【2024年6月更新】ゲーミングPC最新セール情報

BTOショップ「MDL.make」の特徴・評判について解説!おすすめモデルも紹介

MDL.make

MDL.makeは設立間もないBTOショップですが、業界最安値といえるくらいの驚異的な安さで、徐々に知名度を上げています。

ただ、知名度ではさすがに他の大手BTOショップに劣るので、どういう特徴があるのか知らない方も多いのではないででしょうか?

今回の記事ではMDL.makeの特徴について解説し、最後におすすめのモデルも紹介します。

目次

MDL.makeとは?

MDL.makeとは?
引用:MDL.make公式サイト

MDL.makeはメタデータラボ株式会社が運営しているBTOショップです。個人経営ではなく、法人が運営しています。

MDL.makeは、2023年6月24日にサービスを開始したので、新興のBTOショップといえます。

オンラインショップのみということで実店舗は存在しなかったり、Tiktokの宣伝に力を入れて、積極的にコミュニケーションをはかったりと、他社のBTOショップとは異なる特徴を持っています。

そして、最大の特徴が安さです。円安でゲーミングPCが値上がりしている中で、様々な工夫により、業界でもトップクラスの安さを実現しています。

MDL.makeのBTOパソコンの特徴

業界トップクラスの安さ

「MDL.make」の販売しているゲーミングPCはとにかく安いです。その安さはまさに業界トップクラスといえます。

安さの理由としては以下の3点があげられます。

  • オンラインショップのみで実店舗は存在せず、店舗の運営費がかからない。
  • 電源やファンなど、コストのかからない自社パーツを一部採用。
  • 分割手数料無料はしていない。(※分割手数料無料にするとPC本体の価格に上乗せされるため)

実際にこの安さはまぎれもなく事実で、他社の同一のスペックのモデルと比較したら、MDL.makeの安さは際立っています。

モデル名価格CPUGPUメモリストレージ
MDL_T5746136,800円Ryzen7 5700XRTX 406016GB1TB
某社のモデル158,980円Ryzen7 5700XRTX 406016GB1TB
某社のモデル169,800円Ryzen7 5700XRTX 406016GB1TB
※価格は2024年5月現在

もちろん、安いからといっても保証が手薄いというわけではなく、初期不良が起こった時の交換保証、パーツが原因で不具合が起こった時のセンドバック保証(1年間)もしっかりついてきます。

充実した保証内容

下記のように保証はかなり充実しています。

  • 商品到着後、1年間のセンドバック保証
  • 配送時の衝撃による故障、パソコンの初期不良には全額保証
  • MDL.make公式LINEでのアフターサポート(9:00~24:00 / 年中無休)
  • 将来的なカスタマイズ、修理などの購入者割引

このように保証内容は他社並みに充実しています。LINEという縛りはありますが、アフターサポートが年中無休で24:00まで対応しているので、初心者の方にはありがたいのではないでしょうか?

LINEで事前相談が可能

LINEで事前相談が可能です。例えば、フォートナイト、APEXを快適にプレーできるPCが欲しいと相談したら、適切なモデルを教えてくれます。

実際、LINEで自分も質問しましたが、真摯に相談にのってくれました。まずは、購入前に気軽に相談してみるのもいいかもしれません。

SNSでの発信が活発

TikTokの「MDL.make」専用アカウントにて、積極的な情報発信をしています。フォロワーの数も5万人を超えており、かなりの規模です。

発信内容も役立つゲーミングPCの豆知識だけでなく、質問に対しても丁寧に返信しています。LINEで質問するのに抵抗があるのであれば、TikTokから質問してもいいかもしれません。

MDL.makeのBTOパソコンの評判について

SNSをチェックしてみると、「MDL.make」のゲーミングPCを購入している口コミを見ることができます。自分が見た限りではそこまで悪い意見はなかったです。

ただ、新興メーカーということで口コミ自体の数が少ないです。口コミを参考にするのであれば、もう少し期間が経ってからのほうが参考になるかと思います。

MDL.makeのブランドについて

MDL.makeが展開しているブランド

MDL.makeが展開している主なブランドは下記のように主に6種類に分類できます。

ブランド名特長
大特価セールモデルいわゆる期間限定セールのことです。通常販売しているモデルですら、十分安いのに、この大特価セールモデルはさらに安くなっています。ただし、セール期間が決まっているのと、セール対象モデルが少ないというデメリットがあります。
コスパ重視モデルその名の通り、出来るだけ価格を抑えたモデルのことです。見た目などの装飾はなく、とにかく安いモデルが欲しいという方におすすめです。
翌日出荷モデルコスパ重視モデルの中から、出荷が早くなるモデルを厳選しています。すぐにパソコンが欲しい方におすすめです。
ゲーミングPCスターターセットパソコン本体に加えて、モニター、キーボード、マウス、マウスパッド、ヘッドセット一式がセットになったモデルです。周辺機器の購入が面倒という方におすすめです。
黒色×LEDモデル黒色のケースとLEDファンという組み合わせのモデルです。とにかく見た目の派手さを求めている方におすすめです。ケースは様々な種類から選ぶことができます。
白色×LEDモデル白色のケースとLEDファンという組み合わせのモデルです。とにかく見た目の派手さを求めている方におすすめです。ケースは様々な種類から選ぶことができます。
モガ

これ以外にもメモリの標準搭載量が32GBになった、「配信者向けモデル」も存在しますが、他のモデルでもメモリの増設は可能なので今回は省きました。

MDL.makeのおすすめモデルを紹介

MD4655

MDL_LI74070S
スペック
CPURyzen 5 5500
GPURTX 4060
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格109,800円+送料0円

MDL.makeの「MD4655」はRyzen 5 5500×RTX 4060のゲーミングPCです。

「Ryzen 5500」は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。APUのRyzen 5 5600Gから内蔵GPUをなくしたバージョンと言える存在です。

そのため、L3キャッシュの量が少ないというデメリットはありますが、RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどありません。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

S100 TG

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MD4655のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
標準のストレージ容量が500GB
M.2 NVMe SSDの増設はできない
L3キャッシュの量が少ないのでゲーム性能が若干低い

MDL_T5746

MDL_LI74070S
スペック
CPURyzen 7 5700X
GPURTX 4060
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット1基(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格126,800円+送料0円

MDL.makeの「MDL_T5746」はRyzen 7 5700X×RTX 4060のゲーミングPCです。

「Ryzen 5 5700X」は8コア16スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、極端な性能不足を感じることはほとんどないです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットは1基のみです。空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

S100 TG

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MDL_T5746のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
標準のストレージ容量が500GB
M.2 NVMe SSDの増設はできない

MDL_LI74070S

MDL_LI74070S
スペック
CPUCore i7-13700KF
GPURTX 4070 SUPER
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(増設は可能)
マザーボードB760 (Micro ATX)
電源750W 80PLUS BRONZE
価格239,800円+送料0円

MDL.makeの「MDL_LI74070S」はCore i7-13700KF×RTX 4070 SUPERのゲーミングPCです。

「Core i7-13700KF」はインテル第13世代のCore i7です。Pコア8、Eコア8の16コア24スレッドという強力なマルチスレッド性能があり、さらにシングル性能も高いです。

RTX 4070 SUPERあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、極端な性能不足を感じることはほとんどないです。

CPU性能も十分高く、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は優秀です。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、B760チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは不明ですが増設は可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

S100 TG

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MDL_57KPのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
クリエイティブ性能が強い
PCケースを選べる
M.2 NVMe SSDの増設は可能
標準のストレージ容量が500GB
あわせて読みたい
【2024年6月】ゲーミングPC最新セール情報まとめ【おすすめ】 ゲーミングPCの価格は近年高騰しつづけています。10万円を超えるのは当たり前で、中には30万円、40万円を超える高額なモデルも当たり前のように登場しています。 ただ、...

まとめ

MDL.makeの安さは半端なく、とにかく価格を重視しているのであれば、見逃せないBTOショップとなっています。

知名度のなさにより、信頼性に疑問を持っている方もいるかもしれませんが、法人が運営し、さらに他社と同じくらい保証もしっかりしているので、安心してゲーミングPCを購入することができます。

目次