【2024年4月更新】ゲーミングPC最新セール情報

アーマードコア6の推奨スペックをグラボごとに検証!おすすめのゲーミングPCも紹介

アーマードコア6

10年ぶりに登場した新作ということで、盛り上がりを見せている「アーマードコア6」。フロムソフトウェアらしい超絶難易度も健在です。

アーマードコア6は家庭用版はもちろん、PC版も発売しています。

今回は実際にPC版アーマードコア6をプレーして、快適にプレーできるPCスペックをグラボごとに探っていき、最後におすすめのゲーミングPCについても紹介したいと思います。

目次

アーマードコア6のシステム要件について

スクロールできます
最低環境推奨環境
OS Windows 10 Windows 10 /  Windows 11
CPUIntelCore i7-4790K
Core i5-8400 
Core i7-7700
Core i5-10400
AMDRyzen 7 1800X
Ryzen 5 2600
Ryzen 7 2700X
Ryzen 5 3600
メモリー12 GB 
グラフィックNVIDIAGeForce GTX 1650GeForce GTX 1060
AMDRadeon RX 480Radeon RX 590
IntelArc A750
ストレージ60 GB

推奨環境を見る限り、そこまで高いスペックは要求されてないように見えます。一昔前のゲーミングPCでも普通に動きそうです。

例えば、Core i7-7700は、最新のCore i3-13100に処理性能に負けていますし、GTX 1060もローエンドのRTX 3050以下の性能です。

ただし、内蔵GPUだけの一般用途向けのノートパソコンやデスクトップパソコンでは歯がたたない印象です。

フロムソフトウェア

アーマードコア6のグラフィック設定について

アーマードコア6の映像品質詳細

映像品質は「最高」、「高」、「中」、「低」プリセットから選ぶことができます。今時珍しく、アップスケーリングの項目は一つもありません。純粋にGPUの性能が求められます。

レイトレーシングの設定項目はあるのですが、ガレージのみの適用となるので、実際のゲームプレー時では関係ありません。

最高設定
高設定
中設定
低設定
previous arrow
next arrow
 

グラフィックの主な違いは、背景のクオリティーです。設定を下げれば下がるほど、背景の表現が破綻していきます。ゲームへの没入感のことを考えると、やはり最高設定がおすすめです。

アーマードコア6のフレームレート上限

フレームレートは120まで設定可能です。ただ、このゲームはスタッガー状態など、極端に負荷がかかるときがあり、フレームレートを120維持するのは不可能といっていいです。

ゲームジャンル的にFPSではないので、フレームレートは平均60あれば十分快適にプレーが可能です。

テスト環境について

検証環境

検証環境は以下の通りです。

検証環境
CPUインテル 「Core i5-14600KF
CPUクーラーサイズ「MUGEN6 Black Edtion
CPUグリスARCTIC 「MX-4
マザーボードGIGABYTE「B760 AORUS ELITE
メモリKingston 「FURY Renegade DDR5 RGB メモリ(型番:KF580C38RSAK2-32)」(16GB×2)
(DDR5-4800に設定)
SSDKingston「NV2 SSD 2TB
Western Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニットCorsair「RM750e
PCケースXPG「VALOR AIR
OSWindows 11 Home 64bit版

CPUにCore i5-14600KFを使用します。インテル第14世代のCPUで、Pコアが6つ、Eコアが8つ、計14コア20スレッドのCPUです。

CPUアーキテクチャーにRaptor Coveを採用しているので2次キャッシュの量が多く、ゲーム性能は非常に優秀です。

今回、テストに使用するグラボであれば、おそらく性能をしっかり引き出してくれると思います。

あわせて読みたい
Core i5-14600Kをレビュー!Core i7-12700と性能を比較検証 | Raptor Cove搭載でゲームに強いCPU Core i5-14600Kはインテル第14世代のCoreシリーズのミドルレンジに位置するCPUです。2023年10月に発売されたRaptor Lake-S RefreshシリーズのK付きモデルの中では最も安...

なおメモリは最大DDR5-8000に対応するオーバークロックメモリを使用しますが、メモリ周波数はJEDEC準拠のDDR5-4800に設定しています。

グラボ一覧

テストに使用するグラボは下記の通りです。

  • RTX 4070
  • RTX 4060 Ti
  • RTX 4060
  • RTX 3060 Ti
  • RTX 3060
  • RTX 3050
  • GTX 1660 Super
  • GTX 1650
  • RX 6400
  • Arc 380

テスト方法について

アーマードコア6のフレームレート計測テスト方法

アーマードコア6には映像品質のプリセットが「最高」、「高」、「中」、「低」の4種類から選ぶことができますが、今回は「最高」、「中」、「低」の3種類のプリセットを選びました。

解像度も「フルHD」、「WQHD」、「4K」それぞれ設定し、フレームレートを計測します。

フレームレートの計測方法ですが、アーマードコア6には残念ながらベンチマークモードはありません。

そのため、ミッションの「武装採掘艦護衛」を使用しました。「武装採掘艦護衛」では常に砂嵐が発生し、負荷は重いです。また、このミッションは敵の数が少なく、同じような状況を再現しやすいです。

CapFrameXを使用して、ミッション開始してから60秒間の平均フレームレートを計測します。

モガ

計測途中必ず、武装採掘艦からの巨大レーザーを食らってスタッガー状態になります。そのため、最低FPS(1%Low)は低めに出ると思います。

グラボごとのフレームレート

フルHD解像度

フルHD(1920×1080ドット)のベンチマーク結果です。

最高設定平均60fpsを維持するには最低でも「GTX 3060 」以上が必要です。

ただ、「RTX 3060」との価格差は数千円しかなく、さらにDLSS FGも使える「RTX 4060」がおすすめです。

RTX4060のモデルを探す

WQHD解像度

WQHD(2560×1440ドット)のベンチマーク結果です。

最高設定平均60fpsを維持するには最低でも「GTX 4060 」以上が必要です。

ただ、最低fpsのことも考えると、「RTX 4060 Ti」ががおすすめです。RTX 4060 Tiであれば、WQHD解像度でfps60以上を維持してのゲームプレーが可能です。

4K解像度

4K(3840×2160ドット)のベンチマーク結果です。

やはり4K解像度(3840×2160)では、それなりに負荷が重いです。

最高設定平均60fpsを維持するには最低でも「RTX 4070」以上が必要です。ただ、RTX 4070でも最低fpsは60以下なので、4K解像度で60fps以上をキープしたいのなら、RTX 4070 Ti Super以上が必要かもしれません。

各解像度ごとの推奨グラボまとめ

最高設定平均60fp
フルHD解像度
(1920×1080ドット)
RTX 4070
RTX 4060 Ti
RTX 4060
RTX 3060 Ti
RTX 3060
WQHD解像度
(2560×1440ドット)
RTX 4070
RTX 4060 Ti
RTX 4060
4K解像度
(3840×2160ドット)
RTX 4070以上

必要なメモリとVRAMについて

メモリは約4~5GB、VRAMは4~6GBくらい消費します。メモリは16GB、VRAMは4Kでプレーしないなら、6GBあれば十分です。

フルHD解像度向けおすすめゲーミングPC

iiyama LEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE

iiyama LEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE

CPU:Ryzen 5 4500
GPU:RTX 4060
メモリ:DDR4-3200 8GB×2
ストレージ:500GB M.2 NVMe SSD
電源:600W 80PLUS BRONZE
価格:124,800円

「iiyama LEVEL-M1P5-R45-RLX-WHITE」はRyzen 5 4500×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。RTX 4060は最新のRTX40シリーズのミドルクラスのGPUです。フルHDを狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、性能が高いわけではないので、RTX 4060あたりのビデオカードとの組み合わせだと、上位CPUと組み合わせた場合と比べてfpsが若干伸びません。
(※参考記事→Ryzen 5 4500とRTX 4060の組み合わせで大丈夫?Ryzen 7 5700Xと組み合わせた場合とゲーム性能を比較)
ストレージは500GBと少々不安です。余裕があれば、カスタマイズで増量することをおすすめします。メモリは16GBと標準的です。このモデルはコスパに優れたLEVELθ(レベル シータ)に属しています。PCケースにはThermaltake製のミニタワーケース「S100 TG」をベースとしたオリジナル筐体を採用。スイングドア方式を採用した強化ガラス製サイドパネルが特徴のPCケースです。なおこのモデルはスペックはそのまま同じで、PCケースが黒いブラックモデル iconとPCケースが白、ファンがピンクのさくらモデル iconがあります。ケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約441mm x 奥行(D):約411mmです。

NEXTGEAR JG-A5G60

NEXTGEAR JG-A5G60

CPU:Ryzen 5 4500
GPU:RTX 4060
メモリ:DDR4-3200 8GB×2
ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
電源:750W 80PLUS BRONZE
価格:129,800円

「NEXTGEAR JG-A5G60」はRyzen 5 4500×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。RTX 4060は最新のRTX40シリーズのミドルクラスのGPUです。フルHDを狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Ryzen 5 4500は6コア12スレッドのZEN2世代のCPUで、性能が高いわけではないので、RTX 4060あたりのビデオカードとの組み合わせだと、上位CPUと組み合わせた場合と比べてfpsが若干伸びません。
(※参考記事→Ryzen 5 4500とRTX 4060の組み合わせで大丈夫?Ryzen 7 5700Xと組み合わせた場合とゲーム性能を比較)
ストレージは1TB、メモリは16GBと標準的です。このモデルが属しているNEXTGEARはマウスコンピューターの中でコスパに優れたブランドという位置づけですが、通常モデルと同じく3年間という手厚い標準保証が受けられます。フロントに大きなクロスを形どった、個性的なデザインが特徴的なPCケースを採用しています。ケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約390mm x 奥行(D):約411mmです。

G-GEAR G-GEAR GA7A-D230/T

CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:RTX 4060
メモリ:DDR4-3200 8GB×2
ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
電源:550W 80PLUS BRONZE
価格:149,800円

「G-GEAR GA5A-D230/B」はRyzen 7 5700X×RTX 4060のエントリークラスのゲーミングPCです。RTX 4060は最新のRTX40シリーズのエントリークラスのGPUです。フルHD高画質を狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Ryzen 7 5700Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。ストレージは1TB、メモリは16GBで標準的ですな容量です。ケースの寸法は幅(W):約190mm x 高さ(H):約435mm x 奥行(D):約475mmです。

Lenovo Legion Tower 5i Gen 8

CPU:Core i5-14400F
GPU:RTX 4060
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:512GB M.2 NVMe SSD
電源:-
価格:151,690円

「Lenovo Legion Tower 5i Gen 8」はCore i5-14400F×RTX 4060のミドルクラスのゲーミングPCです。RTX 4060は最新のRTX40シリーズのエントリークラスのGPUです。フルHD高画質を狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Core i5-14400Fは10コア16スレッドのインテル第14世代のCPUです。RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。メモリは16GBなのはいいですが、ストレージは512GBと少々不安があります。余裕があればカスタマイズをおすすめします。以前実機をレビューしましたが、PCケースの質感は高く、エアフローも優秀だと感じました。ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約397mm x 奥行(D):約426mmです。

下記記事で、「Lenovo Legion Tower 5i Gen 8」の外観イメージを掴むことができます↓。
Legion Tower 5i Gen 8をレビュー!RTX 3060 Ti+Core i7-13700搭載のレノボのゲーミングPC

WQHD解像度向けおすすめゲーミングPC

FRGKB760M/WS318/NTK

CPU:Core i5-12400F
GPU:RTX 4060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB×2
ストレージ:512GB M.2 NVMe SSD
電源:600W 80PLUS BRONZE
価格:149,800円

FRGKB760M/WS318/NTK」はCore i5×RTX 4060 TiのゲーミングPCです。RTX 4060 Ti搭載モデルとしては最安クラスです。RTX 4060 TiはフルHD高画質を狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Core i5-12400Fは6コア12スレッドのインテル第12世代のCPUでEコアはありません。スペックが高いCPUではないですが、RTX 4060 Tiとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。ストレージは512GBと少々不安です。余裕があれば、カスタマイズで増設することをおすすめします。メモリは32GBと大容量なので余裕があります。このモデルは、容量30Lのコンパクトサイズに高いエアフロー性能を誇るミニタワーのPCケースを採用しているGKシリーズに属しています。ケースの寸法は幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mmです。

FRGAG-B550M/WS205/NTK

FRGAG-B550M/WS205/NTK

CPU:Ryzen 7 5700X
GPU:RTX 4060 Ti
メモリ:DDR4-3200 16GB×2
ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
電源:600W 80PLUS BRONZE
価格:155,800円

FRGAG-B550M/WS205/NTK」はRyzen 7 5700X×RTX 4060 TiのミドルクラスのゲーミングPCです。RTX 4060 TiはフルHD高画質を狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Ryzen 7 5700Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060 Tiあたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。ストレージは1TBと標準的です。メモリは32GBと大容量なので余裕があります。このモデルは、冷却性と拡張性を両立させた新設定のPCケースを採用しているGAシリーズに属しています。マザーボードを上下逆にし、ビデオカードの冷却性を向上させたりと随所に工夫を感じます。ケースの寸法は幅(W):約210mm x 高さ(H):約457mm x 奥行(D):約465mmです。

G-GEAR Powered by MSI GM5A-D233BN/A/CP1

G-GEAR Powered by MSI GM5A-D233BN/A/CP1

CPU:Ryzen 5 7500F
GPU:RTX 4060 Ti
メモリ:DDR5-4800 8GB×2
ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
電源:850W 80PLUS GOLD
価格:169,800円

「G-GEAR Powered by MSI GM5A-D233BN/A/CP1」はRyzen 5 7500F×RTX 4060 TiのミドルクラスのゲーミングPCです。RTX 4060 Tiは最新のRTX40シリーズのミドルクラスのGPUです。フルHD高画質を狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Ryzen 5 7500Fは6コア12スレッドのZEN4世代のCPUです。実質、Ryzen 5 7600の内蔵GPUがないバージョンと言える存在で、特にシングル性能は高く、ゲーム性能も高いです。RTX 4060 Tiの性能をフルに活かしてくれます。このモデルはMSIとのコラボモデルです。各パーツがMSIで統一されています。特にPCケースのMSI MPG SEKIRA 100Rは現時点では日本国内では単品で購入不可能なPCケースです。ケースの寸法は幅(W):約215mm x 高さ(H):約475mm x 奥行(D):約420mmです。

4K解像度向けおすすめゲーミングPC

G-GEAR Aim GB5J-D231BN/CP2

G-GEAR Aim GB5J-D231BN/CP2 RTX4070

CPU:Core i5-13500
GPU:RTX 4070
メモリ:DDR4-3200 8GB×2
ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
電源:750W 80PLUS GOLD
価格:194,980円

「G-GEAR Aim GB5J-D231BN/CP2」はCorei5-13500×RTX 4070のハイエンドクラスのゲーミングPCです。RTX 4070は最新のRTX40シリーズのハイエンドクラスのGPUです。WQHD高画質を狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Core i5-13500はインテル第13世代のCore-5で、Pコアが6つ、Eコアが8つの合計14コア20スレッドという強力なマルチスレッド性能を有します。RTX 4070との相性も良好です。ストレージは1TBで必要最低限あります。メモリは16GBと標準的です。マザーボードはASUS TUF GAMING B660M-E D4など、各パーツ信頼性の高いものを採用しています。このモデルはG-GEAR Aimシリーズに属します。PCケースはヘアラインフロントパネルで構成されたスクエアデザインを採用し、質感が高いです。ケースの寸法は幅(W):約190mm x 高さ(H):約435mm x 奥行(D):約475mmです。

Lenovo Legion Tower 5 Gen 8

CPU:Ryzen 7 7700X
GPU:RTX 4070
メモリ:DDR5-5600 16GB
ストレージ:1TB M.2 NVMe SSD
電源:-
価格:199,870円

「Lenovo Legion Tower 5 Gen 8」はRyzen 7 7700X×RTX 4070のミドルクラスのゲーミングPCです。RTX 4070は最新のRTX40シリーズのアッパーミドルクラスのGPUです。WQHD高画質を狙えるだけでなく、DLSS FGに対応しており、それを利用すればさらなる高フレームレートでゲームがプレーできます。Ryzen 7 7700Xは8コア16スレッドのZEN4世代のCPUで、先代のRyzen 7 5700Xと比較するとコア数スレッド数は同じですが性能は段違いに高くなっています。RTX 4070との組み合わせても安心感があります。ストレージは1TB、メモリは16GBと容量は標準的です。以前実機をレビューしましたが、PCケースの質感は高く、エアフローも優秀だと感じました。ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約397mm x 奥行(D):約426mmです。

まとめ

昨今、負荷が異常に重かったり、VRAM消費量が10GB以上といった極端なゲームが多い中、アーマードコア6の負荷はそこまで重くない印象です。

フルHD中設定であれば、GTX 1660 SuperやRTX 3050などの安価なグラボでも十分プレー可能です。

フロムソフトウェア
目次