パソコン・自作PCマザーボード

MSI H510I PRO WIFIをレビュー!質実剛健なビジネス用Mini-ITXマザーボード

MSI H510I PRO WIFI

仕事用のミニPCを自作するために、インテルのH510チップセットを搭載した、Mini-ITXのマザーボードのMSI H510I PRO WIFIを購入しました。

主に外観と機能面に絞ってレビューしたいと思います。

モガ
モガ

Mini-ITXのマザーボードは小型ゆえに拡張性や機能性が劣っていますが、必要最低限のことしかやらないということであれば、正直問題ないと思っています。

スポンサーリンク

MSI H510I PRO WIFIをなぜ購入したのか?

MSI H510I PRO WIFIをなぜ購入したのか?MSI H510I PRO WIFIはインテル500シリーズのチップセットの中で最も下位に位置するH510を搭載している、MSIのMini-ITXのマザーボードです。

H510のマザーボードはインテル500シリーズの他のチップセットをつんだマザーボードよりも機能が制限されています。例えば、CPU、メモリのOCが出来ないなどです。

さらにH510I PRO WIFIは、Mini-ITXマザーボードなので、拡張性が劣っています。

 インテル500シリーズチップセットの違いについてはこちら

インテルのチップセット Z590、H570、B560、H510の違いについて解説
インテルのチップセットは、Z590、H570、H510、B560の違いは分かりづらいです。そこで今回、Z590、H570、H510、B560の違いについて解説し、また、どのチップセットがおすすめなのかも触れたいと思います。

じゃあ、なんでわざわざこのマザーボードを買ったのかと言うと、端的に言えば、小型の仕事用PCを作るためです。

自分の仕事はそこまで高度なことは必要としないので、それなりのスペックがあれば十分です。さらに無線LANでインターネットにつなぎたいので、WIFI搭載モデルを探していました。

自分の探している条件に合致したので、今回は、H510I PRO WIFIを購入しました。ちなみに組み合わせるCPUとグラボですが、Core i3-10105FGTX1650を予定しています。

 GTX1650のレビューはこちら

GDDR6を積んだGTX1650をレビュー!高コスパなグラボ
GTX1650はそこそこの性能、値段、消費電力で人気の高いグラボです。2020年4月ごろ、ビデオメモリがGDDR6に変更されたGTX1650がひっそりと発売されました。今回GDDR6を積んだGTX1650を購入したのでレビューしたいと思います。

MSI H510I PRO WIFIの仕様

基本スぺックチップセットINTEL H510
CPUソケットLGA1200
詳細メモリタイプDIMM DDR4
最大メモリー容量64GB
メモリスロット数2
ファームファクタMini-ITX
幅x奥行き170×170 mm
インターフェースPCI-Express 16X 1本
SATA4本
Serial ATASATA6.0G
M.2ソケット数1
M.2サイズM key:type 2280
DisplayPort数1
HDMIポート数1
USBUSB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x4
オンボード機能オンボードLAN10/100/1000/2500
オンボードオーディオRealtek ALC897

MSI H510I PRO WIFIの外観チェック


MSI H510I PRO WIFIの外観です。「マニュアル」、「ステッカー」、「I/Oパネル」、「SATAケーブル」、「ドライバCD」、「M.2をとりつけるためのネジ」そして、「アンテナ」が同梱されていました。


デザインは黒を基調としており、いかにも質実剛健といった印象です。


比較的巨大なヒートシンクもつけられています。


メモリスロットは2つです。


SATAは4つです。


PCI-Express 16Xスロットです。MSI独自のPCI-E Steel Armorが採用されています。金属製のカバーで覆われているので、重量級のグラフィックボードを装着しても破損の恐れがありません。


M.2のスロットです。インテル第11世代のCPUのRocket Lakeであれば、PCI Express 4.0で動作しますが、インテル第10世代のCPUだと、PCI Express 3.0で動作します。

自分が使う予定のCPUは、core i3 10105fで、インテル第10世代のComet Lakeなので、 PCI Express 3.0になるので、性能はフルに発揮できません。

アルミニウム製のヒートシンクである、M.2 Shield Frozrが採用されています。発熱しやすいM.2のSSDを冷却してくれます。

I/Oバックパネルです。左から「USB2.0」、「Displayport」、「HDMI」、「USB2.0」、「2.5GLAN」、「USB 3.2 Gen1 5Gbps(Type-A)」、「WIFI / Bluetooth」、「Line-In」、「Line-Out」、「MIC」です。


WIFIを使う際はアンテナを取り付けます。ちなみに最新規格であるWIFI6に対応しています。


Audio回路は分離されているので、ノイズを抑制し、よりクリアな音を楽しめます。ちなみにオーディオチップは、Realtek ALC897が採用されています。

まとめ

MSI H510I PRO WIFIはデザインも機能も正直地味ですが、ビジネス用途のPCということであれば、むしろこの地味さに好感が持てます。

500シリーズのMini-ITXのマザーボード自体数が少なく選択肢に乏しいですが、ビジネス用途ということであれば、このMSI H510I PRO WIFIを使って、仕事用PCを作ってみるのもいいかもしれません。

MSI H510I PRO WIFIをPCケースのMETIS PLUSに組み込んでみました。

小型でおしゃれなPCケースのMETIS PLUSをレビュー。組み立て方も解説
デスクの横に作業用PCを設置したいと思ったので、Mini ITXのPCケース、METIS PLUSを購入しました。今回はMETIS PLUSのレビューだけでなく、組み立て方も解説したいと思います。
Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
パソコン・自作PCマザーボード
スポンサーリンク
モガをフォローする
スポンサーリンク
モガラボ