CPUクーラーパソコン・自作PC

虎徹MarkⅡのライバル?SE-224-XTをレビュー!取り付け方法から性能検証まで

SE-224-XT

近年コスパ最強のCPUクーラーとして、不動の位置にある虎徹 MarkⅡ。そんな虎徹 MarkⅡに迫りつつある、CPUクーラーがあります。それがID-COOLING SE-224-XTです。

そこで今回、SE-224-XTはを購入したので、実際に性能を検証し、レビューしたいと思います。

モガ
モガ

ID-COOLINGというメーカーを聞いたことがなく、買う前は正直心配でした。ですが、検証を終えた今、CPUクーラーの性能に知名度は関係ないなと改めて実感しました。

スポンサーリンク

SE-224-XTの仕様

対応CPUインテル: LGA2011、2066、1150、1151、1155、1156、1200
AMD:Socket AM4
TDP180W
搭載ファン回転数:700~1800RPM
最大風量:76.16CFM
ノイズレベル:15.2~32.5dB(A)
サイズ:120×120×25mm
ヒートシンクアルミニウム製
ヒートシンクのサイズW120×D73×H154mm
ヒートシンクの重量(リテンション込み)484g
付属品リテンションキット
熱伝導グリス
取扱説明書 (英語)

SE-224-XTの同梱物、外観チェック

SE-224-XTの同梱物一覧
SE-224-XTの同梱物一覧です。

ファンをとりつけるためのクリップ
ヒートシンクにファンをとりつけるためのクリップです。計4本あります。


クリップが4本あるので、ファンをもう一つつけてデュアルファンにすることも容易です。

インテル用とAMD用のブラケット
インテル用とAMD用のブラケットです。

インテル用のCPUを取り付ける際に使うバックプレート
インテル用のCPUを取り付ける際に使うバックプレートです。

LGA20xx用のスクリュー
LGA20xx用のスクリューです。

スタンドオフとナット、そしてAM4用のネジ
スタンドオフとナット、そしてAM4用のネジです。

CPUグリスCPUグリスです。熱伝導率は記載されていませんでした。

マニュアル
マニュアルです。

120mmファン
120mmファンです。回転数は700~1800RPMで、最大風量は76.16CFMです。四隅には防振ゴムが貼られています。

ヒートシンクですの高さは154mm、幅は120mm
リテンション一体型のヒートシンクです。高さは154mm、幅は120mmです。

奥行は48mm
奥行は48mmです。

ファン込みの奥行は73mmファン込みの奥行は73mmです。

受熱ベースは、ヒートパイプ直接接触タイプ受熱ベースは、ヒートパイプ直接接触タイプです。

ヒートパイプは4本
ヒートパイプは4本です。

トップにはロゴがある
トップにはロゴがあります。ヒートパイプが突き破り、露出しています。

ヒートシンクの形状はギザギザヒートシンクの形状はギザギザしています。

サイドのヒートシンク
サイドのヒートシンクです。強度を高めるためなのか、細長い金属の板が左右両側に2本ずつ貼られています。

SE-224-XTの重量
ヒートシンク(リテンション込み)の重量は484gでした。

SE-224-XTの取り付け方法

インテル LGA1200/115Xの場合

インテル専用のバックプレートを取り付け
インテル専用のバックプレートをマザーボード裏から取り付けます。

スタンドオフを4つ取り付け
スタンドオフを4つ取り付けます。

インテル専用のブラケットを取り付け
インテル専用のブラケットを取り付けます。

ナットを締めてブラケットを固定
ナットを締めてインテル専用ブラケットを固定します。

ヒートシンクを取り付け
ヒートシンクを取り付けます。ネジは2か所締めますが、片方だけ一気に締めるのではなく、2か所交互に締めて均等になるように調整します。

ファンをヒートシンクに取り付け
ファンをヒートシンクに取り付けます。ファンのクリップをヒートシンクにひっかけます。

取り付け完了取り付け完了です。

メモリとの干渉はありません
メモリとの干渉はありませんでした。

AMD AM4の場合

AMDのリテンションのフレームを取り外す初めからマザーボードについているAMDのリテンションのフレームを取り外します。

AMDのバックプレートは取り外さず、そのまま使用ただし、バックプレートは取り外さず、そのまま使います。

スタンドオフを取り付け
スタンドオフを取り付けます。

AMD専用ブラケットを取り付け
AM4専用ネジを締めて、AMD専用ブラケットを取り付けます。

ヒートシンクを取り付け
ヒートシンクを取り付けます。ネジは2か所締めますが、片方だけ一気に締めるのではなく、2か所交互に締めて均等になるように調整します。

取り付け完了取り付け完了です。

メモリは干渉していません
メモリは干渉していませんでした。

SE-224-XTの冷却性能チェック

虎徹 MarkⅡの冷却性能をチェックします。検証で使用したパソコンスペックは以下の通りです。

CPUcore i5-11400F
CPUクーラーSE-224-XT
マザーボードMSI B560M BAZOOKA
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
グラフィックボードRTX3060(Colorful RTX 3060 NB 12G)
ストレージNVMe 240G(CRAS C700 M.2)※OS用
HDD 4TB(ST4000DM004)※ゲーム用
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
OSWindows 10 Home

測定方法は以下の通りです。

・10分間何も操作しないアイドル時のCPU温度を測定
・10分間OCCTを使ってCPU負荷100%時のCPU温度を測定
・FPSゲームのBF5を10分間放置プレー(フルHD解像度、低設定)時のCPU温度を計測

ちなみにCPUのcore i5-11400FはPL(電力制限)を無効化して、CPU負荷100%にすると、65W制限が解除されて、CPU温度が上昇します。CPUが発熱しやすいPL無効化状態で検証したいと思います。

比較対象はcore i5 11400Fに付属しているリテールクーラーです。

なお室温30度、PCケースに収めない状態で計測しました。使用グリスは付属のではなく、TF8を使用しました。

core i5 11400Fのレビューはこちら↓。

core i5-11400Fをレビュー!PL無効化で性能が化けるコスパ最強CPU
第11世代インテルCPU、Rocket Lake-Sのcore i5-11400Fは素晴らしいコスパに優れたCPUですが、性能を最大限に発揮するためにはややこしい設定をする必要があります。その辺りも記事で掘り下げつつ、レビューしたいと思います。

アイドル時のCPU温度

アイドル時のCPU温度(SE-224-XT)SE-224-XT

アイドル時のCPU温度(リテールクーラー)リテールクーラー

リテールクーラーでは平均42.7度でしたが、SE-224-XTだと平均38.5度でした。

CPU負荷100%時(OCCT)のCPU温度

CPU負荷100%時(OCCT)のCPU温度(SE-224-XT)SE-224-XT

CPU負荷100%時(OCCT)のCPU温度(リテールクーラー)リテールクーラー

リテールクーラーでは平均99.7度でしたが、SE-224-XTだと平均75.7度でした。

BF5プレー時のCPU温度

BF5プレー時のCPU温度(SE-224-XT)SE-224-XT

BF5プレー時のCPU温度(リテールクーラー)リテールクーラー

リテールクーラーでは平均87.8度でしたが、SE-224-XTだと平均62度でした。

SE-224-XTとリテールクーラーの比較今までの検証結果をまとめてみました。SE-224-XTはリテールクーラーと比べると、PL無効化したcore i5 11400Fを大幅に冷やしています。

ファンの騒音

アイドル時の騒音(SE-224-XT)アイドル時の騒音

CPU負荷100%時の騒音(SE-224-XT)CPU負荷100%時の騒音

最後にファンの騒音を計測しました。アイドル時は47dBA前後でしたが、CPU負荷100%時は53dBA前後でした。

アイドル時のファン回転数(SE-224-XT)アイドル時のファン回転数

CPU負荷100%時のファン回転数(SE-224-XT)CPU負荷100%時のファン回転数

アイドル時のファン回転数の平均は903RPMでした。一方、CPU負荷100%時の平均は1513RPMでした。

SE-224-XTの良かったところと悪かったところ

良かったところ

・低価格なのに冷却性能は優れている
・小型なので取り回しが良い
・取り付けがしやすい(特にファンクリップ)
・ファンクリップが計4つ付属しているので、デュアルファンがやりやすい
・メモリの上方向への干渉がないので、背が高いメモリでも問題なく装着可能

悪かったところ

・ファンの回転数が全体的に高いため、ファンの音がかなりうるさい。特に高負荷時。

まとめ

今回の検証を通して、SE-224-XTの人気の理由が分かりました。低価格なのに冷却性能に優れ、しかも小型なので取り回しが良く、取り付けもやりやすい。まさに良いことだらけです。

特に自作PC初心者にはとても扱いやすいCPUクーラーだと感じました。

このSE-224-XT、コスパの高いCPUクーラーの代表格、虎徹 MarkⅡにも十分対抗できるCPUクーラーだと感じました。

低価格で冷却性能も追い求めているのなら、このSE-224-XTは間違いなくおすすめできます。

虎徹 MarkⅡのレビューはこちら↓。

超定番CPUクーラー虎徹 MarkⅡをレビュー。取り付け方法から性能検証まで
サイズの虎徹 MarkⅡは「CPUクーラー選びに迷ったとりあえず虎徹 MarkⅡを選べ」と言われるくらいの超定番CPUクーラーです。今回は虎徹 MarkⅡの取り付け方法を解説し、性能を検証します。