【2024年4月更新】ゲーミングPC最新セール情報

IN WIN IW-CJ712B/265Bをレビュー!M-ATX対応PCケースの中でも最小クラスのスリムケース

IN WIN IW-CJ712B/265B

PCケースがデスクのスペースをある程度占有するので、もっと小さいPCケースにして、スペースを確保したいと思うようになりました。

そこで購入したのが、スリムケースの「IN WIN IW-CJ712B/265B」です。microATXが入り、さらに容積がわずか8Lという超小型なスリムケースです。

今回は、IN WIN IW-CJ712B/265Bをレビューしたいと思います。

目次

IN WIN IW-CJ712B/265Bの仕様

型番IW-CJ712B/265B
対応マザーボードmicroATX、Mini-ITX
ドライブベイ3.51
2.51
9.5mm slim1
ケースファンフロント80mm※搭載済み
拡張スロットLow Profile Slot x4
電源ユニットFlex ATX 265W電源(80PLUS BRONZE認証)※搭載済み
対応CPUクーラー高さ45mm
対応グラフィックスカード長さ185mmまで
フロントアクセスポートUSB3.0×2 / USB2.0×2 / HD Audio / SDカード
外形寸法幅95mm / 奥行き276mm / 高さ305mm
重量2.86kg
容積8L
PCショップでIN WIN IW-CJ712B/265Bを探す

IN WIN IW-CJ712B/265Bの外観をチェック

外形寸法

外形寸法

幅は95mm、奥行きは276mm、高さは305mmです。スリムケースというだけあって、幅が狭いです。

横置きにも対応

横置きにも対応しています。

ミニタワーのS100 TGと比較

ミニタワーのS100 TGと並べてみました。S100 TGもPCケースの中では小型の部類に入りますが、IW-CJ712B/265BのサイズはそのS100 TGと比べると一際小さいです。

あわせて読みたい
S100 TGをレビュー!スイングドア式ガラスパネル採用の高コスパPCケース 自分のパソコン環境を一新したので、どうせならPCケースも新調したいと思うようになりました。 いくつか候補があったのですが、選んだのはThermaltake製のMicroATX専用...
500mlのペットボトルと比較

500mlのペットボトルと並べてみました。そこまでサイズ感に違いはないので、IW-CJ712B/265Bの小ささが分かりやすいと思います。

フロントパネル

フロントパネル

フロントパネルはフラットなデザインでシンプルそのものです。フロントパネルの大部分を占めている、斜めの吸気口が印象的です。ただ、フロントパネルのみ、プラスチック製なので、少し安っぽく見えてしまうのは残念です。

吸気用の80mmファンが内蔵

この画像からは見えにくいですが、吸気用の80mmファンが内蔵されています。

スリムドライブと電源ボタン

スリムドライブと電源ボタンです。今回スリムドライブを搭載する予定はないので、そのままの状態です。

USBポート(USB 2.0×2、USB 3.0×2)、ヘッドフォン端子とマイク端子、SDカードスロット

上段には、USBポート(USB 2.0×2、USB 3.0×2)、ヘッドフォン端子とマイク端子があります。下段には、SDカードスロットがあります。

トップパネル、ボトムパネル

トップパネル、ボトムパネル

トップパネルです。エアフローを重視しているPCケースのトップパネルは大抵メッシュになっていますが、このPCケースの場合、完全に密閉されています。ボトムパネルも全く同じデザインなので、ここで割愛します。

ゴム脚

なお丸く窪んでいるところはゴム脚をつけるためのものです。トップパネル、ボトムパネルにもこの窪みはついています。

サイドパネル

左サイドパネル
右サイドパネル

サイドパネルはメッシュもなく、完全に密閉されています。正面から見て、左サイドのパネルは何もないですが、右サイドパネルのみゴム脚をつける窪みがあります。

背面

背面

背面です。排気用の穴が無数にあいているのが特徴的です。

サイドパネルのロック機構

黄色いスライド式の機構はサイドパネルのロック機構です。サイドパネルを外す際、矢印の方向にスライドする必要があります。

拡張スロットは全部で4つ

拡張スロットは全部で4つです。一度開けたら二度と元に戻らないタイプです。

電源のファン

電源のファンです。Flex ATX電源なのでファンが小さいです。

IN WIN IW-CJ712B/265Bの内部構造をチェック

組み込むパーツ

組み込むパーツ
CPUcore i5-12400
レビュー記事
CPUクーラーAK400
レビュー記事
CPUグリスMX-4 4g
マザーボードAsrock B660M Pro RS
レビュー記事
メモリKD48GU880-32A160U(DDR4-3200) ×2
ビデオカードSAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING
レビュー記事
ストレージEXCERIA SSD-CK1.0N3/N 1TB
レビュー記事
ST4000DM004-2CV104 4TB
レビュー記事
電源ユニットFlex ATX 265W電源(80PLUS BRONZE認証)※搭載済み
その他AX200.NGWG.DTK
レビュー記事
OSWindows 11 Home
ディスプレイEW2780U
レビュー記事

IN WIN IW-CJ712B/265Bはスリムケースかつ、電源容量が265Wなので、搭載できるパーツの自由度は低いです。そのため、なるべく、発熱、消費電力が低いパーツを選定しました。特に気を使ったのがCPUとビデオカードです。

CPUはインテル第12世代のAlder Lake-SのCore i5-12400を使用します。発熱、消費電力も低く、扱いやすく、それでいて性能も優秀という、傑作CPUです。

ビデオカードはRADEONのRX6400です。補助電源なしで発熱、消費電力も低いビデオカードです。ロープロファイルモデルの「SAPPHIRE PULSE Radeon RX 6400 GAMING」を使用します。

内部構造をチェック

付属品

サイドパネルを外すと、中に付属品が入っています。付属品は「ACケーブル」、「インチネジ」、「ミリネジ」、「ゴム脚」、「スリムドライブ固定金具」です。

実際にパーツを組み込んでみた

サイドパネルを外すと、内部にアクセスできますが、スペースの半分を占めているドライブトレイが邪魔です。そのため、初めにドライブトレイを外す必要があります。

前面パネルを外す

ドライブトレイを外すにはまず、前面パネルを外す必要があります。

ドライブトレイと前面パネルを外す

ドライブトレイと前面パネルを外しました。これでようやく、内部にアクセスできます。

Flex ATX 265W電源

電源はFlex ATX 265W電源です。はじめから搭載済みです。電源の型番は「IP-S265AU7-2」でした。InWin製のBronze認証の電源です。

電源から出ているコネクタ

電源から出ているコネクタは、「24pinの電源コネクタ ×1」、「4+4Pin+12VのCPU電源コネクタ ×1」、「ペリフェラル電源コネクタ ×2」、「SATA電源コネクタ ×2」、「スリムSATA電源コネクタ ×1」です。

吸気用の80mmファン

吸気用の80mmファンです。最大回転数は2500rpmです。ケースファンはこの1基のみで、増設は不可能です。

拡張スロット

拡張スロットです。ロック機構がツールフリーなので、ビデオカードをセットしやすいです。

IN WIN IW-CJ712B/265BでPCを組んでみた

スペースに余裕はなく、配線でぐちゃぐちゃ

マザーボードを内部に収め、配線した状態です。見ての通り、スペースに余裕はなく、配線でぐちゃぐちゃです。結束バンドで配線をまとめることをおすすめします。

ビデオカードはロープロファイルのモデル

ビデオカードは当然ロープロファイルのモデルです。

wifiカード

また、無線LANアダプターキット、AX200.NGWG.DTKを装着しました。

拡張スロットは2つ使用

そのため拡張スロットは2つ使用しました。

3.5インチベイとスリムドライブベイ
3.5インチベイとスリムドライブベイ
2.5インチベイ
2.5インチベイ

ドライブトレイです。表側に3.5インチベイとスリムドライブベイ、裏側に2.5インチベイが搭載できます。

パーツの組み込みがすべて完了

後はドライブトレイを元に戻して、パーツの組み込みがすべて完了です。CPU回りの上をドライブトレイが覆う形になるので、エアフローはかなり悪そうです。

CPUクーラーの上には、穴がある

ただ、CPUクーラーの上には、穴があるので、そこから空気を取り込むことはできそうです。

ストレージのコネクタが隣のビデオカードと干渉しそう

また、ストレージのコネクタが隣のビデオカードと干渉しそうでした。配線も無理やり押し曲げて、収納しました。

実際に使ってみた感想

横置き
横置き
縦置き
縦置き

とにかく本体自体が小さいので、スペースに余裕がないところにも容易に置くことができます。

例えば、横置きにすると高さが抑えられるので、モニターの下の開いているスペースに置くことができます。また、横置きにすると幅が抑えられるので、モニターの横の狭いスペースに置くことができます。

このPCケースに変えたことにより、デスク回りのスペースに余裕ができました。

CinebenchR23実行時のCPU温度推移

ただ、CPUクーラーの上にドライブトレイが載っている状態なので、エアフローが最悪です。実際、Cinebench R23を実行したところ、Core i5-12400のCPU温度は最高で95度まで上昇してしまいました。

普通のPCケースであれば、CPU温度は70度台で収まるので、やはりCPUは冷えにくい印象です。ただし、普段使いであれば、CPU温度は40~50度台で安定しているので、過度な負荷をかけなければ、問題にはなりません。

ただ、負荷をかけると、最大回転数2500rpmのケースファンがうなりをあげるので、少し耳障りです。ケースファンを静音タイプに変更してやると、多少はマシになるかもしれません。

IN WIN IW-CJ712B/265Bの良かったところ、悪かったところ

メリット
デメリット
  • サイズが小さい
  • 前面パネルに合計4つのUSBポートがついている
  • 前面パネルにSDカードスロットがついている
  • 横置き、縦置きに対応
  • 質感はそれなりに高い
  • 価格が比較的高い
  • 入手性が悪い
  • 対応ビデオカードはロープロファイルモデルのみ
  • エアフローは最悪なので特にCPUは冷えない
  • 付属電源の容量が265Wなので、消費電力が高いCPUやビデオカードは容量不足の恐れあり
  • 高負荷時の騒音はうるさい(特にケースファン)
  • 配線に苦労
  • 組み立て難度は高め

まとめ

IN WIN IW-CJ712B/265Bは最大容量8LとM-ATX対応PCケースの中でも最小クラスなので、その分、内部構造にかなりの無理があり、熱のこもり具合は半端ないというデメリットがあります。

やはり長期的に使うのであれば、エアフローを少しでも改善して運用したいと思いました。

ただ、やはりサイズが小さいというのは最大のメリットです。モニターの下、横のわずかなスペースに置けるので、デスク回りのスペースを最大限活かすことができます。

最後にIN WIN IW-CJ712B/265Bの入手性の悪さについてですが、2022年8月現在、ほとんどの店で品切れ状態で、あったとしても取り寄せという状態です。

もし、このPCケースに似たようなものを探しているのなら、「IW-BL634/300B2」、「IW-BL057B/300B」、「IW-CE685/300H」あたりをおすすめします。

PCショップでIN WIN IW-CJ712B/265Bを探す
目次