【2024年5月更新】ゲーミングPC最新セール情報

Ryzen 5 4500とRTX 4060の組み合わせで大丈夫?Ryzen 7 5700Xと組み合わせた場合とゲーム性能を比較

Ryzen 5 4500とRTX 4060の組み合わせ

Ryzen 5 4500とRTX 4060の組み合わせは非常に人気が高い構成です。実際、BTOショップでもRyzen 5 4500とRTX 4060のモデルを高コスパモデルとして売り出しています。

しかし、Ryzen 5 4500はZEN2世代のCPUなので、「RTX 4060の性能をフルに活かせられるのか?」という一つの疑問が浮かびます。

そこで今回は、「Ryzen 5 4500とRTX 4060」と「Ryzen 7 5700XとRTX 4060」という2つの組み合わせで、ゲーム性能に差が生まれるのか実際に検証してみました。

目次

Ryzen 5 4500とは

Ryzen 5 4500とは

「Ryzen 5 4500」は、2022年6月10日に発売開始された、AMDのデスクトップ向けCPUです。

注目なのが、アーキテクチャーの「ZEN2」です。

すでに「ZEN3」アーキテクチャーを採用していたCPUが発売されているにも関わらず、あえて、古い世代のCPUを発売したことで当時話題になりました。

ただ、旧世代のアーキテクチャーを採用したことで「Ryzen 5 4500」の価格は抑えられており、今現在もコスパの高いCPUとして人気が高いです。

Ryzen 5 4500Ryzen 7 5700X
コア数/スレッド数6コア/12スレッド8コア/16スレッド
定格/最大ブーストクロック3.6GHz/4.1GHz3.4GHz/4.6GHz
3次キャッシュ容量8MB32MB
対応メモリDDR4-3200DDR4-3200
倍率アンロック
PCI Express20レーン(Gen3)20レーン(Gen4)
内蔵GPU××
コードネームRenoirVermeer
アーキテクチャーZEN2ZEN3
プロセスルール7nm7nm
TDP65W65W
参考価格約13,000円約27,000円

上記の表は「ZEN3」の「Ryzen 7 5700X」との比較です。

アーキテクチャー、コア数、スレッド数など違いがありますが、最も注目すべきなのが3次キャッシュ容量の違いです。

「Ryzen 7 5700X」は32MBと比較的容量があるのに対して、「Ryzen 5 4500」はわずか8MBしかありません。

CPUのキャッシュ容量はゲーム性能に影響を与えるので、正直この3次キャッシュの容量の少なさを見ると、「Ryzen 5 4500」のゲーム性能に不安を感じます。

ゲーム性能最強のCPU、「Ryzen 7 7950X3D」の3次キャッシュの容量は128MBあるので、キャッシュの容量はゲーム性能に重要な要素だからです。

あわせて読みたい
コスパ優秀な8コアCPUのRyzen 7 5700Xをレビュー!Core i7-12700とゲーム性能等を比較 AMDのCPUのRyzen 7 5700Xは、発売されてから1年以上経過しているにも関わらず、未だにBCNなどのランキングサイトで常に上位に位置しています。 今回はインテルのCore i7...
Ryzen 5 4500のパッケージ
リテールクーラーは同梱するので、厚みはある

Ryzen 5 4500のパッケージです。灰色とRyzenのイメージカラーのオレンジを組み合わせたデザインを採用しています。リテールクーラーは同梱するので、その分厚みはあります。

表面はCPUの型番などが刻印
裏面はCPUソケットのピンがびっしりと埋め込まれている

正方形のいつものデザインを採用。表面はCPUの型番などが刻印され、裏面はCPUソケットのピンがびっしりと埋め込まれています。

Wraith Stealth cooler

リテールクーラーの「Wraith Stealth cooler」が付属します。

CPU-ZでRyzen 5 4500の情報を取得

CPU-ZでRyzen 5 4500の情報を取得。3次キャッシュの容量はやはり8MBでした。

タスクマネージャーを確認すると、6コア12スレッドのCPUとして認識

タスクマネージャーを確認すると、6コア12スレッドのCPUとして認識されていました。

PCショップでRyzen 5 4500を探す

Ryzen 5 4500とRyzen 7 5700Xのゲーム性能を比較

テスト環境

テスト環境
検証環境
CPUAMD「Ryzen 5 4500
AMD「Ryzen 7 5700X
CPUグリスARCTIC 「MX-4
CPUクーラーPC COOLER「GAME ICE K4-WH
ビデオカードNVIDIA「GeForce RTX 4060 StormX V1 8GB
マザーボードASUS「PRIME B550M-A
メモリCRUCIAL 「CT2K16G48C40U5」(DDR4-3200/16GB×2)
SSDWestern Digital「WD_BLACK SN770 NVMe 1TB
Western Digital「WD Blue SN580 NVMe SSD 1TB
電源ユニット玄人志向「KRPW-BK650W/85+
PCケースThermaltake 「S100 TG Snow Edition
OSWindows 11 Home 64bit版
RTX4060

使用するグラボはRTX 4060です。フルHD解像度向けなので、今回のゲームベンチマークではすべて解像度をフルHDに設定しています。

基本性能を定番ツールで計測

基本性能を定番ツールで計測
Cinebench2024

まずはCPUレンダリングを計測する代表的なソフト、「CINEBENCH」からです。

最新の2024だと、Ryzen 5 4500のマルチスレッドスコアはRyzen 7 5700Xと比較して約36%下回っています。シングルスレッドスコアも同様に、約25%下回っています。

フルHD解像度のゲーム性能

Tom Clancy’s Rainbow Six Siege

Tom Clancy's Rainbow Six Siege

「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」のベンチマークです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最高”、スケーリングは”100%”に設定し、ベンチマークを実行しています。

Tom Clancy's Rainbow Six Siegeのベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して25%下回りました。

Overwatch 2

Overwatch 2

「Overwatch 2」のベンチマークです。

「Overwatch 2」にはベンチマークモードがないので、有志の方が作ってくれたBOT戦を1分間観戦して平均fps、最低fpsを計測します。使用ツールはCapFrameXです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”エピック”に設定し、ベンチマークを実行しています。

Overwatch 2のベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して11%下回りました。

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

「ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ」のベンチマークです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最高品質”に設定し、ベンチマークを実行しています。

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレのベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して26%下回りました。

BLUE PROTOCOL

BLUE PROTOCOL

「BLUE PROTOCOL」のベンチマークです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最高”に設定し、ベンチマークを実行しています。

BLUE PROTOCOLのベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して26%下回りました。

Fortnite

Fortnite

「Fortnite」のベンチマークです。

「Fortnite」にはベンチマークモードがないので、有志の方が作ってくれたベンチマークモードを使用して平均fps、最低fpsを計測します。使用ツールはCapFrameXです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最高”に設定し、ベンチマークを実行しています。

Fortniteのベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して9%下回りました。

Forza Horizon 5

Forza Horizon 5

「Forza Horizon 5」のベンチマークです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”エクストリーム”に設定し、ベンチマークを実行しています。

Forza Horizon 5のベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して20%下回りました。

Watch Dogs Legion

Watch Dogs Legion

「Watch Dogs Legion」のベンチマークです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最大”に設定し、ベンチマークを実行しています。

Watch Dogs Legionのベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して12%下回りました。

Assassin’s Creed Mirage

Assassin's Creed Mirage

「Assassin’s Creed Mirage」のベンチマークです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最高”に設定し、ベンチマークを実行しています。

Assassin's Creed Mirageのベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して15%下回りました。

アーマードコア6

アーマードコア6

「アーマードコア6」のベンチマークです。

「アーマードコア6」にはベンチマークモードがないので、ミッションの「武装採掘艦護衛」を1分間プレーして、平均fps、最低fpsを計測します。使用ツールはCapFrameXです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最高”に設定し、ベンチマークを実行しています。

アーマードコア6のベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して15%下回りました。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk 2077

「Cyberpunk 2077」のベンチマークです。

解像度は1,920×1,080ドットに固定し、グラフィックス品質は”最高”に設定し、ベンチマークを実行しています。

Cyberpunk 2077のベンチ結果

平均fpsでRyzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して3%下回りました。

全10ゲームの平均fps

全10ゲームの平均fps

検証に使用した全10ゲームの平均fpsを比較します。Ryzen 5 4500は、Ryzen 7 5700Xに対して13%下回りました。

Ryzen 5 4500とRTX 4060の組み合わせはありかなしか?

Ryzen 5 4500とRTX 4060の組み合わせはありかなしか?

検証を通して、Ryzen 5 4500のゲーム性能は思ったほど伸びないのを確認しました。

エントリークラスのGPUのRTX 4060でも力不足なので、より上位のGPUを使用した場合、他のCPUともっと差が開きます。

少しでもfpsを稼ぎたいというのであれば、Ryzen 5 4500は正直おすすめはしません。たとえ、RTX 4060を使用したとしても、Ryzen 7 5700Xなどのより上位のCPUを選んだ方が後悔は少ないと思います。

ただ、RTX 4060+Ryzen 5 4500という組み合わせでも、フルHD60fpsは十分実現可能です。

フルHD60fpsでゲームが出来さえすればいいというのであれば、Ryzen 5 4500の使用を視野に入れてもいいのではないでしょうか?

RTX 4060搭載のおすすめゲーミングPC

MDL_55KP

MDL_LI74070S
スペック
CPURyzen 5 5500
GPURTX 4060
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格114,800円+送料0円

MDL.makeの「MDL_55KP」はRyzen 5 5500×RTX 4060のゲーミングPCです。

「Ryzen 5500」は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。APUのRyzen 5 5600Gから内蔵GPUをなくしたバージョンと言える存在です。

そのため、L3キャッシュの量が少ないというデメリットはありますが、RTX 4060あたりのビデオカードと組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどありません。

もちろん、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

S100 TG

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MDL_55KPのポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
標準のストレージ容量が500GB
M.2 NVMe SSDの増設はできない
クリエイティブ性能は少し弱い

MDL_T5746

MDL_LI74070S
スペック
CPURyzen 7 5700X
GPURTX 4060
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格129,800円+送料0円

MDL.makeの「MDL_T5746」はRyzen 7 5700X×RTX 4060のゲーミングPCです。

Ryzen 5 5700X」は8コア16スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 4060あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、極端な性能不足を感じることはほとんどないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

S100 TG

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MDL_T5746のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
標準のストレージ容量が500GB
M.2 NVMe SSDの増設はできない
クリエイティブ性能は少し弱い

G-GEAR GA5A-D230BN/CP1 

スペック
CPURyzen 5 5600X
GPURTX 4060
メモリ16GB (8GB x2)
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD
M.2スロット2基(空きスロット1)
マザーボードMSI B550-A PRO(ATX)
電源500W 80PLUS BRONZE
価格139,800円+送料0円

TSUKUMOの「G-GEAR GA5A-D230BN/CP1」はRyzen 5 5600X×RTX 4060のゲーミングPCです。

Ryzen5 5600Xは6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。マルチ性能だけでなく、シングル性能も十分高く、RTX 4060との組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージはGen4接続の「Seagate FireCuda520 ZP1000GV3A012」の1TBモデルを搭載。

マザーボードはATXサイズの「MSI B550-A PRO」を採用。M.2スロットは2基あり、空きスロットは1基です。M.2 NVMe SSDの増設が可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

電源は500W 80PLUS BRONZEのCWT製のものを採用。

G-GEAR ミドルタワーケース

PCケースはG-GEAR ミドルタワーケースを採用。フロントはメッシュデザインが採用されており、エアフローを重視しています。ケースの寸法は幅(W):約190mm x 高さ(H):約435mm x 奥行(D):約475mmです。

即納モデルなので送料は無料ですぐに出荷されます。ただし、カスタマイズは一切できないのでその点は注意が必要です。

G-GEAR GA5A-D230BN/CP1のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
ストレージは「Seagate FireCuda520 」を搭載
M.2 NVMe SSDの増設が可能
クリエイティブ性能は少し弱い
あわせて読みたい
おすすめのRTX 4060搭載のゲーミングPCを紹介! 5月のセールで安いモデルを選別 2023年6月、NVIDIAのGPUのRTX 4060を搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 4060の立ち位置は、RTX 4060 Tiの下位モデルということで、RTX40シリーズの中で...

まとめ

Ryzen 5 4500はやはり3次キャッシュの容量が少ないことが災いして、ゲーム性能が思ったほど伸びません。

Ryzen 7 5700XなどのCPUと比較した場合、ゲームによってはfpsに10~20%ほど差が生まれます。

ただ、それを許容範囲として捉えるのであれば、純粋にコスパの良いCPUです。どうしても予算に限りがある場合、Ryzen 5 4500は有力なCPUの1つであるのは間違いないです。

PCショップでRyzen 5 4500を探す
目次