パソコン・自作PCトラックボールマウス

Kensington Expert Mouse Wirelessをレビュー!定番トラックボールマウスの無線版

エキスパートマウスワイヤレス

昔から一部のトラックボールマウス愛好家から熱狂的な支持を得ているのが、Kensington ExpertMouseです。Kensington ExpertMouseは、いわゆる手のひらタイプの超大型トラックボールマウスで古くから一部の愛好家の方から絶大な支持をうけています。

今回、そのExpertMouseのワイヤレス版、「Kensington Expert Mouse Wireless」を購入したので、レビューしたいと思います。

モガ
モガ

トラックボール愛好家の自分も昔からケンジントンのExpertMouseに憧れがありました。

スポンサーリンク

Kensington Expert Mouse Wirelessの仕様

OSChrome OS, macOS, Windows
互換性Windows 7, Windows 8, Windows 8.1,
macOS 10.8, Windows 10, macOS X 10.11,
macOS X 10.10 or above, Chrome OS 44 以上,
macOS 10.9, MacOS 10.13 以上
コントロールプログラマブル, スクロール リング
機能ワイヤレス USB レシーバー ストレージ,
自動ウェイク/スリープ,
左右対称デザイン(右利き、左利き用)
センサー
USB レシーバー サイズNano USB レシーバー
保証期間3年間
操作の利き手両方
ブラック
接続性無線
DPI400
対応デバイスiPad, iPad 2, iPad mini, iPad 第 3 世代,
第 4 世代 iPad , iPad Air,
iPad mini Retina display, iPad Air 2,
iPad mini 3, iPad Pro 12.9″,
iPad 10.2″, iPad Air 10.5”, iPad mini 7.9”
トラックボール(mm)55
ワイヤレスタイプ2.4Ghz, Bluetooth LE
ボールコントロール中指
本体サイズ幅130mm×奥行157mm×高さ65mm
Kensington Expert Mouse Wireless PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><ソフマップicon>

Kensington Expert Mouse Wirelessの同梱物、外観チェック

エキスパートマウスワイヤレスの箱
Kensington Expert Mouse Wirelessの箱です。箱の時点で本体のデカさが伝わってきます。

同梱物一覧
同梱物一覧です。説明書、単三乾電池2本、リストレスト、そして本体です。

本体
本体です。一般的なマウスとあまりにもかけ離れてる形状をしているため、初めて目にする人はこれがマウスだと認識しないかもしれません。

トラックボール
トラックボールです。特に本体に固定されているわけではないので、簡単に外せます。

トラックボールの直径は55mm
トラックボールの直径は55mmです。巨大なトラックボールが特徴のM-HT1DRXBK(HUGE)のトラックボールの直径は52mmです。

おそらくKensington Expert Mouse Wirelessのトラックボールは、全トラックボールマウスの中でも最大級の大きさだと思われます。

トラックボールを入れるための穴
トラックボールを入れるための穴ですが、この穴自体もかなり巨大です。トラックボールマウスをスムーズに回すために必要な支持球ですら巨大です。

センサーはダイヤモンドアイ オプティカルセンサーと呼ばれているものが搭載され、正確なカーソル制御を実現しています。

スクロールリング
トラックボールを囲んでいるのは、スクロールリングです。webページ等のスクロールをする際、このスクロールリングをグリグリと回します。

4つのボタンが配置トラックボールマウスの周りに4つのボタンが配置されています。クリックボタンも巨大なので、押し間違いは起こらなさそうです。

裏面
裏面です。単三電池を2本入れる箇所と、電源のオン・オフ、Bluetooth・2.4Ghzの切り替えスイッチがあります。

2.4GhzのUSBアダプタちなみに2.4GhzのUSBアダプタは単三電池を入れる箇所に格納されています。

リストレストリストレストは上部のところに山があり、手にフィットするようになっています。素材はおそらく合皮だと思います。触った感触ですが、かなり硬いです。

この穴にリストレストをはめ込む
本体背面の下部には穴が2つあります。この穴にリストレストをはめ込みます。

本体とリストレストを組み合わせた状態
本体とリストレストを組み合わせた状態です。

Kensington Expert Mouse Wirelessの良かったところ、悪かったところ

Kensington Expert Mouse Wirelessの良かったところ

ボールが巨大なので、カーソルの移動距離が長い

ボールが巨大なので、カーソルの移動距離が長いトラックボールマウスは、トラックボールのサイズが巨大なほど、カーソルの移動距離が伸びます。つまり、カーソルを移動させる際、トラックボールを何回も転がす必要がなくなります。

Kensington Expert Mouse Wirelessのトラックボールの直径は55mmと、トラックボールマウスの中ではトップクラスの巨大さです。

ようするに、Kensington Expert Mouse Wirelessはカーソル移動が非常に楽だということです。

ウルトラワイドディスプレイやデュアルディスプレイなど、どうしてもカーソル移動距離が長くなる環境と相性が抜群です。

細かな操作から大雑把な操作まで幅広く対応可能

細かな操作から大雑把な操作まで幅広く対応可能トラックボールそのものが巨大なので、細かな操作をする際は、人差し指、中指の両方を使い、大雑把な操作をする際は手の平を使うといった使い分けができます。

ちなみにKensington Expert Mouse Wirelessは、手のひらタイプのトラックボールマウスになります。手のひら操作タイプのトラックボールマウスについては、下記記事をご覧ください。↓

手のひら操作タイプのトラックボールマウスおすすめ5選!細かな操作から大雑把な操作まで対応
トラックボールマウスの中である意味、最も癖が強いですが、一部で熱狂的な支持を得ているのが「手のひら操作タイプ」です。今回はおすすめの手のひら操作タイプのトラックボールマウスを5つ、紹介します。

ソフトウェアで様々なカスタマイズが可能

ソフトウェアで様々なカスタマイズが可能専用ソフトのKensingtonWorksで様々なカスタマイズが行えます。カスタマイズできる項目は「ボタン」、「ポインター」、「スクロール」です。

上の2つのボタン同時押し上の2つのボタン同時押し

下の2つのボタン同時押し下の2つのボタン同時押し

「ボタン」ではボタンに機能の割り当てが出来ます。4つのボタンだけでなく、上2つのボタン同時押し、下2つのボタン同時押しの時の割り当ても出来ます。つまり、合計6つの機能の割り当てが可能です。

マウスカーソルの速度などを調節可能「ポインター」ではマウスカーソルの速度などを調節可能です。

スクロールの速度や方向を調節「スクロール」ではスクロールリングを動かした際のスクロールの速度や方向を調節できます。

スクロールリングが使いやすい

スクロールリングが使いやすい一般的なマウスのホイールリングは長い距離のスクロールをする際、何回もホイールリングを回すはめになります。

一方、Kensington Expert Mouse Wirelessのスクロールリングは直径も大きいため、長い距離のスクロールでも、何度もスクロールリングを回す必要はないです。スクロールリングを一回転させると、かなりの距離をスクロールできます。

また、スクロールリング自体、トラックボール周りに配置されてることもあり、かなり操作しやすいです。

スクロールをする機会が多い方は、Kensington Expert Mouse Wirelessのスクロールリングをぜひ一度試してもらいです。使いやすいと感動すると思います。

形状が左右対称なので左手でも操作可能

形状が左右対称なので左手でも操作可能トラックボールマウスのほとんどが右手専用に設計されています。一方でこのKensington Expert Mouse Wirelessの形状は左右対称です。つまり左手でも操作可能です。左利きの人でも安心して使うことが出来ます。

Kensington Expert Mouse Wirelessの悪かったところ

本体が巨大

本体が巨大本体がかなり巨大です。特に付属のリストレストと組み合わせると、よりその巨大さが拍車をかけます。試しにHUGE、M575と並べてみましたが、Kensington Expert Mouse Wirelessの巨大さが際立っています。

ある程度スペースを確保する必要があるのと、持ち運びには絶望的に向いていません。

ERGO M575についてはこちら

ERGO M575をレビュー!トラックボールマウス初心者はまずはこれから
トラックボールマウスの名機、M570が10年ぶりに刷新され、M575として生まれ変わりました。自分はM570はもっていませんが、存在自体は知っていました。名機の後継モデルということなので興味がわき、M575を購入したのでレビューしたいと思います。

M-HT1DRXBK(HUGE)についてはこちら

超巨大なトラックボールマウスM-HT1DRXBK(HUGE)をレビュー!
トラックボールマウスは、ボールを転がして操作をする特殊なマウスです。普通のマウスと違って個性的な形状をしているものが多いです。その中でも異彩を放つのは今回紹介するHUGEです。腱鞘炎持ちの自分にとって、HUGEは果たしてフィットするのでしょうか?詳しくレビューしたいと思います。

リストレストが固い

リストレストが固い
リストレストの感触がかなり固いです。長時間使っていると少し気になってきます。

リストレストだけ別途購入
あまりにも気になるようであれば、付属しているリストレストを外して、別途柔らかい素材で出来たリストレストを購入してみるのも一つの手です。

まとめ

Kensington Expert Mouse Wirelessは特殊な形状ゆえ、操作に慣れが必要なのは確かです。自分も購入した当初は操作に慣れなかったので苦労しました。

しかし、今は使い込んでいくうちにこの特殊な形状が自分にしっくりくるようになりました。操作も何の違和感もないです。

今まで様々なトラックボールマウスを使っていますが、このKensington Expert Mouse Wirelessが今のところ、一番自分と相性が良いと感じています。

Kensington Expert Mouse Wireless PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><ソフマップicon>
スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
パソコン・自作PCトラックボールマウス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ