パソコン・自作PCマザーボード

MSI B560M BAZOOKAをレビュー!ミリタリー色が強いマザーボード

B560M-BAZOOKA

インテルのCorei5-11400Fを購入したので、それに合わせる形で、B560チップセット搭載のMicro-ATXマザーボード、MSIのB560M BAZOOKAを購入しました。ここでは主に機能面とデザイン面を中心にレビューしたいと思います。

モガ
モガ

ミリタリー色が強いデザインなので、一目見て気に入ってしまいました。最近のマザーボードのデザインの良さには感心してしまいます。

スポンサーリンク

MSI B560M BAZOOKAとは


B560M BAZOOKAはインテル第10世代、第11世代CPUに対応した、B560チップセット搭載のMicro-ATXマザーボードです。価格は約1万5千円ほどで、中間グレードのマザーボードになります。

デザインはミリタリー色が強く、派手さと無駄な機能を省いている、MAGシリーズに属しています。

 インテル500シリーズチップセットの違いについてはこちら

インテルのチップセット Z590、H570、B560、H510の違いについて解説
インテルのチップセットは、Z590、H570、H510、B560の違いは分かりづらいです。そこで今回、Z590、H570、H510、B560の違いについて解説し、また、どのチップセットがおすすめなのかも触れたいと思います。

MSI B560M BAZOOKAの仕様

基本スぺックチップセットINTEL B560
CPUソケットLGA1200
詳細メモリタイプDIMM DDR4
最大メモリー容量128GB
メモリスロット数4
ファームファクタMicroATX
幅x奥行き244×244 mm
インターフェースPCI-Express 16X 1本
PCI-Express 1X2本
SATA6本
Serial ATASATA6.0G
M.2ソケット数2
M.2サイズM key:type 2242/2260/2280
DisplayPort数1
HDMIポート数1
USBUSB3.2 Gen2 Type-Ax2
USB3.2 Gen1 Type-Ax2
USB2.0x4
オンボード機能オンボードLAN10/100/1000/2500
オンボードオーディオRealtek ALC897

MSI B560M BAZOOKAの開封、同梱物チェック

msi B560M BAZOOKAの開封、同梱物チェック
B560M BAZOOKAの本体を除いた同梱物一覧です。「マニュアル」、「ステッカー」、「I/Oパネル」、「SATAケーブル」、「ドライバCD」、「M.2をとりつけるためのネジ」が同梱されていました。

同梱物の中で特に気になったのがこのステッカーです。なんとマザーボードのヒートシンクにつけるためのステッカーです。マザーボードの中にステッカーがついてくるのは何度もみましたが、ヒートシンクにつけるタイプは初めてみました。


本体です。

MSI B560M BAZOOKAの外観チェック


全体像です。ミリタリー色が強いデザインです。渋めな色が使われており、見ていて飽きがこないです。Micro-ATXマザーなのでかなり小ぶりです。


マザーボード右下のチップセット用ヒートシンクと、M.2用ヒートシンクもデザインが似ています。

VRMヒートシンクです。Micro-ATXマザーなので、ヒートシンクの巨大さが目立っています。7w/mkのサーマルパッドが採用されています。

5+2+1フェーズ、合計8フェースの電源回路を搭載しています。

ヒートシンクは一枚一枚フィンが出ていて、放熱しやすいように特殊な形状になっています。

バックのインターフェースです。左から「PS/2コネクタ」、「USB2.0×2」、「DisplayPort」、「HDMI、USB 3.2 Gen 2 10Gbps Type-A×2」、「2.5G LANポート」、「USB 3.2 Gen 1 5Gbps Type-A×2」、「オーディオコネクター」です。

DDR4メモリスロットは4つ用意されています。5066までのOCメモリに対応しています。

PCI-Express 16Xスロットには、PCIeスチールアーマーが採用されています。安定性、強度が増し、接続されているビデオカードを保護します。ちなみにPCIe4.0に対応しています。

PCI-Express 1Xスロットは2つあります。

M.2は2基搭載できます。CPUに一番近いM.2スロット(赤色の囲ったところ)はPCIe 4.0×4、もう一つのM.2スロット(緑色の囲ったところ)はPCIe 3.0×4です。

ちなみにCPUに一番近いM.2スロットは、第11世代のインテルCPU使用時のみ使えます。第10世代のインテルCPU使用時は使えません。

しかし、このB560M BAZOOKAの場合、第10世代のインテルCPU使用時でも、CPUに一番近いM.2スロットが使用可能になります。その際はPCIe 3.0×4で動作します。

PCIe 4.0×4のM.2スロットには、MSI独自のSSDヒートシンク「M.2 Shield Frozr」が設置されています。M.2の熱によるパフォーマンス低下を防ぎます。


「M.2 Shield Frozr」の裏にはサーマルパッドが貼り付けられています。


マザーボード下部には内部USB2.0ヘッダーが2つ、内部USB3.0ヘッダーが1つあります。


高品質なオーディオコンデンサを採用し、また、オーディオ回路は電気的に絶縁されているのでノイズにも強いです。

まとめ

今回は、MSI B560M BAZOOKAの外観を中心にレビューしてみました。また別記事にて、corei5 11400Fと組み合わせて、どれくらいのパフォーマンスが出せるのか検証したので、興味があればぜひそちらの記事もチェックしてみてください。

core i5-11400Fのレビューはこちら↓

core i5-11400Fをレビュー!PL無効化で性能が化けるコスパ最強CPU
第11世代インテルCPU、Rocket Lake-Sのcore i5-11400Fは素晴らしいコスパに優れたCPUですが、性能を最大限に発揮するためにはややこしい設定をする必要があります。その辺りも記事で掘り下げつつ、レビューしたいと思います。