【2024年7月更新】ゲーミングPC最新セール情報

RTX 4070 SUPERとRTX 4070はどっちがおすすめ?ゲームベンチマークで性能を比較検証

RTX4070SUPERとRTX4070を比較

RTX 40シリーズの中でも、アッパーミドル帯のGPUとして人気が高いのが、RTX 4070 SUPERとRTX 4070です。

価格差もそこまで離れていないこともあり、どちらを選ぶべきか、迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、それぞれのGPUの詳細なスペックを比較し、ゲームベンチマークを実行し、ゲーム性能を比較検証したいと思います。

最後におすすめのゲーミングPCについても紹介します。

目次

RTX 4070 SUPERとRTX 4060 Tiの仕様を比較

RTX 4070 TiRTX 4070 SUPERRTX 4070
CUDAコア数7,6807,1685,888
ベース/ブーストクロック2310MHz / 2610MHz1980MHz / 2475MHz1920MHz / 2475MHz
標準メモリ構成GDDR6X 12GBGDDR6X 12GB(192bit)GDDR6X 12GB(192bit)
レイトレーシングコア(RTコア)60(第3世代)56(第3世代)46(第3世代)
Tensorコア240(第4世代)224(第4世代)184(第4世代)
NVIDIAアーキテクチャーAda LovelaceAda LovelaceAda Lovelace
NVIDIA DLSS333
NVIDIA Encoder(NVENC)第8世代×2第8世代×1第8世代×1
AV1エンコード/デコード〇/〇〇/〇〇/〇
グラフィックスカード電力(W)285220200
システム電力要件(W)700650650
必須の電源8ピン×2または300W以上の12VHPWR×18ピン×2または300W以上の12VHPWR×18ピン×2または300W以上の12VHPWR×1
参考価格
※2024年3月現在
約113,000円約98,000円約83,000円

仕様を比較するとRTX 4070 SUPERの立ち位置はRTX 4070というより、RTX 4070 Tiに限りなく近いです。特にCUDAコア数は7,168と、RTX 4070と比べると約1,000以上もスペックアップしています。

スペックはRTX 4070 Ti寄りなのに、グラフィックスカード電力は220Wで済んでいるのでワットパフォーマンスは非常に高いと言えます。

今後、RTX 4070 Tiは終売になるといわれ、事実上、RTX 4070 SUPERがそのポジションに立つことが予想されます。

ただし、RTX 4070 Tiはデュアルエンコードが可能なのに対して、RTX 4070 SUPERはデュアルエンコードには非対応なのでその点は注意が必要です。

PNY「GeForce RTX 4070 Super 12GB VERTO OC」

テストに使用するのはPNY「GeForce RTX 4070 Super 12GB VERTO OC」です。

RTX4070super-GPU-Zの情報
RTX4070super-GPU-Zのカード電力

GPU-Zによる情報を確認。OCモデルなので、ブーストクロックが2,490MHzと定格よりほんの少し高めに設定されていました。カード電力は定格の220Wに設定されています。

RTX 4070 SUPERとRTX 4070のゲーム性能を比較

検証環境

検証環境
検証環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
CPUグリスARCTIC 「MX-4
ビデオカードPNY「GeForce RTX 4070 Super 12GB VERTO OC
GAINWARD「GeForce RTX 4070 Ghost
マザーボードGIGABYTE「B760 AORUS ELITE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)」(16GB×2)
(DDR5-4800に設定)
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR JP2
OSWindows 11 Home 64bit版
上段がGAINWARD「GeForce RTX 4070 Ghost」、下段がPNY「GeForce RTX 4070 Super 12GB VERTO OC」
上段がGAINWARD「GeForce RTX 4070 Ghost」、下段がPNY「GeForce RTX 4070 Super 12GB VERTO OC」

ここからは実際にRTX 4070とRTX 4060 Ti(8GB版)をパソコンに組み込んで性能をチェックします。

Core i5-14600KF

CPUにCore i5-14600KFを使用します。インテル第14世代のCPUで、Pコアが6つ、Eコアが8つ、計14コア20スレッドのCPUです。

アーキテクチャーに「Raptor Cove」を採用し、さらにL2キャッシュの量も24MBと多く、ゲーム性能が高いCPUとなっています。

あわせて読みたい
Core i5-14600Kをレビュー!Core i7-12700と性能を比較検証 | Raptor Cove搭載でゲームに強いCPU Core i5-14600Kはインテル第14世代のCoreシリーズのミドルレンジに位置するCPUです。2023年10月に発売されたRaptor Lake-S RefreshシリーズのK付きモデルの中では最も安...

基本性能を定番ツールで計測

「3DMark」のラスタライズ系の結果

まず「3DMark」のラスタライズ系の結果です。

Fire Strikeでは約18%、Time Spyでは約15%、Time Spy Extremでは約16%、RTX 4070 SUPERがRTX 4070に対して上回っています。

「3DMark」のレイトレーシング系の結果

次はレイトレーシング系です。

Port Royal、Speed Wayで約17%、RTX 4070 SUPERがRTX 4070に対して上回っています。

フルHD解像度のゲーム性能

フルHD解像度のゲーム性能(軽量級)

ここからは実際にゲームベンチマークを実行してパフォーマンスを計測し、平均fpsを比較します。なおゲームのグラフィックス設定はすべて最高、スケーリングは100%に設定しています。

フルHD解像度の軽量級ゲームでは20~30fpsくらいの差がついています。

フルHD解像度のゲーム性能(中量級)

フルHD解像度の中量級ゲームでは10~30fpsくらいの差がついています。

フルHD解像度のゲーム性能(重量級)

フルHD解像度の重量級ゲームでは10~30fpsくらいの差がついています。ARMORED CORE Ⅵはフレームレートの上限が120fpsなので差がついていません。

WQHD解像度のゲーム性能

WQHD解像度のゲーム性能(軽量級)

WQHD解像度の軽量級ゲームでは20~50fpsくらいの差がついています。

WQHD解像度のゲーム性能(中量級)

WQHD解像度の中量級ゲームでは10~20fpsくらいの差がついています。

WQHD解像度のゲーム性能(重量級)

WQHD解像度の重量級ゲームでは10~20fpsくらいの差がついています。

4K解像度のゲーム性能

4K解像度のゲーム性能(軽量級)

4K解像度の軽量級ゲームでは10~20fpsくらいの差がついています。

4K解像度のゲーム性能(中量級)

4K解像度の中量級ゲームでは10fpsくらいの差がついています。

4K解像度のゲーム性能(重量級)

4K解像度の重量級ゲームでは10fpsくらいの差がついています。

レイトレ+DLSSのゲーム性能

レイトレ+DLSSのゲーム性能

「CyberPunk2077」をフルHD解像度レイトレウルトラに設定し、DLSSを設定しない状態と、DLSSバランス+DLSS FGをオンの状態で平均FPSどれくらい伸びるのか比較します。

RTX 4070 SUPER、RTX 4070ともに、DLSSとDLSS FGの両方を有効にすることで約95%平均fpsが伸びています。

RTX 4070 SUPERとRTX 4070のグラフィックスカード電力(W)を比較

RTX 4070とRTX 4060 Tiのグラフィックスカード電力(W)を比較

Hwinfoを用いて、アイドル時と3DMarkのTimeSpy実行中のグラフィックカード電力(W)を計測します。

高負荷時の最高値を見ると、RTX 4070 SUPERのグラフィックカード電力(W)は、RTX 4070と比較して約20Wほど高い傾向です。

RTX 4070 SUPERとRTX 4070、結局どっちがおすすめ?

全10ゲームのベンチマークを検証してきましたが、各解像度の全ゲームの平均FPSをグラボごとにまとめたのが以下の表です。

全10ゲームの各解像度ごとの平均fps

フルHD解像度では約17FPS、WQHD解像度では約19FPS、4K解像度では約11FPSの差が開きました。

RTX 4070 SUPER、RTX 4070ともにフルHD解像度向けというより、WQHD解像度向けの性能です。また中量級ゲームまでであれば、4K解像度でのプレーも十分可能です。

ただ、RTX 4070 SUPERとRTX 4070の間には明確な性能差があります。

RTX 4070 SUPERのゲーム性能はRTX 4070に対して、約15~20%くらいの性能向上が期待できます。

それでいて、グラフィックスカード電力(W)はRTX 4070に対して、たった20Wほどしか上がっていません。RTX 4070 SUPERのワットパフォーマンスは非常に良好といえます。

RTX 4070 SUPERとRTX 4070との価格差はまだまだ開きはありますが、その差が許容できるのなら、RTX 4070 SUPERの方をおすすめします。

もし今後、RTX 4070 SUPERの価格が下がっていき、RTX 4070との価格差が縮まっていけば、「RTX 4070」を選ぶ必要はないと言える時代が来るかもしれません。

RTX 4070 SUPER搭載おすすめゲーミングPC

FRGKB550/WS604/NTK

スペック
CPURyzen 7 5700X
GPURTX 4070 Super
メモリ16GB (8GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット1個(空きスロット0)
マザーボードASRock B550M-HDV (Micro ATX)
電源750W 80PLUS GOLD
価格204,800円+送料0円

FRONTIERの「FRGKB550/WS604/NTK」はRyzen 7 5700X×RTX 4070 SuperのゲーミングPCです。

「Ryzen 5 5700X」は8コア16スレッドのZEN3世代のCPUで性能は十分高いのですが、RTX 4070 SUPERとの組み合わせではさすがに力不足なところはあります。

特にフルHD解像度では、例えば、Core i7-14700F×RTX 4070 Superの組み合わせのモデルと比べると、フレームレートは伸びづらいです。

ストレージは1TBモデルを搭載。複数のゲームをインストールできる余裕があります。

マザーボードはMicro ATXサイズの「ASRock B550M-HDV」を採用。

M.2スロットは1基しかないので、M.2 NVMe SSDを増設することはできません。ただし、SATAポートは4基あるので、ストレージ自体の増設は可能です。

メモリは大容量ののDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワー型

PCケースは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワー型です。

小型ですが、垂直エアフロー構造で効率的なエアフローを実現しています。さらにツールレスでサイドパネルを取り外せるので、メンテナンスも楽です。

ケースの寸法は幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mmです。

欠点もありますが、RTX 4070 SUPER搭載モデルとしては破格の20万円以下という価格はやはり魅力的です。

FRGKB550/WS604/NTKのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
小型のPCケースを採用
大PCケースの色(黒 or 白)を選べる
特典としてAMDトートバックが付属
M.2 NVMe SSDの増設はできない
RTX 4070 SUPERとの組み合わせではRyzen 7 5700Xは若干力不足

G-GEAR Aim GB5A-B241/B

スペック
CPURyzen 7 7700
GPURTX 4070 SUPER
メモリ32GB (16GB x2)
ストレージ1TB M.2 Gen 4 NVMe SSD
M.2スロット2個(空きスロット1)
マザーボードASRock B650M Pro RS WiFi (MicroATX)
電源850W 80PLUS GOLD
価格259,800円+送料2,200円

TSUKUMOの「G-GEAR Aim GB5A-B241/B」はRyzen 7 7700×RTX 4070 SUPERのゲーミングPCです。

Ryzen 7 7700はZEN4世代の最新CPUです。8コア16スレッドなのでマルチスレッド性能が高いのはもちろん、ZEN4ということでシングル性能も非常に高いです。ゲーム性能もCore i7-14700Fに匹敵します。

そのため、RTX 4070 SUPERとの相性も良好です。

ストレージはGen4接続の「KIOXIA EXCERIA PLUS G3」の1TBモデルを搭載。

マザーボードはM-ATXサイズの「ASRock B650M Pro RS WiFi」を採用。M.2スロットは全部で2基あるので、NVMe SSDの増設が可能です。

最上段のM.2スロットはPCIe 5.0×4に対応しているので将来的なアップグレードも可能です。

高速2.5GbイーサネットLANを搭載し、さらにWi-Fi 6E・Bluetooth5.2 対応とネットワーク周りは充実しています。

特に2.5GbLANはレイテンシー(遅延)を減らせるので、反応が要求されるFPSなどのゲームだと効果を発揮します。

メモリはDDR5-4800の32GB(16GB×2)を搭載しています。

電源は750W 80PLUS GOLDのCWT製 GPW850S5を採用。

PCケースはG-GEAR Aim ミニタワーケースの「5TJ9-T」を採用しています。ヘアラインフロントパネルで構成されたスクエアデザインを採用し、質感が高いです。

ケースの寸法は幅(W):約210mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約415mmです。サイズ感は比較的小柄なので、デスクの上に置きやすいです。

フロントパネルのインターフェースが斜めに配置されているので、アクセスしやすいのも魅力的です。

G-GEAR Aim GB5A-B241/Bのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
メモリは32GBと大容量
M.2 NVMe SSDの増設が可能
GOLD認証の電源を搭載
質感の高いPCケースを採用
ゲーム性能高いCPUを搭載
高速2.5GbイーサネットLANを搭載
Wi-Fi 6E・Bluetooth5.2 対応
フロントのインターフェースにアクセスしやす
デスクの上に置きやすいサイズ感
特になし

OMEN 25L パフォーマンスダッシュモデル

スペック
CPUCore i7-14700F
GPURTX 4070 SUPER
メモリ32GB (16GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット2基(空きスロット1基)
マザーボードH770
電源800W 80PLUS GOLD
価格265,800円+送料0円

HPの「OMEN 25L パフォーマンスダッシュモデル icon」はCore i7-14700F×RTX 4070 SUPERのゲーミングPCです。

Core i7-14700Fはインテル第13世代のCore i7です。Pコア8、Eコア12の20コア28スレッドという強力なマルチスレッド性能があり、さらにシングル性能も高いです。

RTX 4070 SUPERの性能を引き出すことができます。

もちろん、CPU性能が高いので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能も高いです。

ストレージはGen 4接続のWD_Blackの1TBモデルを搭載。

マザーボードは特に記載されていませんが、H770チップセット搭載のマザーボードを採用。M.2スロットは2基あり、空きスロットは1基のみです。NVMe SSDの増設が可能です。

メモリはDDR5-5200の32GB(16GB×2)を搭載しています。RGBに対応しているので光ります。

電源は80PLUS GOLDの800W電源を採用。Wi-Fi 6E+ Bluetooth 5の無線機能に対応しています。

PCケースはブラックを基調としたシンプルなデザインを採用しています。金属製のフレームを採用しており、質感は高いです。

サイドパネルはガラスなので、内部のPCパーツを見て楽しむことができます。

ケースの寸法は約165mm(幅)x約448mm(高さ)x約396mm(奥行)です。

OMEN 25L パフォーマンスダッシュモデルのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
Wi-Fi 6E+Bluetooth 5に対応
メモリの容量が32GB
メモリはRGBに対応
クリエイティブ性能は高い
ガラスパネルを採用
DDR5-5200のメモリを採用
M.2 NVMe SSDの増設が可能
ストレージの増設など、基本的なカスタマイズはできない
あわせて読みたい
HP OMEN25Lをレビュー!コスパに優れ、狭いスペースにも設置しやすいゲーミングPC 世界有数のBTOメーカーのHP(ヒューレット・パッカード)から販売されている、高コスパゲーミングPCの「OMEN 25L」をレビューします。 今回レビューするのは、Core i7-1...

FRGHLB650/WS700

スペック
CPURyzen 7 7800X3D
GPURTX 4070 Super
CPUクーラー120 mm空冷CPUクーラー
Deepcool AK400
メモリ32GB (16GB x2)
DDR5-5600
ストレージ1TB
M.2 NVMe SSD
M.2スロット3基(空きスロット2)
マザーボードB650チップセット
ASRock B650 Pro RS (ATX)
ネットワーク有線:2.5Gbps LAN
無線:なし
電源750W
80PLUS GOLD
ケース寸法幅(W):約230mm x 高さ(H):約500mm x 奥行(D):約465mm
価格272,800円+送料0円

FRONTIERの「FRGHLB650/WS700」はRyzen 7 7800X3D×RTX 4070 SuperのゲーミングPCです。

「Ryzen 7 7800X3D」は8コア16スレッドのCPUで、最大の特徴がL3キャッシュを96MBも搭載している点です。

L3キャッシュの量はゲームパフォーマンスに影響を与えるので、その量が豊富な「Ryzen 7 7800X3D」であれば、RTX 4070 SUPERの性能を最大限に引き出せます。まさにゲーム性能最強格のCPUの一つといえます。

ストレージは1TBモデルを搭載。複数のゲームをインストールできる余裕があります。

マザーボードはATXサイズの「ASRock B650 Pro RS」を採用。

M.2スロットは3基あり、2基増設できるので、拡張性は優秀です。

メモリは大容量のDDR5-5600の32GB(16GB×2)を搭載しています。

ネットワークは2.5Gbps LANを搭載。一般的な1Gbps LANと比較して、高速なだけでなく、レイテンシも低減します。

高い冷却性能と拡張性を誇る、GHLシリーズのPCケースを採用しています。左サイドの強化ガラスパネルを採用し、4基の光るケースファンとケース側面に施したRGB-LEDラインの装飾を楽しむことができます。

ケースは白と黒の2色から選ぶことができます。

FRGHLB650/WS700のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
ゲーム性能最強格のCPUを搭載
M.2 NVMe SSDの増設が可能
2.5Gbps LANを搭載
ライティングを楽しめるPCケースを採用
PCケースの色(黒 or 白)を選べる
特典としてAMDトートバックが付属
特になし
あわせて読みたい
おすすめのRTX 4070 SUPER搭載のゲーミングPCを紹介! 7月のセールで安いモデルを選別 2024年1月、NVIDIAのGPUのRTX 4070 SUPERを搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 4070 SUPERは、RTX 4070の上位版という位置づけのGPUです。 ターゲット解...

RTX 4070搭載おすすめゲーミングPC

G-GEAR GA7A-D230B/NT2

スペック
CPURyzen7 5700X
GPURTX 4070
メモリ32GB (16GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット2基(空きスロット1基)
マザーボードMSI B550-A PRO(ATX)
電源750W 80PLUS GOLD
価格205,980円+送料0円

TSUKUMOの「G-GEAR GA7A-D230B/NT2」はCore i5-13400F×RTX 4070のゲーミングPCです。

Core i5-13400Fは10コア16スレッドのインテル第13世代のCPUです。実質、インテル第12世代のCore i5-12400にEコアが4つついたCPUと言えます。

Core i5-12400と同じくシングル性能が優秀なのはそのままで、Eコアがついた分、マルチスレッド性能も向上しました。

ストレージはGen4接続の「WD Black SN770」の1TBモデル、メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

電源はCWT製のGPS750S-T(CWT製 定格750W 80PLUS GOLD)のものを採用。

マザーボードはATXサイズの「B550-A PRO」を採用。M.2スロットは3基あるので、最大2基の増設が可能です。ツクモオリジナルモデルで、M.2のヒートシンクが2つある、デュアルヒートシンク仕様となっています。

PCケースはG-GEAR ミドルタワーケースを採用。フロントはメッシュデザインが採用されており、エアフローを重視しています。ケースの寸法は幅(W):約190mm x 高さ(H):約435mm x 奥行(D):約475mmです。

即納モデルなので送料は無料ですぐに出荷されます。ただし、カスタマイズは一切できないのでその点は注意が必要です。

G-GEAR GA7A-D230B/NT2のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
ストレージは基本性能の高い「WD Black SN770」を搭載
M.2 NVMe SSDの増設が最大1基まで可能
M.2ヒートシンクが2つ付属
メモリは32GBを搭載
即納モデル
カスタマイズできない

G-GEAR GA5J-C230B3/CP8

スペック
CPUCore i5-13400F
GPURTX 4070
メモリ32GB (16GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット3基(空きスロット2基)
マザーボードASRock B660 Pro RS(ATX)
電源750W 80PLUS GOLD
価格219,980円+送料0円

TSUKUMOの「G-GEAR GA5J-C230B3/CP8」はCore i5-13400F×RTX 4070のゲーミングPCです。

Core i5-13400Fは10コア16スレッドのインテル第13世代のCPUです。実質、インテル第12世代のCore i5-12400にEコアが4つついたCPUと言えます。

Core i5-12400と同じくシングル性能が優秀なのはそのままで、Eコアがついた分、マルチスレッド性能も向上しました。

ストレージはGen4接続の「WD Black SN770」の1TBモデル、メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

電源はCWT製のGPS750S-T(CWT製 定格750W 80PLUS GOLD)のものを採用。

マザーボードはATXサイズの「ASRock B660 Pro RS」を採用。M.2スロットは3基あるので、最大2基の増設が可能です。ツクモオリジナルモデルで、M.2のヒートシンクが2つある、デュアルヒートシンク仕様となっています。

PCケースはG-GEAR ミドルタワーケースを採用。フロントはメッシュデザインが採用されており、エアフローを重視しています。ケースの寸法は幅(W):約190mm x 高さ(H):約435mm x 奥行(D):約475mmです。

即納モデルなので送料は無料ですぐに出荷されます。ただし、カスタマイズは一切できないのでその点は注意が必要です。

G-GEAR GA5J-C230B3/CP8のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
ストレージは基本性能の高い「WD Black SN770」を搭載
M.2 NVMe SSDの増設が最大2基まで可能
M.2ヒートシンクが2つ付属
メモリは32GBを搭載
即納モデル
カスタマイズできない
あわせて読みたい
おすすめのRTX 4070搭載のゲーミングPCを紹介! 7月のセールで安いモデルを選別 2023年4月、NVIDIAのGPUのRTX 4070を搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 4070は、RTX 4070 Ti、RTX 4070 SUPERの下位モデルという位置づけのGPUです。 ...

まとめ

RTX 4070 SUPERとRTX 4070、性能差はそれなりにあります。特に最低fpsのことを考えると、RTX 4070 SUPERのほうがより安心感を得やすいです。

例えば、アーマードコア6は4K解像度だとRTX 4070の最低fpsは40台に留まりますが、RTX 4070 SUPERは60以上を維持できます。

最低fpsを重要視するのであれば、やはりRTX 4070 SUPERを選んだ方が後悔は少ないと思います。

目次