ゲームゲーミングマウス

G603をレビュー!コスパ抜群だが欠点も目立つワイヤレスゲーミングマウス

G603

今回はワイヤレスゲーミングマウスの中でもコスパが高いと評判のG603を購入したのでレビューしたいと思います。

また、G603に専用の滑り止めのラバーをとりつけたので、それについてもレビューしたいと思います。

モガ
モガ

G603はIE3.0クローンで扱いやすく、そして安いです。万人はもちろん、特にPCゲーム初心者に自信をもってすすめられるワイヤレスゲーミングマウスです。

スポンサーリンク

G603とは

G603はロジクールのゲーミングブランド「ロジクール G(Logicool G)」から販売されている、ワイヤレスゲーミングマウスです。以下のような特徴を持っています。

HEROセンサーとは

ロジクールGが設計した画期的な新しいオプティカル センサー。クラストップのパフォーマンスと、旧世代の最大10倍の電力効率を実現しました。抜群の精度に加え、全DPI(200~12,000)でゼロスムージング、ゼロフィルタリング、ゼロアクセラレーションという一貫したパフォーマンスを発揮します。

引用:https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mice/g603-lightspeed-wireless-gaming-mouse.910-005106.html

LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジーとは

エンドツーエンドの エンジニアリングとデザインを通して、ロジクールGは安定したワイヤレスソリューションを開発し、遅延、安定性、および接続性の基本的な問題を解決しました。そして誕生したのが、有線並みのプロ仕様のパフォーマンスを発揮するワイヤレス マウスです。

引用:https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mice/g603-lightspeed-wireless-gaming-mouse.910-005106.html

G603の仕様

物理的仕様

  • 縦:124mm
  • 横:68mm
  • 高さ:43mm
  • 重量:
  • 重量:88.9g(マウスのみ)
  • 112.3g(単三形乾電池1本装着時)
  • 135.7g(単三形乾電池2本装着時)

技術仕様

  • トラッキング
    • センサー: HERO
    • 解像度: 200~12,000DPI
    • ゼロスムージング/アクセラレーション/フィルタリング
    • 最大加速: > 40 G
    • 最大速度: > 400IPS
  • 感応度
    • USBデータフォーマット: 16ビット/軸
    • LIGHTSPEEDワイヤレスのレポートレート(HIモード時): 1000Hz(1ms)
    • ワイヤレスのレポートレート(LOモード時): 125 Hz(8ms)
    • Bluetoothのレポートレート: 88~133Hz(7.5~11.25ms)
    • マイクロプロセッサ: 32ビットARM
  • 耐久性
    • 左右ボタン: 2,000万回クリック
    • PTFEフィート: 250km
  • 電池駆動時間
    • HIモード(パフォーマンス): 500時間(連続使用)
    • LOモード(エンデュランス): 18ヵ月(標準的な使用量)
  • その他の特徴
    • オンボード メモリ: プロファイルx1

要件

  • LIGHTSPEED:
  • Windows® 7以降
  • macOS 10.11以降
  • Android 3.2以降
  • Chrome OSTM
  • USBポート
Bluetooth:
  • Bluetooth対応デバイス
  • Windows 8以降
  • macOS 10.12以降
  • Chrome OS
  • Android 5.0以降

G603の開封

G603の開封
早速、G603を開封していきます。

メッセージカード
ロジクールからの感謝のメッセージカードです。

ロジクールのステッカー
ロジクールのステッカーです。

G603のマニュアル
マニュアルです。

G603のガイドライン
安全に使用するためのガイドラインです。

G603の保証書
保証書です。保証期間は購入日から2年間です。

G603本体
本体です。

G603のUSBアダプタ
USBアダプタです。

G603の延長ケーブル
USB延長ケーブルです。USBアダプタを装着してデスクの上に置いて、マウスとUSBアダプタの距離を縮めることが出来ます。

G603の単三電池単三電池です。

G603の外観チェック

G603の外観チェック
G603の形状はいわゆるIE3.0クローンです。人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインをしています。右手専用のマウスです。

IE3.0とは2002年にマイクロソフトが発売した伝説的なマウス、IntelliMouse Explorer 3.0の略称です。人間光学に基づいたエルゴノミクスデザインで扱いやすいと評判になりました。以来、このマウスを模した、ie3.0クローンマウスが数多く登場することになりました。

サイドボタンは2つ
サイドボタンは2つついています。

反対側には何もついていない
反対側には何もついていません。

G603の裏側
裏面です。左側には、LOモード(ポーリングレート125Hz)、HIモード(ポーリングレート1000Hz)への切り替えスイッチがあります。右側にはBluetoothのペアリングボタンがあります。

ゲームではHIモード、仕事ではLOモードに切り替えるといった使い分けが可能です。

G603のカバーを外す
カバーを外した状態です。カバー自体はマグネットでくっついているだけなので、少し力を入れれば簡単に取り外しできます。

オムロン製のD2FC-F-7N左クリック、右クリックのスイッチはオムロン製のD2FC-F-7Nです。スイッチの感触としては程ほどの硬さがあります。決して柔らかい感触ではなかったです。

ホイール、ホイールボタンは共に硬め
ホイール、ホイールボタンは共に硬めです。特にホイールボタンは力を入れないと押せない位硬いです。ちなみにチルトはありません。

単三電池を使用
単三電池を使用します。単三電池2本でも動きますが、1本でも問題なく動きます。

USBアダプタを収納
USBアダプタを収納できます。

G603を握ってみた

かぶせ持ちかぶせ持ち

掴み持ち掴み持ち

つまみ持ちつまみ持ち

G603はIE3.0クローンなだけあって、かぶせ持ちとの相性は抜群です。手全体がマウスに吸い付くかの如く、自然と握れます。

ただ、掴み持ち、つまみ持ちとの相性は悪いです。後述しますが、表面が滑りやすいのと、重量があるため、指にかかる負担が大きいからです。

G603はかぶせ持ちが推奨です。

G HUB

G HUBG603の設定はロジクールの公式サイトから無料でダウンロードできる、G HUBから行います。

キーの割り当て、マクロを作成
キーの割り当て、マクロを作成できます。

DPIの設定DPIの設定も行えます。DPIは200~12000まで設定できます。

ホイール下のDPIスイッチでDPI変更
DPIの変更はホイール下のDPIスイッチからも行えます。

G603の良かったところ

価格が安く、性能も優れている

G603の実売価格が4000~5000円ほどなので、とにかく安いです。ワイヤレスゲーミングマウスの中ではG304の次に安いと思います。

しかもこの安さの割に「HEROセンサー」、「LIGHTSPEEDワイヤレステクノロジー」、「bluetooth」といった機能もきっちり搭載されています。

手にフィットしやすい

手にフィットしやすいie3.0クローンなので手にフィットしやすいです。特にかぶせ持ちとの相性は抜群です。

G603の悪かったところ

重い

単三電池1本の時の重さ
単三電池1本

単三電池2本の時の重さ
単三電池2本

G603は電池式を採用しています。従って、電池を入れると重くなります。単三電池1本の時の重量は112gですが、2本の時は135gとかなりの重量になります。

単四電池を単三電池に変換するスペーサー軽さを重要視するなら単四電池を単三電池に変換するスペーサーを使って、単三電池化する方法がおススメです。

単三電池の重量は27g
単三電池の重量は約27gです。

変換スペーサーをつけた状態だと15g単四電池に変換スペーサーをつけた状態の重量は約15gです。

マウス自体の重さは106gまで軽量化
変換スペーサーをつけた状態で計測したら、重さは約106gまで軽くなりました。

単三電池1本の時の重量は112g、2本の時は135gだったので、それらに比べるとかなりの軽量化を実現しています。

電池1本だと重心が偏る

電池1本だと重心が偏る
G603は単三電池1本で使用できますが、その場合は左か右に電池を入れる必要があります。重心が片方に寄ってしまいます。

重心のバランスが崩れてしまうので、マウスを激しく動かした際、違和感を感じてしまいます。

滑りやすい

滑りやすい
G603の表面には滑り止めが一切なく、表面がツルツルしています。そのため、滑りやすく、しっかりと握ることが難しいです。

滑り防止のマウスソールこの対策に有効なのが滑り防止のラバーです。

マウスの左サイド(滑り防止のマウスソールを貼った状態)

マウスの右サイド(滑り防止のマウスソールを貼った状態)

マウスの左クリック、右クリック(滑り防止のマウスソールを貼った状態)

マウスの表面に滑り防止のラバーを貼れば、しっかり握ることが出来ます。G603を使うなら、このラバーは必須レベルだと思います。

ホイール、ホイールスイッチが硬い

ホイール、ホイールスイッチが硬い
ホイール、ホイールスイッチが硬いです。FPSなどで武器切り替えをホイール類に割り当てた場合、ある程度力を入れて操作しないといけないので覚悟が必要です。

まとめ

G603は扱いやすい上に価格が安く、PCゲーム初心者の方におススメできるワイヤレスゲーミングマウスです。

表面が滑りやすいというデメリットはありますが、滑り止め防止のラバーを別途購入しさえすれば、そのデメリットも簡単に解消されます。

同価格帯のライバル、Razer Basilisk X HyperSpeedのレビューはこちらからどうぞ。↓

Razer Basilisk X HyperSpeedをレビュー!価格改定でコスパ最強に
2021年4月13日、ワイヤレスゲーミングマウスのRazer Basilisk X HyperSpeedが価格改定で安くなりました。ちょうど今回の価格改定のタイミングでRazer Basilisk X HyperSpeedを購入したのでレビューしたいと思います。

G603とRazer Basilisk X HyperSpeedを比較してみました。↓

Razer Basilisk X HyperSpeedとG603を徹底比較!どちらがおススメか?
ワイヤレスゲーミングマウスのRazer Basilisk X HyperSpeedとG603は値段が近いこともあって、どちらを買うべきか迷っている方もいるのではないでしょうか?今回はこの両方を比較して、どっちを買うべきなのか、自分なりに答えを出したいと思います。

動画バージョンはこちら↓。チャンネル登録も大歓迎です。