【2024年5月更新】ゲーミングPC最新セール情報

おすすめのRTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを紹介! 5月のセールで安いモデルを選別

RTX4060ti搭載ゲーミングPC

2023年7月、NVIDIAのGPUのRTX 4060 Tiを搭載したビデオカードの販売が開始されました。

RTX 4060 Tiの立ち位置は、RTX 4070とRTX 4060の丁度中間に位置します。性能は下位モデルのRTX 4060を上回り、フルHD解像度をハイフレームレートでプレーしたいゲーマーに最適なビデオカードです。

もちろん、最新のDLSS3にも対応しているので、対応ゲームではさらにゲームのフレームレートを押し上げることが可能です。

今回の記事ではRTX 4060 Tiの特徴、ゲーム性能を解説し、最後におすすめのゲーミングPCを紹介します。

目次

RTX 4060 Tiとは

RTX 4070RTX 4060 TIRTX 4060
CUDAコア数5,8884,3523,072
ベース/ブーストクロック1920MHz / 2475MHz2,310MHz / 2,535MHz1,830MHz / 2,460MHz
標準メモリ構成GDDR6X 12GB(192bit)GDDR6 8GB/16GB(128bit)GDDR6 8GB(128bit)
レイトレーシングコア(RTコア)46(第3世代)34(第3世代)24(第3世代)
Tensorコア184(第4世代)136(第4世代)96(第4世代)
NVIDIAアーキテクチャーAda LovelaceAda LovelaceAda Lovelace
NVIDIA DLSS333
NVIDIA Encoder(NVENC)第8世代×1第8世代×1第8世代×1
AV1エンコード/デコード〇/〇〇/〇〇/〇
グラフィックスカード電力(W)200160(8GB)/165(16GB)115
システム電力要件(W)650550550
必須の電源8ピン×2(×1の場合も)または300W以上の12VHPWR×18ピン×1または12VHPWR×18ピン×1または12VHPWR×1
参考価格
※2024年4月現在
約83,000円約58,000円(8GB版)
約68,000円(16GB版)
約43,000円

CUDAコア数を見てわかる通り、RTX 4060 Tiのスペックは上位モデルのRTX 4070と下位モデルのRTX 4060の丁度中間に位置しています。

ただし、RTX 4060 Tiのメモリバス幅は128bitなので、192bitのRTX 4070とは明確な差があります。

VRAM容量は8GBを搭載しているので、その点は下位モデルのRTX 4060と同じです。ただし、RTX 4060 Tiには16GB搭載版があり、その場合、上位モデルのRTX 4070の12GBを上回ります。

グラフィックスカード電力(W)は約160Wです。8GB版、16GB版で違いはほとんどありません。下位モデルのRTX 4060と比べて約50Wほど多いですが、推奨電源は550WとRTX 4060と変わりないです。

RTX 4060 TIRTX 3060 Ti
CUDAコア数4,3524864
ベース/ブーストクロック2,310MHz / 2,535MHz1,410MHz / 1,665MHz
標準メモリ構成GDDR6 8GB/16GB(128bit)GDDR6 8GB(256bit)
レイトレーシングコア(RTコア)34(第3世代)38(第2世代)
Tensorコア136(第4世代)152(第3世代)
NVIDIAアーキテクチャーAda LovelaceAmpere
NVIDIA DLSS32
NVIDIA Encoder(NVENC)第8世代×1第7世代×1
AV1エンコード/デコード〇/〇×/〇
グラフィックスカード電力(W)160(8GB)/165(16GB)200
システム電力要件(W)550600
必須の電源8ピン×1または12VHPWR×18ピン×1
参考価格
※2024年4月現在
約58,000円(8GB版)
約68,000円(16GB版)
約60,000円

前世代のRTX 3060 Tiと比較するとCUDAコア数は少なくなっていますが、RTX40シリーズは大容量のL2キャッシュを搭載しています。これによってRTX30シリーズに比べると、電力効率と処理性能の向上を実現しています。

また、RTX 4060 TiはDLSS 3.0(FG)とAV1エンコードに対応していますが、RTX 3060 Tiは両方とも非対応です。

モガ

AV1エンコードは画質を維持したまま容量を大幅に減らせるので、ゲーム配信や動画編集用のプレー動画を録画する際に役立ちます。

RTX 4060 Tiのゲーム性能について

RTX 4060 Tiのゲーム性能について
MSI「GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OC」

RTX 4060 Tiのゲーム性能を他のGPUと比較します。なお、ゲームのグラフィック設定は最高設定に統一しています。

検証環境を見るにはここをクリック

検証環境

検証環境
検証環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
CPUグリスARCTIC 「MX-4
ビデオカードMSI 「GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OC
マザーボードGIGABYTE「B760 AORUS ELITE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)」(16GB×2)
(DDR5-4800に設定)
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR JP2
OSWindows 11 Home 64bit版

軽量級ゲーム

軽量級ゲームの平均fps

軽量級のゲームの平均fpsは、フルHD解像度では平均212fps、WQHD解像度では135fps、4K解像度では66fpsでした。

下位モデルのRTX 4060と比較すると、フルHD解像度では約22%、WQHD解像では約20%、4K解像度では約22%上回っています。

前世代のRTX 3060 Tiと比較すると、フルHD解像度では約15%、WQHD解像では約10%、4K解像度では約5%上回っています。

検証に使用した軽量級ゲームタイトルと各ゲームタイトルのRTX 4060 Tiの平均fps
ゲームタイトルフルHD解像度WQHD解像度4K解像度
レインボーシックスシージ324fps200fps94fps
オーバーウォッチ2204fps133fps68fps
ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー146fps93fps44fps
BLUE PROTOCOL173fps114fps58fps

中量級ゲーム

中量級ゲームの平均fps

中量級のゲームの平均fpsは、フルHD解像度では平均120fps、WQHD解像度では91fps、4K解像度では56fpsでした。

下位モデルのRTX 4060と比較すると、フルHD解像度では約22%、WQHD解像では約18%、4K解像度では約24%上回っています。

前世代のRTX 3060 Tiと比較すると、フルHD解像度では約16%、WQHD解像では約13%、4K解像度では約9%上回っています。

検証に使用した中量級ゲームタイトルと各ゲームタイトルのRTX 4060 Tiの平均fps
ゲームタイトルフルHD解像度WQHD解像度4K解像度
Forza Horizon 5123fps98fps67fps
アサシンクリードミラージュ113fps86fps47fps
Call of Duty: Modern Warfare III124fps89fps53fps

重量級ゲーム

重量級ゲームの平均fps

重量級のゲームの平均fpsは、フルHD解像度では平均100fps、WQHD解像度では69fps、4K解像度では35fpsでした。

下位モデルのRTX 4060 Tiと比較すると、フルHD解像度では約%、WQHD解像では約%、4K解像度では約%上回っています。

前世代のRTX 3060 Tiと比較すると、フルHD解像度では約%、WQHD解像では約%、4K解像度では約%上回っています。

検証に使用した重量級ゲームタイトルと各ゲームタイトルのRTX 4060 Tiの平均fps
ゲームタイトルフルHD解像度WQHD解像度4K解像度
Watch Dogs: Legion99fps73fps39fps
アーマードコア6106fps79fps44fps
サイバーパンク207794fps56fps22fps

DLSS

DLSS適用時の平均fps

RTX 4060 TiはDLSS 3.0(FG)に対応しています。対応ゲームであれば、DLSSを設定していない状態に比べると、2倍以上平均フレームレートが上昇します。

一方、前世代のRTX 3060 TiはDLSS 2.0までしか対応していません。そのため、DLSS 3.0(FG)対応ゲームの平均フレームレートでは、RTX 4060 Tiが圧倒しています。

RTX 4060 Tiの強みと弱みについて

強み弱い
フルHDであれば、ハイフレームレートでゲームがプレーできる
WQHD解像度のゲームも十分プレー可能
DLSS 3.0(FG)対応
AV1エンコードに対応
4K解像度のプレーは厳しい
VRAM容量は8GBと少ない

RTX 4060 Tiのゲーム性能は十分高く、フルHD解像度までであれば、144fpsでゲームプレーすることも十分可能です。

また、WQHD解像度も重量級ゲームのサイバーパンク2077は厳しいですが、それ以外のゲームであれば、平均60fpsを上回ってのゲームプレーも可能です。

一方、4K解像度は正直厳しいです。軽量級ゲームであれば、平均60fpsでゲームプレーも可能ですが、少しでも負荷が重いゲームでは4K解像度でのゲームプレーは不可能と思っていいです。

どうしてもフレームレートが足らない場合、DLSSなどのアップスケーリングを組み合わせることで、フレームレートを押し上げることが可能です。

さらに、DLSS 3.0(FG)対応ゲームであれば、さらにフレームレートを伸ばすことも可能です。

VRAM容量は8GBと決して多くはないですが、そもそもターゲットはフルHD解像度なので、VRAM容量は8GBで十分です。

競合となるのはRTX 4060、RTX 3060 Tiですが、RTX 4060と比べた場合、ゲームによっては、平均フレームレートは10~30fps位差が開きます。

一方、RTX 3060 Tiとの比較では平均フレームレートは10~20fps位とそこまで大きな差がありません。ただし、RTX 3060 TiはDLSS 3.0(FG)に非対応なので、きちんと対応しているRTX 4060 Tiのほうが魅力は高いです。

RTX 4060 Ti搭載おすすめゲーミングPC

モガ

2024年5月26日(日)に更新しました。

MD46T55

MDL_57KP
スペック
CPURyzen 5 5500
GPURTX 4060 Ti
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格142,800円+送料0円

MDL.makeの「MD46T55」はRyzen 5 5500×RTX 4060 TiのゲーミングPCです。

Ryzen 5 5500は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。

Ryzen 5 5600Gがベースなので、L3キャッシュが少な目でゲーム性能に若干不安はありますが、RTX 4060 Tiとの組み合わせであればそこまで問題にはなりません。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MD46T55のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
標準のストレージ容量が500GB
M.2 NVMe SSDの増設はできない
クリエイティブ性能は少し弱い

FRGKB550/WS501/NTK

スペック
CPURyzen 7 5700X
GPURTX 4060 Ti
メモリ32GB (16GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット1個(空きスロット0)
マザーボードASRock B550M-HDV (Micro ATX)
電源600W 80PLUS BRONZE
価格157,800円+送料2,200円

FRONTIERの「FRGKB550/WS501/NTK」はRyzen 7 5700X×RTX 4060 TiのゲーミングPCです。

Ryzen 5 5700X」は8コア16スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060 Tiあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、極端な性能不足を感じることはほとんどないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは1TBモデルを搭載。複数のゲームをインストールできる余裕があります。

ASRock B550M-HDV

マザーボードはMicro ATXサイズの「ASRock B550M-HDV」を採用。

M.2スロットは1基しかないので、M.2 NVMe SSDを増設することはできません。ただし、SATAポートは4基あるので、ストレージ自体の増設は可能です。

メモリは大容量のDDR4-3200の32GB(16GB×2)を搭載しています。

容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワー型

PCケースは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワー型です。

小型ですが、垂直エアフロー構造で効率的なエアフローを実現しています。さらにツールレスでサイドパネルを取り外せるので、メンテナンスも楽です。

ケースの寸法は幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mmです。

※このモデルはAMD RYZEN トートバッグが特典として付属します。

FRGKB550/WS501/NTKのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
小型
大容量メモリ(32GB)
PCケースの色(黒色or白色)を選べる
M.2 NVMe SSDの増設はできない
クリエイティブ性能は少し弱い

G-GEAR GC5J-D231B/R/CP1

スペック
CPUCore i5 – 13400F
GPURTX 4060 Ti
メモリ16GB (8GB x2)
ストレージ1TB M.2 Gen 4 NVMe SSD
M.2スロット2個(空きスロット1)
マザーボードMSI PRO B660-A DDR4 (ATX)
電源750W 80PLUS GOLD
価格164,800円+送料0円

TSUKUMOの「G-GEAR GC5J-D231B/R/CP1」はRyzen 7 5700X×RTX 4070のゲーミングPCです。

「Core i5 – 13400F」は10コア16スレッドのインテル第13世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060 Tiあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、極端な性能不足を感じることはほとんどないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージはGen4接続のCrucial製NVMe SSDの1TBモデルを搭載。

マザーボードは拡張性がそこそこ高い、ATXサイズの「MSI PRO B660-A DDR4」を採用。M.2スロットは2基あり、空きスロットは1基あるので、SSDの増設も可能です。

メモリはDDR4-3200の32GB(8GB×2)を搭載しています。

PCケースはG-GEAR ATXミドルタワーゲーミングケース (サイドガラスパネル/MG/Type-C)を採用。サイドパネルはガラスとなっており、内部のPCパーツを楽しむことができます。

ケースの寸法は幅(W):約200mm x 高さ(H):約460mm x 奥行(D):約450mmです。

即納モデルなので送料は無料ですぐに出荷されます。ただし、カスタマイズは一切できないのでその点は注意が必要です。

G-GEAR GC5J-D231B/R/CP1のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
M.2 NVMe SSDの増設が可能
GOLD認証の電源を搭載
即納モデル
クリエイティブ性能は少し弱い
カスタマイズができない
モガ

最もおすすめなのは「FRGKB550/WS501/NTK」です。16万円以下という価格で、Ryzen 7 5700X搭載とバランスが良く、さらにメモリ32GB搭載なのも魅了的です。

あわせて読みたい
【2024年5月】ゲーミングPC最新セール情報まとめ【おすすめ】 ゲーミングPCの価格は近年高騰しつづけています。10万円を超えるのは当たり前で、中には30万円、40万円を超える高額なモデルも当たり前のように登場しています。 ただ、...

まとめ

RTX 4060 Ti搭載モデルはBTO各社のモデルをまとめてみると、極端に安いものから高いものまで幅が広い印象です。

ただ、よく探してみると、10万円前半から15万円前後で売り出しているモデルも数多く見つかります。

コスパの良いRTX 4060 Ti搭載モデルを探しているのなら、予算は10万円~15万円ほど用意しておけば問題ないと思います。

目次