ゲーミングPC(BTO)

【初心者向け】ゲーミングPCの選び方を解説!初心者が抑えておくべき知識とは?

ゲーミングPC

ゲーミングPCの購入を考えている方にとって、まず最初の障害になるのパソコン特有の「わかりにくさ」です。

初心者の方はパソコンに関する知識が疎いので、パソコンの専門用語、各パーツの役割など、分からないことだらけになるといった問題に直面しやすいです。

パソコンに関する知識がないまま、ゲーミングPCを選ぶと、失敗するリスクも上がる可能性があります。

そこで今回はゲーミングPC選びにおいて、最低限抑えておくべきパソコンの知識と、ゲーミングPCの選び方についてわかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

ゲーミングPCとは?

ゲーミングPCとは?
そもそも「ゲーミングPC」とはどういったパソコンのことをいうのでしょうか?

一応、その名の通り、「ゲームをするためのパソコン」と言えなくもないですが、実ははっきりとした定義はありません。

実はゲーミングPC以外の普通のパソコンでもゲームが遊べるからです。例えば、動画編集などのクリエイター向けのパソコンは性能がいいので、ゲームも普通に遊べます。

あまり深く考えず、とりあえず、「ゲーミングPC=性能が高いPC」と理解してもらって結構です。

BTOとは「Build To Order」の略称で、「受注生産」を意味します。完成品と違い、注文を受けてからPCを組み立てます。そのため、自分が設定したカスタマイズがそのPCに反映されます。つまり、ゲーミングPC=BTOと理解してもらっても構いません。

最低限理解すべき各PCパーツについて

ゲーミングPCは各PCパーツが組み合わさって構成されます。ここでは最低限抑えておくべき、各PCパーツの役割について、わかりやすく解説します。

CPU

CPUCPUとはCentral Processing Unit(セントラル・プロセッシング・ユニット)の略称で、PC上の数値計算、情報処理などを行うパーツです。

PC上のほぼすべての処理を一手に引き受けるパーツでもあるため、CPUの処理能力が高いほど、性能が高いPCと言い換えることもできます。

もちろん、ゲーミングパソコンにおいて、CPUも重要なパーツです。ビデオカードの性能を活かすために必要だからです。

いくら性能のいいビデオカードを使っていたとしても、CPUの性能が低いと、ビデオカードの性能が引き出せないからです。

 インテルAMD
超ハイエンドCore i9Ryzen 9
ハイエンドCore i7Ryzen 7
ミドルレンジCore i5Ryzen 5
ローエンドCore i3Ryzen 3

CPUを供給しているのは実質、「インテル」と「AMD」の2社です。この2社ともにローエンドから超ハイエンドまで幅広く取り揃えています。

ビデオカード

ビデオカード
ビデオカードはパソコンの映像をディスプレイに表示するために必要なパーツです。CPUの中には内蔵GPUが搭載されているモデルもありますが、その場合、ビデオカードは必須ではありません。

ただ、ゲームをプレーするには内蔵GPUでは性能不足なので、基本的にビデオカードが必須だと思っていいです。

 NVIDIAAMD(RADEON)
ハイエンドRTX 3090Ti
RTX 3090
RTX 3080
RX 6900 XT
RX 6800 XT
RX 6800
ミドルクラスRTX 3070Ti
RTX 3070
RTX 3060Ti
RTX 3060
RX 6700 XT
RX 6600 XT
RX 6600
エントリーRTX 3050
GTX 1660 TI
GTX 1660 SUPER
GTX 1660
GTX 1650 SUPER
GTX 1650
GT 1030
GT 730
RX 6500 XT
RX 6400
RX560
RX550

ビデオカードを供給しているのは実質、「NVIDIA(GeForce)」と「AMD(RADEON)」の2社になります。この2社ともにエントリーからハイエンドまで幅広く取り揃えています。

マザーボード

マザーボードマザーボードは、CPU、ビデオカード、メモリ、内蔵ストレージなど、パソコンを構成するすべてのパーツを接続する母艦となるパーツです。

マザーボードは種類が多く、それぞれメモリ、ストレージの搭載量やVRMヒートシンクの有無などが異なります。そのため、スペック表を見るのは重要になります。

特に重要なのが、マザーボードに搭載されているチップセットです。チップセットとは、パーツ間のデータのやり取りを処理するためのパーツです。

 インテルAMD
ハイエンドZ690X570
ミドルクラスH670
B660
B550
エントリーB610A520

このチップセットも、CPUと同じくインテルとAMDの2社が提供しています。

基本的に上位モデルのチップセットを搭載しているマザーボードほど、ストレージの拡張性が高くなったり、電源回りが強化されます。

インテル、AMDの各チップセットの違いについては下記記事を参考にしてみてください。

インテルマザーボードのチップセットについて↓。

インテル600シリーズのマザボードの選び方を解説! Z690、H670、B660、H610の違い
インテル600シリーズのチップセットである、Z690、H670、B660、H610の違いについて説明し、マザボードの選び方を解説します。また、各チップセットのおすすめマザーボードについても紹介したいと思います。

AMDマザーボードのチップセットについて↓。

AMDRyzenのマザーボードの選び方を解説!各チップセットの違いも解説
AMD製のRyzenは最新世代でも古いチップセットが搭載されたマザーボードが使用できます。ただ、やはり一部例外があり、その点がAMDチップセットのややこしさにつながっています。今回はAMDチップセットの違いを比較し、分かりやすく解説したいと思います。

メモリ

メモリ
メモリはCPUが処理する際、データを一時的に保存するパーツです。言い換えると、CPUの作業場所となるパーツといえます。

メモリ容量が不足すると、いくら良いCPUやビデオカードを搭載しても、それらの能力がフルに発揮されません。

一般的な用途であれば、8GBで事足りますが、ゲーム用途では最低でも16GB以上は欲しいです。

基本的に1枚組のシングルチャネル、2枚組のデュアルチャネルという2種類の組み合わせが存在します。そして、シングルチャネルよりデュアルチャネルのほうがパフォーマンスが出るという特徴があります。

例えば、16GB×1(シングルチャネル)より、8GB×2(デュアルチャネル)のほうがパフォーマンスが出ます。

また、メモリにはいくつか規格があり、現在の主流は「DDR4」です。

メモリチップの規格動作クロック
DDR4-21332133 MHz
DDR4-24002400 Mhz
DDR4-26662666 Mhz
DDR4-28002800 Mhz
DDR4-29332933 Mhz
DDR4-30003000 Mhz
DDR4-32003200 Mhz

動作クロックが高いほど、高速になるので、パフォーマンスが出ます。DDR4のあとに続く数字が動作クロックを表しているので、その数値で性能を判断します。

ストレージ

ストレージ
ストレージはパソコンのシステムやゲームデータを保存するための入れ物です。ストレージの種類はいくつかあり、大雑把に分けると、「SSD」と「HDD」に分かれます。

「SSD」はUSBメモリーと同じく、内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きをします。一方、「HDD」は回転する円盤に磁気でデータの読み書きをします。

それぞれの特徴を簡単に表すと、「SSDは高速だが価格が高い」、「HDDは低速だが価格が安い」です。それぞれ一長一短がありますが、SSDの価格低下により、現在の主流はSSDに移りつつあります。

2.5インチSSDとM.2SSDまた、SSDには「2.5インチSSD」と「M.2 SSD」の2種類があります。

「2.5インチSSD」はHDDと同じくSATAで接続するタイプです。転送速度はHDDよりは速いですが、M.2 SSDには劣ります。

一方、「M.2 SSD」はM.2スロットに接続するタイプです。PCI Expressを通じて「NVMe」という規格で接続するもので、転送速度は「2.5インチSSD」を遥かに上回ります。

ストレージの種類だけでなく、もう一つ重要な要素があります。それは、ストレージ容量です。

Windows 11のOSだけでも64GB以上のストレージを使用します。さらに昨今、ゲームの容量もかなり大きくなっています。例えば、重量級ゲームのサイバーパンク2077は70GBも使用します。

自分がPCを使うと想定した場合、どれくらいの容量のストレージが必要になるのか、あらかじめ調べる必要があります。

各ストレージの違いについての解説はこちら↓。

【初心者向け】パソコンのストレージの種類は?違いを分かりやすく解説
ストレージは大きく分けて「SSD」と「HDD」に分かれますが、種類がいくつかあるので、初心者の方は迷いがちになると思います。そこで今回はパソコンのストレージの種類について、そして選び方も解説したいと思います。

電源ユニット

電源ユニット
電源ユニットは家庭のコンセントから供給される交流100Vを、パソコンのパーツが必要とする、直流の5V、12Vといった電圧に変換して出力するパーツです。

CPUやビデオカードなどの各パーツの消費電力を合計した、総消費電力に見合った容量の電源を選ぶ必要があります。

ただ、各BTOメーカーのパソコンの購入画面でカスタマイズを行う際、電源容量が足らないといった事態に陥ると、自動的に警告が出る仕組みになっています。

自作パソコンでは電源容量は要注意ですが、BTOパソコンを買う際はそこまで気にする必要はないです。

ゲーミングPCの選び方

価格

ゲーミングPCを選ぶうえである意味一番重要となる要素が価格です。ゲーミングPCにいくらくらいまでの予算が出せるのか、あらかじめ決めておけば、候補はある程度絞りこめるはずです。

基本的に10万円、15万円、20万円と段階を踏んで、予算の制限を設けることをおすすめします。

スペック

スペックも重要な要素です。ゲーミングPCの性能は低スペックなものから高スペックなものまで幅広いです。そのため、スペックをあまり意識せず、ゲーミングPCを購入してしまうと失敗する確率が上がります。

推奨スペックおすすめは自分のやりたいゲームの推奨スペックを調べることです。

例えば、このゲームの場合、ビデオカードはRX6600 XTかRTX3060、CPUはRyzen 7 2700Xかcore i7 4790が推奨スペックです。

このゲームを快適にプレーしたいのなら、少なくともこのゲームの推奨スペックを満たすようなゲーミングPCを選べば、失敗するリスクを減らせます。

BTOパソコンメーカー

ゲーミングPCは基本的にBTOパソコンメーカーから購入します。ただ、このBTOパソコンメーカーは大手から中小まで含めると、かなりの数になり、初心者の方は迷いがちです。

おすすめは、大手のBTOパソコンメーカーから選ぶことです。大手のBTOパソコンメーカーは数が限られますし、さらに商品数も多く、サポートも手厚いです。

まずは無難に大手のBTOパソコンメーカーからゲーミングPCを探すことをおすすめします。

以下に代表的な大手BTOパソコンメーカーを紹介します。

BTOメーカー名特徴
TSUKUMOTSUKUMOはヤマダ電機グループのパソコンパーツショップです。
BTOパソコンも展開しています。全体的に低価格なのが特徴です。
パソコン工房 iconパソコン工房はMCJグループのパソコンパーツショップです。
BTOパソコンも展開しています。商品数も多く、全体的に低価格なのが特徴です。
FRONTIERFRONTIERはヤマダ電機グループのBTOパソコンメーカーです。
期間限定のセールを利用すると驚くほど安くBTOパソコンを購入できます。
ドスパラドスパラは全国規模に展開しているパソコンパーツショップです。
全体的に低価格なのが特徴です。
マウスコンピューターマウスコンピューターはMCJグループのBTOパソコンパーツショップです。
マツコデラックスを起用するなど、奇抜なCMで有名です。全体的に低価格なのが特徴です。

BTOパソコンメーカーの紹介はこちら↓。

【2022年】BTOパソコンメーカーを比較。おすすめはどこ?各メーカーの特徴を解説
BTOメーカーの数は大小合わせれば、かなりの数になります。そこで今回は主要なBTOメーカーを厳選して紹介したいと思います。また、各BTOメーカーの特徴を簡単に説明し、そのうえで個人的におすすめのBTOメーカーを紹介したいと思います。

まとめ

ゲーミングPCの選び方、そして最低限抑えておくべき知識について解説しました。今回の記事で解説しことを最低限、身につけておけば、少なくともゲーミングPC選びで失敗するリスクは減らせると思います。

ゲーミングPCは高い買い物なので、自分が納得いくまで選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ