パソコン・自作PCマザーボード

インテルのチップセット Z590、H570、B560、H510の違いについて解説

インテル

インテルの2020年8月現在、最新のチップセットは、Z590、H570、H510、B560です。ただ、これらの違いについて、分かりづらい点もあり、どのチップセットを搭載したマザーボードを買うべきか迷っている方も多いかと思います。

そこで今回、Z590、H570、H510、B560の違いについて解説し、また、どのチップセットがおすすめなのかも触れたいと思います。

モガ
モガ

CPUはすんなり決まっても、意外と迷うのがマザーボード選びです。後悔しないように、各チップセットの違いについて理解を深めることをおすすめします。

スポンサーリンク

インテルのチップセット500シリーズとは

intel チップセット500シリーズとはインテル第11世代Rocket Lake向けに投入されたのが、インテル500シリーズのチップセットです。500シリーズチップセットの主な特徴は以下の通りです。

・第11世代Rocket Lake及び第10世代Comet Lakeもサポート
・PCI Express 4.0をサポート
・CPUとチップセット間の接続がDMI 3.0×8に(Z590及びH570のみ。)
・Z590だけでなく、H570、B560でもメモリのオーバークロック(DDR4-3200まで)が可能に
・USB3.2 Gen2×2をサポート(H510を除く)
・Wifi 6Eをサポート
・Thunderbolt4をサポート

Z590、H570、B560、H510の違いについて

500シリーズチップセット比較表

インテル500シリーズのチップセットは、Z590、H570、H510、B560の4種類から構成されます。それぞれの違いについてまとめたのが下記の表です。

Z590H570B560H510
サポートCPUインテル第11世代Rocket Lake-S
インテル第10世代Comet Lake-S
ソケット形状LGA1200
PCI Express レーンの最大数2420126
PCI Expressポートの構成1×16+1×4
2×8+1×4
1×8+3×4
1×16+1×41×16
CPUの
オーバークロック対応
メモリのオーバークロック対応
USB 3.2 (20G)ポートの最大数3220
USB 3.1 (10G)の最大数10440
USB 3.0 (5G)の最大数10864
USB2.0の最大数14141210
SATA 6.0 Gb/s ポートの最大数6664
RAID構成(PCIe)0/1/5
RAID構成(SATA)0/1/5/10

500シリーズチップセットの特徴

H510

500シリーズのチップセットで最もグレードが低いのがH510です。

この500シリーズから最上位チップセット以外でもメモリのオーバークロックが可能になりましたが、このH510だけメモリのオーバークロックには対応していないので、注意が必要です。

また、唯一H510だけ、USB 3.2 (20G)やUSB 3.1 (10G)がないので、拡張性も劣っています。その分、全体的に価格は安いので、シンプルでコスパの良いパソコンを作りたいのなら、おすすめです。

H510と相性の良いCPU:Celeron、core i3など

amazonでH510マザーボードを探す
\対象のCPUと対応マザーボードのセット購入でさらに安く!/

 

MSI H510I PRO WIFIをレビュー!質実剛健なビジネス用Mini-ITXマザーボード
仕事用のミニPCを自作するために、インテルのH510チップセットを搭載した、Mini-ITXのマザーボードのMSI H510I PRO WIFIを購入しました。主に外観と機能面に絞ってレビューしたいと思います。

B560

H510はメモリのオーバークロック、USB 3.2 (20G)やUSB 3.1 (10G)に非対応でしたが、このB560はそれらにはしっかり対応しています。

CPUのオーバークロック、そしてRAIDには非対応ですが、それらに興味がないのであれば、このB560でも十分満足できるスペックは持っています。

B560マザーは商品数もそこそこ多いだけでなく、コストパフォーマンスに優れてるモデルも多いです。

B560と相性の良いCPU:core i5など

amazonでB560マザーボードを探す
\対象のCPUと対応マザーボードのセット購入でさらに安く!/

 

MSI B560M BAZOOKAをレビュー!ミリタリー色が強いマザーボード
インテルのCorei5-11400Fを購入したので、それに合わせる形で、B560チップセット搭載のMicro-ATXマザーボード、msiのB560M BAZOOKAを購入しました。ここでは主に機能面とデザイン面を中心にレビューしたいと思います。

H570

H510、B560はRAIDには非対応ですが、H570はRAIDに対応しています。しかも、SATAだけでなく、NvMeでもRAIDが出来ます。

H570マザーは、B560マザーより価格が若干高いモデルも多いですが、B560と同じくコストパフォーマンスに優れてるモデルが多いです。

なるべく価格を抑えたいけど、RAIDをしたいというなら、このH570マザーが候補に入ってきます。ただ、H570マザーは商品数が少ないので、選択肢は少ないです。

H570と相性の良いCPU:core i5など

amazonでH570マザーボードを探す
\対象のCPUと対応マザーボードのセット購入でさらに安く!/

Z590

500シリーズのチップセットの最上位に位置するのがこのZ590です。Z500シリーズの機能がほぼ全て使えますし、唯一CPUのオーバークロックに対応しています。

USBポートの数も圧倒的に多いので、拡張性が非常に高いです。ただ、その分全体的に価格が高いモデルが多いです。

Z590と相性の良いCPU:core i7、core i9など

amazonでZ590マザーボードを探す
\対象のCPUと対応マザーボードのセット購入でさらに安く!/

どのチップセットがおすすめ?

どのチップセットがおすすめなのか、正直個々やりたいことが異なるので、はっきりとは言えないです。ただ、チップセットによって、出来ること、出来ないことははっきりしています。

自分のやりたいことをまずは明確化してから、チップセットを選ぶことをおすすめします。

とりあえず、皆さんがやりたいだろうと思われることを仮に明示し、そのうえで、おすすめのチップセットを紹介します。

CPUのオーバークロックをしたい

CPUのオーバークロックをしたいのなら、Z590一択です。というのも、500シリーズのチップセットのなかで、CPUのオーバークロックに対応しているのは、Z590だけだからです。

機能性を求めたい

機能性を求めたいのなら、Z590一択です。Z590はPCI Expressのレーン数も24あるので、拡張カードを多く使う場合も安心です。またUSBの最大数も多いです。

また、Z590はマザーボードメーカー各社、フラッグシップとして最も力を入れています。

そのため、他のチップセットを積んだマザーボードより豪華な仕様になっており、結果的に機能性に優れたマザーボードになる場合が多いです。

例え、オーバークロックをする予定がなくても、機能性を求めているなら、Z590を選んだ方が後悔は少ないと思います。

とにかくコスパを追い求めたい

とにかくコスパを求めているのなら、B560一択です。もっとも低いグレードにH510がありますが、現状B560と比べて、極端に安いとは言えません。

大して値段が変わらないのなら、様々な機能が削減されたH510を選ぶより、B560を選んだ方がマシということです。

また、B560はメモリのオーバークロックにも対応しています。一方、H510は対応していません。

メモリのオーバークロックでゲームのパフォーマンスは大きく向上できるので、ゲーマーはH510よりB560を選ぶべきです。

B560の1つ上のグレードにH570もありますが、これに関してはRAIDをするつもりがないのなら、H570を選ぶ必要性はあまりありません。

おすすめのマザーボードを紹介

最後に自分がおすすめするマザーボードをZ590、B560からそれぞれ1つずつ紹介します。

MSI MAG Z590 TORPEDO


Z590の中でも、性能の割に値段が安い、いわゆるコスパの良いゲーミングマザーボードです。MSI MAG Z590 TORPEDOは、いわゆる、MAG Z590 TOMAHAWK WIFIの有線版といえる存在です。

デザインや機能性はほぼ同じで、唯一の違いがLANの違いです。ただ、有線でつなぐのであれば、MSI MAG Z590 TORPEDOで十分かと思われます。

MSI MAG Z590 TORPEDOの値段は、MAG Z590 TOMAHAWK WIFIよりも安いからです。

Z590を選ぶ人は大抵オーバークロックを目的としているので、電源フェーズ数が気になるかと思います。MSI MAG Z590 TORPEDOの電源回路は、兄弟モデルのMAG Z590 TOMAHAWK WIFIと同じ、14+2+1フェーズなので安定感も高いです。

なるべくコストを抑えつつ、性能の良いゲーミングマザーボードを探しているのなら、このMSI MAG Z590 TORPEDOはおすすめです。

MSI MAG B560M BAZOOKA


堅実な作りが売りの低価格ゲーミングマザーです。MSI MAG B560M BAZOOKA派手な機能は持たず、B560マザーとしては標準的な仕様となっています。

ただ、巨大なVRMヒートシンクやM.2のヒートシンクなど、冷却対策も力を入れています。自分も所有していますが、かなりの熱を持つ、PL解除したcore i5 11400Fを何のトラブルもなく、運用できています。

B560マザーのなかで、コスパも良く、性能、機能性もそこそこというマザーボードを探しているのなら、このMSI MAG B560M BAZOOKAはおすすめできます。

MSI MAG B560M BAZOOKAについてはこちら

MSI B560M BAZOOKAをレビュー!ミリタリー色が強いマザーボード
インテルのCorei5-11400Fを購入したので、それに合わせる形で、B560チップセット搭載のMicro-ATXマザーボード、msiのB560M BAZOOKAを購入しました。ここでは主に機能面とデザイン面を中心にレビューしたいと思います。

 core i5 11400Fについてはこちら

core i5-11400Fをレビュー!PL無効化で性能が化けるコスパ最強CPU
第11世代インテルCPU、Rocket Lake-Sのcore i5-11400Fは素晴らしいコスパに優れたCPUですが、性能を最大限に発揮するためにはややこしい設定をする必要があります。その辺りも記事で掘り下げつつ、レビューしたいと思います。

まとめ

Z590、H570、H510、B560の違いは分かりづらく、はっきり言って、初心者泣かせだと思います。

まずは自分がやりたいことを明確化し、それをもとにして、チップセットを選べば、失敗するリスクは減ると思います。