つまり、CMRと比べて、簡単に高密度でデータを記録でき、それが結果としてコストダウンにつながるということです。

いいこと尽くめのSMRですが、残念ながら重大なデメリットがあります。例えば、この状態からTrack +1を書き換えするとします。

Track +2が潰れる
すると、Track +1がTrack +2の上に重なり、Track +2が潰れてしまいます。

ゴミがどんどんたまっていく
このままだとまずいので、新たに書き込みをした際は、先ほど書き換えしたTrack +1はないものとして扱い、廃棄扱いにします。

つまりSMRではCMRのように特定の場所のデータを書き換えることが出来ません。

そこでSMRではメディアキャッシュという仕組みを導入しており、そこに一時的にデータを仮記録します。仕組みとしてはSSDに近いです。

ただ、大量のランダム書き込みを行うと、キャッシュが切れ、急激な速度低下を起こしてしまいます。また、仕組みもCMRに比べると複雑な構造をしているのでCMRに比べると信頼性が低いです。

こうした理由によりSMRはRAIDやNASには向いていないと言われ、敬遠されています。

CMRかSMRか?どちらを買えばいいのか?

CMRかSMRか?どちらを買えばいいのか?昨今、SSDの価格低下により、OSの入っているCドライブをSSDとして使い、動画や画像などのデータの置き場所としてHDDを使っている人が多いと思います。

そういう用途であれば、HDDはCMR、SMR、どちらを購入しても使用上問題はありません。

現に自分はCMR、SMR、両方のHDDを使っていますが、今のところ大きな問題はなく、両方とも違和感なく使えています。

逆にランダムアクセスが多い作業、例えば、多人数が使うことを想定したNASやRAIDを構築するには、SMRは向いていないと言われています。。

ただ、CMRはSMRと比べると値段が高く設定されています。Seagateの6TBの容量で、それぞれCMR、SMRの値段を比較してみます。(※2021年1月現在、Amazon調べ)

ST6000VN001 (CMR)・・・約1万6千円
ST6000DM003 (SMR)・・・約1万円

このように、同じ容量なのに、CMRのほうが値段が高く設定されているケースがほとんどです。

WD40EZRZただ、なぜかWestern DigitalのWD40EZRZはCMRなのに約9000円と、SMRのWD40EZAZとほとんど同じ位の値段です。

WD40EZRZはいつかは絶版になるか、若しくは値段が高くなる可能性があるので、欲しい人は早めに入手したほうがいいかと思います。

created by Rinker
WESTERNDIGITAL
¥12,670(2021/06/13 10:24:27時点 Amazon調べ-詳細)

下記記事にて、CMRのWD40EZRZとSMRのST4000DM004の性能比較をしています。興味があれば、ぜひご覧ください。

CMRとSMRの性能を比較!WD40EZRZとST4000DM004を検証
HDDの記録方式は2種類あります。それはCMRとSMRです。記録方式の違いによって書き込みや読み込み速度に差が生まれるのか、実際に比較検証してみました。

CMRとSMRを見分ける方法について

CMRとSMRの見分け方は、公式のリストを見るのが確実です。価格.comやamazonなで商品検索しても、CMRかSMRの記載がないケースが多いです。

また、公式サイトを見ても分かりづらいです。「Seagate」はリスト化していて比較的見やすいです。

CMRおよびSMRハードディスク・ドライブ | Seagate 日本
当社の内蔵ハードディスク・ドライブで使用されている記録技術の一覧をご覧ください

ただ、「Western Digital」、「東芝」はリスト化していないので見づらいです。

各メーカーのCMR、SMRのHDD一覧

「Western Digital」、「Seagate」、「東芝」のCMR、SMRのHDDを各メーカーが公表しているリストからまとめました。※完璧に網羅はされていません。

Western Digital

CMR

WD Blue
WD Red Plus
WD10EFRX (1TB)
LHD-WD10EFRX
WD20EFZX (2TB)
WD30EFZX (3TB)
WD40EFZX (4TB)
WD60EFZX (6TB)
WD80EFBX (8TB)
WD101EFBX (10TB)
WD120EFBX (12TB)
WD140EFGX (14TB)
WD Red Pro
WD2002FFSX (2TB)
WD4003FFBX (4TB)
WD6003FFBX (6TB)
WD8003FFBX (8TB)
WD101KFBX (10TB)
WD102KFBX (10TB)
WD121KFBX (12TB)
WD141KFGX (14TB)
WD181KFGX (18TB)
WD BLACK
WD5003AZEX (500GB)
WD1003FZEX (1TB)
WD2003FZEX(2TB)
WD4005FZBX (4TB)
WD6003FZBX (6TB)
WD Purple
WD10PURZ (1TB)
WD20PURZ (2TB)
WD30PURZ (3TB)
WD40PURZ (4TB)
WD60PURZ (6TB)
WD62PURZ (6TB)
WD82PURZ (8TB)
WD102PURZ (10TB)
WD121PURZ (12TB)
WD140PURZ (14TB)
WD180PURZ (18TB)
WD Gold
WD1005FBYZ (1TB)
WD2005FBYZ (2TB)
WD4003FRYZ (4TB)
WD6003FRYZ (6TB)
WD8004FRYZ (8TB)
WD102KRYZ (10TB)
WD121KRYZ (12TB)
WD141KRYZ (14TB)
WD161KRYZ (16TB)
WD181KRYZ (18TB)

SMR

WD Blue
WD20EZAZ (2TB)
WD20EZBX (2TB)
WD30EZAZ (3TB)
WD40EZAZ (4TB)
WD60EZAZ (6TB)
WD Red

Seagate

CMR

IronWolf
IronWolf Pro
BarraCuda
BarraCuda Pro
FireCuda
Archive
SkyHawk
SkyHawk AI

SMR

BarraCuda

東芝

CMR

DT01シリーズ
MD04シリーズ

SMR

DT02シリーズ

一般用途向けHDDのCMR、SMRリスト

上であげたリストを見れば分かると思いますが、HDDは種類も数も多く、この中から自分の購入したいHDDを選ぶのは人によっては難しいと感じるかもしれません。

そこで値段が比較的安い一般用途向けのHDDに限定してまとめたいと思います。

具体的には下記の通りです。

Western Digital・・・「WD Blue」、「WD Red」
Seagate・・・「Barracuda」、「IronWolf」
東芝・・・「DT01シリーズ」、「DT02シリーズ」

Western Digital

Blueシリーズは一部SMRも混じっていますが、1TB~6TBまで全てCMRのラインナップが揃っています。

一方、Redシリーズは全てSMRなのは意外でした。RedシリーズはNAS向けなので、CMRのほうが適していると思うのですが・・・。

RedシリーズでどうしてもCMRが欲しいなら、Red Plusなどの上位機種の購入を検討したほうがいいかもしれません。

500GB1TB2TB3TB4TB6TB
WD BlueCMR
WD5000AZLX
WD5000AZRZ
CMR
WD10EZRZ
WD10EZEX
CMR
WD20EZRZSMR
WD20EZAZ
CMR
WD30EZRZSMR
WD30EZAZ
CMR
WD40EZRZSMR
WD40EZAZ
CMR
WD60EZRZ

SMR

WD60EZAZ
WD RedSMR
WD20EFAX
SMR
WD30EFAX
SMR
WD40EFAX
SMR
WD60EFAX

Seagate

Barracudaシリーズは1TBのモデル以外全てSMRです。一方、IronWolfシリーズは全てCMRです。CMRならIronWolfシリーズ、SMRならBarracudaシリーズと覚えても差し支えないと思います。

東芝

DT01シリーズは全てCMR、DT02シリーズは全てSMRです。はっきりと棲み分けされているので、他のメーカーと比べると分かりやすいです。

まとめ

一般的な用途であれば、CMR、SMR、どちらを購入しても問題はありません。あまり深く考えず、自分の予算に見合ったHDDを選ぶのがベストだと思います。

どうしても迷ったらCMRを選べばいいと思います。

特にWestern DigitalのWD40EZRZは、4TBのCMRとしては破格の安さです。4TB前後の容量のHDDを探しているなら、間違いなくおススメできる商品です。

created by Rinker
WESTERNDIGITAL
¥12,670(2021/06/13 10:24:27時点 Amazon調べ-詳細)

また、下記記事にて、実際にCMRのWD40EZRZとSMRのST4000DM004を比較して性能を検証しています。ぜひご覧ください。↓

CMRとSMRの性能を比較!WD40EZRZとST4000DM004を検証
HDDの記録方式は2種類あります。それはCMRとSMRです。記録方式の違いによって書き込みや読み込み速度に差が生まれるのか、実際に比較検証してみました。