CPUクーラーパソコン・自作PC

トップフロー型CPUクーラーの超天をレビュー!虎徹 MarkⅡのトップフロー版

超天

CPUクーラー売り上げ不動の1位のサイズの虎徹 MarkⅡ。

今回紹介する超天は、この虎徹 MarkⅡのトップフロー版というコンセプトの基、開発されたCPUクーラーです。

虎徹 MarkⅡも所有しているので、個人的にこの超天、以前から非常に気になる存在でした。

今回はサイズのトップフロー型CPUクーラーの超天をレビューしたいと思います。

モガ
モガ

この超天はトップフロー型CPUクーラーとしてはかなりサイズが大きいです。見た目からして冷却性能に期待が持てます。

スポンサーリンク

超天の仕様

型番SCCT-1000
サイズ130(W)× 120(H) × 130(D) mm(搭載ファン含む)
120 × 120 × 厚さ27 mm (搭載ファン)
ファン回転数(PWM可変)300(±200)~ 1200 rpm(±10%)
ノイズ4.0 ~ 24.9 dBA
風量16.6 ~ 51.17 CFM
静圧0.75 ~ 10.3 Pa / 0.00762 ~ 1.05 mmH2O
対応CPUIntel 775 / 1151 / 1150 / 1155 / 1156 / 1200 / 1366

AMD AM2 / AM2+ / AM3 / AM3+ / FM1 / FM2 / FM2+ / AM4

ヒートパイプ6 mm径 × 4本(ニッケルメッキ処理済み)
重量550 g(付属ファン含む)
付属品グリス・図解入り多言語マニュアル (日本語含む)
保証期間1年間

超天の外観と付属品

付属品チェック

付属品チェック
超天の付属品です。本体はすでに組み立て済みだったので、付属品はかなり少ないです。1つずつ詳しく見ていきます。

付属のグリス
付属のグリスです。

AMD用のクリップ
AMD用のクリップです。AMD製CPUに取り付ける際に使用します。

超天本体
超天の本体です。インテル用のクリップがすでに装着済みでした。つまり、インテルのCPUに取り付けるのなら、組み立て不要でそのまま使用可能です。

外観チェック

外観チェック
超天のサイズは幅が130mm、奥行きが130mm、高さは120mmです。トップフロー型のCPUクーラーの多くは高さが抑えられていますが、この超天は高さがかなりあります。ちなみにインテルのクリップは外した状態で計測しました。

オフセットデザインを採用
サイドから見ると、かなり特徴的な外観をしていることが分かります。ヒートパイプが片側に寄っています。メモリとの干渉を防ぐ、オフセットデザインを採用しているので特徴的な外観になっています。

メモリとの干渉は起きません
実際に取り付けて検証しましたが、メモリとの干渉は起きませんでした。背の高いメモリを使用しても問題ないと思います。

ヒートパイプの数は4本
ヒートパイプの数は4本です。太さは6mm径です。ニッケルメッキ処理が施されています。

インテル用のクリップを装着
インテルのCPUの場合は、ベース部分にインテルCPU用のクリップを装着します。ただ、先ほども言った通り、初期状態ではインテルCPU用のクリップが装着済みなので、インテルのCPUにとりつける際はこのまま使用します。

AMDCPU用のクリップを装着
AMDのCPUに取り付ける場合、インテルCPU用のクリップを取り外し、AMDCPU用のクリップを装着します。

KAZE FLEX
ファンは12cmの静音ファンのKAZE FLEXが採用されています。ファンの回転数は300~1200 rpmです。ちなみにこのKAZE FLEXは単品でも購入できます。

KAZE FLEXのレビューはこちら↓。

KAZE FLEX 120 PWMをレビュー!さらなる静音性を実現
PCケースに標準で付属されているケースファンからKAZE FLEX 120 PWMに交換して、静音性がどれくらい向上するのか調べてみました。

上から風を吹き付けるので、マザーボード全体を冷やせる上から風を吹き付けるので、マザーボード全体を冷やすことができます。

ヒートシンク外観ファンを取り外して、ヒートシンク単体を詳しく見ていきます。ヒートシンクを上から覗くと、2箇所穴が開いていました。

放熱フィンはアルミニウム製で、長いもの、短いものが交互に折り重なるように配置されています。

ヒートシンクの重量は447g
ヒートシンクの重量は447gでした。

マザーボードのヒートシンクが邪魔で、取り付けに苦労インテルのCPUに取り付けてみました。個人的にプッシュピン式はあまり好きではないです。マザーボードのヒートシンクが邪魔で、取り付けに苦労しました。

超天の冷却性能をチェック

超天の冷却性能をチェックするために使用した検証用PCのスペックは以下の通りです。

CPUcore i5-11400F
CPUクーラー虎徹 Mark II
マザーボードMSI B560M BAZOOKA
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
グラフィックボードRTX3060(Colorful RTX 3060 NB 12G)
SSDNVMe 240G(CRAS C700 M.2)※OS用
HDD 4TB(ST4000DM004)※ゲーム用
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
OSWindows 10 Home

core i5-11400FはPL制限を解除すると、最大135Wを消費するようになり、リテールクーラーでは冷やしきれないほどの熱が発生します。そのため、今回はPL制限を解除した状態でチェックしていきたいと思います。

core i5-11400Fのレビューはこちら↓。

core i5-11400Fをレビュー!PL無効化で性能は上がるが色々と面倒なCPU
core i5-11400Fは、デフォルト状態だと65W制限がかかっていますが、PL無効化してやると、驚くほど性能が向上します。今回はcore i5-11400FのPLを無効化して、どれだけ性能が向上するのか検証したいと思います。

測定方法は、ベンチマークソフトのOCCTを使用したいと思います。OCCTを10分間実行している間の温度変化、ファンの回転数、騒音を見ていきます。なお、CPUグリスは付属のものを使用します。

室温は25度位、PCケース内に収めて測定しました。

OCCT実行時のCPU温度推移
OCCT実行してからしばらくはCPU温度は70度内に収まっていましたが、徐々に80度以上になり、最高温度は83度まで到達しました。おおむね80度前後をキープしています。

リテールクーラーでは100度以上に到達していたので、それと比べると圧倒的に冷えています。

OCCT実行時のファン回転数ファンの回転数ですが、負荷が高まるにつれ回転数が上がっていきました。最終的にはMAXである1200回転位まで上がりました。

OCCT実行時の騒音は51dBA位
OCCT実行時の騒音を計測したところ、51dBA位でした。アイドル時は静かですが、回転数がMAXになるとやはりそれなりの騒音がします。

良かったところ、悪かったところ

・価格が安い
・トップフロー型にしては冷える
・トップフロー型なので、マザーボード全体を冷やせる
・アイドル時は静か
・オフセットデザインなので、メモリとの干渉が起こらない
・インテルCPUに取り付ける場合、組み立て不要
・インテルCPUを取り付ける際、バックプレートが不要
・高さがあるので、小さいケースに入らない可能性がある
・負荷がかかるとそれなりの騒音
・インテルCPUへの取り付けは大型ヒートシンクがあると取り付けづらい

まとめ

超天は、他のトップフロー型より高さがあるので、小さいケースに収めるのは厳しいですが、その分、冷却はそれなりに優秀です。

ケースのスペースに余裕があり、トップフロー型のCPUクーラーで冷却を求めているのなら、この超天、おすすめできます。

超天の基になった虎徹 MarkⅡのレビューはこちら↓。

超定番CPUクーラー虎徹 MarkⅡをレビュー。取り付け方法から性能検証まで
サイズの虎徹 MarkⅡは「CPUクーラー選びに迷ったとりあえず虎徹 MarkⅡを選べ」と言われるくらいの超定番CPUクーラーです。今回は虎徹 MarkⅡの取り付け方法を解説し、性能を検証します。
Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
スポンサーリンク
CPUクーラーパソコン・自作PC
スポンサーリンク
モガをフォローする
スポンサーリンク
モガラボ