Lenovo IdeaPad Duetをレビュー!格安chromebookの実力を検証

ideapad-duet

IdeaPad Duetはキーボード着脱式のタブレットとしても使える、2in1のノートPCです。windowsではなく、googleが開発したchrome osを搭載しています。

今回はIdeaPad Duetを購入したのでレビューしたいと思います。

モガ
モガ

IdeaPad Duetは実売価格3万円前後という格安のノートPCですが、果たして使い勝手はどうでしょうか?実力を検証したいと思います。

スポンサーリンク

chrome bookとは

chrome bookとはパソコンのOSと言えば、windowsやMacを思い浮かべる人が多いと思います。一方、chromebookは、google社が開発したOS、「chrome OS」を搭載したパソコンのことです。

スマートフォンで同じのOSのAndroidは実はgoogle社が提供しています。それもあってか、このchrome OSはandroidに酷似しています。

IdeaPad Duetの仕様

搭載OSChrome OS
CPUMediaTek Helio P60T(8コア、2.0Ghz、1MBキャッシュ)
グラフィックCPU内蔵(Arm Mali-G72 MP3)
メモリー4GB
eMMC64GB / 128GB
ディスプレイLEDバックライト付 10.1型 WUXGA IPS液晶 (1920×1200ドット、約1,677万色) 、光沢あり、マルチタッチ対応(10点)
外部ディスプレイ出力最大 1920×1080ドット、1677万色@30Hz(USB Type-C to DP接続時)
インターフェースUSB Type-C×1(DisplayPort出力機能付き、DC-in機能付き)
ワイヤレスIEEE 802.11ac/a/b/g/n
BluetoothBluetooth v4.2
スピーカーステレオスピーカー
本体寸法 (W×D×H)mmタブレット本体:約 239.8×159.8×7.35mm
キーボードとスタンドカバー装着時:約 244.9×169.3×18.2mm
本体質量(バッテリー・パックを含む)タブレット本体:約 450g
キーボードとスタンドカバー装着時:約 920g
使用時間約10.0時間
主な付属品ACアダプター、USBケーブル、キーボード、スタンドカバー、USB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル、マニュアル類
保証期間1年間

IdeaPad Duetの同梱物

IdeaPad Duetの同梱物
IdeaPad Duetの同梱物一覧です。一つずつ詳しく見ていきます。

キーボード
キーボードです。日本語配列で、タッチパッドもあります。

バックカバー(表面)バックカバー(表面)

バックカバー(裏面)バックカバー(裏面)

バックカバーです。本体に装着します。

本体(ディスプレイ面)本体(ディスプレイ面)

本体(裏面)本体(裏面)

本体です。裏面には強力なマグネットが埋め込まれており、バックカバーとくっつけます。

右サイドに各種スイッチ、インターフェースが配置
正面から見て、右サイドに各種スイッチ、インターフェースが配置されています。

ステレオスピーカー
上部にステレオスピーカーが配置されています。

ACアダプター5V/2A出力のACアダプターです。ケーブルはUSB Type-Cです。

USB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブルUSB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル

IdeaPad Duetの組み立て

IdeaPad Duetの組み立て
IdeaPad Duetを組み立てます。まず本体と背面カバーをくっつけます。磁石なので近づけるだけでピタッとくっつきます。固定力はかなりのものです。

本体側の接続箇所本体側の接続箇所

キーボード側の接続箇所キーボード側の接続箇所

本体側の接続箇所とキーボード側の接続箇所の位置を確認し、本体とキーボードをくっつけます。磁石なので近づけるだけで勝手にくっつきます。

本体とキーボードをくっつけた。
本体とキーボードをくっつけました。

完成
完成です。

背面カバーで角度をつける

ノートPCとして使用

ノートPCとして使いたいときは背面カバーを下半分を動かして角度をつけてたてかけます。

IdeaPad Duetのサイズ・重量

キーボード込みの重量は約946g
IdeaPad Duetのキーボード込みの重量は約946gです。

キーボードを外したタブレット状態だと、約685gキーボードを外したタブレット状態だと、約685gです。

横が約244.9mm、縦が約169.3mmサイズは横が約244.9mm、縦が約169.3mmです。

厚みは約18.2mm厚みは約18.2mmです。

IdeaPad Duetのディスプレイについて

IdeaPad Duetのディスプレイについて
IdeaPad Duetのディスプレイは、IPS液晶で解像度は1920×1200ドット、いわゆるWUXGAです。光沢液晶なので映り込みが激しいです。

非光沢のフィルムを貼る。個人的に光沢液晶は好きではないので、非光沢のフィルムを貼りました。映り込みは大分軽減されました。

視野角は十分広いIPS液晶ということなので、角度を変えて覗き込んでみました。色の変化は少なかったので視野角は十分広いと思います。

IdeaPad Duetのパフォーマンスについて

ベンチマーク

IdeaPad Duetのベンチマークを測ってみました。分かりやすいようにAndroidスマートフォンの楽天ハンドを比較対象にしました。

geek bench 5

geek bench(IdeaPad Duet)IdeaPad Duet

geekbench(rakuten hand)楽天ハンド

Single Core ScoreMulti Core Score
IdeaPad Duet3021413
楽天ハンド5691794

GEEK BENCH 5はスマホやPCなど様々なプラットフォームでパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。

IdeaPad Duetは楽天ハンドと比べると、シングル、マルチスコアともに負けています。

3DMARK Sling Shot

3DMARK Sling Shot(IdeaPad Duet)IdeaPad Duet

slingshot(rakuten hand)楽天ハンド

Overall Score
IdeaPad Duet1743
楽天ハンド3661

3DMARK Sling ShotはOpenGL 3.0 ESでフルHDの映像を処理する際の性能を測るベンチマークです。

IdeaPad Duetは楽天ハンドと比べると、かなりの大差で負けてしまいました。

オフィスソフト

googleドキュメントやgoogleスプレッドシートを実際に使いましたが、違和感は特になかったです。簡単な文章作成、表計算であれば、十分こなせると思います。

ネットサーフィン

chromeでネットサーフィンしてみましたが、読み込みにストレスは感じませんでした。

youtube再生

フルHDの動画を再生してみましたが、特に引っかかりもなく、スムーズに視聴できました。

ゲーム

PUBGモバイルと原神をプレーしてみました。快適に動作しているとは言い難いですが、一応プレーはできます。設定を落としてやれば、もっと快適に動くかもしれません。

IdeaPad Duetの良かったところ

低価格なのにキーボードが付属

IdeaPad Duetは低価格でありながら、キーボードが付属します。ipadだと純正キーボードの値段だけで、2万、3万円は当たり前なので、この価格はある意味、バーゲンセールです。

意外とサクサク動く

先ほどのベンチマークで分かる通り、搭載されているCPUは正直非力ですが、chrome OS自体がかなり軽いので、思ったよりもサクサク動く印象です。

ネットサーフィンや軽めの事務作業ならなんなくこなせます。

タブレット端末として使える

タブレット端末として使えるキーボードを外せば、自動的にタブレットモードに切り替わります。

Androidアプリが使える

Androidアプリが使用可能です。ただし、全てのAndroidアプリが使えるわけではないです。

IdeaPad Duetの悪かったところ

キーボードのエンターキーが小さい

キーボードのエンターキーが小さいIdeaPad Duetのキーボードは小型なので若干打ちづらいです。特に不満なのがエンターキーが小さいことです。

エンターキーは使用頻度が高いので、もう少し大きくしてくれれば、大分使い勝手は変わってくると思いました。

付属のキーボードが自分の手に合わないのなら、Bluetooth対応のキーボード等を代わりに使用してもいいかもしれません。

インターフェースが少ない

インターフェースが少ないインターフェースはUSB Type Cしかありません。そのため、USB Type-Aでは接続できません。

もし、USB Type-Aで接続したいのなら、USB Type CからUSB Type-Aに変換するアダプタが必須となります。

過度な負荷をかけると若干モッサリした動きを感じる

chromeのタブを過度に複数開いたり、youtubeで4K動画を再生したりすると、若干ですがカクツキを感じます。

一部対応していないコンテンツがある

一部対応していないコンテンツがあるyahooでのニュースで端末に対応していないという理由で、ニュース動画が再生されないものがいくつかありました。

また、Andoridアプリも一部対応していない、または動作が不安定なものがありました。例えば、ゲームのウマ娘をプレーしようとしたところ、タイトル画面でフリーズしてしまいました。

まとめ

IdeaPad Duetはイマイチな点もたしかにありますが、キーボードが付属で3万円前後というのはやはり破格の値段設定です。

スペックはお世辞にも優れているとは言えないですが、chrome OSのおかげでそれなりに動作します。使い道さえ間違えなければ、個人的にかなり使えると感じました。