無線LANの子機をPCI接続タイプに変更。USB接続タイプより安定

OKNのPCI接続タイプの無線子機

今まで、USBタイプの無線子機を使っていました。ところが、最近頻繁にネット回線が切れるようになったので、OKNのPCI接続タイプの無線子機に変更したところ安定するようになりました。

今回は無線LANの子機をPCI接続タイプに変更したら安定したという話をしたいと思います。

モガ
モガ

無線LANの子機でPCI接続のものを使うのは今回初めてでした。安定して動くか不安でしたが、今ではPCI接続のものして正解だったと思っています。

スポンサーリンク

USBの無線子機を使っていたがトラブル発生

USBの無線子機を使っていたがトラブル発生
以前はUSBタイプの無線子機を使用していました。具体的にはTP-LinkのArcher T4Uというものです。

使い始めは安定していましたが、ある日突然無線が途切れることが多々起きるようになりました。正確に言うと、USBの接続が頻繁に切れるという現象です。

接続が切れるとともに効果音もその度に鳴るので、ストレスが半端なかったです。

専用ソフトのドライバの入れ直しなど、ありとあらゆることを試したのですが、この現象は結局直りませんでした。

ネットを調べてみると、USBの無線子機を使っていて、僕と同じようなトラブルに遭遇した人が結構多いことが分かりました。

これ以上トラブル解決に時間をとられるのもしゃくなので、USB接続の無線子機を使うのは諦めました。

もちろんUSBの無線子機を使っていてトラブルにあっていない人もいるかと思います。こうした問題は結局、相性が原因で起こるものなのかもしれません。

PCI接続タイプに変更

PCI接続タイプに変更
自分のパソコンのマザーボードを見たら、ちょうどPCIスロットに空きがありました。そこで思い切ってPCI接続タイプの無線子機に変更することにしました。

購入したものはOKNのPCI接続タイプの無線子機です。

正直、この商品を選んだ理由としては単純にベストセラー1位なのと、クーポンを使うことで値段が安くなるという単純なものです。ちなみにBluetoothにも対応しています。

OKNのPCI接続タイプの無線子機の仕様

インターフェースPCIE
無線11AX Wi-Fi 6
Bluetooth5.1
無線速度2400Mbps+574Mbps
高利得アンテナ5.0dBi
デュアルバンド
オンラインゲーム
8k HDビデオストリーミング
MU-MIMOUp & Down
サポートされているオペレーティングシステムWindows 10 64-bit, Linux, Chrome OS

開封、同梱物チェック

開封、同梱物チェック
それではOKNのPCI接続タイプの無線子機を開封していきます。非常に簡素な箱に入っていました。

同梱物一覧
同梱物一覧です。それでは一つずつ見ていきます。

説明書
説明書です。

ドライバをダウンロードするためのCD
ドライバをダウンロードするためのCDです。インテルの公式ページに行けば最新のドライバが入手できるので自分は使いませんでした。

本体に取り付けるアンテナ
本体に取り付けるアンテナです。

ドライバー
ドライバーです。

ネジ
ネジです。

Bluetooth接続するためのケーブル
Bluetooth接続するためのケーブルです。

OKNの本体
本体です。PCIE x 1, PCIE x 4, PCIE x 8, PCIE x 16に対応しています。

インテルAX200ちなみに無線LANカードはインテルのAX200です。

取り付け

取り付けOKNのPCI接続タイプの無線子機の取り付けは非常に簡単でした。まずマザーボードのPCIスロットに本体を差し込みます。ちなみに自分の場合、PCIE x 1スロットに差しました。

アンテナ2本を取り付け
アンテナ2本を取り付けます。これで取り付けは完了です。

セッティング

OKNのPCI接続タイプの無線子機を取り付けただけではPCが無線子機を認識してくれないので、ドライバをインストールする必要があります。

ドライバのインストールには、付属のCDを使う方法と、インテルの公式ページからダウンロードする方法があります。

自分の場合、最新のドライバが欲しかったので下記のインテルの公式ページからダウンロードしました。↓
https://downloadcenter.intel.com/product/59485/Wireless-Networking

URLからドライバをインストールインテルの公式ページのURLは、説明書にも記載されています。

Automatically update your drivers
「Automatically update your drivers」の「Get started」をクリックし、ソフトをダウンロードします。自動的にドライバがダウンロードされます。

PCが無線子機を認識
ドライバをインストールし終わると、パソコンが無線子機を認識します。右下のツールバーにワイヤレスのマークが出てくれば接続成功です。

まとめ

PCI接続タイプの無線子機に変えてから、しばらく使用していますが、今のところトラブルには一度も遭遇していません。

PCI接続タイプの無線子機であれば、USBに起因するトラブルが絶対に起こらないので、それだけでもだいぶ気が楽になった気がします。