ゲーミングPC(BTO)

おすすめのRTX3080搭載ゲーミングPCを紹介!4Kゲームのプレーに最適

RTX3080

ビデオカードのNVIDIA RTX3080は、RTXシリーズの中で上位に位置する、いわゆるハイエンドクラスのビデオカードです。

そのため、性能は非常に高く、4K解像度でのゲームプレーも十分可能です。当然ながら、ビデオカードの単体の価格も高いのですが、昨今のマイニングブームの下火により急激に価格が下がっています。

それに伴って、RTX3080搭載のゲーミングPCも値下がっています。今まさに買い時のタイミングということになります。

今回はRTX3080の性能について軽く紹介し、そのあとでおすすめのRTX3080搭載ゲーミングPCを紹介します。

スポンサーリンク

RTX3080とは

RTX3080の仕様

 RTX3080RTX3060RTX3050
アーキテクチャーAmpereAmpereAmpere
製造プロセス8nm8nm8nm
SM数68基28基20基
CUDAコア数8704基3584基2560基
RTコア数68基28基20基
Tensorコア数272基112基80基
ROP数96基48基32基
テクスチャーユニット数272基112基80基
ベースクロック1440MHz1320MHz1552MHz
ブーストクロック1710MHz1777MHz1777MHz
メモリスピード19Gbps15Gbps14Gbps
メモリ容量GDDR6 10GBGDDR6 12GBGDDR6 8GB
メモリバス幅320bit192bit128bit
PCI-ExpressGen4×16Gen4×16Gen4×8
消費電力(TGP)320W170W130W
参考価格約110,000円約50,000円約40,000円

ビデオカードの性能を決める指標で最も重要なのが、汎用シェーダーユニット(NVIDIAは「CUDAコア」、AMDは「ストリーミングプロセッサー」)の数です。

RTX3080のスペックを見ると、CUDAコア数は8704基と、ミドルクラスのRTX3060、RTX3050のCUDAコア数と比べて、2倍以上の開きがあります。

また、メモリスピード、メモリバス幅もRTX3080の方が圧倒的に上回ります。さらに、DLSSやリアルタイムレイトレーシングの性能に直結する、RTコア数、Tensorコア数もRTX3080が圧倒しています。

RTX3080はRTX3060、RTX3050などのミドルクラス帯のビデオカードと比較すると、圧倒的に性能が上だということが分かります。

モガ
モガ

RTX3080にはVRAM容量が10GBと12GBの2つのバージョンがありますが、各BTOメーカーのゲーミングPCのほとんどは10GBモデルを採用しています。

RTX3080のゲーム性能

RTX3080のゲーム性能はRTX3080とCore i9-10900K搭載のゲーミングPC、「Legion T750i」を使用して検証しました。また、比較対象としてRTX3060、RTX3050を用意しました。

Legion T750iのレビューはこちら↓。

Legion T750iをレビュー!RTX3080搭載の激安ハイスぺックゲーミングPC
レノボのフラッグシップゲーミングPC、RTX3080搭載のLegion T750Tiをレビューします。性能はもちろんのこと、デザインなども詳細に見ていきます。

3DMARK

Time Spy

Time SpyTime SpyはDirectX 12を使用して3D性能を計測するベンチマークです。WQHD解像度を想定しているので、負荷は重いです。

RTX3080のスコアはRTX3060、RTX3050を圧倒しています。フルHDに加えて、WQHDゲームでも快適にプレー可能です。

Port Royal

Port RoyalPort Royalはリアルタイムレイトレーシングを使用して3D性能を計測するベンチマークです。負荷は非常に重いです。

RTX3080はRTX3060の2倍以上のスコアを獲得しています。

Forza Horizon 5ベンチマーク

設定スコア画像
1920×1080
最高設定
平均106FPSForza Horizon 5ベンチマーク(フルHD)
2,560×1,440
最高設定
平均95FPSForza Horizon 5ベンチマーク(WQHD)
3840 x 2160
最高設定
平均72FPSForza Horizon 5ベンチマーク(4K)

4K最高設定でも平均60FPS以上を維持しています。4Kでのゲームプレーも十分可能だと思われます。

Apex Legends

射撃訓練場でテスト
設定スコア
1920×1080
最高設定
平均282FPS
2,560×1,440
最高設定
平均246FPS
3840 x 2160
最高設定
平均151FPS

4K最高設定でも144FPSを維持しています。ただ、比較的負荷が低い射撃訓練場で計測したので、マルチプレーだと平均FPSはここからさらに下がると思われます。

マルチプレーを4K144FPS維持してプレーするのなら設定を少し下げることをおすすめします。

Fortnite

クリエイティブ島でテスト
設定スコア
1920×1080
最高設定
平均210FPS
2,560×1,440
最高設定
平均151FPS
3840 x 2160
最高設定
平均88FPS

Fortniteは最高設定だと、かなり重くなりますが、4K最高設定でも60FPSを維持しています。

ただ、比較的負荷が低いクリエイティブ島で計測したので、マルチプレーだと平均FPSはここからさらに下がると思います。

マルチプレーを4K60FPS維持してプレーするのなら設定を少し下げることをおすすめします。

モガ
モガ

RTX3080のゲーミング性能は凄まじいです。フルHDだと平均200FPS以上、4Kだと平均60FPS以上を維持してのゲームプレーが可能です。

RTX3080搭載BTOパソコン一覧【2022年6月】

各BTOメーカーごとにRTX3080搭載PCの販売状況をまとめます。

ツクモ

ツクモ

インテル、AMDのハイエンドCPUとの組み合わせが多い印象です。ゲーム推奨モデルが比較的安価なので、通常のモデルではなく、そちらを選んでみるのもいいかもしれません。

※送料は2200円かかります。

→ツクモ公式サイトはこちら

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
G-GEAR neo GX7J-D213/ZB369,800円Core i7-12700KFRTX 308032GB1TB(M.2)Z690
G-GEAR GA9J-J214/ZB2368,250円Core i9-12900KFRTX 308032GB1TB(M.2)Z690
G-GEAR GA9A-J211/XT2357,300円Ryzen 9 5900XRTX 308016GB1TB(M.2)X570
G-GEAR デス・ストランディング 推奨パソコン | ハイエンドモデル314,800円Core i7-12700KFRTX 308016GB1TB(M.2)Z690
G-GEAR PSO2 ニュージェネシス 推奨パソコン | ハイエンドモデル329,800円Core i9-11900KFRTX 308032GB1TB(M.2)Z590

パソコン工房

パソコン工房

インテル、AMDのハイエンドCPUとの組み合わせが多い印象です。

パソコン工房は複数のブランドを展開していますが、RTX3080搭載モデルはすべて、ゲーミングPCブランドである「LEVEL」シリーズとなっています。

RTX3080の12GBモデルもラインナップされているのも非常に珍しいです。なお今回は数があまりにも多いの、コラボモデルは省かせていただきました。

※送料は2200円かかります。

2022年4月15日~2022年6月30日まで最大20%還元になる、超感謝祭 第2弾iconが実施中!

→パソコン工房公式サイトはこちら

10GBモデル

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
LEVEL-R769-127-VAX icon278,980円Core i7-12700RTX 308016GB1TB(M.2)Z690
LEVEL-R95A-LC117K-VAX [RGB Build] icon279,980円Core i7-11700KRTX 308016GB1TB(M.2)Z590
LEVEL-R7X6-LCR58X-VAX icon289,980円Ryzen 7 5800XRTX 308016GB1TB(M.2)X570
LEVEL-R769-LC127K-VAX icon296,980円 Core i7-12700KRTX 308016GB1TB(M.2)Z690
LEVEL-R66P-LC127-VAX [RGB Build] icon299,880円Core i7-12700RTX 308032GB1TB(M.2)Z690
LEVEL-R76P-LC127K-VAX [RGB Build] icon304,980円Core i7-12700KRTX 308016GB1TB(M.2)Z690
LEVEL-R769-129-VAX icon312,980円Core i9-12900RTX 308032GB1TB(M.2)Z690
LEVEL-R7X6-LCR59X-VAX icon319,980円Ryzen 9 5900XRTX 308032GB1TB(M.2)X570
LEVEL-R769-LC129K-VAX icon337,980円Core i9-12900KRTX 308032GB1TB(M.2)Z690

12GBモデル

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
LEVEL-R769-LC127K-VBX icon328,980円Core i7-12700KRTX 308016GB1TB(M.2)Z690
LEVEL-R7X6-LCR58X-VBX icon336,980円Ryzen 7 5800XRTX 308016GB1TB(M.2)X570
LEVEL-R769-LC129K-VBX icon364,980円Core i9-12900KRTX 308032GB1TB(M.2)Z690
LEVEL-R7X6-LCR59X-VBX icon367,980円Ryzen 9 5900XRTX 308032GB1TB(M.2)X570

パソコンSHOPアーク

パソコンSHOPアーク

インテル、AMDのハイエンドCPUとの組み合わせが多い印象です。

中でもL3キャッシュの量が多く、ゲーミング性能に特化したRyzen 7 5800X3Dのモデルがあるのは印象的でした。

※送料は無料です。

2022年6月3日~2022年6月30日まで夏のボーナス先取りキャンペーン2022が開催!

→パソコンSHOPアーク公式サイトはこちら

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
AG-IC12Z69AGA8-CME329,800円Core i7 12700KFRTX 308016GB1TB(M.2)
1TB(M.2)
Z690
AG-AR8B55AGA8-F7C341,800円RYZEN 7 5800XRTX 308032GB1TB(M.2)B550
AG-AR8X57AGA8-CM2359,800円Ryzen 7 5800X3DRTX 308032GB1TB(M.2)X570
AORUS GPC-03S3080W11369,800円RYZEN 9 5900XRTX 308032GB500GB(M.2)B550
AG-IC8Z59AGA8-CM379,800円Core i7-11700KRTX 308032GB1TB(M.2)Z590
AG-AR8X57AGA8-N5F2399,800 円Ryzen 7 5800X3DRTX 308032GB1TB(M.2)
2TB(M.2)
X570
AG-IC12Z69AGA8-N5F419,800円Core i7 12700KFRTX 308032GB1TB(M.2)
2TB(M.2)
Z690
AG-AR12X57AGA8-FT437,300円Ryzen 9 5900XRTX 308032GB1TB(M.2)
2TB(M.2)
X570

FRONTIER

フロンティア

インテル、AMDのハイエンドCPUとの組み合わせが多い印象です。

FRONTIERは、週替わりのセール、月替わりのセールを定期的に開催しています。

これらのセールはRTX3080搭載モデルが対象になることが多いです。これらのセールを利用すれば、RTX3080搭載モデルを格安で購入できるチャンスが広がります。

※送料は2200円~4400円かかります。

週替わりセール会場はこちらから

月替わりセール会場はこちらから

→フロンティア公式サイトはこちら

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
FRGH670/C324,800円Core i7-12700FRTX 308032GB1TB(M.2)H670
FRGHB550/B324,800円Ryzen 7 5700XRTX 308032GB1TB(M.2)B550
FRGBB550/B339,800円Ryzen 7 5700XRTX 3080 32GB1TB(M.2)B550
FRGHZ690/C394,800円Core i9-12900KFRTX 308032GB 1TB(M.2)Z690
FRGBZ690/C419,800円Core i9-12900KFRTX 308032GB 1TB(M.2)Z690

パソコンショップSEVEN

パソコンショップSEVEN

SEVENはバリエーションは全BTOメーカーの中でもトップクラスです。ほぼすべてのCPUとの組み合わせがあるので今回は一番安いモデルのみの紹介です。

パソコンショップSEVENは、日替わりセール、1週間限定のウィークリーセールを開催しているので、その度に最安モデルは変化するので、随時公式サイトをチェックすることをおすすめします。

※送料は無料です。

日替わりセール会場はこちら

ウィークリーセール会場はこちら

→すべてのRTX3080搭載モデルはこちらから

→パソコンショップSEVEN公式サイトはこちら

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
ZEFT G21DX284,680円Core i3-12100RTX 308016GB500GB(M.2)H670

ストーム

ストーム

インテル、AMDのハイエンドCPUとの組み合わせが多い印象です。

RTX3080搭載モデルの多くはDDR5メモリを採用しているのが大きな特徴となっています。

※送料は2200円かかります。

→ストーム公式サイトはこちら

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
PG-MI275,200円Core i7-12700RTX 308016GB(DDR5)1TB(M.2)Z690
PG-DD12304,800円Core i7-12700RTX 308016GB(DDR5)1TB(M.2)Z690
PG-FD12309,800円Core i7-12700RTX 308016GB(DDR5)1TB(M.2)Z690
PG-MT310,800円Ryzen 7 5800XRTX 308016GB(DDR4)1TB(M.2)B550
PG-DJ315,800円Ryzen 7 5800XRTX 308016GB(DDR4) 1TB(M.2)B550
PG-FL318,800円Ryzen 7 5800XRTX 308016GB(DDR4)1TB(M.2)B550
PG-FC12335,800円Core i7-12700KRTX 308016GB(DDR5)1TB(M.2)Z690
PG-DC12386,800円Core i9-12900KRTX 308032GB(DDR5)1TB(M.2)Z690

レノボ

レノボ

 

RTX3080搭載モデルはレノボのハイエンドゲーミングPCブランドの「Legion T770i」、若しくは「Legion T750i」に集約されています。

レノボは在庫が不安定なので、欲しいと思ったら、すぐに購入することをおすすめします。クーポン適用で値引きされるので、購入する際は忘れないように適用しましょう。

※送料は無料です。

→レノボ公式サイトはこちら

製品名価格CPUGPUメモリストレージチップセット
90Q800EDJM275,6471円Core i9-10900KRTX 308032GB512GB(M.2)
2TB(HDD)
Z490
90Q800BUJM368,696円Core i9-11900KRTX 308032GB512GB(M.2)
2TB(HDD)
Z490
90S2004TJM369,498円Core i9-12900KRTX 308032GB(DDR5)512GB(M.2)
2TB(HDD)
Z690

おすすめのRTX3080搭載BTOパソコン【2022年6月】

おすすめその① ストーム  PG-MI

OSWindows 11 Home
CPUCore i7-12700
ビデオカードRTX3080
メモリDDR5-4800 8GB×2
ストレージ1TB(M.2)
マザーボードZ690
電源1200W(Platinum)
価格275,200円

個人的に最もおすすめするRTX3080搭載BTOパソコンはストーム  PG-MIです。

搭載されているCPUのCore i7-12700は無印版ですが、性能的にはKつきモデルと大差ありません。性能自体は非常に高く、RTX3080との相性もバッチリです。

Core i7-12700のレビューはこちら↓。

core i7-12700(無印)をレビュー!core i5-12400と比較。どっちがおすすめ?
core i7-12700とcore i5-12400のどっちを購入すべきか迷っている方も意外と多くいるかもしれません。そこで今回、core i7-12700とcore i5-12400の性能を比較検証したいと思います。

なによりもおすすめするポイントが価格です。この275,200円という価格は、RTX3080搭載モデルとしてはトップクラスの安さです。

しかも、メモリがDDR5というのが要注目です。DDR5メモリはいまだに高値で、DDR5搭載となると急に価格が高くなります。

また、電源もPlatinum認証と、それ以外のスペックも優秀です。総じて、コスパが高い印象となっています。

おすすめその② パソコン工房 LEVEL-R769-127-VAX

icon iconOSWindows 11 Home
CPUCore i7-12700
ビデオカードRTX 3080
メモリDDR4-3200 8GB×2
ストレージ1TB(M.2)
マザーボードZ690
電源800W(GOLD)
価格278,980 円

パソコン工房 LEVEL-R769-127-VAX iconもおすすめです。

こちらのモデルもRTX3080搭載モデルとしてはトップクラスに安いからです。基本的なスペックについての解説は、ストーム  PG-MIと似通っているので割愛させていただきます。

DDR5モデルではなく、DDR4モデルが欲しいという方はこちらのモデルがおすすめです。

おすすめその③ レノボ LEGION T750i(90Q800EDJM)

OSWindows 10 Home
CPUCore i9-10900K
ビデオカードRTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB×2
ストレージ512GB(M.2)
2TB(HDD)
マザーボードZ490
電源850W(GOLD)
価格275,647 円※クーポン適用

レノボ Legion T750i(90Q800EDJM)はレノボのハイエンドゲーミングPCに位置付けられるモデルです。

こちらのモデルもRTX3080搭載モデルとしてはトップクラスに安いです。メモリも32GB、ストレージもM.2SSDとHDDの組み合わせで、必要十分です。

また、ファン、水冷式CPUクーラーのヘッド部が光るので、派手なPCが欲しい人には魅力的に映るでしょう。

唯一のデメリットは、採用しているCPUのCore i9-10900Kは、インテル第10世代と少し古いことです。ただ、RTX3080の性能を活かすうえでは必要十分な性能は持っています。

Legion T750i(90Q800EDJM)のレビューはこちら↓。

Legion T750iをレビュー!RTX3080搭載の激安ハイスぺックゲーミングPC
レノボのフラッグシップゲーミングPC、RTX3080搭載のLegion T750Tiをレビューします。性能はもちろんのこと、デザインなども詳細に見ていきます。

まとめ

RTX3080搭載モデルはビデオカードの高騰もあり、かつては40万円以上したりと、かなり買いづらかったのですが、現在は最安モデルが20万円代に落ち着き、かなり買いやすくなっています。

4Kゲームを遊びたい人はもちろん、当分ビデオカードの買い替えを検討しない方にもおすすめです。この性能であれば、当分の間、遊べないゲームは存在しないと思います。

スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ