【2024年6月更新】ゲーミングPC最新セール情報

【2023年8月】おすすめのRTX3080搭載ゲーミングPCを紹介

RTX3080

RTX3080は、RTX30シリーズの中で上位に位置する、いわゆるハイエンドのGPUです。

本記事ではRTX3080についての簡単な解説をし、RTX3080搭載のおすすめゲーミングPCを厳選して紹介したいと思います。

目次

RTX3080の簡単な解説

RTX3080の基本スペック
アーキテクチャーAmpere
製造プロセス8nm
CUDAコア数8704
RTコア数68
Tensorコア数272
ベースクロック / ブーストクロック1440MHz / 1710MHz
VRAM10GB(GDDR6X)
メモリバス幅320bit
PCI-ExpressGen4.0×16
TDP320W
発売日2020年9月

RTX3080は2020年9月に販売開始されたGPUです。

RTX3080はRTX30シリーズのハイエンドモデルに位置付けられ、前世代のRTX2080SUPERに置き換わるものといえます。

RTX2080SUPERと比べると、CUDAコア数は3,072→8,704と大幅増と、基本スペックは大幅に拡張されています。

さらに、「第2世代RTコア」、「第3世代Tensorコア」を内蔵し、DLSSやリアルレイトレーシングの性能も前世代より向上しています。

このRTX3080あたりから4K60fpsでのゲームプレーが可能になるので人気が高いGPUとなっています。

RTX3080のゲーム性能

3D MARK

定番ベンチマークの3D MARKでは、下位のGPUと比較すると、RTX3080のスコアは圧倒的に高いです。

ミドルクラスのGPUの代表格といえるRTX3060と比較すると、ほぼ倍近くの性能を発揮します。

フルHDゲーミング性能

フルHD解像度でのゲームは余裕の一言です。最高設定でも、Apex LegendやFortniteであれば、240fpsを維持してのゲームプレーも十分可能です。

WQHDゲーミング性能

WQHD解像度でのゲームは比較的余裕をもってプレーができます。超重量級ゲームのCyper Punk 2077ウルトラ設定でも、平均60fpsを超えます。

4Kゲーミング性能

4K解像度でのゲームも十分プレーできます。ただ、Cyber Punk 2077などの超重量級ゲームの場合、最高設定だと60fpsに達しない可能性が高いので、設定を落とす必要があります;。

RTX3080は4K解像度でのゲームプレーの入門といえるGPUといえるでしょう。

RTX 3080搭載ゲーミングPCはこんな方におすすめ

  • ApexやFortniteで、フルHD解像度最高設定で240fpsを維持してプレーしたい方
  • Cyberpunk2077などの超重量級ゲームを、WQHD解像度最高設定で60fpsを維持してプレーしたい方
  • ForzaHorizon 5などの中量級のゲームを、4K解像度最高設定で60fpsを維持してプレーしたい方
検証環境

CPU:Core i7-12700、マザーボード:MSI PRO B660M-A、メモリ:Crucial CT2K16G4DFRA32A(16GB×2/3200MHz動作)、システムSSD:Crucial P2 1TB、データSSD:Kingston NV2 2TB

【2023年8月7日更新】RTX3080搭載おすすめゲーミングパソコン

TSUKUMO GA7J-D230/B

OS:Windows 11 Home
CPU:Core i7-13700F
GPU:RTX 3080
メモリ:32GB (16GB x2) DDR4-3200
ストレージ:1TB(M.2)
マザーボード:B660
電源:850W(GOLD)
価格:239,800円

CPUにCore i7-13700F(16コア24スレッド)、容量32GBのDDR4-3200メモリ、拡張性を備えるB660マザーボード搭載で、約24万円です。

ストレージは1TBのNVMe SSDを搭載と、複数のゲームをインストールしても余裕があります。電源ユニットは容量850W(80 PLUS GOLD)で、必要十分です。

Core i7-13700F(16コア24スレッド)はインテル第13世代のCore i7ですが、シングル、マルチともにずば抜けた性能を有しており、RTX3080の性能を引き出すことが可能です。

まとめ

RTX3080ゲーミングパソコンはビデオカードの高騰もあり、かつては40万円以上したりと、かなり買いづらかったのですが、現在は最安モデルが20万円代に落ち着き、かなり買いやすくなっています。

ただ、RTX3080搭載ゲーミングパソコンは高騰し続け、数も少なくなっています。

大きなこだわりがなければ、より価格の安い、RTX4070搭載ゲーミングパソコンをおすすめします。

目次