ゲーミングPC(BTO)

自作PCとBTO、どっちがおすすめ?それぞれのメリット・デメリットについて解説

パソコンを購入する方法は主に、「自作PC」と「BTO」の2種類あります。

問題は、「自作PCとBTO、どちらにすべきか?」です。

特に初めてパソコンの購入を考えてる方は、どちらにすべきか、迷っている方も多いのではないでしょうか?そこで、今回は自作PC、BTOのそれぞれのメリット・デメリットについて解説したいと思います。

スポンサーリンク

自作PCのメリット・デメリット

メリット

自分好みのパソコンが作れる

自分好みのパソコンが作れる自作パソコンの最大の魅力が自分好みのパソコンが作れることです。CPUやビデオカード、メモリ、ストレージはもちろん、PCケースも自由自在に選ぶことができます。

LEDファンを多めにして、外観を派手にしたり、ファンを少なくして静音PCを作れたりと、制約はほとんどありません。自分だけのオリジナルパソコンが作れます。

デメリット

自分でパソコンを組み立てる必要がある

自分でパソコンを組み立てる必要があるパソコンの組み立て自体は実はそこまで難しくありません。基本的に決められた場所にパーツをはめこむだけですし、必要な工具はプラスのドライバーだけです。

ただ、全くの自作パソコン初心者だと組み立てに若干の難しさを感じるかもしれません。特に難しいのが配線作業です。

配線を綺麗に見せるために、裏配線(配線を背面に回す)が必要になりますし、フロントパネルコネクタの接続も正直面倒です。

また、CPUクーラーを簡易水冷にする場合、ラジエーターの設置を行う必要があるので、その作業も初心者の方は戸惑う可能性が高いです。

PCパーツの知識が必要

PCパーツの知識が必要
自分でPCパーツを選ぶ必要があるので、PCパーツに関する膨大な知識が必要になります。

例えば、CPUクーラー一つとっても、サイドフロー、トップフロー、簡易水冷と種類が複数あり、商品数も下手したら数百種類あります。

どのPCパーツが自分の求めるパソコンにふさわしいのかというこだわりがある場合、PCパーツ選定に時間がかかります。

PCパーツに関する知識が全くない場合は、自分である程度、勉強する必要があります。

トラブルがあっても自分で解決する必要がある

トラブルがあっても自分で解決する必要がある
パソコンの組み立て終わって、いざ電源を入れても動かないといったトラブルは意外と多いです。そういったトラブルに遭遇した場合、すべて自分で解決する必要があります。

どのパーツが原因でパソコンが動かないのか、自分で見分ける必要があります。さらにそのパーツが初期不良が原因だった場合、自分でメーカーに問い合わせる場合があります。

BTOのメリット・デメリット

メリット

組み立ての必要なし

組み立ての必要なし
BTOは完成品で送られてくるため、自分で組み立てる必要がないです。配線作業など厄介な作業もBTOメーカーの経験豊富なスタッフが綺麗に作業してくれます。面倒ごとが嫌な人にとっては大きな魅力です。

サポートが手厚い

BTOパソコンはどのメーカーも基本的に購入日から1年間の保証・サポートがあります。パソコンを起動して何も映らないといったトラブルにももちろん対応してもらえます。


また、ツクモのeX.computer延長保証みたいに購入日から3年間という、長期間の保証をうけられるサービスもあります。

このようにBTOはサポートが手厚いので、安心して長期間パソコンを使いたい人にとっては大きな魅力です。

自作PCとBTOに価格差はほとんどない

自作PCとBTOで価格差はあるのでしょうか?全く同じ構成で価格を比較してみます。

Lenovo Legion T550
CPURyzen 5 5600G24,999円
ビデオカードGTX 165027,245円
マザーボードマザーボード16,535円
メモリDDR4 3200 8GB×27,480円
PCケースATXPCケース5,030円
ストレージ1TB(HDD)
256GB(M.2 SSD)
5,373円
4,300円
電源ユニット650W7,045円
OSWindows 11 Home 64bit19,280円
価格118,312円117,287円

なるべく、Lenovo Legion T550が採用しているパーツに近づけるようにして、各パーツの価格を調べました。

このように自作PCとBTOに価格差はほとんどありません。この価格差であれば、サポートが手厚い、BTOのほうがお得だと感じます。

デメリット

カスタマイズ性は自作PCに劣る

BTOでもある程度、カスタマイズは可能です。ただ、カスタマイズできるPCパーツはあらかじめ決めっていて、それらから選ぶという形になります。

自作PCであれば、なんでも自由なので、それに比べるとさすがにカスタマイズ性は劣ります。

BTOを探すのに苦労する

BTOメーカーの規模は大小さまざまで、数はかなりあります。膨大な数の中から自分に合ったBTOメーカーを探すのはかなり苦労します。

また、BTOメーカーのwebページによっては、UIがイマイチなのもあり、単純にBTOパソコンを探しにくい場合もあります。

おすすめは大手のBTOパソコンメーカーから探すことです。

大手であれば、まずBTOメーカーの数が絞られます。さらに大手は商品数も多く、webページもしっかり作られているので探しやすい傾向にあります。まずは大手BTOメーカーから探してみることをおすすめします。

また、ゲーミングPC、BTOメーカーの探し方は、下記記事が参考になるのでぜひご覧ください。

ゲーミングPCの探し方はこちら↓。

【初心者向け】ゲーミングPCの選び方を解説!初心者が抑えておくべき知識とは?
ゲーミングPCの購入を考えている方にとって、まず最初の障害になるのパソコン特有の「わかりにくさ」です。そこで今回はゲーミングPC選びにおいて、最低限抑えておくべき知識についてわかりやすく解説したいと思います。

各BTOメーカーの解説はこちら↓。

おすすめBTOパソコンメーカーを紹介。特徴もわかりやすく解説。
BTOメーカーの数は大小合わせれば、かなりの数になります。そこで今回は主要なBTOメーカーを厳選して紹介したいと思います。また、各BTOメーカーの特徴を簡単に説明し、そのうえで個人的におすすめのBTOメーカーを紹介したいと思います。

結論:どっちがおすすめ?

自作PCとBTO、それぞれメリット・デメリットがあり、人によってどっちに魅力を感じるのか、異なります。

そこでどういう人に自作PC、BTOがおすすめなのか、下記に記したいと思います。

自作PCが合っている人BTOが合っている人
とにかく自分で好きなようにカスタマイズして、自分好みのパソコンを作りたい人面倒ごとが嫌い
PCの知識がほとんどない初心者
サポートが欲しい

まとめ

自作PCとBTO、それぞれのメリット・デメリットが存在します。ただ、全くの初心者であれば、間違いなく自作よりBTOをおすすめします。

BTOと自作PCの間の価格差はほとんどなく、BTOは完成品で組み立ての必要なし、さらにサポートも手厚いので、BTOはPC初心者にピッタリです。

スポンサーリンク
Amazonで頻繁に買い物する方、高額な買い物をする方はAmazonチャージがお得です。
\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Amazonチャージのお得情報の詳細はこちらから

1回のチャージ金額一般会員Amazonプライム会員
5,000円以上0.5%1.0%
20,000円以上1.0%1.5%
40,000円以上1.5%2.0%
90,000円以上2.0%2.5%

チャージすると、一般会員であれば最大2.0%、Amazonプライム会員であれば最大2.5%、Amazonポイントが付与されます。例えば10万円チャージしたらAmazonプライム会員であれば、2,500円分のポイントが付与されます。

このAmazonポイントはチャージする度にポイントが付与されます。頻繁にAmazonで買い物する人にとっては非常にお得なサービスとなっています。

また、現在、初回限定のAmazonチャージで1000円分のポイントが付与されるキャンペーンが実施中です。それ目当てで一度、Amazonチャージをしてみてもいいかもしれません。

またAmazonプライム会員限定ですが、クレジットカードチャージも可能です。

\ 初回限定で1,000円分のポイントゲット !/

Amazonチャージで買い物をさらにお得に

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
ゲーミングPC(BTO)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ