もう自作PCの処分方法に迷わない!自作PCの処分方法おすすめ5選

自作PCである意味、一番困るのは処分方法だと思います。メーカー製のパソコンであれば、比較的簡単に処分できますが、自作PCはそうはいきません。

そこで今回、厄介な自作PCの処分方法を5つ紹介したいと思います。

モガ
モガ

自作PCの処分は本当厄介です。気軽に捨てられず、処分方法に困っている方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

パソコンは簡単に処分できない

自作PCは簡単に処分できないパソコンは簡単に処分できません。理由は資源有効利用促進法という法律の存在です。この法律により、自治体では基本的にパソコンの回収ができません。そのため、パソコンを粗大ごみとして出すことは不可能です。

ただし、メーカー製のパソコンであれば、話は別です。メーカー製のパソコンであれば、その製造メーカーは回収義務者にあたるので、パソコンを回収してもらえます。しかも無料です。

ただし、そのパソコンに、PCリサイクルマークのステッカーが貼られていないとダメです。PCリサイクル法が制定されたのは、2003年10月なので、それ以降に発売されたパソコンであれば基本的に問題ありません。

ですが、それ以前の古いPCの場合はPCリサイクルマークのステッカーが貼られていないので、メーカーによる回収は不可能です。

ちなみにパソコンメーカーの連絡先はこちらのリンクから参照できます。

一方、自作PCの場合は、当然製造メーカーが存在しないので、この方法が通用しません。回収義務者が存在しないからです。

自作PCの処分方法について

自作PCを処分する場合、有料になる可能性が高いです。例えば、パソコン3R推進協会に自作PCの処分を依頼する場合、4000円ほどの料金がかかります。

もし、自作PCの処分にそこまでのお金をかけたくないのなら、まずは自作PCをバラバラにして、パーツごとに分解することをおススメします。※ヤフオクやメルカリを使う場合、バラバラではなく、自作PC(組みあがった状態)で売れる可能性はあり。

パーツの状態であれば、処分方法に選択肢が広がるからです。

以下に、自作PCのパーツの処分方法を紹介します。

モガ
モガ

※PCケースだけは以下に紹介する処分方法を使えないケースがあります。

 

使っているPCケースの状態が非常に良く、高級なタイプであれば売却も狙えますが、そうでない場合、売却できないケースもあります。

 

その場合、PCケースだけ粗大ゴミで出すなど、有料になってしまう可能性があります。

 

処分方法その① ヤフオクやメルカリなどを利用して売却

処分方法その① ヤフオクやメルカリなどを利用して売却ヤフオク、メルカリなどの、オークションサイト、フリマアプリを利用して、売却する方法です。

メリット

高く売却できる可能性がある。

ヤフオクはオークションサイトで、自分で設定したスタート価格からオークションが開始され、ある一定の金額で落札されるというものです。一方、メルカリはフリマアプリで、自分で設定した価格で売却できます。

ヤフオク、メルカリともに、利用者が多く、自分が出品した商品を求めている人が見つかりやすいです。自分の予想以上に高く売却できる可能性があります。

自作PC丸々売却できる可能性がある。

あまり多い事例ではないのですが、PCケース含めて、自作PC(組みあがった状態)で出品できます。

自作PCを一度にまとめて処分し、しかもお金にしたいのなら、ヤフオク、メルカリを使うことをおすすめします。

デメリット

面倒ごとが増える

ヤフオクやメルカリを利用する際、以下のような面倒ごとが発生する可能性があります。

・出品する際、商品をアピールするために、商品の撮影が必要
・落札者、落札予定者とのやり取りが発生
・商品の梱包
・場合によっては、配送料を負担
・場合によっては、商品を配送営業所(ヤマトなど)にもっていく必要がある
・落札者との間でトラブル発生の可能性

処分方法その② お店に持ち込んで売却

PCショップなどに直接持ち込んで、その場で査定してもらい、売却する方法です。査定してもらいたいものを段ボールに詰め、PCショップに発送という、出張査定をおこなっているPCショップもあります。

メリット

手間がかからない

PCショップで売却という方法であれば、ヤフオクやメルカリで指摘したデメリットがほとんど発生しません。例えば、商品を撮影することもないですし、落札者とのやり取りももちろんありません。とにかく手間がかからない点は大きなメリットになります。

デメリット

ヤフオクやメルカリと比べると、売却価格が低く出る可能性が高い

ヤフオクやメルカリと比べると、全体的に売却価格が低く出るケースが多いです。

例えば、自分の場合、CPUをとあるPCショップに売却しようとしたら7000円という査定結果が出ましたが、メルカリを使ったら11000円で売却できました。

処分方法その③ 不燃ゴミ、粗大ゴミとして処分※自治体による

この方法は、各自治体によってルールが異なり、全ての人が使えるというわけではありません。その点はご了承ください。この方法を検討される方はまず、自分の住んでいる自治体のルールを確認してください。

例えば、自分の住んでいる地域では、自作PCそのままでは粗大ゴミ、不燃ゴミとして処分できませんが、パーツごとに分解すれば、粗大ゴミ、不燃ごみとして処分が可能です。

不燃ごみとして処分できるのなら無料になりますが、ある一定のサイズを超えると粗大ゴミ扱いになり、有料になります。

処分方法その④ 小型家電回収ボックスを使って処分

小型家電回収ボックスとは、家庭で不要となった小型家電を回収するボックスのことです。小型家電とありますが、基本的にパソコンパーツも対象になります。

ボックスは区役所、家電量販店、一部の大型スーパーなどに設置されています。

ただし、自治体によってはボックス自体を設置していないケースもありうるので、注意が必要です。

この方法を検討される方は自分の住んでいる自治体でボックスがあるのか、またどこに設置しているのか確認することをおすすめします。

メリット

気軽に利用できる

利用はもちろん無料です。そして設置場所も家電量販店、一部の大型スーパーなど、立ち寄りやすい場所にあるので、気軽に利用できます。

デメリット

利用しづらいケースも

ボックスの設置場所は限られるので、自分の住んでいる地域によっては、利用しづらいケースが発生します。また、ボックスの投入口もそこまで大きくないので、入れられるもののサイズの制限があります。

例えば、横浜市の場合、回収ボックスの投入口のサイズが30センチ×15センチとなっています。つまり、30センチ未満のものしかボックスに入れることはできません。

処分方法その⑤ 無料で対応してくれる業者を使って処分

ここまで様々な処分方法を紹介していきましたが、「ややこしい」、「パーツに分解するのが面倒」と感じるのなら、業者を使っての処分をおすすめします。

通常、業者を使う場合、パソコン3R推進協会を使ったときのように有料になるケースもありますが、中には無料で処分をしてくれる業者もあります。

例えば、【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>のような業者です。

回収業者の中には法外な値段を請求される怪しさ満点なところもありますが、リネットジャパンは国が認定した回収業者で、全国の自治体と連携した行政サービスです。信頼性が高いです。

しかもパソコンの回収料金は無料です。自作PCも無料で回収できると、はっきりと明言しているので安心感があります。

ちなみに処分しづらいPCケースの処分も無料です。

ただし、このサービスを利用するには条件があり、処分PCは、PCケース内にマザーボード、電源ユニット、CPUが入っているという、いわゆるPCとしての形を成している状態にする必要があります。



まとめ

様々な自作PCの処分方法を紹介していきましたが、個人的におすすめなのが、ヤフオク、メルカリを使った方法です。いろいろと面倒なことがありますが、お金に変えられ、しかも比較的高額になる点はやはり魅力的です。

ただ、なにもかも面倒と感じるのなら、リネットジャパンのような業者をつかうことをおすすめします。面倒なことを考えることなく、自作PCを処分できるからです。