ARGB対応ファンAJ120をレビュー!ARGB非対応マザーボードで光らせる!

JUPITER AJ120

アドレサブルRGB対応のLEDファンである、INWINのJUPITER AJ120をアドレサブルRGB非対応マザーボードのZ370 GAMING PLUSに取り付けて、ファンを光らせることが出来るのか、検証してみました。

モガ
モガ

単なるレビューだけではなく、配線方法についても解説しています。自分と同じ、アドレサブルRGB非対応マザーボードでアドレサブルRGB対応のLEDファンをつけたいと思っている方は今回の記事は参考になると思います。

スポンサーリンク

Z370 GAMING PLUSはアドレサブルRGBに非対応

Z370 GAMING PLUSはアドレサブルRGBに非対応現在のRGBファンはアドレサブルRGBに対応しているものが主流です。しかし、アドレサブルRGBファンを使うには、マザーボード側で、3ピンのアドレサブルヘッダー(アドレサブルRGB LED ヘッダー)が必須になります。

しかし、自分の使っているマザーボードのZ370 GAMING PLUSは少し古く、アドレサブルヘッダーがついていません。

代わりに4ピンのRGB LEDストリップヘッダーはあります。つまり、RGB LEDに対応したLEDファンであれば、つけられます。

ただ、近い将来、3ピンのアドレサブルヘッダーがついているマザーボードに換装予定なので、RGB LEDのファンではなく、アドレサブルRGBに対応したLEDファンが欲しかったです。

JUPITER AJ120はアドレサブルRGB非対応マザーボードでも使える

JUPITER AJ120はアドレサブルRGB非対応マザーボードでも使えるそこで、アドレサブルRGB非対応マザーボードでも使える、アドレサブルRGBのLEDファンを探すことになったのですが、そこで見つけたのが今回紹介する、INWINのJUPITER AJ120です。

購入したのはファンが3つ入っているセットのものです。単品販売もありますが、この3つセットのものであれば、専用のコントローラーが付属し、それを使えば、アドレサブルRGB非対応マザーボードでも使えるとのことです。

なぜこの製品を選んだのかとうと、INWINという信頼のあるメーカーのものだということと、3個セットのアドレサブルRGBのLEDファンとしては最安クラスだったからです。

ちなみに自分は120mmファンのAJ120を購入しましたが、140mmファンのJUPITER AJ140というモデルもあります。

なお、ファンではなく、リング部分だけが光る、Sirius Loop ASL120というものもあります。派手なのが嫌いな方は、こちらもおすすめです。

JUPITER AJ120の仕様

製品名シングルパックIW-FN-AJ120-1PK
トリプルパックIW-FN-AJ120-3PK
ファンサイズ120 x 120 x 25mm
素材PBT, PC
定格電圧DC 12V
定格出力2.4W
定格電流0.20A
アドレス指定可能 RGBの定格電圧DC 5V
アドレス指定可能 RGBの定格電力1.1W
アドレス指定可能 RGBの定格電流0.22A
スピードモードPWM 500~1800 RPM
空気の流れ70.32 CFM
空気圧2.62mm/ H2O
LEDアドレス指定可能 RGB
ファンコネクター4-Pin
雑音レベル35 dB(A)
ベアリングの種類耐用年数の長いスリーブベアリング
MTBF>30,000 時間
重量シングルパック200g
トリプルパック600g
created by Rinker
IN WIN Development
¥1,098(2021/06/13 12:35:10時点 Amazon調べ-詳細)

JUPITER AJ120の外観、同梱物チェック

JUPITER AJ120の外観、同梱物チェック
JUPITER AJ120の同梱物一覧です。それぞれ見ていきます。

防振ゴム
防振ゴムです。シールになっているので、ファンに取り付けます。

ネジ
取り付ける際に使うネジです。

コントロールボックス
コントロールボックスです。ボタンがあり、ここでファンの光らせ方を変更できます。SATA電源ケーブルがついています。

磁石裏側は磁石が貼られています。

アドレサブルヘッダーまた、横には3ピンのアドレサブルヘッダー(オス)があります。

羽が光るので、透けている
ファンです。このAJ120は羽が光るので、透けています。今回は3個セットのを購入したので、子のファンが3つあります。

4ピンのファンケーブルが2本と、3ピンのアドレサブルヘッダーのケーブルが2本
1つのファンには4ピンのファンケーブルが2本(オス、メス)と、3ピンのアドレサブルヘッダーのケーブルが2本(オス、メス)がついています。

JUPITER AJ120の取り付け

JUPITER AJ120の取り付けJUPITER AJ120の本格的な取り付けに入る前に、まずファンに防振ゴムを取り付けます。

数珠つなぎで接続
今回は3つセットのものなので、まずはこれらを数珠つなぎで接続する必要があります。

ファンケーブルをつなぎ合わせる3つのファンのファンケーブルをつなぎ合わせます。

アドレサブルヘッダーのケーブルをつなぎ合わせる3つのファンのアドレサブルヘッダーのケーブルをつなぎ合わせます。

ファンケーブルをマザーボードのファンコネクタに接続3つのファンのうち、1つのファンから出ている、ファンケーブルをマザーボードのファンコネクタに接続します。

アドレサブルヘッダーのケーブルをコントロールボックスに接続
3つのファンのうち1つのファンから出ている、アドレサブルヘッダーのケーブルをコントロールボックスに接続します。

SATAケーブルを接続コントロールボックスのSATAケーブルを接続します。これで接続は完了です。

JUPITER AJ120の光り方検証

JUPITER AJ120をPCケースに組み込み前に一旦光り方をチェックします。光り方は全部で14種類あり、コントロールボックスのボタンで切り替えます。ボタン長押しでLEDライトのオン/オフが出来ます。

Rainbow

Rainbow

LED-Red

LED-Red

LED-Green

LED-Green

LED-Blue

LED-Blue

LED-Purple

LED-Purple

LED-White

LED-White

Light at the endof the Tunnel

Light at the endof the Tunnel

Two-Tone Ring

Two-Tone Ring

Diagonal Transition

Diagonal Transition

Rotating LED Trio

Rotating LED Trio

Full Circle

Full Circle

Flow-Red

Flow-Red

Flow-Green

Flow-Green

Flow-Blue

Flow-Blue

JUPITER AJ120をPCケースに取り付けてみた

JUPITER AJ120をPCケースに取り付けてみた
JUPITER AJ120をPCケースに組み込んでみました。自分の使っているPCケースは以前レビューした黒鴉です。分かりやすくするために、フロントパネルをあえて外しています。かなり派手な印象です。

コントロールボックスの置き場所に困る
ただ光らせ方を頻繁に変えたい場合、コントロールボックスをPCケースの外に出さないといけないです。今現在はコントロールボックスの置き場所に困っています。

コントロールボックスはマグネットでくっつく
幸い、コントロールボックスはマグネットでくっつくので、それをうまく活用したいと思います。

まとめ

アドレサブルRGB対応のLEDファン、JUPITER AJ120は、アドレサブルRGB非対応マザーボードでも無事使えました。

ただし、光らせ方を変えるには、イチイチコントロールボックスが必要になるので、その辺りはやはり不便です。

コントロールボックスを使わず、光らせ方を変えるためには、結局は、アドレサブルRGB対応のマザーボードが必須になるので、いつかまた、マザーボードの買い替えをしたいと思います。

created by Rinker
IN WIN Development
¥1,098(2021/06/13 12:35:10時点 Amazon調べ-詳細)

JUPITER AJ120のレビュー動画はこちら↓