【2024年5月更新】ゲーミングPC最新セール情報

おすすめの予算20万円以上25万円以下のゲーミングPCを紹介! 5月のセールで安いモデルを選別

予算20万円以上25万円以下のゲーミングPC

予算20万円以上25万円以下のゲーミングPCはWQHD解像度でのプレーを余裕でこなせる、RTX 4070 SUPER搭載モデルを採用しているモデルが多いです。

RTX 4070 SUPER搭載モデルを探しているのなら基本的にこの価格帯から探すことになります。

今回の記事では、予算20万円以上25万円以下のゲーミングPCのおすすめモデルを紹介します。

目次

予算20万円以上25万円以下のゲーミングPCの特徴

予算20万円以上25万円以下のゲーミングPCの特徴

予算20万円以上25万円以下のゲーミングPCは必然的に、アッパーミドルクラスのモデルに分類されます。

搭載されているGPUはRTX 4070 SUPERが想定されます。

RTX 4070 SUPERのゲーム性能

RTX4070 SUPERの全10ゲームの平均fps
検証環境を見るにはここをクリック

検証環境

検証環境
検証環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
CPUグリスARCTIC 「MX-4
ビデオカードPNY「GeForce RTX 4070 Super 12GB VERTO OC
マザーボードGIGABYTE「B760 AORUS ELITE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)」(16GB×2)
(DDR5-4800に設定)
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR JP2
OSWindows 11 Home 64bit版

RTX 4070 SUPERの各解像度ごとの平均fpsをまとめたのが上記の表です。グラフィックス設定は最高です。

RTX 4070 SUPERのゲーム性能は十分高く、フルHD解像度はもちろん、WQHD解像度でも十分144fpsを狙ってゲームをプレーすることも可能です。

一方、重量級の4K解像度は厳しいですが、設定を落としたり、アップスケーリングを活用することで平均60fpsでのプレーも十分可能です。

RTX 4070  SUPERのDLSSFG適用時のフレームレート

また、RTX 4070 SUPERはDLSS 3.0(FG)に対応しています。対応ゲームであれば、DLSSを設定していない状態に比べると、2倍以上平均フレームレートを上昇させることが可能です。

あわせて読みたい
おすすめのRTX 4070 SUPER搭載のゲーミングPCを紹介! 5月のセールで安いモデルを選別 2024年1月、NVIDIAのGPUのRTX 4070 SUPERを搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 4070 SUPERの立ち位置は、RTX 4070とRTX 4070 Tiの丁度中間に位置します...

予算20万円以上25万円以下のおすすめゲーミングPC

モガ

2024年5月26日(日)に更新しました。

OMEN 25L パフォーマンスダッシュモデル

スペック
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4070 SUPER
メモリ32GB (16GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット2個(空きスロット1)
マザーボードH770
電源800W 80PLUS GOLD
価格229,000円+送料0円

HPの「OMEN 25L パフォーマンスダッシュモデル icon」はCore i7-14700F×RTX 4070 SUPERのゲーミングPCです。

Core i7-14700Fはインテル第13世代のCore i7です。Pコア8、Eコア12の20コア28スレッドという強力なマルチスレッド性能があり、さらにシングル性能も高いです。

RTX 4070 SUPERの性能を引き出すことができます。

もちろん、CPU性能が高いので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能も高いです。

ストレージはGen 4接続のWD_Blackの1TBモデルを搭載。

マザーボードは特に記載されていませんが、H770チップセット搭載のマザーボードを採用。M.2スロットは2基あり、空きスロットは1基のみです。NVMe SSDの増設が可能です。

メモリはDDR5-5200の32GB(16GB×2)を搭載しています。RGBに対応しているので光ります。

電源は80PLUS GOLDの800W電源を採用。Wi-Fi 6E+ Bluetooth 5の無線機能に対応しています。

PCケースはブラックを基調としたシンプルなデザインを採用しています。金属製のフレームを採用しており、質感は高いです。

サイドパネルはガラスなので、内部のPCパーツを見て楽しむことができます。

ケースの寸法は約165mm(幅)x約448mm(高さ)x約396mm(奥行)です。

OMEN 25L パフォーマンスダッシュモデルのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
Wi-Fi 6E+Bluetooth 5に対応
メモリの容量が32GB
メモリはRGBに対応
クリエイティブ性能は高い
ガラスパネルを採用
DDR5-5200のメモリを採用
M.2 NVMe SSDの増設が可能
ストレージの増設など、基本的なカスタマイズはできない
モガ

最もおすすめなのは「OMEN 25L パフォーマンスダッシュモデル」です。Core i7-14700F搭載、メモリ32GB(RGB対応)搭載、Wi-Fi 6E+Bluetooth 5対応と、基本スペックも優秀です。この価格帯で探しているのなら現状これ一択と言えます。

まとめ

今回、20万円以上25万円以下という縛りだと、ほぼRTX 4070 SUPER搭載モデルに限定されますが、BTO各社ラインナップは比較的充実している印象です。

RTX 4070よりWQHD解像度で快適にゲームをプレーしたいのなら、これくらいの価格帯からRTX 4070 SUPER搭載モデルを探せば、満足いく結果が得られると思います。

目次