パソコン・自作PCマザーボード

MSI PRO B660M-Aをレビュー!ハイエンドCPUの性能を引き出せる格安マザー

MSI PRO B660M-Aは価格は比較的安い割に、12+1+1フェーズという、強力な電源回路を搭載しているマザーボードです。

core i7などのハイエンドのCPUも性能をフルに発揮できるのか、そのあたりを中心にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

 MSI PRO B660M-Aの仕様

対応ソケットLGA1700
チップセットB660
対応フォームファクタMicroATX
メモリスロットDDR4×4(デュアルチャネル対応/最大128GB)
拡張スロットPCI-Express4.0(×16)×1
PCI-Express3.0(×1)×1
PCI-Express3.0(×4)×1
ストレージSATA(3.0)×4
M.2 type 2242/2260/2280×1(PCI-Express4.0×4対応)
M.2 type 2242/2260/2280×1(PCI-Express4.0×4対応)
LAN2.5GbpsLAN×1(Realtek RTL8125BG)
サウンド7.1 チャンネル HD オーディオ (Realtek ALC897)
リアインターフェースUSB 3.2 Gen 1×2、USB 3.2 Gen2×2、
USB 2.0×2、2.5GbpsLAN×1、
オーディオ端子×3、DisplayPort 1.4×2、
HDMI 2.1×2、PS2/2×1
MSI PRO B660M-A PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

MSI PRO B660M-Aの外観

MSI PRO B660M-Aとは?

MSI PRO B660M-Aとは?
MSI PRO B660M-Aは、MSIのビジネス用途向けのPROシリーズに属するマザーボードです。そのため派手なデザインではなく、質実剛健なデザインが採用されています。

安定した機能と高品質を兼ね備えているので、無用なトラブルが少なく、長寿命を実現しているのが最大の特徴です。

電源回り

電源回り
12+1+1フェーズ構成というなかなか強力な電源回路を搭載しています。MTPが高い、いわゆるcore i7、core i9などのCPUでも性能を引き出せると思います。

実際にあとで、core i7-12700で性能を検証してみます。

左のVRMヒートシンク
上のVRMヒートシンク

VRMヒートシンクは2ブロックに分かれています。

CPUの補助電源は8+4ピン
CPUの補助電源は8+4ピンです。

チップセット

チップセット
B660チップセットのヒートシンクです。MSI PRO B660M-Aはその名の通り、B660チップセットを採用しています。

B660は上位のZ690と比べると、CPUのオーバークロックが不可能などの制限はうけます。その代わり、このチップセットを搭載しているマザーボードは軒並み価格が安く抑えられている傾向があります。

また、CPUのオーバークロックは無理ですが、メモリのオーバークロックには対応しています。

チップセットの違いについては下記記事をご覧ください↓。

インテル600シリーズのマザボードの選び方を解説! Z690、H670、B660、H610の違い
インテル600シリーズのチップセットである、Z690、H670、B660、H610の違いについて説明し、マザボードの選び方を解説します。また、各チップセットのおすすめマザーボードについても紹介したいと思います。

メモリスロット

メモリスロット
DDR4のメモリスロットが4つあります。デュアルチャネル、最大4,800MHz、最大128GBに対応しています。

ストレージ

ストレージ
ストレージ用のM.2スロットは2つあります。両方ともPCI-Express4.0×4に対応しています。そのうち、最上段に位置するM.2スロットには専用のM.2ヒートシンクが標準で装備されています。

サーマルパッド
ヒートシンクの裏側にはサーマルパッドが貼ってあります。

下段にはもう一つのM.2スロット
下段にはもう一つのM.2スロットがあります。こちらももちろん、PCI-Express4.0×4に対応しています。

SATA3.0(水平タイプ)
SATA3.0(垂直タイプ)

水平タイプ×2、垂直タイプ×2の合計4つのSATA3.0ポートがあります。

拡張スロット

PCI-Express4.0(×16)スロット(Steel Armor)
PCI-Express4.0(×16)スロットはSteel Armorが採用されています。重量級のビデオカードも支えてくれます。

下段にはPCI-Express3.0(×1)、PCI-Express3.0(×4)のスロット
下段にはPCI-Express3.0(×1)、PCI-Express3.0(×4)のスロットがあります。

オーディオ回路

ALC897
サウンドチップは7.1チャンネルHDオーディオに対応した、「ALC897」が採用されています。

オーディオ回路は分離
基盤レベルでオーディオ回路は分離されており、ノイズ対策が施されています。

リアインターフェース

リアインターフェース
リアインターフェースです。

左から、「PS2/2×1」、「USB 2.0×2」、「DisplayPort 1.4×2」、「HDMI 2.1×2」、「USB 3.2 Gen1×2」、「2.5GbpsLAN×1」、「USB 3.2 Gen2×2」、「オーディオ端子×3」です。

「HDMI 2.1」と「DisplayPort 1.4」、それぞれ2ポートずつ搭載しているので、最大4画面出力に対応しています。

残念ながらコスパを優先しているためか、一体型のI/Oパネルは採用されていません。

MSI PRO B660M-Aの動作チェック

MSI PRO B660M-Aの動作チェック
実際に、core i7-12700を搭載して、パフォーマンスがきちんと出るのか、検証してみました。core i7-12700はかなりパワフルなCPUなので、マザーボードの性能検証にもってこいのCPUです。

core i7-12700のレビューはこちら↓。

core i7-12700(無印)をレビュー!core i5-12400と比較。どっちがおすすめ?
core i7-12700とcore i5-12400のどっちを購入すべきか迷っている方も意外と多くいるかもしれません。そこで今回、core i7-12700とcore i5-12400の性能を比較検証したいと思います。

core i7-12700はPBPは65Wですが、MTPは180Wと電力制限をすることで性能が大きく変化するCPUです。

最大255Wまで電力制限解除可能MSI PRO B660M-Aは最大255Wまで電力制限解除できるので、core i7-12700の性能をフルに引き出すことができます。今回は電力制限を解除して検証をおこないます。

なおUEFI画面は分かりやすいので、電力制限解除は容易です。CPU Coolerの種類を選ぶだけです。

電力制限は140Wが限界参考までに、Asrock B660M Pro RSでは電力制限は140Wが限界でした。それと比較すると、MSI PRO B660M-Aの電力制限の限界はかなり高いといえます。

Asrock B660M Pro RSのレビューはこちら↓。

良コスパのB660マザー、ASrock B660M Pro RSをレビュー!
AsrockのB660M Pro RSは価格も機能もバランスが良く、いわゆるコスパの良いマザーボードです。core i3やcore i5などの安いCPUと組み合わせることで、コスパの良い構成を目指せます。

Cinebench R23の結果
さすがに電力制限解除すると、リテールクーラーだとサーマルスロットリングが発生してしまいます。そこで今回は、空冷クーラーのSE-224-XTAを使用して検証しました。

SE-224-XTAのレビューはこちら↓。

虎徹MarkⅡのライバル?SE-224-XTをレビュー!取り付け方法から性能検証まで
近年コスパ最強のCPUクーラーとして、徐々に評価を上げているCPUクーラーがあります。それがID-COOLING SE-224-XTです。そこで今回、SE-224-XTはを購入したので、実際に性能を検証し、レビューしたいと思います。

Cinebench R23を実行したところ、マルチスコアが21627と、大手レビューサイトの検証結果とほぼ同程度のスコアが出ていました。

MSI PRO B660M-Aは電力制限を解除した、core i7-12700のパフォーマンスをしっかり引き出せています。

Cinebench R23を実行したところ、消費電力は電力無制限じで160W前後を推移しています。

PRIME95を実行中の消費電力ちなみに、Cinebench R23より負荷が重い、PRIME95を実行すると190W前後を推移しています。

かなりの消費電力ですが、逆に言えば、これだけの消費電力が発生させる余力がこのMSI PRO B660M-Aにはあるということです。

MOSの温度推移
Cinebench R23実行中のマザーボードのMOSの温度推移です。最大温度は52.5度と、温度が低く抑えられています。

prime95実行中のMOS温度推移
PRIME95実行中のMOS温度推移です。最高で60度でした。まだまだ余裕はあります。

12+1+1フェーズという強力な電源回路を搭載しているだけでなく、6層PCB基盤を採用しているので、マザーボードの温度が抑制されています。

次に標準で付属するM.2ヒートシンクの性能を検証します。ベンチマークのCrystal Disk Mark実行中の温度を調べます。使用したM.2 SSDはCrucial P2 1TBです。

Crucial P2 1TBのレビューはこちら↓。

Crucial P2 1TBをレビュー!買いやすいエントリーM.2 NVMe SSD
CrucialのM.2 NVMe SSDはいくつか種類がありますが、今回はエントリーモデルに位置付けられる、P2シリーズの1TBモデルを購入したのでレビューしたいと思います。

ヒートシンクの冷却性能
ヒートシンクなしの最高温度は50度でしたが、ヒートシンクありの最高温度は46度でした。ヒートシンクの冷却効果をしっかり確認できました。

MSI PRO B660M-Aの良かったところ・悪かったところ

・2万円以下の低価格
・低価格な割に、12+1+1フェーズという、強力な電源回路を搭載
・負荷をかけてもマザーボードの温度が上がりにくい
・ハイエンドCPUの性能をフルに活かせる
・最大4画面出力に対応
・UEFI画面が分かりやすい
・2年保証
・2.5GbpsLAN搭載
・オンボードサウンドは平凡
・デザインは地味
・SATA(3.0)ポートが4つと少ない

まとめ

インテル第12世代のAlder Lake-SのハイエンドモデルはMTPの値が高く、マザーボードによっては性能をフルに発揮できません。

しかし、このMSI PRO B660M-Aであれば、ハイエンドモデルでも十分性能を活かすことができます。

予算に限りがあるけど、性能を落とさず、安定してハイエンドのCPUを使いたいとなると、現状このMSI PRO B660M-Aくらいしか選択肢はないと思われます。

安くて、ハイエンドCPUの性能をフルに活かしたいのなら、このMSI PRO B660M-Aはおすすめです。

MSI PRO B660M-A PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>
スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ