【2024年6月更新】ゲーミングPC最新セール情報

4k60fpsのゲームに最適なグラボとは?おすすめのゲーミングPCも紹介

RTX 4080

昨今、4K解像度のPCモニターは手に届きやすい価格になり、またGPUの性能も昔に比べると格段に上がっているので、4K解像度でのゲームも昔に比べれば多少ハードルは低くなっています。

そこで今回は、4K解像度のゲームをプレーするのに、必要なグラボについて改めて掘り下げていこうと思います。

なお、目標とする平均フレームレートですが、4K144fpsは負荷が重すぎて現実的ではないので、今回は4K60fpsを目標とするスペックを想定します。

目次

超重量級ゲームを4K60fpsでプレーできるのはRTX 4080

4K60fpsでゲームをプレーするのに最適なグラボとかは何か?

この質問にはっきりとした答えを出すのは難しいです。というのもゲームは軽量級なものから重量級なものまで、多種多様だからです。

例えば、軽量級のゲームで4K60fpsを実現するには、ミドルクラス帯のビデオカードでも十分ですが、重量級のゲームではハイエンド帯のビデオカードが必要になってきます。

ただ、近年、DLSSなどアップスケーリング技術が発展しており、ミドルクラスのビデオカードでもアップスケーリングを活用することで、4K60fpsでゲームをプレーすることも十分可能になっています。

ベンチマークテスト:サイバーパンク2077

このままでは埒が明かないので、現在最高クラスに負荷が重い、超重量級ゲームの「Cyber Punk 2077」のベンチマークを使用し、4K60fpsでゲームをプレーできるグラボを探りたいと思います。

設定は4K解像度、ウルトラ設定、アップスケーリングなしです。

早速結論を言いますが、この設定で4K60fpsを達成できるビデオカードは、「RTX 4080」になります。

実際に、RTX 4080+Core i7-13700KF搭載のレノボのゲーミングPC、「Legion Tower 7i Gen 8」の「Cyber Punk 2077」のゲーミングパフォーマンスを見てみます。

ベンチマークテスト:Cyber Punk 2077
フルHD
170fps
WQHD
124fps
4K
62fps

フルHD、WQHDでは余裕ですが、4K解像度ではギリギリ平均fpsは60を超えました。

おそらく、RTX 4080の一つ下位のモデル、RTX 4070 Tiでは、RTX 4080との性能差を考えると、平均60fpsにはまず届かないと思われます。

ちなみに「Cyber Punk 2077」以外のゲームベンチマークは下記の通りです。

ベンチマークテスト:ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ
フルHD
245fps
WQHD
217fps
4K
139fps

RTX 4080は「Cyber Punk 2077」を4K60FPSでプレーできる実力があるので、当然他のゲームでは余裕もってプレーできます。

ゲームによっては設定を下げることによって、4K144fpsを狙える実力があります。

あわせて読みたい
Legion Tower 7i Gen 8をレビュー!RTX 4080+Core i7-13700KF搭載のレノボのゲーミングPC 「Legion Tower 7i Gen 8」はレノボから発売中のハイエンドゲーミングPCです。以前レビューした、「Legion Tower 5i Gen 8」の上位モデルになります。 左側面パネルに強...

おすすめのRTX 4080搭載ゲーミングPC

モガ

BTO各社、RTX 4080搭載ゲーミングPCをセール対象とすることが少ないです。現状ではおすすめできるのは、ツクモのこのモデルしかない状態です。

あわせて読みたい
【2024年6月】ゲーミングPC最新セール情報まとめ【おすすめ】 ゲーミングPCの価格は近年高騰しつづけています。10万円を超えるのは当たり前で、中には30万円、40万円を超える高額なモデルも当たり前のように登場しています。 ただ、...

まとめ

昨今、DLSSなどのアップスケーリングが普及してきたことにより、4K60fpsでゲームをプレーすることが身近になってきました。

ただ、未だにアーマードコア6のように、アップスケーリングを導入していないゲームも一部存在します。

その場合、純粋にGPUの性能がモノを言うので、それを考えるとやはり、アップスケーリングなしで4K60fpsでのゲームプレーを考えるとRTX 4080を選んだ方が無難かと思われます。

目次