パソコン・自作PC

東プレの高級キーボード REALFORCEを綺麗に!掃除方法を解説

キーボードのREALFORCEを使い始めてから5年経過。今まで一度も掃除らしい掃除をしたことがなく、汚れが本格的に目立ってきました。

そこで今回、REALFORCEを掃除してみました。

モガ
モガ

あまりにも汚い画像はモザイクをかけていますが、一部若干不快な画像もあります。ご了承ください。

スポンサーリンク

REALFORCEの汚れが目立ってきた

REALFORCE
REALFORCEとは東プレから販売されている、静電容量無接点方式のキーボードです。自分が使っているのは91Uというタイプで、2015年に購入したものです。

5年間ほぼ毎日、使い続けたこともあって、さすがに汚れが目立ってきました。この写真じゃ分かりにくいのですが、特に汚れが酷いのがキーの側面です。また、キーとキーの隙間に入り込んだゴミも厄介です。

キーの表面だけ綺麗にしても問題は解決しないので、今回はキーをキーボードから引き抜いて、掃除したいと思います。

キースイッチの違いについてはこちら

メンブレン方式、パンダグラフ方式、メカニカル方式、静電容量無接点方式の違いについて解説
キーボードのキースイッチは主にメンブレン方式、パンダグラフ方式、メカニカル方式、静電容量無接点方式に分かれます。今回はそれぞれのキースイッチの特徴についてまとめ、それぞれのキースイッチの違いについて解説したいと思います。

用意した道具

FILCO キートップ引抜工具FKP01

FILCO キートップ引抜工具FKP01REALFORCEのキーはかなりの力で固定されているので、指で引き抜くのはほぼ不可能です。このFILCO キートップ引抜工具FKP01であれば、キーが抜きやすくなります。

無水エタノール

無水エタノール
無水エタノールは、洗浄液の代わりに使用します。無水エタノールは水分をほとんど含まないので、基盤を痛めることがありません。

無水エタノール以外であれば、KUREのエレクトロニッククリーナーもおすすめです。

綿棒

綿棒
無水エタノールを綿棒に含ませて、掃除していきます。汚れが酷いなら、歯ブラシを使うのもありです。

エアダスター

エアダスター
エアダスターはほこりを飛ばすのに使います。

REALFORCEの掃除手順を解説

キーを外す
キートップ引抜工具をキーにひっかけます。真上に引き上げると、キーが抜けます。REALFORCEはキーが固いので、力が必要です。勢いよく引き抜いてしまうと、キーが飛んでしまうので、注意してください。

キーを洗う
キーは台所用の中性洗剤がしみ込んだぬるま湯で揉みあらいし、その後、30分から1時間、放置します。

キーを乾かす
キーを乾かします。

キーを全て外した状態
キーを全て外した状態です。あまりにも汚いのでモザイクをかけています。ほこりだけでなく、髪の毛、ポテトチップスの残りカスなど、あまりにも酷い状態です。よくここまで放置してたなと呆れる位です。

フレームを外す掃除をする上でフレームが邪魔なので、フレームを外します。裏側の4つの爪を引き上げれば、簡単にフレームを外せます。

エアダスターでほこりを飛ばす
エアダスターでほこりを飛ばします。

無水エタノールを染み込ませた綿棒で汚れをとる
無水エタノールを染み込ませた綿棒で汚れをとります。

汚れが激しい箇所は歯ブラシを使用
汚れが激しい箇所は歯ブラシを使います。

掃除完了
掃除完了です。汚れっぽく見えるのは錆です。

元通りに組みなおす
後は元通りに組みなおすだけです。新品みたいに生まれ変わりました。

まとめ

キーボードはトイレ以上に汚いという調査結果もあるくらい、汚いです。特に数年間何も掃除していないと今回のモザイクをかけた画像みたいに地獄のような状況になってしまいます。

正直手間だと思いますが、キーボードは定期的に掃除することをおすすめします。