【2024年5月更新】ゲーミングPC最新セール情報

おすすめのGTX 1660 SUPER搭載のゲーミングPCを紹介! 5月のセールで安いモデルを選別

GTX 1660 SUPER搭載ゲーミングPC

2019年10月、NVIDIAのGPUのGTX 1660 SUPERを搭載したビデオカードの販売が開始されました。

GTX 1660 SUPERの立ち位置は、GTX 16シリーズの最上位モデルという位置づけで、下位にGTX 1650があります。

今回の記事ではGTX 1660 SUPERの特徴、ゲーム性能を解説し、最後におすすめのゲーミングPCを紹介します。

目次

GTX 1660 SUPERとは

RTX 3050GTX 1660 SUPERGTX 1650
CUDAコア数2,5601,408896
ベース/ブーストクロック1,552MHz / 1,777MHz1,530MHz / 1,785MHz1485MHz / 1665MHz
標準メモリ構成GDDR6 8GB(128bit)GDDR6 6GB
(192bit)
GDDR6 4GB
(128bit)
レイトレーシングコア(RTコア)20(第2世代)
Tensorコア80(第3世代)
NVIDIAアーキテクチャーAmpereTuringTuring
NVIDIA DLSS2
NVIDIA Encoder(NVENC)第7世代×1第6世代×1第6世代×1
AV1エンコード/デコード×/〇×/××/×
グラフィックスカード電力(W)13012575
システム電力要件(W)550450300
必須の電源8ピン×18ピン×1なし
参考価格
※2024年4月現在
約35,000円約43,000円約21,000円

GTX 16シリーズの最上位に位置するモデルということで、競合と言えるのはGTX 1650ではなく、RTX30シリーズのRTX 3050になります。

似たようなモデルにGTX 1660 Tiなどありますが、基本的にほぼ性能は似たり寄ったりです。

メモリバス幅を除くと、CUDAコア数、メモリバス幅などは、RTX 3050に負けています。また、RTX 3050はレイトレーシングやDLSSに対応していますが、GTX 1660 SUPERは非対応です。

グラフィックスカード電力(W)は約125Wとかなり控えめです。RTX 3050とほぼ同じです。

GTX 1660 SUPERのゲーム性能について

GTX 1660 SUPERのゲーム性能について
Gainward 「GeForce GTX 1660 SUPER Pegasus」

GTX 1660 SUPERのゲーム性能を他のGPUと比較します。なお、ゲームのグラフィック設定は最高設定に統一しています。

検証環境を見るにはここをクリック

検証環境

検証環境
検証環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
CPUグリスARCTIC 「MX-4
ビデオカードGainward 「GeForce GTX 1660 SUPER Pegasus
マザーボードGIGABYTE「B760 AORUS ELITE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)」(16GB×2)
(DDR5-4800に設定)
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR JP2
OSWindows 11 Home 64bit版

軽量級ゲーム

軽量級ゲームの平均fps

軽量級のゲームの平均fpsは、フルHD解像度では平均97fps、WQHD解像度では62fps、4K解像度では31fpsでした。

下位モデルのGTX 1650と比較すると、フルHD解像度では約42%、WQHD解像では約50%、4K解像度では約69%上回っています。

検証に使用した軽量級ゲームタイトルと各ゲームタイトルのGTX 1660 SUPERの平均fps
ゲームタイトルフルHD解像度WQHD解像度4K解像度
レインボーシックスシージ154fps93fps44fps
オーバーウォッチ283fps55fps30fps
ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー73fps47fps22fps
BLUE PROTOCOL79fps53fps27fps

中量級ゲーム

中量級ゲームの平均fps

中量級のゲームの平均fpsは、フルHD解像度では平均47fps、WQHD解像度では37fps、4K解像度では22fpsでした。

下位モデルのGTX 1650と比較すると、フルHD解像度では約89%、WQHD解像では約102%、4K解像度では約114%上回っています。

検証に使用した中量級ゲームタイトルと各ゲームタイトルのGTX 1660 SUPERの平均fps
ゲームタイトルフルHD解像度WQHD解像度4K解像度
Forza Horizon 538fps32fps23fps
アサシンクリードミラージュ53fps39fps22fps
Call of Duty: Modern Warfare III51fps39fps22fps

重量級ゲーム

重量級ゲームの平均fps

重量級のゲームの平均fpsは、フルHD解像度では平均45fps、WQHD解像度では31fps、4K解像度では16fpsでした。

下位モデルのGTX 1650と比較すると、フルHD解像度では約81%、WQHD解像では約82%、4K解像度では約105%上回っています。

検証に使用した重量級ゲームタイトルと各ゲームタイトルのGTX 1660 SUPERの平均fps
ゲームタイトルフルHD解像度WQHD解像度4K解像度
Watch Dogs: Legion36fps25fps15fps
アーマードコア656fps42fps22fps
サイバーパンク207744fps25fps10fps

GTX 1660 SUPERの強みと弱みについて

強み弱い
フルHD解像度の軽量級ゲームであれば、平均60fpsでゲームがプレーできるWQHD、4K解像度でのプレーは厳しい フルHD解像度の中・重量級ゲームのプレーは厳しい
VRAM容量が6GBと少ない
DLSSには非対応
AV1エンコードに非対応

GTX 1660 SUPERのゲーム性能はほぼRTX 3050に匹敵します。ただし、FORZA HORIZON5みたいにVRAM消費量が多いゲームだと、VRAM容量の少なさが足を引っ張って、ゲーム性能が落ち込みます。

そのため、フルHD解像度の軽量級のゲームであれば、平均60fpsでプレー可能ですが、中・重量級から厳しくなります。

もちろん、WQHD、4K解像度は言うまでもなく厳しいです。また、RTXシリーズではないので、DLSSが使えない点もマイナス要素です。

また、ゲーミングPCでは、GTX1660 SUPER搭載モデルは徐々に姿は消え、RTX 3050搭載モデルに切り替わっており、物理的に購入しづらいのもマイナスポイントです。

あわせて読みたい
おすすめのRTX 3050搭載のゲーミングPCを紹介! 5月のセールで安いモデルを選別 2022年1月、NVIDIAのGPUのRTX 3050を搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 3050の立ち位置は、RTX 3060の下位モデルという位置づけで、RTX30シリーズのエ...

GTX 1660 SUPER搭載おすすめゲーミングPC

モガ

2024年5月26日(日)に更新しました。

コンパクトタワーPC TS-I7700GTX66TIMIJ

スペック
CPUCore i7-11700
GPUGTX 1660 Ti
メモリ16GB
ストレージ500B M.2 Gen 4 NVMe SSD
M.2スロット2基(空きスロット1)
マザーボードMSI MPG B560I GAMING EDGE WIFI (Mini-ITX)
電源750W 80PLUS GOLD
価格114,980円+送料0円

TSUKUMOの「コンパクトタワーPC TS-I7700GTX66TIMIJ」はCore i7-11700×GTX 1660 TiのゲーミングPCです。

「Core i7 11700」は8コア16スレッドのインテル第11世代のCPUで、性能はそこまで高くありませんが、GTX 1660 Tiくらいとのビデオカードとの組み合わせであれば性能不足を感じることはないです。

もちろん、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージはNVMe SSDの500GBモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。

このモデルはカスタマイズできないので、容量不足であれば、SATAのSSDを増設するか、外部ストレージを使う必要があります。

マザーボードはMini-ITXサイズの「MSI MPG B560I GAMING EDGE WIFI」を採用。M.2スロットは2基あり、空きスロットは1なので、SSDの増設は可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(16GB×1)を搭載しています。デュアルチャネルではなく、シングルチャネルとなっています。

電源は80PLUS GOLDの750Wという大容量です。将来的により上位のビデオカードに変更した際も対応できます。

PCケースは、JONSPLUS i100 Proを採用しています。小型でありながら、水冷式CPUクーラーを取り付け可能など、ハイエンド構成が可能です。材質はアルミなので高級感もあります。

ケースの寸法は約194mm(幅)x約307mm(高さ)x約435mm(奥行)です。

AeroStream RM5A-B238/Bのポイント
メリットデメリット
質感の高いPCケース
小型
M.2 NVMe SSDの増設はできる
クリエイティブ性能は少し弱い
ストレージは500GB
80PLUS GOLDの750W電源
モリがシングルチャネル構成
モガ

GTX 1660 SUPER搭載モデルは現在、ほぼすべてのBTOショップで取扱いが終了しています。性能が近いRTX 3050搭載モデルから探すことをおすすめします。

あわせて読みたい
【2024年5月】ゲーミングPC最新セール情報まとめ【おすすめ】 ゲーミングPCの価格は近年高騰しつづけています。10万円を超えるのは当たり前で、中には30万円、40万円を超える高額なモデルも当たり前のように登場しています。 ただ、...

まとめ

GTX 1660 SUPER搭載モデルは徐々に姿を消し、わずかに在庫処分扱いで販売されているような状況です。

そのため、素直にRTX 3050搭載モデルを探すことをおすすめします

目次