CPUクーラーパソコン・自作PC

虎徹MarkⅡのライバル?SE-224-XTをレビュー!取り付け方法から性能検証まで

SE-224-XT

近年コスパ最強のCPUクーラーとして、不動の位置にある虎徹 MarkⅡ。そんな虎徹 MarkⅡに迫りつつある、CPUクーラーがあります。それがID-COOLING SE-224-XTです。

そこで今回、SE-224-XTを購入したので、実際に性能を検証し、レビューしたいと思います。

モガ
モガ

現在、SE-224-XTはSE-224-XTAという型番に代わっています。なお変わったのは型番だけで、製品そのものはSE-224-XTと同一です。SE-224-XTAの購入を考えている方も今回の記事は参考になると思います。

スポンサーリンク

SE-224-XT(SE-224-XTA)の仕様

対応CPUインテル: LGA2011、2066、1150、1151、1155、1156、1200
AMD:Socket AM4
TDP180W
搭載ファン回転数:700~1800RPM
最大風量:76.16CFM
ノイズレベル:15.2~32.5dB(A)
サイズ:120×120×25mm
ヒートシンクアルミニウム製
ヒートシンクのサイズW120×D73×H154mm
ヒートシンクの重量(リテンション込み)484g
付属品リテンションキット
熱伝導グリス
取扱説明書 (英語)
SE-224-XTA PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><パソコンSHOPアーク>

SE-224-XT(SE-224-XTA)の同梱物、外観チェック

SE-224-XTの同梱物一覧
SE-224-XT(SE-224-XTA)の同梱物一覧です。

ファンをとりつけるためのクリップ
ヒートシンクにファンをとりつけるためのクリップです。計4本あります。


クリップが4本あるので、ファンをもう一つつけてデュアルファンにすることも容易です。

インテル用とAMD用のブラケット
インテル用とAMD用のブラケットです。

インテル用のCPUを取り付ける際に使うバックプレート
インテル用のCPUを取り付ける際に使うバックプレートです。

LGA20xx用のスクリュー
LGA20xx用のスクリューです。

スタンドオフとナット、そしてAM4用のネジ
スタンドオフとナット、そしてAM4用のネジです。

CPUグリスCPUグリスです。熱伝導率は記載されていませんでした。

マニュアル
マニュアルです。

120mmファン
120mmファンです。回転数は700~1800RPMで、最大風量は76.16CFMです。四隅には防振ゴムが貼られています。

ヒートシンクですの高さは154mm、幅は120mm
リテンション一体型のヒートシンクです。高さは154mm、幅は120mmです。

奥行は48mm
奥行は48mmです。

ファン込みの奥行は73mmファン込みの奥行は73mmです。

受熱ベースは、ヒートパイプ直接接触タイプ受熱ベースは、ヒートパイプ直接接触タイプです。

ヒートパイプは4本
ヒートパイプは4本です。

トップにはロゴがある
トップにはロゴがあります。ヒートパイプが突き破り、露出しています。

ヒートシンクの形状はギザギザヒートシンクの形状はギザギザしています。

サイドのヒートシンク
サイドのヒートシンクです。強度を高めるためなのか、細長い金属の板が左右両側に2本ずつ貼られています。

SE-224-XTの重量
ヒートシンク(リテンション込み)の重量は484gでした。

SE-224-XT(SE-224-XTA)の取り付け方法

インテル LGA1200/115Xの場合

インテル専用のバックプレートを取り付け
インテル専用のバックプレートをマザーボード裏から取り付けます。

スタンドオフを4つ取り付け
スタンドオフを4つ取り付けます。

インテル専用のブラケットを取り付け
インテル専用のブラケットを取り付けます。

ナットを締めてブラケットを固定
ナットを締めてインテル専用ブラケットを固定します。

ヒートシンクを取り付け
ヒートシンクを取り付けます。ネジは2か所締めますが、片方だけ一気に締めるのではなく、2か所交互に締めて均等になるように調整します。

ファンをヒートシンクに取り付け
ファンをヒートシンクに取り付けます。ファンのクリップをヒートシンクにひっかけます。

取り付け完了取り付け完了です。

メモリとの干渉はありません
メモリとの干渉はありませんでした。

AMD AM4の場合

AMDのリテンションのフレームを取り外す初めからマザーボードについているAMDのリテンションのフレームを取り外します。

AMDのバックプレートは取り外さず、そのまま使用ただし、バックプレートは取り外さず、そのまま使います。

スタンドオフを取り付け
スタンドオフを取り付けます。

AMD専用ブラケットを取り付け
AM4専用ネジを締めて、AMD専用ブラケットを取り付けます。

ヒートシンクを取り付け
ヒートシンクを取り付けます。ネジは2か所締めますが、片方だけ一気に締めるのではなく、2か所交互に締めて均等になるように調整します。

取り付け完了取り付け完了です。

メモリは干渉していません
メモリは干渉していませんでした。

SE-224-XT(SE-224-XTA)の冷却性能チェック

虎徹 MarkⅡの冷却性能をチェックします。検証で使用したパソコンスペックは以下の通りです。

CPUcore i5-11400F
CPUクーラーSE-224-XT(SE-224-XTA)
マザーボードMSI B560M BAZOOKA
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
グラフィックボードRTX3060(Colorful RTX 3060 NB 12G)
ストレージNVMe 240G(CRAS C700 M.2)※OS用
HDD 4TB(ST4000DM004)※ゲーム用
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
OSWindows 10 Home

測定方法は以下の通りです。

・10分間何も操作しないアイドル時のCPU温度を測定
・10分間OCCTを使ってCPU負荷100%時のCPU温度を測定
・FPSゲームのBF5を10分間放置プレー(フルHD解像度、低設定)時のCPU温度を計測

ちなみにCPUのcore i5-11400FはPL(電力制限)を無効化して、CPU負荷100%にすると、65W制限が解除されて、CPU温度が上昇します。CPUが発熱しやすいPL無効化状態で検証したいと思います。

比較対象はcore i5 11400Fに付属しているリテールクーラーです。

なお室温30度、PCケースに収めない状態で計測しました。使用グリスは付属のではなく、TF8を使用しました。

core i5 11400Fのレビューはこちら↓。

core i5-11400Fをレビュー!PL無効化で性能は上がるが色々と面倒なCPU
core i5-11400Fは、デフォルト状態だと65W制限がかかっていますが、PL無効化してやると、驚くほど性能が向上します。今回はcore i5-11400FのPLを無効化して、どれだけ性能が向上するのか検証したいと思います。

アイドル時のCPU温度

アイドル時のCPU温度(SE-224-XT)SE-224-XT

アイドル時のCPU温度(リテールクーラー)リテールクーラー

リテールクーラーでは平均42.7度でしたが、SE-224-XTだと平均38.5度でした。

CPU負荷100%時(OCCT)のCPU温度

CPU負荷100%時(OCCT)のCPU温度(SE-224-XT)SE-224-XT

CPU負荷100%時(OCCT)のCPU温度(リテールクーラー)リテールクーラー

リテールクーラーでは平均99.7度でしたが、SE-224-XTだと平均75.7度でした。

BF5プレー時のCPU温度

BF5プレー時のCPU温度(SE-224-XT)SE-224-XT

BF5プレー時のCPU温度(リテールクーラー)リテールクーラー

リテールクーラーでは平均87.8度でしたが、SE-224-XTだと平均62度でした。

SE-224-XTとリテールクーラーの比較今までの検証結果をまとめてみました。SE-224-XTはリテールクーラーと比べると、PL無効化したcore i5 11400Fを大幅に冷やしています。

ファンの騒音

アイドル時の騒音(SE-224-XT)アイドル時の騒音

CPU負荷100%時の騒音(SE-224-XT)CPU負荷100%時の騒音

最後にファンの騒音を計測しました。アイドル時は47dBA前後でしたが、CPU負荷100%時は53dBA前後でした。

アイドル時のファン回転数(SE-224-XT)アイドル時のファン回転数

CPU負荷100%時のファン回転数(SE-224-XT)CPU負荷100%時のファン回転数

アイドル時のファン回転数の平均は903RPMでした。一方、CPU負荷100%時の平均は1513RPMでした。

SE-224-XT(SE-224-XTA)の良かったところと悪かったところ

良かったところ

・低価格なのに冷却性能は優れている
・小型なので取り回しが良い
・取り付けがしやすい(特にファンクリップ)
・ファンクリップが計4つ付属しているので、デュアルファンがやりやすい
・メモリの上方向への干渉がないので、背が高いメモリでも問題なく装着可能

悪かったところ

・ファンの回転数が全体的に高いため、ファンの音がかなりうるさい。特に高負荷時。

まとめ

今回の検証を通して、SE-224-XT(SE-224-XTA)の人気の理由が分かりました。低価格なのに冷却性能に優れ、しかも小型なので取り回しが良く、取り付けもやりやすい。まさに良いことだらけです。

特に自作PC初心者にはとても扱いやすいCPUクーラーだと感じました。

このSE-224-XT(SE-224-XTA)、コスパの高いCPUクーラーの代表格、虎徹 MarkⅡにも十分対抗できるCPUクーラーだと感じました。

低価格で冷却性能も追い求めているのなら、このSE-224-XT(SE-224-XTA)は間違いなくおすすめできます。

SE-224-XTA PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><パソコンSHOPアーク>

虎徹 MarkⅡのレビューはこちら↓。

超定番CPUクーラー虎徹 MarkⅡをレビュー。取り付け方法から性能検証まで
サイズの虎徹 MarkⅡは「CPUクーラー選びに迷ったとりあえず虎徹 MarkⅡを選べ」と言われるくらいの超定番CPUクーラーです。今回は虎徹 MarkⅡの取り付け方法を解説し、性能を検証します。
スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
CPUクーラーパソコン・自作PC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ