複数のケースファンを動かしたい!SYS FANが足りないときの解決法

ケースファン

ケースファンは基本的にマザーボード上のSYS_FANにつなぎます。ところがマザーボードによっては、SYS_FANの数が足らず、ケースファンを複数動かせないという事態が起こります。

今回はそういう事態に遭遇して困ってる人に向けて、解決方法を伝授したいと思います。

モガ
モガ

日本の夏は暑いので熱暴走を起こさないようにPCケース内のエアフローを意識するのは大事なことです。PCケースのファンはしっかりと稼働させましょう。

スポンサーリンク

なぜSYS_FANが足りない現象が起こるのか

4ピンのケースファン電源ケーブルPCケースファンの電源ケーブルです。大抵の場合、4ピンとなっています。

マザーボード上のSYS_FANPCケースファンの電源ケーブルは、マザーボード上のSYS_FANにつなげます。ちなみにPCケースファンの電源ケーブルが3ピンでも問題なくつなげることが出来ます。

PCケースファンの電源ケーブルは2つ以前記事にしましたが、自分使ってるPCケースはSilencio S400です。このPCケースは標準で前面、背面、合わせて2つケースファンがついています。

つまりPCケースファンの電源ケーブルが2つあります。

Silencio S400の詳細についてはこちらからどうぞ↓

静音PCケースSilencio S400をレビュー!珍しいSDカードスロット付き
家で作業する機会が増え、ここに来て気になったのが騒音でした。そこで静音PCケースを探すことになったのですが、それに加えて、PCケース自体にSDカードスロットがついているものがないか探してみました。その条件で見つかったのがSilencio S400でした。今回はPCケースのSilencio S400をレビューしたいと思います。

B450M S2HにはSYS_FANが1つ
ところが自分の使っているマザーボードのB450M S2HにはSYS_FANが1つしかありません。

1つしかPCケースファンを動かせないSYS_FANが1つしかないということは、すなわち1つしかPCケースファンを動かせないということを意味します。

マザーボードの種類によって、SYS_FANの数は変わります。例えば、自分が所有しているもう1つのマザーボードにはSYS_FANが4つも搭載されています。個人的には安物マザーだとSYS_FANが1つしかないというパターンが多い気がします。

分岐ケーブルで解決

SYS_FANが1つしかなくて、複数のケースファンを動かしたい場合、どうすればいいのか?

答えは簡単です。分岐ケーブルを使えば一発で解決します。例えば、下記のような分岐ケーブルです。

このような分岐ケーブルを使えば、複数のケースファンを動かすことが出来ます。ちなみにこの分岐ケーブルはPWM対応です。

分岐ケーブル取り付け

Cable Matters PWMファン用延長ケーブル
それでは実際に分岐ケーブルをつけ、ファンが複数動くのか検証したいと思います。購入したのは先ほど紹介したCable Matters PWMファン用延長ケーブルです。

分岐ケーブルは2つ同梱
分岐ケーブルは2つ同梱されています。

分岐ケーブル本体
さらに袋から開封してみました。本体です。

4ピンが1つ、3ピンが1つに対応
分岐ケーブルは4ピンが1つ、3ピンが1つに対応という変わった形状をしています。PMW制御は4ピンで繋いだ時限定で機能します。

例えば、前面ファンを4ピンに接続、背面ファンを3ピンに接続すると、背面ファンは4ピンにつないだ前面ファンと同じ速度で動作するということになります。

マザーボードのSYS_FANにつなぐ
ケースファンのケーブル2つを分岐ケーブルにつなぎ、それをマザーボードのSYS_FANにつなぎました。

検証

前面ファン、背面ファンともに動作
Cable Matters PWMファン用延長ケーブルにつないだ前面ファン、背面ファンはともに動作しました。

Smart Fan 5専用ソフトのSmart Fan 5からファンの回転数の確認、ファンの回転数の調整もできました。

ケースファンの回転数の確認、調整は各マザーボードから提供されているソフトからおこなえます。ギガバイトの場合はSmart Fan 5というソフトを使います。

まとめ

SYS_FANが足りない、でも複数のケースファンを動かしたい。そういうときは分岐ケーブルを購入すれば一発で解決します。しかも導入コストも安いです。

もしこの分岐ケーブルを使うのが面倒だと感じたら、初めからSYS_FANの数が多いマザーボードを購入するのも1つの手かもしれません。