2024年2月最新のゲーミングPCセール情報をチェック

年賀状ソフトの筆まめ・筆王・宛名職人の違いを比較。おすすめはどれ?

年賀状ソフト

年賀状ソフトの代名詞としてよくあがるのが「筆まめ」、「筆王」、「宛名職人」の3つです。この3つのソフトはいずれもソースネクストから販売されています。

今回は「筆まめ」、「筆王」、「宛名職人」の違いについて解説し、この中で一番のおすすめは何か結論づけたいと思います。

モガ

本記事はSOURCENEXTより商品を提供していただき、記事を作成しています。

目次

各製品の比較表

筆まめVer.34筆王Ver.28宛名職人Ver.30
インストール台数5台
素材数45万点30万点15万点
フォント数136書体
(和文35書体、欧文60書体、数字41書体)
134書体
(和文34書体、欧文60書体、数字40書体)
138書体
(和文19書体、欧文79書体、数字40書体)
フォントの特徴宛名に最適な「流麗行書体」・複字体を搭載多様な和文フォントを搭載欧文フォントが充実
文例2,885文例1,561文例356文例
クラウド連携筆まめクラウド住所録、Web筆まめ筆王クラウド、みんなの筆王iCloud連携
印刷機能筆まめネットプリント、コンビニプリント、エコ印刷、薄墨印刷、両面印刷筆王ネットプリント、コンビニプリント、エコ印刷、薄墨印刷、自動両面印刷宛名職人ネットプリント・コンビニプリント
サポート最長19カ月無償サポート最長19カ月無償サポート最長19カ月無償サポート
サポート種類メール
対応OSWindowsWindowsmacOS
通常版ダウンロード価格4,480円2,480円6,980円
自動継続版価格1,980円1,980円1,980円

上記の表は「筆まめ」、「筆王」、「宛名職人」の比較表です。

まず大前提として、自分のパソコンのOSがWindowsであれば、「筆まめ」、「筆王」のいずれかを、macOSであれば、「宛名職人」を選ぶ形になります。

主要な項目で比較し、まとめたのが下記になります。

  • 素材数が最も多いのは「筆まめ」
  • フォント数で比較すると、最も多いのが「宛名職人」だが、差はほとんどない
  • 文例数が最も多いのは「筆まめ」
  • 価格が最も安いのは「筆王」。

おすすめの年賀状ソフトは「筆まめ」

それぞれのソフトにはメリット・デメリットは存在しますが、個人的に一番のおすすめは「筆まめ」です。その理由を解説します。

素材数・文例数が圧倒的に多い

素材数・文例数が圧倒的に多い

「筆まめ」の素材数は45万点、文例数は2,885と、その数は他のソフトを圧倒しています。素材や文例の選択肢がそれだけ多いので、自分がしっくりするデザインや文例に出会う確率が高まります。

UIが分かりやすい

UIが分かりやすい
筆まめ
UIが分かりにくい
筆王

上記の画面は、「筆まめ」と「筆王」の基本画面です。UIインターフェースは「筆まめ」が圧倒的に使いやすいです。「筆まめ」のUIのフォントやデザインは親しみやすさを感じますが、「筆王」は地味過ぎて正直、使いづらいです。

また、「筆まめ」は起動すると簡単メニューといった自分の目的に合わせてメニューを選べます。また、右下には筆まめアドバイスが表示され、操作方法の参考になります。

流麗行書体フォントが使える

流麗行書体フォントが使える

「筆まめ」は宛名書きに最適な「流麗行書体」というフォントが使えます。手書きの自然さとゆらぎを加味した毛筆のフォントで、美しさと謙虚さを兼ね備え、まさに宛名書きにピッタリのフォントだといえます。

自動継続版の価格は安い

自動継続版の価格は安い

「筆まめ」の通常版ダウンロード価格は4,480円と、「筆王」に比べると2,000円ほど高いです。しかし、自動継続版だと、1,980円になるので、毎年使うことを考えるとそこまでの金銭的な負担にはなりません。

モガ

自動継続版だと毎年バージョンアップできるので、ソフトを買いなおす必要はありません。

まとめ

今回3つの年賀状ソフトを試す機会を得たので、実際に使ってみましたが、使いやすさに関しては「筆まめ」が一番でした。パソコンに疎い自分の親も実際に使用しましたが、一番使いやすいと評判でした。

年賀状ソフトに迷っているのなら、まずはとりあえず「筆まめ」を試してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次