パソコン・自作PCストレージ

【初心者向け】パソコンのストレージの種類は?違いを分かりやすく解説

ストレージの種類

ストレージはパソコンのデータを保管するための入れ物みたいなもので、パソコンを構成するパーツの中でなくてはならない存在です。

ストレージは大きく分けて「SSD」と「HDD」に分かれますが、その中でいくつか種類があるので、初心者の方は迷いがちです。

そこで今回はストレージの種類、そしてその違いについて解説したいと思います。初心者の方にも理解しやすいように難しい解説はなるべく控えたいと思います。

スポンサーリンク

ストレージの種類とは?メリット、デメリットも解説。

SSD

SSDはSolid State Driveの略で、USBメモリーと同じく、内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きをします。SSDは大きく分けて、「M.2」と「2.5インチSSD」の2種類があります。

2.5インチSSD

2.5インチSSD2.5インチ SSDはシステム用の高速ドライブとして長年利用されています。HDDと比べると、容量あたりの単価は高いですが、M.2と比べると安い傾向にあります。※近年は「2.5インチ SSD」と「M.2 NVMe SSD」の価格差は縮まっています。

2.5インチ SSDの読み書き速度2.5インチ SSDの読み書き速度はHDDより速いですが、M.2より劣ります。ただ、M.2と比べても、体感上、違いはそう感じないです。

配線が必要ただ、HDDと同じ、SATAで接続するので配線が必要になります。

・衝撃に強い
・動作音、振動音がしない
・読み書き速度はHDDより優秀
・HDDよりサイズが小さいので扱いやすい
・配線ケーブルが邪魔になる
・読み書き速度はM.2と比べると劣る

Amazonで2.5インチSSDを探す

2.5インチSSD PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

M.2 SSD

M.2 SSDM.2 SSDは、マザーボード上にあるM.2スロットに直接接続するタイプのストレージです。配線が必要ない点が大きな特徴で、今一番普及が進んでいるといえます。

M.2 SSDには「M.2 NVMe SSD」と「M.2 SATA SSD」に分かれます。

M.2 NVMe SSD

M.2 NVMe SSDM.2 NVMe SSDは、内部的に高速なPCI Express(PCIe)で接続する「NVMe」対応のストレージです。

サイズは22mm×80mmの「M.2 type2280」、22mm×60mmの「M.2 type2260」、22mm × 42mmの「M.2 type2242」の3種類あります。

現在主流となっているM.2 SSDのサイズは「M.2 type2280」です。「M.2 type2260」、「M.2 type2242」のサイズのものは数が少ないので、実質「M.2 type2280」のみと思っていいです。

M.2 NVMe SSDの読み書き速度は圧倒的M.2 NVMe SSDは従来のSATA接続よりも高速にデータの読み書きができるので、2.5インチSSDより速度は圧倒的です。

冷やすためのヒートシンクの取り付けが推奨ただ、M.2 NVMe SSDは発熱もすごいため、冷やすためのヒートシンクの取り付けが推奨されます。マザーボードに付属しているのならそれをそのまま使えばいいですが、もし付属してなければ、別途買う必要があります。

ちなみにはM.2 NVMe SSDには「PCI Express 3.0」、「PCI Express 4.0」の2種類あります。PCI Express 4.0対応のM.2 NVMe SSDであれば、読み込み5GB/sから7GB/sほどの速度が出せます。

PCI Express 3.0対応のM.2 NVMe SSDを凌駕する速度が出せますが、対応したCPUとマザーボードが必要になるので、使用条件が厳しいです。また価格も高くなります。

PCI Express 3.0対応のM.2 NVMe SSDでも十分な速度は出せるので、まだまだPCI Express 4.0対応のM.2 NVMe SSDは普及していないのが現状です。

・読み書き速度はHDD、2.5インチSSDより遥かに優秀
・配線が必要なし
・動作音、振動音がしない
・容量単価は高い※PCI Express 3.0最安モデルであれば、2.5インチSSDと大差なし
・発熱するのでヒートシンクが推奨

AmazonでM.2 NVMe SSDを探す

M.2 NVMe SSD PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>
搭載されているNANDは、SLC→MLC→TLC→QLCと4種類あります。SLCが最も耐久性、性能が良く、その分価格が高いです。一方、QLCは最も耐久性・性能が低いですが、その分価格が安いです。ただ、初心者の方はこのNANDの違いについて、そこまで気にする必要はないと思います。

M.2 SATA SSD

M.2 SATA SSDM.2 SSDには「M.2 NVMe SSD」にも、「M.2 SATA SSD」があります。この「M.2 SATA SSD」の存在が非常にややこしく、初心者が混乱を招きやすいです。
 
というのも同じM.2スロットに接続するタイプで姿形はそっくりなのに、中身がまるで違うからです。

簡単に言えば、「M.2 SATA SSD」はM.2スロットにさす、「2.5インチ SSD」みたいなものです。HDD、2.5インチSSDと同じく、内部的にはSATAで接続するので、転送速度は遅いです。

M.2-SATA-SSDM.2 SATA SSD

M.2 NVMe SSDM.2 NVMe SSD

見分け方ですが、切り欠けが違うのでそこで判別します。M.2 SATA SSDは切り欠けが2つの「KEY B/KEY M」を採用しています。一方、M.2 NVMe SSDは切り欠けが1つの「KEY M」を採用しています。

スペック表
引用:https://jp.msi.com/Motherboard/MAG-B560M-BAZOOKA/Specification

厄介なのはM.2 SATA SSDはM.2スロットによっては使用できないケースがある点です。例えば、B560M BAZOOKAでは1つ目のM.2スロットではM.2 SATA SSDは使用できますが、1つ目のM.2スロットでは使用できません。

また、容量単価もM.2 NVMe SSDとほぼ変わりません。以上のこともあり、初心者の方はM.2 SATA SSDの使用は避けたほうが無難です。
・配線が必要なし
・動作音、振動音がしない
・M.2 NVMe SSDより発熱はおとなしい
・読み書き速度は2.5インチSSDと大差なし
・M.2スロットによっては使用できないケースもあり

AmazonでM.2 SATA SSDを探す

M.2 SATA SSD PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

HDD

HDD
HDD(ハードディスク)は回転する金属の円盤と磁気ヘッドを物理的に動かして、データの読み書きを行うものです。

HDDの読み書き速度HDDの読み書き速度はSSDに比べるとかなり遅いです。特にランダムアクセス(容量の小さなファイルを複数同時に扱う)は非常に遅いです。

しかし、SSDに比べると容量あたりの単価が安いです。

3TB、4TBといった大容量HDDも比較的手軽な値段で購入できるので、カメラで撮りためた写真や動画などの大容量データの置き場所として、今でも需要が高いです。2.5インチSSDと同じく、SATAケーブル、電源ケーブルにつなぐ必要があります。

デスクトップパソコンで使用する場合、2.5インチSSDよりも大きなサイズの3.5インチが主流となります。小型ケースやノートパソコンといった特殊な環境では、2.5インチのものが使われる場合があります。

他にもSMRやCMRの違いについても解説したいのですが、初心者の方は特に違いについて気にする必要はないと思うので、解説は割愛します。どうしても知りたいというのであれば、下記記事を参考にしてみてください。

なお、SSDは販売メーカーが非常に多く、混乱しやすいですが、HDDの場合、「western digital」、「Seagate」、「東芝」とほぼこの3社が販売しているのでわかりやすいです。

CMR、SMRの違いとは?HDDの書き込み方式について分かりやすく解説↓。

CMR、SMRの違いとは?HDDの書き込み方式について分かりやすく解説
HDDの書き込み方式は大まかに分けて種類が2つあります。それは「CMR」と「SMR」です。この2つの書き込む方式、違いが非常にわかりづらく、完全に理解している人は少ないと思います。そこで今回は「CMR」と「SMR」の違いについて分かりやすく解説したいと思います。
・容量あたりの単価が安い
・最大容量が多い
・メーカーが「western digital」、「Seagate」、「東芝」とほぼ3社と分かりやすい
・衝撃に弱い
・配線ケーブルが邪魔になる
・動作音や振動音がうるさい
・読み書き速度は遅い
・3.5インチモデルの場合、サイズ感は大きくなる

AmazonでHDDを探す

HDD PCショップ販売ページ:
<TSUKUMO><パソコン工房icon><ソフマップicon><パソコンSHOPアーク>

まとめ

以上、ストレージの違いについて簡単にまとめてみました。こうしてみると、なかなか初心者泣かせのところがあります。

特に間違えやすいのが「M.2 NVMe SSD」と「M.2 SATA SSD」の違いです。その点は特に注意が必要です。

スポンサーリンク
Amazonで頻繁に買い物する方、高額な買い物をする方はAmazonチャージがお得です。
\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Amazonチャージのお得情報の詳細はこちらから

1回のチャージ金額一般会員Amazonプライム会員
5,000円以上0.5%1.0%
20,000円以上1.0%1.5%
40,000円以上1.5%2.0%
90,000円以上2.0%2.5%

チャージすると、一般会員であれば最大2.0%、Amazonプライム会員であれば最大2.5%、Amazonポイントが付与されます。例えば10万円チャージしたらAmazonプライム会員であれば、2,500円分のポイントが付与されます。

このAmazonポイントはチャージする度にポイントが付与されます。頻繁にAmazonで買い物する人にとっては非常にお得なサービスとなっています。

また、現在、初回限定のAmazonチャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーンが実施中です。それ目当てで一度、Amazonチャージをしてみてもいいかもしれません。

またAmazonプライム会員限定ですが、クレジットカードチャージも可能です。

\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
パソコン・自作PCストレージ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ