Qanba Droneを三和レバーとボタンに交換!交換作業を解説

Qanba Drone

アケコンのQanba Droneはコスパの高いアケコンで満足感も高かったのですが、唯一不満だったのが、標準レバーの操作性です。そこで、この不満を解消するために、Qanba Droneの標準レバーから三和製のレバーに交換してみました。

またボタンも特に不満がなかったのですが、色分けしたかったのでこれも三和製のボタンに交換してみました。

モガ
モガ

この記事では自分が行ったレバーとボタンの交換作業について、丁寧に解説しています。レバー、ボタン交換を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Qanba Droneの操作性に不満

2018年2月に発売されたアケコンのQanba Drone。価格が1万円以下と手がだしやすく、カジュアル向けのアケコンとして今も人気が高いです。

自分もこのQanba Droneを愛用しています。小さくて軽いし、レバーもボタンもそこそこの操作性があるので購入当初はある程度満足はしていました。

ただ長年使っていくうちに不満点もチラホラ出てきました。特に不満点があるのはレバーとボタンです。

Qanba Droneのレバーはレバー入力の感触が軽く、それによって特に斜め方向の入力にミスが頻発しました。昇竜拳コマンドのミスが多発と言い換えたら伝わりやすいでしょうか。

なお、初めから三和製のレバー、ボタン(OBSF-30 / JLF-TP-8YT-SK)に換装済みのQanba EVO Doroneというものがあります。

今回紹介する交換作業に関して敷居が高いと感じるのなら、初めからQanba EVO Doroneの購入をおススメします。

created by Rinker
¥15,980(2021/06/12 22:14:02時点 Amazon調べ-詳細)

ボタンレイアウト
そしてボタンについては感触については不満がなかったのですが、ボタンの色が黒一色なのが不満でした。PCゲームの多くは、ボタン表示について、XBOX準拠の色分けがされています。

黒一色のボタン
一方Qanba Droneのボタンは先ほど話した通り、黒一色でさらにプレイステーション準拠で□、△、〇、×と表記されています。

このボタン表記のままだと、混乱することがたまにあり、ボタンの押し間違いが頻発しました。

こうした不満に耐えきれず、今回、思い切ってレバーとボタンを三和製のものに交換することにしました。

購入したものと準備するもの

購入したものと準備するもの
購入したものを紹介します。レバーは三和製のJLF-TP-8YT、ボタンも同じく三和製のOBSF-30です。

レバー、ボタンともにゲームセンターの筐体によく使われるものです。なおボタンのOBSF-30は、赤、緑、黄、青の4種類を購入しました。

また、Qanba Drone本体とレバーのJLF-TP-8YTをつなぐBasicestの5ピンのケーブルも購入しました。なお交換作業を行う際はドライバーを用意してください。

※該当するレバー、ボタンは探しにくいのでamazon、楽天、yahooショッピングの3つから根気よく探してください。特にボタンは色によっては値段が異様に高いケースもあるので注意してください。

レバー

ボタン

created by Rinker
三和電子(Sanwa)
¥635(2021/06/12 22:14:03時点 Amazon調べ-詳細)

5ピンケーブル

アケコンのレバーは大きく分けて、三和製とセイミツ製の2種類があります。一般的に格闘ゲームは三和製、シューティングゲームはセイミツ製が適していると言われています。今回は自分は格闘ゲームしかやらないので、三和製を選びました。

交換手順

交換手順Qanba Droneを裏返してつまみを回して蓋を外します。

レバーボールを外す
溝にマイナスドライバーを押し当てて固定し、表側のレバーボールを回して外します。

ネジを外す
裏側の6か所あるネジを外します。

2つのコネクタを外す
表のカバーを外し、レバー側とボタン側の基盤につながっているコネクタ2か所を外します。

ケーブルを外す
ボタン側の金具につながっているケーブルを外し、Qanba Droneのボタンを外します。

三和ボタンを取り付け
三和ボタンを取り付けます。

レバーを外す
Qanba Droneのレバーを外します。

三和レバーを取り付け
三和レバーを取り付けます。その際、購入した5ピンのケーブルを取り付けます。

2か所のコネクタをつなげる
2か所のコネクタをつなぎ合わせます。

元通りに組み立てる
後は元通り組みなおして完成です。

レバー、ボタン交換後の感想

ゲームを遊ぶ
三和製のレバー、ボタンに交換した感想ですが、操作性はアップしました。以前は入れづらかった斜め方向もばっちりですし、ボタンもXBOX準拠の色に合わせたので押し間違いもなくなりました。

ただボタンの感触はQanba Drone純正のボタンとそれほど変わらないといった印象です。交換作業も非常に簡単なのでQanba Droneの操作性に不満をもっているのなら交換をおススメします。

created by Rinker
¥15,980(2021/06/12 22:14:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
三和電子(Sanwa)
¥635(2021/06/12 22:14:03時点 Amazon調べ-詳細)

▼交換作業の動画はこちら

ゲーム
スポンサーリンク
moga1216をフォローする
モガラボ