パソコン・自作PCファン

KAZE FLEX 120 PWMをレビュー!さらなる静音性を実現

KAZE FLEX 120 PWM

PCケースに標準でついているケースファンから静音ケースファンであるKAZE FLEX 120 PWMに交換して、静音性がどれくらい向上するのか調べてみました。

モガ
モガ

交換するケースファンは、静音PCケースのSilencio S400についているものです。このケースファンも一般的には静かな方だと思いますが、さらなる静音性を追い求めてみました。

スポンサーリンク

購入したのはサイズのKAZE FLEX 120 PWM

静音性の高いPCケースファンの購入を考えたとき、真っ先に候補として考えたのはnoctuaのケースファンです。

noctuaのケースファンは風量の割に静音性が高いと評判だからです。おまけにデザイン性も高いです。

ただ値段が他社のケースファンに比べて倍くらい高いのでその点は微妙でした。

しかもデザイン性が高いといっても自分が使っているPCケースのSilencio S400だとサイドが透明ではないので、ケースファンが隠れてしまいます。それではあまり意味がありません。

Silencio S400の詳細は下記記事へどうぞ。

静音PCケースSilencio S400をレビュー!珍しいSDカードスロット付き
家で作業する機会が増え、ここに来て気になったのが騒音でした。そこで静音PCケースを探すことになったのですが、それに加えて、PCケース自体にSDカードスロットがついているものがないか探してみました。その条件で見つかったのがSilencio S400でした。今回はPCケースのSilencio S400をレビューしたいと思います。

noctuaをあきらめ、他の製品を探しているときに見つけたのがサイズのKAZE FLEX 120 PWMでした。

静音性を謳っているケースファンで、何より価格がnoctuaのケースファンの2分の1でした。ちなみにKAZE FLEXはCPUクーラーの虎徹 Mark IIのCPUファンにも採用されています。

虎徹 Mark IIのレビューはこちら↓。

超定番CPUクーラー虎徹 MarkⅡをレビュー。取り付け方法から性能検証まで
サイズの虎徹 MarkⅡは「CPUクーラー選びに迷ったとりあえず虎徹 MarkⅡを選べ」と言われるくらいの超定番CPUクーラーです。今回は虎徹 MarkⅡの取り付け方法を解説し、性能を検証します。

KAZE FLEX 120 PWMの仕様

サイズ120 x 120 x 厚さ27mm
接続4ピン接続
ベアリングSealed Precision FDB(高精度密閉型FDB)
寿命MTTF 12万時間
回転数300 ~ 1200 ±10% rpm
ノイズ・風量4.0 ~ 24.9 dBA / 16.6 ~ 51.17 CFM
定格電圧DC12V
ケーブル長さ約50cm
リブなし
本体重量約135g
付属品変換ケーブル(ファン用3ピン→ペリフェラル4ピン)、取付ネジ
保証期間1年間

KAZE FLEX 120 PWMの開封、外観チェック

KAZE FLEX 120 PWMの開封、外観チェック
KAZE FLEXには何種類かありますが、今回自分が購入したのは120mmのKAZE FLEX 120 PWMです。今回は前面ファン、背面ファンを交換予定なので2つ購入しました。

KAZE FLEX 120 PWMを取り付けるためのネジ
ケースファンをケースに取り付ける際に使うネジです。

ペリフェラルケーブル
ペリフェラルのケーブルです。今回は使用しません。

KAZE FLEX 120 PWM
ケースファン本体です。

防振ゴム
隅には振動を抑える大き目の防振ゴムが貼られています。

Silencio S400の付属のケースファンとKAZE FLEX 120 PWMを比較
Silencio S400についているケースファン(写真左側)と並べて比較してみました。

KAZE FLEX 120 PWMはSilencio S400のケースファンに比べて、フィンの枚数が多く、また、防振ゴムのサイズも大きいです。

静音性チェック

付属ケースファンの時の騒音チェックまず付属ケースファンの時のアイドル時の騒音チェックです。ちなみにファンの回転数は一番低く設定できる800回転です。大体41~42を行ったり来たりといった感じでした。

KAZE FLEXに交換後の騒音
次にKAZE FLEX 120 PWMの静音性の検証です。ファンの回転数は一番低く設定できる300回転まで落としました。

アイドル時の騒音は39前後を行ったり来たりでした。ケースファン交換後、実際に自分の耳で聞くと明らかに騒音が減ったと実感できます。

もしゲームなどでPCに高い負荷をかけたときにファンの回転数が低いと、冷却不足になる可能性があります。高い負荷をかけるときは一時的にファンの回転数を上げた方がいいかもしれません。

まとめ

やはりPCの騒音はファンの音をどれだけ抑えられるかが鍵になると実感しました。

あとは、静音性の高い電源への買い替え、CPUクーラーの交換(現在はリテールクーラーを使用)でさらに静音性が高められそうです。

ただ、もし静音性を追い求めるのなら、まずはケースファンの交換から始めてみることをおススメします。

導入コストも安いですし、効果がもっとも実感できると思います。