パソコン・自作PCCPU

core i7-12700(無印)をレビュー!core i5-12400と比較。どっちがおすすめ?

core i7-12700とcore i5-12400はインテル第12世代Alder Lake-Sの売り上げランキングでも1位、2位を争うほどの人気CPUです。

core i7-12700とcore i5-12400のどっちを購入すべきか迷っている方も意外と多くいるかもしれません。

そこで今回、core i7-12700とcore i5-12400の性能を比較検証して、どちらがおすすめなCPUなのか、自分なりの答えを出したいと思います。

スポンサーリンク

core i7-12700とは?

Pコア、Eコアについて

core i7-12700とは?
引用:「第12世代Core」搭載ノートはなぜ快適なのか?

core i7-12700について説明する前に、「Pコア」「Eコア」について簡単に説明します。

インテル第12世代、Alder Lake-S最大の特徴が、1つの作業を処理することに特化した「Pコア」並列作業を処理することに特化した「Eコア」という、2種類のコアを内蔵していることです。

例えば、配信や録画をしながらゲームをプレーという状況を想定します。

普通のCPUであれば、配信や録画によって、CPUに負担がかかり、ゲームのパフォーマンスに悪影響します。

しかし、Alder Lake-Sであれば、ゲームの処理は「Pコア」で、バックグラウンドで発生する配信や録画などの処理は「Eコア」と役割分担できるようになります。

作業を振り分けることで、CPUの負担が分散し、Pコアの性能を最大限の効率で稼働させることができ、結果としてゲームパフォーマンスへの影響を最小限にします。

core i7-12700とcore i5-12400の違いについて

型番core i7-12700core i5-12400
コア数(Pコア+Eコア)12(8+4)6(6+0)
スレッド数2012
L3キャッシュ25MB25MB
TBM3.0時最大クロック(Pコア+Eコア)4.9GHz(4.8GHz/3.6GHz)-(4.4GHz/-)
定格クロック(Pコア/Eコア)2.1GHz/1.6GHz2.5GHz/-
内臓GPUUHD770UHD730
Processor Base Power(PBP)65W65W
Maximum Turbo Power(MTP)180W117W
参考価格4万5,000円2万5,000円

上記の表はcore i7-12700のスペック表です。比較対象として以前レビューしたcore i5-12400のスペックも掲載しています。

Alder Lake-Sには多種多様なモデルがあり、それぞれ「Pコア」、「Eコア」の数が異なります。また、「Eコア」を搭載せず、「Pコア」のみ搭載というモデルもあります。

core i7-12700の場合、「Pコア」は8つ「Eコア」は4つあります。つまり計12コアということになります。

ただし、ハイパースレッディングに対応しているのは「Pコア」のみになりますので、スレッド数は20と中途半端な数になります。また、無印版なのでオーバークロック不可です。

一方、core i5-12400の場合、「Pコア」は6つ、「Eコア」は0で、「Pコア」のみ搭載というモデルになります。ちなみにこちらもオーバークロック不可です。

core i5-12400のレビューはこちら↓。

驚異のワットパフォーマンス!core i5-12400をレビュー!core i5-11400Fと比較。
Alder Lake-Sの廉価モデル、core i5-12400を購入したのでレビューしたいと思います。前世代のcore i5-11400と徹底比較して、どれくらい性能が向上したのかを検証したいと思います。
core i7-12700 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>
core i7-12700F PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO
><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

core i7-12700の性能をcore i5-12400と比較

テスト環境

CPUcore i5-12700
(amazon / ツクモ)
core i5-12400
(amazon / ツクモ)
CPUクーラーSE-224-XTA(amazon / ツクモ)
CPUグリスMX-4(amazon / ツクモ)
マザーボードMSI PRO B660M-A(amazon / ツクモ)
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
(amazon)
グラフィックボードRTX3060(amazon / ツクモ)
ストレージCrucial P2 1TB(amazon / ツクモ)
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
(amazon)
OSWindows 11 Home(amazon / ツクモ)
Nvidia ドライバ512.59

今回のCore i7-12700の検証で使用する、テスト機のスペックです。

Alder Lake-Sでは、DDR5メモリに対応していますが、今回はDDR4対応のマザーボードを使用するため、DDR4-3200のメモリを使用します。

電力制限解除について

Core i7-12700のPBPは65Wですが、MTPは180Wです。つまり電力制限を解除することで性能が変わってきます。

クロック周波数
上の表は、Cinebench R23を実行してる時の、core i7-12700のクロック周波数の推移です。電力制限解除時は4.1Ghz付近を維持していますが、65W制限をかけると、3.1Ghzまで落ちてしまいます。

これは65Wに収まるように、自動的にクロック周波数が落とされていることを示しています。

そこで今回は65W時、電力制限解除時で性能にどれほどの差が生まれるのかについても検証したいと思います。

なお、最初に使用したマザーボードのAsrock B660M PRO RSでは電力制限解除は140Wまでが限界でした。

そこで新たに、MSI PRO B660M-Aを購入し、検証したところ、このマザーボードであれば、電力制限は無制限まで解除可能でした。今回はMSI PRO B660M-Aを使用して検証しました。

今回の検証では65W制限時と電力無制限解除の2パターンで計測していきます。

Asrock B660M PRO RSのレビューはこちら↓。

良コスパのB660マザー、ASrock B660M Pro RSをレビュー!
AsrockのB660M Pro RSは価格も機能もバランスが良く、いわゆるコスパの良いマザーボードです。core i3やcore i5などの安いCPUと組み合わせることで、コスパの良い構成を目指せます。

MSI PRO B660M-Aのレビューはこちら↓。

MSI PRO B660M-Aをレビュー!ハイエンドCPUの性能を引き出せる格安マザー
MSI PRO B660M-Aは価格は比較的安い割に、12+1+1フェーズという、強力な電源回路を搭載しているマザーボードです。core i7などのハイエンドのCPUも性能をフルに発揮できるのか、そのあたりを中心にレビューしたいと思います。
core i5-12400の場合、電力制限を解除しても70Wまでが限界なので、Core i7-12700よりも電力制限解除の恩恵は少ないです。一応、今回の検証ではcore i5-12400の方でも電力制限を解除しています。

Windows 11とWindows 10のパフォーマンスの違いについて

Alder Lake-Sのパフォーマンスを最大限に発揮するには、OS側が「Pコア」、「Eコア」を正しく処理を振り分ける必要があります。

ただ、Windows10ではこの振り分けがうまくいかない可能性があります。

windows 10環境だと、Eコアのみに処理がかかる例えば、ハンドブレーキのエンコードを実行すると、windows 11環境であれば、全コアに負荷がかかるのに、windows 10環境だと、Eコアのみに処理がかかるといった事態が起こります。

windows 11環境とwindows 10環境のパフォーマンスの違い実際、一部のアプリのベンチマークを走らすと、windows 11の環境のほうがパフォーマンスが出ます。

Alder Lake-Sでは無難にwindows 11を使うことをおすすめします。もちろん、今回の検証でもwindows 11を使用します。

core i5-12400のように「Eコア」がないモデルであれば、windows 10環境でも問題ありません。

一般的なベンチマーク

Cinebench R23

Cinebench R23
CPUの性能を計測するためのベンチマークソフトの定番中の定番のシネベンチです。シネベンチR23、R20、R15の3種類があり、今回は最新のR23で検証しました。

core i7-12700ですが、電力制限を解除するだけで、マルチスコアが約6,000ほど上昇しました。逆にシングルスコアに関しては電力制限を解除してもほとんど変化はありませんでした。

core i5-12400との比較ではマルチスコアで約10,000ほど差が開きました。

core i5-12400は6コア12スレッドで、core i7-12700は12コア20スレッドなので、マルチスコアで差が開くのも納得がいきます。

Cinebench R23次にRyzen 9 5950Xとcore i7-10700と比較してみました。core i7-12700は、ryzen 9 5950Xと比較すると、マルチスコアでは負けています。

ただ、ryzen 9 5950Xは、Ryzen最上位モデルで、16コア32スレッドという圧倒的なマルチスレッド能力が売りのCPUです。

一方、core i7-12700は12コア20スレッドです。にもかかわらず、スコア的にかなり肉薄している印象です。

また、値段も2~3万円ほど、core i7-12700のほうが安いです。それを考えると、core i7-12700はお得なCPUだと素直に感じました。

一方、core i7-10700との比較ですが、これに関しては圧勝しています。

core i7-10700もわずか2世代前のcore i7なのでそこまで古くありません。にもかかわらず、スコアでは1万ほどcore i7-12700が上回っているので、技術の進歩を感じました。

3D MARK Time Spy CPU score

3D MARK Time Spy CPU scoreTime Spyは本来ならゲームグラフィックス性能を計測するベンチマークソフトですが、CPUの性能だけを計測する項目も実は存在します。今回はそこだけを見ていきます。

結果ですが、core i7-12700がcore i5-11400Fを5,000程上回りました。

PC MARK 10 Extended(digital content creation)

PC MARK 10 Extended(digital content creation)PC MARK 10はPCの総合的なパフォーマンスを計測するベンチマークソフトです。

GPU機能を使いたくなかったので、「Open CL」と「Use hardware-accelerated video processing」をオフにして計測しました。

今回は写真編集、動画編集、レンダリングの性能を計測する、「digital content creation」のみを見ていきます。

結果ですが、core i7-12700がcore i5-12400を1,500程上回りました。写真編集、動画編集などのクリエイティブ作業でも、core i7-12700のほうが快適にこなせそうです。

Blender

BlenderBlenderはCGのレンダリングパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。1分間に作成できるサンプル数で結果は表示されます。つまりサンプル数が多いほど優秀ということです。

monsterレンダリングのテスト結果ですが、core i7-12700とcore i5-12400の間にかなりの差があることがわかりました。また、無制限解除、65W制限時の比較でも大きな差がつきました。

動画エンコード

X264 FHD BENCHMARK

X264 FHD BENCHMARK

 

X264 FHD BENCHMARKとは、H. 264形式のフルHDの動画をエンコードする際の性能を計測するベンチマークソフトです。フレームレートが高いほど、パフォーマンスが良いということになります。

core i5-12700がcore i5-12400より約30フレームほど高い結果になりました。また、無制限解除、65W制限時の比較でも大きな差がつきました。

power directer

power directer
動画編集ソフトのpower directer 18で約4GBの動画を「H264、フルHD」でエンコードにかかった時間を比較します。

 エンコードにかかった時間
core i7-12700(無制限解除)3分57秒
core i7-12700(65W)4分02秒
core i5-124005分16秒

結果ですが、やはり一番早かったのはcore i7-12700でした。特にcore i5-12400と比べて、30秒ほど短縮できています。また、無制限解除の方が若干ですが早かったです。

モガ
モガ

一般的なベンチマークだとcore i7-12700とcore i5-12400でかなりの差がついた印象です。また、電力制限解除の恩恵も感じました。

ゲームベンチマーク

core i7-12700(140W)とありますが、正しくはcore i7-12700(無制限解除)です。すべて修正するのは大変なので、あえてそのままにしています。また、ビデオカードがRTX3060ということで、かなり差が出にくい環境なのでご了承ください。

FF14(フルHD、標準品質)

FF14(フルHD、標準品質)

FF15(フルHD、軽量品質)

FF15(フルHD、軽量品質)

Forza Horizon 5(フルHD、最低)

Forza Horizon 5(フルHD、最低)

サイバーパンク2077(フルHD、低設定)

サイバーパンク2077(フルHD、低設定)

Rainbow Six Siege(フルHD、最低)

Rainbow Six Siege(フルHD、最低)

Fortnite(フルHD、低設定)

Fortnite(フルHD、低設定)

Apex Legends(フルHD、最高)

Apex Legends(フルHD、最高)

Varorant(フルHD)

Varorant(フルHD)

モガ
モガ

ゲームでは、core i7-12700の無制限解除、65W時ではほとんど差がつきませんでした。

ゲーム配信・録画時のフレームレート計測

Twitch Studioで配信し、Bandicamで録画しながら、サイバーパンク2077(フルHD、低設定)のベンチマークをプレーしてみました。ちなみに、Twitch Studioの設定は下記の通りです。

Twitch Studioの設定
プリセット1080p60
解像度1920×1080
FPS60
ビットレート(kbps)6000
エンコーダーX264(ソフトウェア)
core i5-12400の場合
通常プレー時のフレームレート134.66
配信・録画時のフレームレート115.09
フレームドロップ209
描画遅延フレーム3
core i7-12700の場合
通常プレー時のフレームレート135.77
配信・録画時のフレームレート120.20
フレームドロップ0
描画遅延フレーム3
モガ
モガ

core i5-12400の方は、CPUにかなりの負荷がかかり、フレームドロップの発生が多いです。一方、core i7-12700の場合、Eコアが配信・録画の処理を行うため、CPU負荷が抑えられており、フレームドロップの発生が0になっています。

CPU温度について

リテールクーラー装着時

CPU温度について
core i7-12700にはLaminar RM1という、リテールクーラーが付属します。今までのリテールクーラーより大型化し、冷却力は上がったと言われています。

CinebenchR23実行中のCPU温度推移(リテールクーラー)
ただ、残念ながら、core i7-12700においては、リテールクーラーでは明らかに冷却不足です。

無制限解除すると、CPU温度は100度に達して、サーマルスロットリングが発生しています。一方、65W制限時だと、80度前半に収まります。

FF15実行中のCPU温度推移(リテールクーラー)FF15ベンチマーク実行時のCPU温度推移です。ちなみに無制限解除時です。Cinebench R23実行時よりはマシですが、ゲーム中も一瞬だけ100度に到達することもあり、それなりに高温です。

モガ
モガ

リテールクーラーだと負荷がかかると、ファンが全開で回るので騒音が凄まじいです。

SE-224-XTA装着時

SE-224-XTAリテールクーラーでは冷却力不足なので、社外品のCPUクーラーを装着して、再度検証します。使用したCPUクーラーはID-COOLINGのSE-224-XTAです。

SE-224-XTAを使っても、無制限解除時でも、CPU温度は80度以上に到達してしまいました。一方、65W制限時では50度代以内に収まっています。

FF15実行中のCPU温度推移(SE-224-XTA)FF15ベンチマーク実行中のCPU温度です。ちなみに無制限解除時です。CPU温度はおおむね60度内に収まっています。

モガ
モガ

リテールクーラーでも運用は可能ですが、CPU温度は全体的に高めですし、なによりも騒音が凄まじいです。無難に別途CPUクーラーを装着することをおすすめします。

消費電力について

CinebenchR23実行中の消費電力
CinebenchR23実行時の消費電力です。無制限解除だと約160W前後消費しますが、PL65W時だと文字通り、65W前後を消費という感じになります。


無制限解除時のアイドル時の消費電力です。20W以内に収まっています。

FF15実行中の消費電力
FF15ベンチマーク実行時の消費電力です。

変動はありますが、おおむね50W~60Wをいったりきたりといった感じです。電力制限を解除してもゲーム実行時であれば、CPU負荷はあまり高くならず、そこまで消費電力は上がりません。

モガ
モガ

電力制限を解除すると消費電力はかなりのものです。ただ、それはCinebenchR23を実行など、特殊な事例においてのみです。負荷が低い状況であれば、そこまで高い消費電力になりません。

core i7-12700とcore i5-12400、どっちがおすすめ?

core i7-12700とcore i5-12400、どっちがおすすめ?

core i7-12700はこんな人におすすめ

Cinebench R23マルチが2万超え、シングルが1800超えと、現状市販されているCPUの中でも性能は上位に位置します。

RTX3080などの上位のビデオカードを使用するのであれば、まさにピッタリのCPUといえます。また、「Eコア」が搭載されているので、ゲームをプレーしながら録画、配信するという人にもおすすめです。

core i5-12400はこんな人におすすめ

使うビデオカードがRTX3060などのミドルクラスであれば、正直、core i5-12400で十分です。

ただ配信、録画をやりながらゲームをするのであれば、「Eコア」が搭載されたcore i7-12700を使用するのも悪くありません。

core i7-12700のメリット・デメリット

・CinebenchR23のマルチスコア2万超えの圧倒的なマルチスレッド能力
・ハイエンドのビデオカードでも問題なく性能を活かせる
・コストパフォーマンス良好
・Eコア搭載により、裏で配信・録画をしてもパフォーマンスが落ちにくい
・普段使いであれば、おとなしい消費電力
・リテールクーラー付属
・65Wで運用するのなら安いマザーボードでも運用可能
・電力制限解除すると、消費電力、CPU温度増大※ただし、Cinebenchなど特殊な事例のみ
・リテールクーラーの冷却不足が目立つ
・リテールクーラーのファンの音が耳障り
・電力制限解除してフルに性能を発揮させたいのなら、それなりの性能のマザーボードが必要

まとめ

core i7-12700は4万円代ということを考えると、破格の性能を持ったCPUです。ハイエンドクラスのビデオカードを使う予定なら、まず間違いなくおすすめできます。

また、Eコアも搭載しているので、たとえミドルクラスのビデオカードでも、配信・録画をするのなら、core i5-12400よりcore i7-12700のほうがおすすめできます。

core i7-12700 PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房 icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>
core i7-12700F PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO
><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

動画はこちらから↓。

スポンサーリンク
Amazonで頻繁に買い物する方、高額な買い物をする方はAmazonチャージがお得です。
\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Amazonチャージのお得情報の詳細はこちらから

1回のチャージ金額一般会員Amazonプライム会員
5,000円以上0.5%1.0%
20,000円以上1.0%1.5%
40,000円以上1.5%2.0%
90,000円以上2.0%2.5%

チャージすると、一般会員であれば最大2.0%、Amazonプライム会員であれば最大2.5%、Amazonポイントが付与されます。例えば10万円チャージしたらAmazonプライム会員であれば、2,500円分のポイントが付与されます。

このAmazonポイントはチャージする度にポイントが付与されます。頻繁にAmazonで買い物する人にとっては非常にお得なサービスとなっています。

また、現在、初回限定のAmazonチャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーンが実施中です。それ目当てで一度、Amazonチャージをしてみてもいいかもしれません。

またAmazonプライム会員限定ですが、クレジットカードチャージも可能です。

\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
パソコン・自作PCCPU
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ