パソコン・自作PCマザーボード

AMDRyzenのマザーボードの選び方を解説!各チップセットの違いも解説

AMD製のCPUのRyzenはインテルのCPUと違い、初代Ryzenから最新の第四世代Ryzenまで「AM4」という1つのソケットを採用し続けています。

そのおかげで、最新のRyzenが発売されても、古いチップセットが搭載されたマザーボードがそのまま流用できます。

ただ、なんでもかんでも流用というわけにはいかず、例外があり、その点がAMDチップセットのややこしさにつながっています。

今回はAMDチップ セットを比較し、その違いについて解説したいと思います。

モガ
モガ

AMDの場合、最新のCPUが発売されても、古いマザーボードそのまま使いまわせるので、その点は非常にありがたいです。ただ、無条件で古いマザーボードがそのまま使えるようになるというわけにはいかないので、その点は注意が必要です。

スポンサーリンク

AMDチップセットの選び方について

AMDチップセットの選び方について冒頭で話した内容と被るのですが、インテルのCPUの場合、一部例外はありますが、新しいCPUが発売されるごとにソケットも変更となっています。

一方、AMDのCPUの場合、2017年に発売された初代Ryzenから、2020年に発売された最新の第四世代Ryzenまで、「AM4」というソケットが採用されつづけています。

これは、古いチップセットを搭載したマザーボードでもAM4ソケットであれば、CPUがRyzenならそのまま使えることを意味します。

ただ、これには落とし穴があります。下記のAMDのRyzenとチップセットの対応表をご覧ください。

 第四世代Ryzen第三世代Ryzen第二世代Ryzen初代Ryzen
 Ryzen 5000シリーズ(ZEN3)グラフィック搭載Ryzen5000シリーズRyzen3000シリーズ(ZEN2)グラフィック搭載Ryzen3000シリーズRyzen2000シリーズグラフィック搭載Ryzen2000シリーズRyzen1000シリーズグラフィック搭載Athlon
X570×××
B550×××××
A520×××××
X470〇(要BIOS更新)〇(要BIOS更新)
B450〇(要BIOS更新)〇(要BIOS更新)
X370××〇(要BIOS更新)×
B350××〇(要BIOS更新)×
A320×××

この対応表を見てわかるように、いくらソケットがAM4で統一されていたとしてもと、各世代ごとにチップセットの対応状況はかなりバラつきがあります。

例えば、手元にB350のマザーボードがあったとしても、Ryzen第四世代のCPUを使うことはできないということになります。

ただし、X470、B450に関しては、初代Ryzenから第四世代Ryzenまですべて対応しています。ただ、第四世代Ryzenを使うためには、BIOS更新が必要です。

上記の表を見てややこしいと感じるのなら、「最新世代のRyzenは、一番新しいチップセットを搭載したマザーボードと組み合わせる」という考えで良いと思います。

AMDの各チップセットの違いについて

500 / 400シリーズチップセット比較表

AMDの500シリーズと400シリーズチップセットのそれぞれの違いについてまとめたのが下記の表です。なお300シリーズのチップセットですが、このチップを搭載したマザーボードの在庫は消えつつあるので、今回は説明を割愛させていただきます。

 X570B550A520X470B450
ソケットAM4
メモリ最大容量128GB128GB128GB64GB64GB
CPUの
オーバークロック対応
×
PCI Express(CPU直結)バージョン4.04.03.03.03.0
レーン数1616161616
PCI Express(チップセット直結)バージョン4.03.03.02.02.0
レーン数166686
USB 3.1(USB 3.1 Gen2)の最大数82522
USB 3.0(USB 3.1 Gen1)の最大数02262
RAID
SLI××
CrossFire×

500 / 400シリーズチップセットの特徴

X570

AMD500シリーズのチップセットで最上位に位置するのがX570です。

マザーボード各社、フラグシップモデルとして位置付けているため、全体的に値段が高いモデルが多いです。

最大の特徴は拡張性の高さです。

PCI Express 4.0がチップセット側にも対応しているので、PCI Express 4.0に対応したNvMe SSDを複数台使用可能です。

レーン数も最も多く、USB 3.1(USB 3.1 Gen2)の搭載数も多いです。拡張性の高さを求めているのなら、X570一択と言っていいです。

CPUのオーバークロックも対応していますし、電源回りが強化されたモデルも多いです。発熱の多いCPUはもちろん、オーバークロックしたCPUを安定的に扱うことができます。

ただし、X570チップセットを搭載したマザーボードは、2019年の第三世代RyzenのRyzen3000シリーズ発売に合わせたため、設計が古いです。

一方、B550の発売は2020年と、下位モデルなのにX570より設計が新しいというネジレ現象が起きています。

発売時期が新しいものに関しては、おそらく第四世代RyzenのRyzen 5000シリーズに合わせて設計を新しくしていると思いますので、購入するのならそうしたモデルをおすすめします。

法則があるわけではありませんが、X570の末尾にSがついているモデルは比較的新しいモデルが多いです。

X570マザーボード PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

B550

B550は500シリーズチップセットの中でもミドルレンジクラスに位置づけられるチップセットです。

最大の特徴はミドルクラスでありますが、PCI Express 4.0に対応している点です。ただ、チップセット側はPCI Express 4.0に対応していません。

基本的に、PCI Express 4.0接続できるのは、グラフィックボードと1基のSSDのみになるので、注意が必要です。

また、USB 3.1、USB 3.0の最大数も少ないので、全体的にX570より拡張性は低いです。

ただし、B550はX570より後に発売されたこともあり、設計など、全体的にX570より洗練されています。

特にB550は第四世代RyzenのRyzen 5000シリーズの発売に合わせて設計されているので、第四世代Ryzenを使う上では基本的にどのモデルを選んでも比較的安定感は高いと思います。

価格ですが、1万円を切るモデルもあれば、3万円近くするモデルもあるので幅が広いです。

発熱の多いCPUや、オーバークロックしたCPUを安定的に運用したいのなら、電源回りを強化した高額なモデルをおすすめします。

B550マザーボード PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

A520

A520は500シリーズチップセットの中でもローエンドクラスに位置づけられるチップセットです。

最大の特徴は安さです。A520チップを搭載したマザーボードは廉価向けとされており、驚くほど安いです。

ただ、その分、X570、B550と比べて機能は制限されています。CPUのオーバークロックにも、PCI Express 4.0にも対応していません。

こだわりがなく、とにかくパソコンが動けばいいという割り切りがある人はA520は向いています。逆に機能性にこだわる方はX570、B550を選んだ方が後悔は少ないと思います。

A520マザーボード PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

X470

400シリーズチップセットの中で最上位に位置するのがX470です。

最上位なだけあって、スペックも優秀かと思いきや、500シリーズチップセットが登場したことにより、一気に陳腐化してしまいました。もちろんPCI Express 4.0にも未対応です。

それもあってか、X470チップセットを搭載したマザーボードの在庫は徐々にショップから消えつつあります。今現在、X470をあえて購入する候補に入れる必要は全くありません。

X470マザーボード PCショップ販売ページ:
<ソフマップicon>

B450

400シリーズチップセットの中で最も下位に位置するのがB450です。

オーバークロックには対応していますが、PCI Express 4.0にも未対応で、おまけにチップセット側のPCI Expressのバージョンが2.0です。

もしPCI Express 2.0のスロットに高速なNvmeを差し込んでも、速度は大幅に落とされ、宝の持ち腐れ状態になります。さらに、USB 3.1、USB 3.0の最大数も少ないです。

デメリットが多いB450ですが、その代わり、価格がものすごく安いです。2021年11月現在、最安モデルで4000円のものもあります。

さらに、初代Ryzenから第四世代Ryzenすべてに対応しています。

ただし、第四世代Ryzenを使うときのみ、BIOS更新が必要になるので注意が必要です。念のため、第四世代Ryzenが使用可能になるBIOSが配布されているのか確認が必要です。

ただ徐々に、B450マザーの在庫は消えつつあります。

B450マザーボード PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon>

どのチップセットがおすすめ?

どのチップセットがおすすめなのか、正直個々やりたいことが異なるので、はっきりとは言えないです。ただ、チップセットによって、出来ること、出来ないことははっきりしています。

自分のやりたいことをまずは明確化してから、チップセットを選ぶことをおすすめします。

とりあえず、皆さんがやりたいだろうと思われることをピックアップし、そのうえで、おすすめのチップセットを紹介します。

CPUのオーバークロックをしたい

CPUのオーバークロックをしたい
X570、B550、X470、B450と複数のチップセットがCPUのオーバークロックに対応しています。従って、CPUのオーバークロックをしたい場合、これらのチップセットを搭載したモデルを選ぶ必要があります。

ただし、マザーボードによっては電源回りが貧弱なものがあります。特に、B550、B450の極端に価格が安いモデルの多くは、電源回りが貧弱なので、そういったモデルは避けるべきです。

VRMフェーズ数が多かったり、DrMOSに対応だったり、巨大なVRMヒートシンクがあったりと、電源回りに力を入れているモデルを選ぶべきです。

拡張性を求めている

拡張性を求めている拡張性を求めているのなら、X570一択です。チップセット側でも唯一、PCI Express 4.0に対応しています。PCI Express 4.0に対応したNVMeを複数搭載できますし、さらにUSB 3.1(USB 3.1 Gen2)の最大数も8と多いです。

ただし、「PCI Express 4.0に対応したNVMeは1つだけで十分」、「USBの拡張性もそんなに必要ない」というのなら、B550を選択しても問題はないです。

とにかくコスパを追い求めたい

とにかくコスパを追い求めたいとにかくコスパを求めているのなら、A520一択です。CPUのオーバークロックはできない、PCI Express 4.0には非対応といった様々な機能の制限はうけますが、最安モデルが1万円以下という圧倒的コスパの良さは魅力的です。。安くRyzen搭載パソコンを構築したいのなら、これ一択です。

おすすめAMDマザーボードを紹介

X570、B550、A520チップセットを搭載したおすすめマザーボードを厳選して紹介したいと思います。

A520チップセット搭載おすすめマザーボード

Asrock A520M Pro4

制約の多い、A520マザーのなかで、比較的拡張性の高いのがAsrock A520M Pro4です。メモリスロットは4本、さらにM.2スロットは2本あります。

A520マザーの多くは、メモリスロットが2本、M.2スロットが1本なので、この拡張性の高さは魅力的です。

電源回路も8フェーズと必要十分です。

A520マザーの中では比較的高価な部類ですが、バランスを考えると、A520マザーのなかで、圧倒的にこのAsrock A520M Pro4がおすすめです。

Asrock A520M Pro4の基本スペック
ファームファクタ
MicroATX
メモリスロット
4
PCI-Express 16X
2
PCI-Express 1X
0
M.2ソケット
2
SATA
4
外部出力HDMI ×1
D-Sub ×1
DP ×1
USBフロントUSB 3.2 Gen1 Type A ×4
USB 2.0 Type A ×4
リアUSB 3.2 Gen1 Type C ×1
USB 3.2 Gen1 Type A ×5
USB 2.0 Type A ×2
LAN1Gb LAN × 1
VRMフェーズ数
8
Asrock A520M Pro4 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

B550チップセット搭載おすすめマザーボード

ASUS TUF GAMING B550-PLUS 

ASUS TUF GAMING B550-PLUSは、TUF GAMINGとあるように、耐久性を重視したマザーボードです。

コンデンサやチョークコイルなど、基幹となる部品に軍用グレードのものを採用しています。安定性、耐久性を高めているので、長く安心して使えるマザーボードの一つです。

もちろん電源回りも8+2 DrMOSパワーステージを採用しているので、強固です。

M-ATXモデルのTUF GAMING B550M-PLUSという兄弟モデルもありますが、拡張性は劣ります。

ASUS TUF GAMING B550-PLUSの基本スペック
ファームファクタ
ATX
メモリスロット
4
PCI-Express 4.0 X16
1
PCI-Express 3.0 X1
3
PCI-Express 3.0 X4
1
M.2ソケット
2
SATA
6
外部出力
DP×1
HDMI×1
USB
フロントUSB 3.2 Gen1 Type A ×2
USB 2.0 Type A ×4
リアUSB 3.2 Gen2 Type C ×1
USB 3.2 Gen2 Type A ×1
USB 3.2 Gen1 Type A ×4
USB 2.0 Type A × 2
LAN
Realtek RTL8125B 2.5Gb Ethernet × 1
VRMフェーズ数
8+2
ASUS TUF GAMING B550-PLUS PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

GIGABYTE X570S UD [Rev.1.0]

GIGABYTE X570S UD[Rev.1.0]は、派手なデザインはしていない、手堅さが特徴のマザーです。

特に目立った特徴はないですが、PCI Express 4.0×4対応のM.2スロットは合計3基もあるので拡張性もまずますです。ただし、3基あるM.2スロットのうち、ヒートシンクが付属するのは1基のみです。

VRMは50AでDrMOSを採用した12+2フェーズ構成と電源回路は強力です。Ryzen 9 5950XなどのRyzen最上位CPUも安定して動作できます。

GIGABYTE X570S UD [Rev.1.0]の基本スペック
ファームファクタ ATX
メモリスロット4
PCI-Express 16X1
PCI-Express 4X1
PCI-Express 1X2
M.2ソケット3
SATA6
外部出力HDMI 2.1
USBフロントUSB 3.2 Gen.2 Type-C × 1
USB 3.2 Gen.1 Type-A × 1
USB 2.0 Type-A × 4
リアUSB 3.2 Gen.2 Type-C × 1
USB 3.2 Gen.2 Type-C × 1
USB 3.2 Gen.1 Type-C × 4
USB 2.0 Type-A × 2
LANRealtek 8125 2.5GbE × 1
VRMフェーズ数12 + 2
GIGABYTE X570S UD [Rev.1.0] PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

まとめ

AMDのRyzenのチップセットの違いは分かりづらく、正直インテルのCPUのチップセットの違いより遥かに複雑です。

最悪、CPUとチップセットの組み合わせ次第では、一切起動しないというリスクも潜んでいます。

Ryzenの購入を考えているのなら、まずこの記事にある、Ryzenとチップセットの対応表をチェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ