2024年2月最新のゲーミングPCセール情報をチェック

DeepCoolのAK400をレビュー!虎徹 MarkII Rev.Bの最強ライバル出現

AK400

ここ最近、ASSASSIN Ⅲなど、魅力的なCPUクーラーを出し続けているDeepCool。そんなDeepCoolから待望の低価格帯CPUクーラーの「AK400」が発売されました。

低価格帯には超定番CPUクーラーの虎徹 MarkII Rev.Bがありますが、果たしてAK400は、その牙城を崩せるのか、比較レビューしていきたいと思います。

目次

AK400の仕様

AK400の仕様
製品寸法127×97×155 mm
ヒートシンク寸法120×45×152 mm
ファン寸法120×120×25 mm
ファン回転数 (PWM可変)500~1,850rpm ±10%
ノイズ最大29dBA
風量66.47CFM
対応CPUIntel:LGA1700/1200/1151/1150/1155
AMD:AM4
重量661 g
ヒートパイプ4本(直径6mm)
付属品リテンションキット、ファンクリップ2組、グリス、マニュアル
保証1年

AK400

PCショップでAK400を探す

AK400(ホワイトモデル)

PCショップでAK400(ホワイトモデル)を探す
モガ

ファン、ヒートシンクなど塗装がすべて白い、ホワイトモデルがあります。通常モデルより価格は高いですが、白色にこだわりがあるのなら、そちらがおすすめです。なお、仕様は通常モデルと全く同じです。

AK400の付属品をチェック

AK400付属品一覧

AK400付属品一覧

AK400の内容物はマニュアル、ヒートシンク(ファン装着済)、付属品の3つで構成されています。

付属品一覧

付属品一覧です。それぞれ詳しく見ていきます。

  1. AMD用スタンドオフとネジ
  2. インテル用スタンドオフとネジ
  3. マウンティングプレート
  4. ファンクリップ
  5. インテル用バックプレート

①AMD用スタンドオフとネジ

AMD用のスタンドオフ

AMD用のスタンドオフです。オレンジ色なのでわかりやすいです。

AMD用ネジ

AMD用ネジです。インテル用のと比べて少し長いです。

②インテル用スタンドオフとネジ

LGA1700対応スタンドオフ
LGA1700対応スタンドオフ
LGA115x対応スタンドオフ
LGA115x対応スタンドオフ
モガ

インテル用のスタンドオフです。LGA1700対応と、LGA115x対応の2種類あります。文字が刻まれているので、判別がつきやすいです。

③マウンティングプレート

マウンティングプレート

マウンティングプレートです。これ1つですべてのソケットに対応します。

④ファンクリップ

ファンクリップ

ファンクリップです。装着済みのも含めれば、ファンクリップは計4本あるので、別途、120mmファンを買えば、デュアルファン化も可能です。

⑤インテル用バックプレート

インテル用バックプレート

インテル用バックプレートです。4隅のピンを外側にずらすと「LGA1700」対応に、内側にずらすと「LGA1200」、「LGA1151」、「LGA1150」、「LGA1155」対応になります。

なお、AMDの場合、マザーボード付属のバックプレートをそのまま使用します。

AK400の外観

寸法

寸法

AK400のヒートシンクの寸法です。高さは152mm、横幅は120mmです。

奥行は45mm

奥行は45mmです。

ファン込みの奥行は70mm

ファン込みの奥行は70mmです。

ヒートシンクの重量は523g

ヒートシンクの重量は523gでした。

放熱フィン

放熱フィン

フィンのデザインはかなり独特で、独自のマトリックスフィンデザインが採用されています。市松模様みたいです。

トップカバー

トップカバー

トップはむき出しではなく、黒いカバーで覆いかぶさっています。カバーの周りには金属製の枠で囲まれています。DeepCoolのロゴがワンポイントになっています。

受熱ベースプレートとヒートパイプ

受熱ベースプレートです。グリスが最初から塗布されていたので、ふき取りました。むき出しのヒートパイプで直接CPUを冷やす、ダイレクトタッチ方式は採用されています。

受熱ベースプレートに4本のヒートパイプが貫通

厚みのある受熱ベースプレートに4本のヒートパイプが貫通しています。ヒートパイプはニッケルメッキ処理済みで、酸化を防ぎます。

受熱ベースプレートの上には放熱フィン

受熱ベースプレートの上には放熱フィンが施されています。

ベースプレートの厚みは14.1mm

ベースプレートの厚みは14.1mmでした。

冷却ファン

表
裏

冷却ファンです。四隅には防振ゴムが装着されています。ファンの回転数は500~1,850rpmで、風量は最大66.47CFMです。

AK400の取り付け方法

実際にAK400をはマザーボードに取り付けていきます。今回はインテルLGA1700のMSI PRO B660M-Aを使って、AK400を取り付けていきます。

あわせて読みたい
MSI PRO B660M-Aをレビュー!ハイエンドCPUの性能を引き出せる格安マザー MSI PRO B660M-Aは価格は比較的安い割に、12+1+1フェーズという、強力な電源回路を搭載しているマザーボードです。 core i7などのハイエンドのCPUも性能をフルに発揮で...
バックプレートの4隅のピンを外側にずらし、LGA1700対応に

まずバックプレートの4隅のピンを外側にずらし、LGA1700対応にします。

バックプレートを装着

マザーボードの裏からバックプレートを装着します。

4本のピンにスタンドオフを取り付け

4本のピンにスタンドオフを取り付けます。

スタンドオフの上にマウンティングプレートを仮載せ

向きに気を付けながら、スタンドオフの上にマウンティングプレートを仮載せし、ネジでしめて固定します。

CPUグリスを塗る

CPUグリスを塗ります。なお、今回は付属のグリスではなく、MX-4を使用します。付属のグリスを使用する際は、初めからグリスがベースプレートに付着しているので、この工程は必要ありません。

ネジを締めて固定
ネジを締めて固定

ヒートシンクをマウンティングプレートに仮載せし、ネジを締めて固定します。両側を交互に少しずつ締めるのがポイントです。

冷却ファンを固定

ファンクリップをヒートシンクにひっかけて冷却ファンを固定します。

取り付け完了

取り付け完了です。

メモリとの干渉なし
メモリとの干渉なし
ビデオカードとの干渉なし
ビデオカードとの干渉なし
VRMヒートシンクとの干渉なし
VRMヒートシンクとの干渉なし

虎徹 MarkII Rev.Bのように「オフセット設計」は採用されていませんが、ヒートシンクの厚みはそこまでないので、メモリ、ビデオカード、VRMヒートシンクとの物理的な干渉はありませんでした。

AK400の性能を検証

AK400の性能を検証

AK400の性能を虎徹 MarkII Rev.Bと比較して検証したいと思います。

あわせて読みたい
虎徹 MarkII Rev.Bをレビュー!旧虎徹 MarkIIと比較 CPUクーラーのベストセラー、虎徹 MarkIIがリニューアルして、虎徹 MarkII Rev.Bとして生まれ変わりました。 虎徹 MarkII Rev.Bは、旧虎徹 MarkIIと比べて、どこが違う...

検証で使用したパソコンのスペックは以下の通りです。

CPUcore i7-12700
(amazon / ツクモ)
CPUクーラーAK400(amazon / ツクモ)虎徹 MarkII Rev.B(amazon / ツクモ)
CPUグリスMX-4(amazon / ツクモ)
マザーボードMSI PRO B660M-A(amazon / ツクモ)
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
(amazon)
グラフィックボードRTX3060(amazon / ツクモ)
ストレージCrucial P2 1TB(amazon / ツクモ)
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
(amazon)
OSWindows 11 Home(amazon / ツクモ)
PCケースSMZ-2WBT-ATX(amazon / ツクモ)
Nvidia ドライバ512.59

CPUのCore i7-12700は無制限解除すると、200W近くの電力が消費され、膨大な熱が発生します。CPUクーラーのテストにはうってつけです。

なおベンチマークソフトはPRIME95を使用します。無制限解除時、CinebenchR23では最高で160Wくらいの消費ですが、PRIME95では200W近く消費します。

よりCPU温度の高い状況を作りだせるので、PRIME95を選択しました。

今回は「アイドル」、「65W制限」、「125W制限」、「無制限解除」、「ゲーム(FF15ベンチマーク)中」と、5つのパターンで、それぞれの冷却性能、ノイズ、ファンの回転数を計測します。

ノイズの計測距離

CPUクーラーと測定器の間の距離は30cmに設定して、ノイズを計測します。

なお、PCケース内に収めず、ベンチ台のSMZ-2WBT-ATXを使用します。部屋の温度はエアコンなしの30度と高めです。

あわせて読みたい
横置き、縦置きに対応!2wayベンチテーブルSMZ-2WBT-ATXをレビュー パソコンの検証を頻繁にするのなら、普通のPCケースの場合、マザーボードの入れ替えに苦戦します。 そこで役に立つのが、ベンチ台です。ベンチ台であれば、マザーボード...

アイドル時​

AK400虎徹 MarkII Rev.B
CPU温度推移アイドル時のCPU温度推移
CPU温度(平均)48度50度
CPU温度(最高)55度57度
ファンの回転数(平均) 910rpm386rpm
ノイズ37.1dBA37.1dBA

アイドル時のCPUの平均温度、最高温度ともにAK400の方が2度ほど冷えています。ノイズはほぼ同じです。両方ともファンの音は全く気になりません。

また回転数は圧倒的にAK400の方が多いのですが、ノイズに大きな差がなかったです。

65W制限時

AK400虎徹 MarkII Rev.B
CPU温度推移65W制限時のCPU温度推移
CPU温度(平均)54度54度
CPU温度(最高)57度57度
ファンの回転数(平均)1275rpm721rpm
ノイズ約37.2dBA約37.4dBA

CPU温度(平均)、CPU温度(最高)ともに、AK400と虎徹 MarkII Rev.Bに違いはほとんどなく、全くの互角といった感じです。ノイズに関しても、ほぼ同等レベルです。両方ともほとんど気にならないレベルです。

また回転数は圧倒的にAK400の方が多いのですが、ノイズに大きな差がなかったです。

125W制限時

AK400虎徹 MarkII Rev.B
CPU温度推移125W制限時のCPU温度推移
CPU温度(平均)72度72度
CPU温度(最高)74度74度
ファンの回転数(平均)  1829rpm1149rpm
ノイズ約39dBA約37.8dBA

CPU温度(平均)、CPU温度(最高)ともに、AK400と虎徹 MarkII Rev.Bに違いはほとんどなく、全くの互角といった感じです。ノイズに関しては、若干AK400の方が大きいですが、両方ともほとんど気にならないレベルです。

無制限解除​時

AK400虎徹 MarkII Rev.B
CPU温度推移無制限解除のCPU温度推移
CPU温度(平均)99度98
CPU温度(最高)102度101
ファンの回転数(平均)1814rpm 1525rpm 
ノイズ約39.4dBA約42.3dBA

AK400と虎徹 MarkII Rev.B、両方とも100度に到達しています。明らかに冷却力不足です。ノイズに関してはAK400のほうが静かでした。

AK400のファンの回転数は125W制限時と変化なかったです。一方、虎徹 MarkII Rev.Bは、無制限解除時で、MAXのファンの回転数になりました。

ノイズに関しては明らかに虎徹 MarkII Rev.Bの方がうるさかったです。

FF14ベンチマーク実行時

AK400虎徹 MarkII Rev.B
CPU温度推移ゲーム(FF14ベンチマーク)実行時のCPU温度推移
CPU温度(平均)56度60度
CPU温度(最高)62度66度
ファンの回転数(平均)1214rpm 896rpm

無制限解除をした上で、FF14ベンチマークを実行して、計測しました。AK400のほうが、旧虎徹 MarkIIよりCPU温度(平均)、CPU温度(最高)ともに4度冷えています。

prim95などの一般的なベンチマークよりも、ゲームベンチの方でかなりの差がついた印象です。

AK400の良かったところと悪かったところ

メリット
デメリット
  • 低価格
  • 冷却力は価格の割に優秀
  • ファンクリップが4つあるのでデュアルファン化が容易
  • メモリと干渉しにくい
  • 全高が152mmなのでPCケース内に収めやすい
  • 低負荷時は静か
  • 価格の割にデザイン性、質感が良い
  • 200W級CPUの最大負荷には耐えられない

まとめ

今回の検証を通して、AK400は間違いなく、虎徹 MarkII Rev.Bの存在を脅かす存在になると確信しました。

冷却性能は高く、さらに静音性も高い。さらにさらに価格の割にデザイン性や質感も高いので、正直欠点を探すのは難しいです。低価格帯のCPUクーラーを探しているのなら、これ一択と言っても過言ではないような気がします。

あえて虎徹 MarkII Rev.Bを選ぶ必要はないと思います。

AK400

PCショップでAK400を探す

AK400(ホワイトモデル)

PCショップでAK400(ホワイトモデル)を探す
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次