2024年2月最新のゲーミングPCセール情報をチェック

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリをレビュー!最大8000MT/秒の高速OCメモリでPCの性能がどう変わるのか検証

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ

2021年のインテル第12世代の登場により、本格的にDDR5メモリへの移行が進みました。

初期はJEDEC準拠で4,800MHzが基準となっていましたが、今では8,000MHzクラスという超高クロックに対応するオーバークロックメモリが登場するようになりました。

今回は最大8000MT/秒という超高速OCメモリ、「Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」(型番: KF580C38RSAK2-32)をKingstonより提供していただいので、レビューしていきたいと思います。

モガ

Kingstonではメモリ速度単位を「MHz」ではなく「MT/s」と表記していますが、基本的に同じ意味です。

目次

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリの仕様

型番:KF580C38RWAK2-32
フォームファクターUDIMM
Intel® XMP 3.0 認定
AMD EXPO™ 認定不可
速度4800、7200、7600、8000
CASレイテンシCL38
電圧1.45V JEDEC準拠品 (XMP3.0搭載)
容量32GB(16GB×2枚)
シングルモジュール
デュアルチャネルキット
クアッドチャネルキット不可
オクタルチャンネルキット不可
高さ44mm
保証製品寿命期間 / 無料技術サポート

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリの外観をチェック

「Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」のパッケージ

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」のパッケージです。今回はホワイトモデルということで、本体にあわせてパッケージもホワイト色が目立っています。

「Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」のパッケージ(裏面)

裏面には主にRGB LEDイルミネーション機能について記載されています。

プラスチック製のブリスターケースできちんと保護

パッケージから本体を取り出すと、プラスチック製のブリスターケースできちんと保護されていました。

メモリの表面
メモリの裏面

斬新なデザインなシルバーのアルミヒートスプレッダーを標準装備。

「KINGSTON FURY」のロゴ

メモリの中央部分には「KINGSTON FURY」のロゴが配置されています。

アドレサブルRGB LEDに対応したLEDバー

メモリの上面にはアドレサブルRGB LEDに対応したLEDバーを備えています。

高さは約44mm
厚さは約8mm

実測で高さは約44mm、厚さは約8mmです。高さはそれなりにあるので、大型の空冷CPUクーラーを使う際は、クリアランスが確保できるかどうか前もって確認しておくことをおすすめします。

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリのLEDライティングをチェック

Kingston FURY CTRL
Kingston FURY CTRL
Armoury Crate
Armoury Crate

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」のLEDライティングの制御は、「Kingston FURY CTRL」または各マザーボードメーカーのRGBソフトウェア(ASUSの場合、Armoury Crate)から設定できます。

赤外線同期テクノロジーの「Kingston FURY Infrared Sync Technology」を搭載。これにより、ソフトウェアで制御していなくても、各メモリが赤外線通信をすることで、LEDライティングが完璧に同期します。

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリのパフォーマンスをチェック

検証環境について

検証環境について

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」をPCに組み込んで、DDR5-4800からDDR5-8000にオーバークロックしたことによって、パフォーマンスがどう変化していくのか検証していきたいと思います。

Core i5-14600KF

テスト用のCPUはインテル第14世代のCore i5-14600KFを使用。

ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE

今回、マザーボードはASUSより、インテルZ790チップセット搭載のASUS 「ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE」をお借りすることができたのでそれを使用します。

メモリスロットが2本
メモリ冷却ファンキット

「ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE」はメモリスロットが2本(※DDR5メモリは4本差しでのオーバークロックが難しい)、メモリを冷却するファンキット付属等の特徴を持った、オーバークロックに特化したマザーボードです。今回の検証にうってつけです。

PCショップでROG MAXIMUS Z790 APEX ENCOREを探す
あわせて読みたい
オーバークロック特化マザー!ASUS ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCOREをレビュー 「ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE」はオーバークロックに特化したATXサイズのマザーボードです。 24+2フェーズの超堅牢なVRM電源回路、メモリスロットが2基のみ、メモリ...

メモリの設定はDDR5-8000とDDR5-4800の2種類でパフォーマンスを計測します。

テスト環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
CPUクーラーASUS「ROG RYUJIN III 360 ARGB
マザーボードASUS「ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)
(DDR5-8000)
グラフィックスカードGAINWARD「GeForce RTX 4070 Ghost
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR
OSWindows 11 Home 64bit版
メモリチップはSK hynix製で、メモリプロファイルはIntel XMP 3.0に対応

メモリチップはSK hynix製で、メモリプロファイルはIntel XMP 3.0に対応。メモリプロファイルはDDR5-4800、DDR5-7200、DDR5-7600、DDR5-8000の4つです。

Ai OverClock Tunerからメモリプロファイルを選択

ASUSのマザーボードの場合、メモリプロファイルを読み込むには、UEFI BIOS Utilityを起動し、Extreme Tweakerメニューに移動し、Ai OverClock Tunerからメモリプロファイルを選択します。

モガ

ASUSのマザーボードにはASUSによって最適化されたメモリプロファイルを読み込む「XMP I」、XMPメモリーのデフォルトのメモリプロファイルを読み込む「XMP II」の2種類があります。

DDR5-8000
DDR5-8000
DDR5-4800
DDR5-4800

今回は「XMP II」のメモリプロファイルを読み込むだけで、DDR5-8000で動作しました。また、メモリプロファイルを何も読み込まなければ、JEDEC準拠のDDR5-4800で動作します。

いずれもメモリコントローラがメモリの2分の1倍速になる動作モード(1:2)になる、 gear2で動作します。

ベンチマークテスト:AIDA64

「AIDA64」でメモリ帯域を計測

多機能ベンチマークツール「AIDA64」でメモリ帯域とレイテンシを計測します。

DDR5-4800と比較すると、「メモリリード」は約46%、「メモリライト」は約35%、「メモリコピー」は約38%速度が向上しています。

「AIDA64」でレイテンシを計測

また「メモリレイテンシ」は約33%向上しています。

ベンチマークテスト:Sandra 20/21

「Sandra 20/21」でメモリ帯域を計測

多機能ベンチマークツール「Sandra 20/21」でもメモリ帯域とレイテンシを計測します。

DDR5-4800と比較すると、「総合的なメモリパフォーマンス」、「整数メモリ帯域」、「浮動小数点メモリ帯域」ともに、約31%速度が向上しています。

「Sandra 20/21」でレイテンシを計測

また「メモリレイテンシ」は約29%向上しています。

ベンチマークテスト:CINEBENCH

CINEBENCH
CINEBENCHR15

CPU性能を計測するレンダリングベンチマーク、CINEBENCHです。「R15」、「R20」、「R23」、「2024」の4種類のベンチマークで計測します。

DDR5-4800と比較すると、「2024」ではマルチスコアで約3%、シングルスコアで約2%スコアが向上していますが、「R15」、「R20」、「R23」ではほとんど差がついていません。

ベンチマークテスト:V-Ray 5.0.2 Benchmark

V-Ray 5.0.2 Benchmark
V-Ray 5.0.2 Benchmark

「V-Ray 5」ベースのレンダリングベンチマーク「V-Ray 5.0.2 Benchmark」です。

DDR5-4800と比較すると、約6%スコアが向上しています。

ベンチマークテスト:Blender Benchmark 3.6.0

Blender Benchmark 3.6.0
Blender Benchmark 3.6.0

3DCGソフトの「Blender」ベースのレンダリングベンチマーク「Blender Benchmark 3.6.0」です。

DDR5-4800と比較すると、「monster」は約3%、「junkshop」は約6%、「classroom」は約4%スコアが向上しています。

ベンチマークテスト:7-Zip

7-Zip
7-Zip

圧縮・解凍ソフト「7-Zip」の内蔵ベンチマークです。

DDR5-4800と比較すると、「圧縮」は約17%、「展開」は約2%スコアが向上しています。

ベンチマークテスト:PCMark 10 Extended

PCMark 10 Extended
PCMark 10 Extended

総合ベンチマーク「PCMark 10 Extended」の結果です。

DDR5-4800と比較すると、「総合スコア」は約2%、「Essentials」は約1%、「Productivity」は約4%、「Digital Content Creation」は約1%、「Essentials」は約1%スコアが向上しています。

ベンチマークテスト:Super PI

Super PI

円周率計算ベンチマークの「Super PI」です。プリセットは32Mに設定しています。

DDR5-4800と比較すると、約3%短縮しています。

ベンチマークテスト:x264 FHD Benchmark

x264 FHD Benchmark

 動画エンコード性能を測定する「x264 FHD Benchmark」です。

DDR5-4800と比較すると、約3%fpsが向上しています。

ベンチマークテスト:AviUtl

AviUtl
AviUtl

フリーの動画編集ソフト「AviUtl」を使い、エンコードにかかった時間を計測します。動画ファイルは2GBの容量です。

DDR5-4800と比較すると、「x264」形式は約9%、「x265」形式は約6%短縮しています。

ベンチマークテスト:3DMark

3DMark
3DMark

3Dグラフィックスの定番ベンチマーク「3DMark」です。

プリセットは「Fire Strike」、「Fire Strike Extreme」、「Fire Strike Ultra」、「Time Spy」、「Time Spy Extreme」の5つを使用します。

DDR5-4800と比較すると、「Fire Strike」は約3%、「Fire Strike Ultra」は約1%スコアが向上しますが、「Fire Strike Ultra」、「Time Spy」、「Time Spy Extreme」では差はほとんどついていません。

ベンチマークテスト:ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ

ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ
ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ(スコア)

「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ」のベンチマークです。グラフィックス設定は「最⾼品質」で、解像度はフルHD、WQHD、4Kの3種類で計測しています。

まず総合スコアです。

DDR5-4800と比較すると、フルHDでは約8%、WQHDでは約7%スコアが向上していますが、4Kでは差はほとんどついていません。

ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ(fps)

続いて平均fpsです。

DDR5-4800と比較すると、フルHDでは約6%、WQHDでは約5%fpsが向上していますが、4Kではほとんど差がついていません。

ベンチマークテスト:FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION(スコア)

「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。グラフィックス品質は「⾼品質」で、解像度はフルHD、WQHD、4Kの3種類で計測します。

DDR5-4800と比較すると、フルHDでは約1%、WQHDでは約3%スコアが向上していますが、4Kではほとんど差がついていません。

ベンチマークテスト:BLUE PROTOCOL

BLUE PROTOCOL
BLUE PROTOCOL(スコア)

「BLUE PROTOCOL」のベンチマークです。グラフィックス設定は「最⾼画質」で、解像度はフルHD、WQHD、4Kの3種類で計測しています。

まず総合スコアです。

DDR5-4800と比較すると、フルHDでは約3%向上しましたが、WQHD、4Kではほとんど差がついていません。

BLUE PROTOCOL(fps)

続いて平均fpsです。

DDR5-4800と比較すると、フルHDでは約2%、WQHDでは約1%fpsが向上していますが、4Kではほとんど差がついていません。

ベンチマークテスト:Call of Duty: Modern Warfare III

Call of Duty: Modern Warfare III
Call of Duty: Modern Warfare III(fps)

「Call of Duty: Modern Warfare III」のベンチマークの結果を確認します。グラフィックス品質は「極限」で、解像度はフルHD、WQHD、4Kの3種類で計測します。

DDR5-4800と比較すると、フルHDでは約12%、WQHDでは約16%、4Kでは約21%fpsが向上しています。

ベンチマークテスト:Rainbow Six Siege

Rainbow Six Siege
ベンチマークテスト:Rainbow Six Siege

「Call of Duty: Modern Warfare III」のベンチマークの結果を確認します。グラフィックス品質は「極限」で、解像度はフルHD、WQHD、4Kの3種類で計測します。

DDR5-4800と比較すると、すべての解像度でほとんど差がついていませんが、フルHE、WQHDではDDR5-8000のほうがパフォーマンスは上でした。

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリの温度をチェック

10分間放置した時のアイドル時と、高負荷時(「OCCT」のメモリの「スタビリティテスト」を10分間実行)の「Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」の温度を計測します。

なおメモリの温度計測には「HWiNFO v7.66」を使用します。

アイドル時のメモリ温度
高負荷時のメモリ温度
アイドル時のサーモグラフィー
アイドル時のサーモグラフィー
高負荷時のサーモグラフィー
高負荷時のサーモグラフィー

アイドル時は緩やかに温度が上昇し、40℃台前半で推移します。一方高負荷時は温度が右肩上がりに上昇し、60℃前後で推移します。

メモリに装着されているアルミヒートスプレッダーによってきちんと冷却されていることを確認しました。

安定性について

最後に安定性について話したいと思います。

y-cruncherを実行すると確実にエラーが起きる

今回、DDR5-8000に設定して検証してきましたが、強烈な負荷をかけたり、一部のテストではエラー落ちしてしまうなど、安定性に少し欠ける印象を持ちました。例えば、円周率計算のベンチマーク、y-cruncherを実行すると確実にエラーが起きます。

カバー率181%でエラーが起きる

またメモリの安定性検証ベンチマークのRAM Testを実行したところ、カバー率181%でエラーが起きてしまいました。

RAM Testもカバー率5000%を超えてもエラーは何一つ起きなかった

DDR5-7600に設定したところ、y-cruncherも問題なく実行できましたし、RAM Testもカバー率5000%を超えてもエラーは何一つ起きなかったです。

Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリには、DDR5-8000だけでなく、DDR5-7600、DDR5-7200のプロファイルがあるので、安定性を重視するのであれば、それらを読み込んで運用することも可能です。

まとめ

DDR5-8000は、JEDEC準拠のDDR-4800と比べると、動作クロックは約1.6倍向上しています。それもあってか、今回試したすべてのベンチマークでパフォーマンスが向上しています。

特に円周率計算や動画エンコードなど、メモリの動作クロックが影響するアプリではパフォーマンスの向上をより実感しやすいです。

また、ゲームパフォーマンスもゲームタイトルによっては、DDR5-4800と比較すると平均fpsが10近く伸びています。

CPUやグラフィックスカードだけでなく、さらなるパフォーマンス向上のため、Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリのようなOCメモリを試してみる価値はあると今回の検証を通じて実感しました。

最後に注意点です。

最高8,000MHzの高クロックメモリを動かせるかどうかはCPUやマザーボードといったその他の要因も関係します。

例えば、自分は最初、インテル第12世代のCore i7-12700で検証を始めましたが、DDR5-8000、DDR5-7600では動作せず、DDR5-7200では動作はしますが、途中でパソコンが落ちてしまうということがあり、検証がスムーズに行えませんでした。

インテル第14世代のCore i5-14600KFに交換したところ、あっさりDDR5-8000で動作したので、OCメモリをうごかせるかどうかはCPUも関係していると思います。

また、マザーボードも重要です。

そもそもマザーボードがDDR5-8000に対応していることが大前提となりますし、仮に対応したとしても、その速度で動作できるかはまた別問題です。

そこでおすすめしたいのが、オーバークロック特化のマザーボードです。

今回検証で使用したASUS 「ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE」もオーバークロック特化のマザーボードです。

最高8,000MHzの超高クロックメモリで動かしやすいように、メモリスロットが2本、メモリファンキットが付属など、あらかじめメモリのオーバークロックに耐えられるように設計されています。

もし、「Kingston FURY Renegade DDR5 RGB メモリ」を使うのであれば、マザーボードのASUS 「ROG MAXIMUS Z790 APEX ENCORE」も一つの候補としておすすめします。

PCショップでROG MAXIMUS Z790 APEX ENCOREを探す
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次