パソコン・自作PCストレージ

PNY XLR8 CS3030 1TBをレビュー!PCIe 3.0 NVMe SSD最速クラス

PNY XLR8 CS3030 1TB
スポンサーリンク
banner

PNYのPCIe 3.0 NVMe SSD、「XLR8 CS3030」の1TBモデルをレビューします。

公称値の読み込み速度は3,500MB/s、書き込み速度は3,500MB/sと、PCIe 3.0最速クラスのNVMe SSDの性能を掘り下げてみたいと思います。

PNY XLR8 CS3030とは

PNY XLR8 CS3030とは「PNY XLR8 CS3030」は、PNY Technologyより販売されているExpress 3.0(x4)接続のエントリークラスのNVMe M.2 SSDです。Express 4.0(x4)接続のよりハイエンドのXLR8 CS3040が別途存在します。

「XLR8 CS3030」シリーズ
型番M280CS3030-250-RBM280CS3030-500-RBM280CS3030-1TB-RBM280CS3030-2TB-RBM280CS3030-4TB-RB
インターフェースPCI Express 3.0(x4)
容量250GB500GB1TB2TB4TB
連続読み取り3,500MB/s3,500MB/s3,500MB/s3,500MB/s3,500MB/s
連続書き込み1,050MB/s2,000MB/s3,000MB/s3,000MB/s3,100MB/s
動作温度0°C~70°C
MTBF2,000,000時間
耐久性 (書き込みバイト総数)170TB170TB360TB660TB6070TB
保証 / サポート5年
参考価格
※2022年12月12日現在
5,980円10,004円9,998円27,500円92,459円

「PNY XLR8 CS3030」の容量ラインナップは、250GB、500GB、1TB、2TB、4TBの5モデルです。

公称転送速度は、250GBモデルがシーケンシャル読込3,500MB/s、書込1,050MB/s、500GBモデルがシーケンシャル読込3,500MB/s、書込2,000MB/s、1TBモデルと2TBモデルがシーケンシャル読込3,500MB/s、書込3,000MB/s、4TBモデルがシーケンシャル読込3,500MB/s、書込3,100MB/sです。

全モデル共通で、200万時間のMTTF、5年間の保証が提供されます。

PCIe SSD Toolbox and Firmware Updaterまた、ファームウェアのアップデートなど、各種管理が行える「PCIe SSD Toolbox and Firmware Updater」が使用可能です。

PNY XLR8 CS3030 1TBの外観をチェック

表面表面

裏面裏面

裏面には一切チップ等が載っていない、いわゆる片面実装モデルになります。ノートPCや小型ベアボーンに搭載しても、干渉の心配がありません。

表面シールを剥がす表面シールを剥がしてみました。DRAMキャッシュが1つ、メモリコントローラーが1つ、NANDメモリが4つあります。

シールを剥がすと保証が切れるので決して真似をしないでください! 

メモリコントローラーは、PHISON製の「PS5012-E12」メモリコントローラーは、PHISON製の「PS5012-E12」です。

NANDメモリは「CABBG64A0A」NANDメモリの刻印を見ると、「CABBG64A0A」という型番が見えます。調べてみると、YMTC製64層 3D TLCみたいです。このNANDメモリは計4つ搭載されています。DRAMキャッシュは「SCB13H2G160」DRAMキャッシュの刻印を見ると、「SCB13H2G160」という型番が見えます。調べてみると、UnilC製DDR3メモリみたいです。

PNY XLR8 CS3030 1TBのパフォーマンス検証

テスト環境

テスト環境
ここからは、実際に「PNY XLR8 CS3030 1TB」をパソコンに組み込んで、パフォーマンスを検証していきます。

Crystal Disk InfoCrystal Disk Infoで、対応転送モードでPCI Express 3.0(x4)接続になっていることを確認しました。

テスト環境は以下の通りです。

テスト機のスペック
CPUcore i7-12700
レビュー記事
CPUクーラーAK400
レビュー記事
CPUグリスMX-4 4g
マザーボードMSI PRO B660M-A
レビュー記事
メモリW4U2666CX1-16G ×2
ビデオカードRTX 3060 Ti
レビュー記事
ストレージXLR8 CS3030 1TB
KINGSTON SSD NV2 2TB
Crucial P2
電源ユニットV750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP
OSWindows 11 Home
PCケースSMZ-2WBT-ATX
レビュー記事
ディスプレイEW2780U
レビュー記事
ドライバ522.25

CrystalDiskMark 8.0.4

CrystalDiskMark 8.0.4PNY XLR8 CS3030 1TBのシーケンシャルリードは約3,440 MB/s、シーケンシャルライトは約3,002 MB/sと、公表スペックと同等の性能が出ました。

この数字はExpress 3.0(x4)接続最速といわれているCrucial P3とほぼ同等です。

また、ランダムリードは約2,812 MB/s、ランダムライトは約2,964 MB/sでした。

CrystalDiskMark(シーケンシャルリード、シーケンシャルライトを比較)
シーケンシャルリード、シーケンシャルライトを比較すると、PNY XLR8 CS3030 1TBは同じエントリークラスのPCIe 3.0 NVMe SSDの「Crucial P2 1TB」を上回りました。

CrystalDiskMark(ランダムリード、ランダムライトを比較)
ランダムリード、ランダムライトを比較すると、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」も上回りました。

TxBENCH

TxBENCHPNY XLR8 CS3030 1TBのシーケンシャルリードは約3,296 MB/s、シーケンシャルライトは約3,006 MB/sでした。

また、ランダムリードは約2,670 MB/s、ランダムライトは約2,862 MB/sでした。

TxBENCH(シーケンシャルリード、シーケンシャルライトを比較)
シーケンシャルリード、シーケンシャルライトを比較すると、PNY XLR8 CS3030 1TBは同じエントリークラスのPCIe 3.0 NVMe SSDの「Crucial P2 1TB」を上回りました。

TxBENCH(ランダムリード、ランダムライトを比較)ランダムリード、ランダムライトを比較すると、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」も上回りました。

PassMark PerformanceTest DISK MARK

PassMark PerformanceTest DISK MARKPNY XLR8 CS3030 1TBのシーケンシャルリードのスコアは3393、シーケンシャルライトのスコアは2991でした。総合スコアは33499でした。

PassMark PerformanceTest DISK MARKの総合スコアを比較総合スコアを比較すると、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」も上回りました。

Blackmagic Disk Speed Test

Blackmagic Disk Speed Test
PNY XLR8 CS3030 1TBのリードは約2898 MB/s、ライトは約2771 MB/sでした。

Blackmagic Disk Speed Testを比較
リード、ライトを比較すると、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」も上回りました。

AS SSD Benchmark 2.0.7316.34247

AS SSD Benchmark 2.0.7316.34247PNY XLR8 CS3030 1TBのリードのスコアは2302、ライトのスコアは3332でした。総合スコアは6814でした。

AS SSD Benchmark 2.0.7316.34247を比較リード、ライト、総合スコアを比較すると、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」も上回りました。

Compression-Benchmark「Compression-Benchmark」の結果を確認すると、PNY XLR8 CS3030 1TBは読み込み、書き込みともに公表スペック内の間で常に変動している印象です。

ただ、読み込み速度は終始安定していましたが、書き込み速度は一瞬落ち込む兆候が見て取れました。

ATTO Disk Benchmark

ATTO Disk BenchmarkATTO Disk Benchmarkは、512 B~64 MB(合計21パターン)のテストサイズ別で読み書き性能を測定するベンチマークソフトです。

ベンチマーク結果が分かりにくいので、下記のようにグラフ化しました。

ATTO Disk Benchmark(読み込み速度を比較)PNY XLR8 CS3030 1TBの読み込み速度は3200 MB/s前後でピークに達したあと、安定しています。

ATTO Disk Benchmark(書き込み速度を比較)PNY XLR8 CS3030 1TBの書き込み速度は2800 MB/s前後でピークに達したあと、安定しています。

HD Tune Pro

HD Tune Pro(読み込み速度)読み込み速度

HD Tune Pro(書き込み速度)書き込み速度

HD Tune Proは、一定の容量のデータを書き込んだり、読み込んだりして、キャッシュ切れなど、SSDの性能変化を確認するためのベンチマークソフトです。

画像だとわかりにくいので、比較対象含めて、下記のようにグラフ化しました。

HD Tune Proを比較
PNY XLR8 CS3030 1TBの読み込み速度(平均)は2403 MB/s、書き込み速度(平均)は1990 MB/sでした。

読み込み速度(平均)、書き込み速度(平均)ともに、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」も上回りました。

ファイルベンチマーク(200 GB分)でキャッシュ切れの有無を確認ファイルベンチマーク(200 GB分)でキャッシュ切れの有無を見ていきます。PNY XLR8 CS3030 1TBの読み込み、書き込み速度は終始安定しており、キャッシュ切れのような兆候は確認できませんでした。

モガ
モガ

HD Tune Proは、Phisonコントローラとの相性が悪く、正しいベンチマーク結果が得られない可能性が高いです。参考程度にみてください。

3D MARK STORAGE BENCHMARK

3D MARK STORAGE BENCHMARK3D MARK STORAGE BENCHMARKは、実際のゲームをプレーする際に発生するデータの読み書き状況を再現して、ストレージの読み書き性能を計測するベンチソフトです。

画像だとわかりにくいので、PNY XLR8 CS3030 1TBのベンチ結果を下記にまとめます。

 BandwidthAverage access time
Average421.39 MB/s77 μs
Load Battle Field Ⅴ534.33 MB/s146 μs
Load Call of Duty:Black Ops 4500.70 MB/s152 μs
Load Overwatch281.68 MB/s99 μs
Record game216.28 MB/s40 μs
Install game253.17 MB/s55 μs
Save game336.67 MB/s22 μs
Move game1698.40 MB/s159 μs
総合スコア2395

PNY XLR8 CS3030 1TBのAverageのBandwidthは421.39 MB/s、access timeは77 μs、総合スコアは2395でした。

3D MARK STORAGE BENCHMARK(総合スコアを比較)
総合スコアを比較すると、PNY XLR8 CS3030 1TBは同じエントリークラスのPCIe 3.0 NVMe SSDの「Crucial P2 1TB」を上回りました。

3D MARK STORAGE BENCHMARK(Average access timeを比較)
Average access timeを比較すると、PNY XLR8 CS3030 1TBは同じエントリークラスのPCIe 3.0 NVMe SSDの「Crucial P2 1TB」を上回りました。

FF14:暁月のフィナーレ(ベンチマークモード)

FF14:暁月のフィナーレ(ベンチマークモード)FF14:暁月のフィナーレ(ベンチマークモード)のローディングタイムを比較すると、PNY XLR8 CS3030 1TBは同じエントリークラスのPCIe 3.0 NVMe SSDの「Crucial P2 1TB」を上回りました。

ファイルコピー時間・転送速度

ファイルコピー時間「DiskBench」を使って、ファイルコピーにかかった時間を計測していきます。ファイルは約70GBと5GBの動画ファイルです。

PNY XLR8 CS3030 1TBの容量5GBのファイルコピー時間は1.673秒、容量70GBは124.097秒でした。

容量5GBのファイルコピー時間を比較すると、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」よりも早かったですが、容量70GBになると、「Crucial P2 1TB」よりも遅いという結果になりました。

ファイル転送速度
PNY XLR8 CS3030 1TBの容量5GBのファイル転送速度は3053 MB/s、容量70GBは581 MB/sでした。

容量5GBのファイル転送速度を比較すると、「Crucial P2 1TB」だけでなく、PCIe 4.0 NVMe SSDの「kingston SSD NV2 2TB」よりも早かったですが、容量70GBになると、「Crucial P2 1TB」よりも遅いという結果になりました。

PNY XLR8 CS3030 1TBの温度をチェック

PNY XLR8 CS3030 1TBの温度をチェック
ヒートシンクを装着した状態と、外した状態でCrystal Disk Mark(64Gib、9回)実行中のSSDの温度をみていきます。温度はモニターソフト「HWiNFO」を参考にします。

PNY XLR8 CS3030 1TBのドライブ温度ヒートシンクを装着した状態だと、最高温度は59℃まで上昇しました。一方、ヒートシンクなしだと、最高温度は72℃まで上昇しました。

ヒートシンクなしでもサーマルスロットリングは起きなかったので、ヒートシンクなしでも運用は可能です。

ただ、念のためヒートシンクはつけることをおすすめします。

PNY XLR8 CS3030 1TBの良かったところ・悪かったところ

・PCI Express 3.0(x4)、PCI Express 4.0(x4)のエントリーモデルと価格はほぼ同等
・PCIe 3.0 NVMe SSD最速クラスの読み書き性能
・ランダム性能は優秀
・ヒートシンクなしでも運用可能
・片面実装モデルなので干渉の心配がない
・5年保証
・入手性が極めて悪い
・キャッシュ切れが起きると、性能低下が顕著
・PCI Express 4.0(x4)の最上位モデルと比較すると読み書き性能はかなり劣る
・DRAMキャッシュレス

まとめ

PNY XLR8 CS3030 1TBの価格は、PCIe 3.0 NVMe SSD最速クラスの読み書き性能にも関わらず、PCI Express 3.0(x4)のエントリーモデルとほぼ同等です。

読み書き性能もPNY XLR8 CS3030 1TBのほうがPCI Express 3.0(x4)のエントリーモデルより遥かに優秀なので、コスパという観点で見ると、非常に魅力的なモデルといえます。

ただ、入手性が極めて悪いのと、大量のデータのコピーをすると性能低下が顕著になるのは明確なデメリットといえます。

大量のデータのやり取りをしないという限定条件であれば、PCIe 3.0 NVMe SSD最速クラスの読み書き性能を体感できるので、その点に魅力を感じれば、購入してみてもいいかもしれません。

Express 3.0(x4)接続のエントリークラスの「Crucial P2 1TB」をレビュー↓。

Crucial P2 1TBをレビュー!買いやすいエントリーM.2 NVMe SSD
CrucialのM.2 NVMe SSDはいくつか種類がありますが、今回はエントリーモデルに位置付けられる、P2シリーズの1TBモデルを購入したのでレビューしたいと思います。

Express 4.0(x4)接続のエントリークラスの「Kingston NV2 2TB」をレビュー↓。

Kingston NV2 PCIe 4.0 NVMe SSDをレビュー!コスパ良好なPCIe 4.0対応NVMe SSD
PCI Express 4.0(x4)接続対応のNVMe SSDの中でも、コスパの良さが売りのPCI Express 4.0(x4)接続対応のNVMe SSDの「NV2」シリーズをレビューしていきます。

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ