ゲームゲーミングノートPC

ALIENWARE M15 R3をレビュー。薄型、軽量、ハイスペックなゲーミングノートPC

ALIENWARE M15 R3

ALIENWARE M15 R3は薄型、軽量でありながらハイスペックを実現したデルのゲーミングノートPCです。

今回紹介するモデルはCorei7とRTX2080SUPERを搭載したものになります。

詳しくレビューしていきたいと思います。

モガ
モガ
デルアンバサダープログラムのモニターに参加しています。メーカー様から本商品を貸与していただき、記事を作成しています。
スポンサーリンク

ALIENWARE M15 R3とは

ALIENWARE M15 R3とはALIENWARE M15 R3はデルから販売されているゲーミングノートPCです。

15インチですが、重量2.5kg、薄さ22mm以下というスリムボディでありながら、ハイスペックな性能を兼ね備えているのが最大の特徴です。

また、多彩なオプションを選択可能な点も特徴の1つです。メモリーやストレージの容量など、自分好みのスペックを選ぶことが出来ます。

ALIENWARE M15 R3(今回レビューするモデル)のスペック

プロセッサー第10世代インテル core i7-10750H
(6コア12スレッド、定格2.6 GHz/ブースト時5.1 Ghz、12MBキャッシュ)
OSWindows 10 HOME 64ビット
メモリー32GB(16GB ×2、DDR4 2,666MHz)
ハードドライブ256GB(PCIe M.2 SSD)
ビデオカードRTX 2080 SUPER with Max-Q Design
ディスプレイ15.6インチ(フルHD、144Hz)
本体サイズ高さ:18.39mm~20.5mm
幅 :360.3mm
奥行:276.32mm
重量約2.11kg~2.5kg

ALIENWARE M15 R3の開封、同梱物一覧

ALIENWARE M15 R3のパッケージ
ALIENWARE M15 R3は、パッケージからして豪華な感じが伝わってきます。ALIENWAREブランドお馴染みの宇宙人ロゴが映えます。

ALIENWARE M15 R3のマニュアルマニュアルです。

ALIENWARE M15 R3の電源ACアダプターです。240W出力なのでかなりのサイズ感はあります。

電源の厚さはそこそこ
ただ、厚みはだいぶ抑えられています。ガバンの中に入れる際は、そこまで邪魔にならないと思います。

電源の重さ
電源の重さは約978gでした。

ALIENWARE M15 R3の外観

ALIENWARE M15 R3の天板
ALIENWARE M15 R3の天板です。中央にはエイリアンウェアブランドを代表する宇宙人ロゴ、右下には型番の15という文字があります。

色はルナホワイト
色はルナホワイトです。汚れや指紋がつきにくい表面コーティングによって、色の変色を抑えられます。

厚さは約20mm
厚さは約20mmです。

重さは約2.3kg重さは約2.3kgです。

ALIENWARE M15 R3の右側面右側面です。左からマイクロSDカードスロット、USB 3.1 Gen 1 Type-Aが2つ並んでいます。

ALIENWARE M15 R3の左側面左側面です。左から開閉式のLANポート、USB 3.1 Gen 1 Type-Aポート、4極3.5mmミニピンヘッドセット端子が並んでいます。

ALIENWARE M15 R3の背面背面です。左からHDMI2.0b、Mini DisplayPort出力、thunderbolt 3ポート、Alienware Graphics Amplifier接続ポート、電源コネクタが並んでいます。

ALIENWARE M15 R3のスピーカー
ウーファーとツイーターの4ウェイステレオスピーカーです。正面の左右の両端に2つついています。

ALIENWARE M15 R3の裏面
裏面です。かなり大きめの排気用のファンが配置されています。

ALIENWARE M15 R3のキーボード

ALIENWARE M15 R3のキーボードALIENWARE M15 R3のキーボードはテンキーレスの日本語配列です。

キーピッチ、キーストロークも適度にあるキーピッチ、キーストロークも適度にあるため、非常に押しやすいです。

半角/全角キーが大きめ使用頻度が高い、半角/全角キーが大きめになっています。

キーボードの上には排気用のファンと電源スイッチが配置キーボードの上には排気用のファンと電源スイッチが配置されています。

ALIENWARE M15 R3のディスプレイ

ALIENWARE M15 R3のディスプレイ
ALIENWARE M15 R3は、15.6インチに解像度、フルHD(1980×1080)のディスプレイが搭載されています。

リフレッシュレートは144 Hz、72 % NTSC色域、800:1のコントラスト比、300nitsの輝度、7msの応答時間を実現しています。

視野角は十分広い
斜めからディスプレイを覗き込んでみました。色の変化は少なく、視野角は十分広いと感じました。

ナローベゼル
左右のベゼルはわずか5.6mmで、いわゆるナローベゼルとなっています。

144hzで動作
UFO Test Ghostinでリフレッシュレートを計測したところ、144hzで動作していることを確認しました。

Alienware Command Center

ALIENWARE M15 R3にはAlienware Command Centerという、ゲームに関する様々な設定ができる、総合管理アプリケーションがあります。

Alienware Command Centerには、「ホーム」、「ライブラリ」、「FX」、「フュージョン」の4つのモードから構成されています。

ホーム

ホーム設定状況を一覧できるポータル画面です。右下のアイコンから、オーバークロック設定、温度設定、音声設定、電源の設定が行えます。

ライブラリ


ライブラリです。インストールしたゲームが一覧で表示されます。ここからゲームの起動や設定の変更が行えます。

FX

FX
本体のライティングを変更できます。またALIENWAREブランドの一部の周辺機器のライティングも変更できます。

フュージョン

フュージョン
CPUのクロック数や電圧の調整、GPUのモニタリング、サウンドの設定などが行えます。

ALIENWARE M15 R3のライティング

ALIENWARE M15 R3のライティングの設定ができる箇所は、電源スイッチ、天板の宇宙人ロゴ、背面、キーボードの4か所です。

電源スイッチのライティング

電源スイッチのライティング

天板の宇宙人ロゴのライティング

宇宙人ロゴのライティング

背面のライティング

背面のライティング

キーボードのライティング

キーボードのライティングは色だけでなく、発光パターンも細かく変更できます。

発光パターンは「Morph」、「Pulse」、「Color」、「Breathing」、「Spectrum」、「Rainbow Wave」、「Static Default Blue」の7種類あります。

Morph

Morph

Pulse

Pulse

Color

Color

Breathing

Breathing

Spectrum

Spectrum

Rainbow Wave

Rainbow Wave

Static Default Blue

Static Default Blue

ALIENWARE M15 R3のパフォーマンス

自分のゲーミングPCと比較して、ALIENWARE M15 R3がどれくらいのパフォーマンスがあるのか調べてみたいと思います。

自分のゲーミングPCのスペックは下記の通りです。

CPUcore i5 8400
マザーボードZ370 GAMING PLUS
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
グラフィックボードRTX3060(Colorful RTX 3060 NB 12G)
SSDNVMe 240G(CRAS C700 M.2)※OS用
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
OSWindows 10 Home
ドライバ461.72
ディスプレイ3840 x 2160@60 Hz(BenQ EW2780U)

core i5 8400はインテル第8世代のCPUで今となってはそこまでハイエンドなCPUでもないです。また、グラフィックボードもRTX3060と、RTXシリーズの下位モデルです。

一見すると、ALIENWARE M15 R3が圧勝しそうですが、搭載されているCPU、GPUはあくまでもモバイル専用のものでデスクトップPCに積まれているものに比べれば、性能は落とされています。

意外といい勝負をするかもしれません。

Cinebench

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
Cinebench R15(マルチ)1154863
Cinebench R15(シングル)176158
Cinebench R20(マルチ)26472172
Cinebench R20(シングル)431395
Cinebench R23(マルチ)68885599
Cinebench R23(シングル)10871017

CinebenchはCPUの性能を検証するベンチマークソフトです。1コアのみを使用シングルコア
とすべてのコアを使用するマルチコアの2つのテストを使用します。

結果はすべての項目でALIENWARE M15 R3が勝ちました。特にマルチコアでは大きく差がつきました。

core i7-10750Hは6コア12スレッドに対して、corei5 8400は6コア6スレッドです。その差がスコアとして表れたと思います。

3DMARK Time Spy

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
Time Spy score82577955
Graphics score89318765
CPU score57855222

3DMARKは3D性能を計測するベンチマークソフトです。いくつか種類があるのですが、今回はDirectX 12世代の「Time Spy」を選びました。

スコアですが、Cinebenchほど大きな差がなく、若干ALIENWARE M15 R3が上回りました。

PCMARK 10

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
SCORE57465475

PCMARK 10はアプリケーションの起動、web会議、Microsoft Officeなど、PCの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトです。

ここでも若干ですが、ALIENWARE M15 R3が上回りました。

FF15ベンチマーク※フルHD、最高設定

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
SCORE81308624

FF15ベンチマークは、スクウェア・エニックスのRPG、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」が快適にプレーできるかを判定してくれるベンチマークソフトです。

グラフィックの負荷が大きいタイトルです。スコアですが、自分のゲーミングPCが若干、上回りました。

FF14ベンチマーク※フルHD、最高設定

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
SCORE1513816377

FF14ベンチマークは、スクウェア・エニックスのオンラインRPG、「ファイナルファンタジーXIV」の最新拡張パックが快適にプレーできるかどうか判定してくれるソフトです。

フルHD、最高設定で計測しました。スコアですが、自分のゲーミングPCが若干、上回りました。

ドラクエ10ベンチマーク※フルHD、最高設定

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
SCORE1898119332

ドラクエ10ベンチマークは、スクウェア・エニックスのオンラインRPG「ドラゴンクエストX」が快適にプレーできるかを判定してくれるベンチマークソフトです。

グラフィックの負荷が低いタイトルです。スコアですが、自分のゲーミングPCが若干、上回りました。

Apex Legends(演習場)※フルHD、最高設定

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
平均フレームレート平均fps:188平均fps:196

バトルロイヤルのApex Legendsをプレーして、平均fpsを計測しました。計測場所は負荷が軽い、演習場を選びました。

平均fpsですが、自分のゲーミングPCが若干、上回りました。

フォートナイト(クリエイティブ島)※フルHD、最高設定

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
平均フレームレート平均fps:159平均fps:167

バトルロイヤルのフォートナイトをプレーして、平均fpsを計測しました。計測場所は負荷が軽いクリエイティブ島を選びました。

平均fpsですが、自分のゲーミングPCが若干、上回りました。

リアルタイムレイトレーシング、DLSS性能を検証

ALIENWARE M15 R3自分のゲーミングPC
(core i5 8400、RTX3060)
Bright Memory: Infinite ベンチマークfps:71fps:80
V-Ray GPU RTX543812

ALENWAEW M15 R3のグラフィックカードはRTXシリーズなので、リアルタイムレイトレーシング、DLSSといったNvidiaの最新技術が使えます。

今回はBright Memory: Infinite ベンチマークと、V-Ray GPU RTXを使って、リアルタイムレイトレーシング、DLSSの性能を検証します。

Bright Memory: Infinite ベンチマークの設定は、解像度はフルHD、リアルタイムレイトレーシングはHigh、DLSSはPerformanceに設定しました。

結果は両方のテストにおいて、自分のゲーミングPCが上回りました。RTX3060は下位モデルですが、GPUコアが前世代より進化しており、その差が表れたのだと思います。

ALIENWARE M15 R3のストレージ性能

crystaldiskinfo

crystaldiskmark

ALIENWARE M15 R3に搭載されているストレージは256GBで、Western Digital社のPC SN530のNvme SSDです。ベンチマークでは、読み込みが2337 MB/s、書き込みが977 Mb/sでした。

電源投入からデスクトップ画面が表示されるまでの時間やゲームのロード時間など、特に不満に思うところはなく、体感では十分早いと感じました。

ALIENWARE M15 R3の消費電力

アイドル時の消費電力
アイドル時の消費電力

高負荷時の消費電力高負荷時の消費電力

ALIENWARE M15 R3のアイドル時の消費電力は50W前後でした。一方、高負荷時の消費電力は、180W前後でした。高負荷時の消費電力は、FF15ベンチマーク実行時に計測したものです。

ALIENWARE M15 R3のCPU温度

アイドル時のCPU温度
アイドル時のCPU温度

高負荷時のCPU温度
高負荷時のCPU温度

ALIENWARE M15 R3のアイドル時のCPU温度は70度~80度を推移していました。一方、高負荷時のCPU温度は90度以上まで上がり、一部のコアは100度まで到達していました。

高負荷時のCPU温度は、FF15ベンチマーク実行時に計測したものです。

アイドル時に比べるとクロックが下がっていました。おそらくサーマルスロットリングが発生したのだと思います。

またCPUの温度が高くなるにつれて、キーボードも温かくなります。ものすごい熱いというわけではないですが、少し気になります。

ALIENWARE M15 R3の騒音

アイドル時の騒音
アイドル時の騒音

高負荷時の騒音
高負荷時の騒音

ALIENWARE M15 R3のアイドル時の騒音は40db前半で、ほぼ無音でした。一方高負荷時の騒音は50db後半まで達しました。お世辞にも静かとは言えるレベルではありませんでした。

良かったところ、悪かったところ

良かったところ

  • デザイン性が高い
  • 薄型、軽量
  • 様々なライティング設定が可能
  • フォートナイトやAPEXで平均フレームレート144fps以上で遊べる位のゲーミング性能の高さ
  • 高負荷時にも200Wを超えない低消費電力
  • 自分好みにカスタマイズ可能
  • リアルタイムレイトレーシング、DLSS等の最新技術が使用可能
  • ディスプレイが綺麗

悪かったところ

    • 高負荷時の動作音はうるさい
    • 高負荷時にCPUの一部のコアの温度が100度に達するので冷却に少し不安

まとめ

今回、1か月以上、ALIENWARE M15 R3を借りて実際使用しましたが、この薄さ、軽量でよくぞここまでのパフォーマンスが出せたなと素直に驚きました。

自分のゲーミング用のデスクトップPCとほぼ同じくらいの性能を、このコンパクトな筐体で実現しているからです。

ゲーミングノートPCの購入候補として考えた場合ALIENWARE M15 R3は、悪くない選択肢だと素直に思いました。

動画バージョンはこちら↓。チャンネル登録も大歓迎です。