【2024年5月更新】ゲーミングPC最新セール情報

激安価格のサイドフロー型CPUクーラー「GAME ICE K4-WH」をレビュー!AK400と比較検証

GAME ICE K4-WH

サイドフロー型CPUクーラーのコスパ最強モデルとして真っ先に名前があがるのがDEEPCOOLの「AK400」です。近年、このAK400の牙城を崩すために、各社コスパに優れたサイドフロー型CPUクーラーを展開しています。

今回はその中の一つ、PC COOLER「GAME ICE K4シリーズ」をレビューします。「GAME ICE K4シリーズ」にはブラックモデルの「K4-BK」と、ホワイトモデルの「K4-WH」の2種類があります。

今回はホワイトの「K4-WH」を使って、ライバルの「AK400」と比較検証したいと思います。

目次

「GAME ICE K4-WH」の仕様

外形寸法130(W)×156(H)×75(D)mm(ファン込み)
ファン寸法130×130×厚さ25mm
ファン回転数 (PWM可変)400~1600rpm(±10%)
ノイズ18~29dBA
風量(最大)76.85CFM
対応CPUIntel:LGA1700/1200/115x
AMD:AM5/AM4
重量713g(付属ファン含む)
ヒートパイプ6mm径×4本
付属品リテンションキット、ファンクリップ1組、GT-3グリス、図解入りマニュアル
保証1年
参考価格約3,000円

GAME ICE K4-WH

PCショップでGAME ICE K4-WHを探す

GAME ICE K4-BK

PCショップでGAME ICE K4-BKを探す

「GAME ICE K4-WH」の外観をチェック

パッケージ

「GAME ICE K4-WH」のパッケージ

PC COOLER「GAME ICE K4-WH」のパッケージは白とオレンジを主体としたデザインです。

ヒートシンク

「GAME ICE K4-WH」のヒートシンク

ホワイト塗装のアルミニウム製ヒートシンクは、約2mm間隔で、計50枚の放熱フィンで構成されています。ホワイトモデルということで、放熱フィンも白く塗装されています。

「GAME ICE K4-WH」のトップカバー

トップ部には化粧カバーが装着されています。ロゴと上下左右に配置された銀色の装飾がデザインにアクセントをつけています。もちろん、トップカバーも白一色です。

「GAME ICE K4-WH」の奥行

奥行は約48mmです。メモリーとの干渉を防ぐために、スリムタイプを採用しています。

「GAME ICE K4-WH」の横幅

横幅は130mmです。放熱フィンを6mm径の4本のヒートパイプが貫いています。縦置き・横置きという設置方向に関係なく、冷却能力が最大限発揮される「アンチグラビティヒートパイプ」を採用しています。

「GAME ICE K4-WH」の高さ

高さは156mmです。この高さであれば、スリムPCケースなどの極端に小さいPCケースでない限り、ほとんどのPCケースに収まります。

受熱ベースプレート

「GAME ICE K4-WH」の受熱ベースプレート

受熱ベースプレートはヒートパイプが直接CPUに接触する、ダイレクトタッチ方式が採用されています。CPUへのダイレクトタッチ部分が広くとられている、「第3世代ダイレクトタッチテクノロジー」が採用されています。

「GAME ICE K4-WH」のブリッジテンション

ブリッジテンションは初めから固定されています。組み立てる必要はありません。

「GAME ICE K4-WH」のヒートパイプ

ヒートパイプも白に塗装されています。

「GAME ICE K4-WH」の受熱ベースプレートのサイズ

受熱ベースプレートは実測で、縦35x横40mmでした。

冷却ファン

「GAME ICE K4-WH」の冷却ファン(表)
表面
「GAME ICE K4-WH」の冷却ファン(裏)
裏面

冷却ファンは一般的なサイドフロー型CPUクーラーにありがちな120mmではなく、130mmという大型サイズのものを採用しています。

冷却ファンのスペックは下記の通りです。

  • 回転数:400~1,600rpm(±10%)
  • 風量(最大):76.85CFM
  • 静圧(最大):2.46mmH2O
  • 騒音値:18~29dBA

騒音値は18~29dBAとされ、軸受けにはHydro Bearingが採用

ファンの4隅には防振ラバーが装着

ファンの4隅には防振ラバーが装着されています。またフレームはリブ無しを採用しています。

「GAME ICE K4-WH」の正面
正面
「GAME ICE K4-WH」のサイズ
サイド

ファンを装着した状態です。ファンもヒートシンクも白一色で存在感があります。

「GAME ICE K4-WH」の重量

ファン装着時の重量は実測で、703gでした。

付属品一覧

マニュアル
マニュアル
「GT-3」グリス
「GT-3」グリス
マウンティングプレート
マウンティングプレート
バックプレート
バックプレート
ワイヤークリップ
ワイヤークリップ
LGA115x/1200用樹脂製スペーサー
LGA115x/1200用樹脂製スペーサー
LGA1700用樹脂製スペーサー
LGA1700用樹脂製スペーサー
Socket AM4/AM5用樹脂製スペーサー
Socket AM4/AM5用樹脂製スペーサー
Intel用ネジ
Intel用ネジ
AMD用ネジ
AMD用ネジ
モガ

130mmファンを除くと、付属品は合計で10点あります。樹脂製スペーサーは3種類、ネジは2種類あります。樹脂製スペーサー、ネジは色分けされているので区別がしやすいです。「GT-3」グリスは熱伝導率12.8W/(m.k)となかなかの高性能で、量も十分すぎるほどありそうです。

「GAME ICE K4-WH」のマザーボードへの搭載手順

Intel:LGA1700

STEP
バックプレート先端のキャップをLGA1700の位置に合わせる
バックプレート先端のキャップをLGA1700の位置に合わせる
STEP
マザーボード背面からバックプレートをはめこむ
マザーボード背面からバックプレートをはめこむ
STEP
円柱形突起部にIntel系青色樹脂製スペーサーを4箇所にはめる
円柱形突起部にIntel系青色樹脂製スペーサーを4箇所にはめる
STEP
マウンティングプレートを載せ、Intel用ネジで4箇所を固定
マウンティングプレートを載せ、Intel用ネジで4箇所を固定
STEP
マウンティングプレートの2箇所にリテンションのスプリングスクリューを締め付け
マウンティングプレートの2箇所にリテンションのスプリングスクリューを締め付け
STEP
ワイヤークリップで130mm冷却ファンを固定
ワイヤークリップで130mm冷却ファンを固定

AMD:AMD Socket AM4/AM5

STEP
マザーボード備え付けのリテンションを外す
マザーボード備え付けのリテンションを外す
STEP
マザーボード背面からマザーボード備え付けのバックプレートをはめこむ
マザーボード背面からマザーボード備え付けのバックプレートをはめこむ
STEP
円柱形突起部にAMD系オレンジ色樹脂製スペーサーを4箇所にはめます。
円柱形突起部にAMD系オレンジ色樹脂製スペーサーを4箇所にはめます。
STEP
マウンティングプレートを載せ、AMD用ネジで4箇所を固定
マウンティングプレートを載せ、AMD用ネジで4箇所を固定
STEP
マウンティングプレートの2箇所にリテンションのスプリングスクリューを締め付け
マウンティングプレートの2箇所にリテンションのスプリングスクリューを締め付け
STEP
ワイヤークリップで130mm冷却ファンを固定
ワイヤークリップで130mm冷却ファンを固定
モガ

ワイヤークリップの装着には結構力が必要でした。また、言うまでもないですが、ヒートシンクをCPUの上に載せるまえに、CPUグリスの塗布をお忘れなく。

「GAME ICE K4-WH」のクリアランスの確認

「GAME ICE K4-WH」のクリアランスの確認

高さも幅もあるオーバークロックメモリを使って、「GAME ICE K4-WH」のクリアランスをチェックします。幅75mmの幅の狭いヒートシンク設計ということもあって、メモリとの干渉は一切ありませんでした。実質高さ制限はないに等しいので、背の高いメモリを使用しても問題ありません。

VRMヒートシンクへの干渉は一切ありません

VRMヒートシンクへの干渉は一切ありませんでした。

PCケースに収めても、まだまだ高さには余裕はあります

全高165mmまでのCPUクーラーが対応する、S100 TGに収めたところ、まだまだ高さには余裕はあります。

「GAME ICE K4-WH」の冷却性能をCore i7-12700でチェック

テスト機材構成

テスト機材構成

ここからは実際に「GAME ICE K4-WH」をパソコンに組み込んで冷却性能をチェックします。

Core i7-12700

CPUは12コア20スレッドのインテル第12世代の「Core i7-12700」を選択。

PL1、PL2ともに、255Wに設定

Core i7-12700の定格はTDP65Wですが、UEFI BIOS上から、CPU Cooler tuningを255Wに設定。これによって、PL1、PL2ともに、255Wになり、実質、電力無制限状態といえる設定になります。今回はこの設定のままで、検証をしていきます。

テスト機材構成
CPUCore i7-12700
CPUクーラーPC COOLER GAME ICE K4-WH / DeepCool AK400
CPUグリスARCTIC 「MX-4」
マザーボードASUS 「PRO B660M-A」
メモリCRUCIAL 「CT2K16G48C40U5」(DDR4-3200/16GB×1)
グラフィックスカードColorful 「RTX 3060 NB 12G」
ストレージキオクシア EXCERIA G2(1TB/PCI-Express3.0×4)
電源ユニット玄人志向 「KRPW-BK650W/85+」(80PLUS BRONZE)
OSWindows 11 Home 64bit

3つのストレステストで「GAME ICE K4-WH」の冷却性能と騒音を確認

3つのストレステストで「GAME ICE K4-WH」の冷却性能と騒音を確認

「アイドル(10分)」、「Cinebench R23(10分)」、「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレベンチマーク」の3つのテストを実行し、「GAME ICE K4-WH」の冷却性能と騒音を確認します。

各テストのPackege Power

Package Powerはアイドル(10分)で20W前後、Cinebench R23(10分)で160W前後、ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレベンチマークで50W前後で推移します。

AK400と比較

比較対象として、DeepCool 「AK400」を用意します。なお室内温度は25℃程度です。

あわせて読みたい
DeepCoolのAK400をレビュー!虎徹 MarkII Rev.Bの最強ライバル出現 ここ最近、ASSASSIN Ⅲなど、魅力的なCPUクーラーを出し続けているDeepCool。そんなDeepCoolから待望の低価格帯CPUクーラーの「AK400」が発売されました。 低価格帯には...

アイドル(10min)

アイドル(10min)のCPU温度

アイドル(10分)のCPU温度は「GAME ICE K4-WH」、「AK400」ともに、40℃台前半で推移。どちらのCPUクーラーもほぼ同じCPU温度で推移していました。

アイドル(10min)の騒音
K4-WH
30dBA以下
AK400
30dBA以下

アイドル(10分)の騒音は「GAME ICE K4-WH」、「AK400」ともに、30dBAで推移。オープンフレームケースでのテストにも関わらず、ほとんど無音に近い状態でした。なお、簡易的な騒音計なので、30dBA以下を測定できませんでした。

Cinebench R23(10min)

Cinebench R23(10min)のCPU温度

Cinebench R23(10分)のCPU温度は「GAME ICE K4-WH」、「AK400」ともに、80℃台前半で推移。

「GAME ICE K4-WH」は最高83℃まで上昇。一方、「AK400」は最高85℃まで上昇しました。

Cinebench R23(10min)の騒音
K4-WH
54dBA
AK400
48dBA

Cinebench R23(10分)の騒音は「GAME ICE K4-WH」は54dBA、「AK400」は48dBAでした。明らかに、風切り音は「GAME ICE K4-WH」のほうが大きく感じ、耳障りに感じます。

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレベンチマークのCPU温度

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレベンチマークのCPU温度は「GAME ICE K4-WH」、「AK400」ともに、40℃台後半から50℃台で推移。

「GAME ICE K4-WH」の最高58℃まで上昇。一方、「AK400」は最高57℃まで上昇しました。

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレベンチマークの騒音
K4-WH
42dBA
AK400
40dBA

Cinebench R23(10分)の騒音は「GAME ICE K4-WH」は42dBA、「AK400」は40dBAでした。ほんの少しだけ風切り音は「GAME ICE K4-WH」のほうが大きく感じますが、違いはほとんどありません。

「GAME ICE K4-WH」のメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 高さ156mmのコンパクトな設計
  • 低価格なのに質感はそれなりに高い
  • 取付方法は簡単
  • 130mmファンを搭載
  • AK400より冷却性能は優秀
  • 熱伝導率が高いCPUグリスが付属
  • ホワイトモデルなのに低価格
  • AK400より騒音はうるさい
  • ワイヤークリップの取付の際、力が必要
  • ワイヤークリップは2つしか同梱されていないので、デュアルファンはやりづらい

まとめ

「GAME ICE K4-WH」の最大の特徴の130mm冷却ファンによって、AK400よりわずかに高い冷却性能を実現しています。しかも、AK400より低価格。特にホワイトモデルで比較すると、AK400より1,000円ほど安いです。

コスパという観点から見ると、間違いなくAK400より上と言えます。

ただし、130mmファンは120mmファンよりサイズが大きいのもあって、高負荷時の騒音はそれなりにします。また、ワイヤークリップを取り付ける際もかなりの力が必要なので、この点もデメリットです。

しかし、このデメリットを打ち消す位、「GAME ICE K4-WH」のコスパは優秀です。AK400のライバル最有力の一つと言っても過言ではないです。

PCショップでGAME ICE K4-WHを探す
PCショップでGAME ICE K4-BKを探す
目次