パソコン・自作PCストレージ

M.2スロットの空きがない。だったらM.2拡張カードでM.2スロットを増設しよう!

M.2拡張カード
スポンサーリンク
banner

大抵の場合、マザーボードのM.2スロットはSATAポートに比べて、極端に数が少ないです。

そのため、マザーボードのM.2スロットに空きがなくなり、M.2 SSDをこれ以上増設できないという問題に直面しやすいです。

しかし、この問題を解決する手段が実は存在します。

それが、「M.2拡張カード」です。

今回は、実際にM.2拡張カードを使って、M.2スロットを増設する手順を解説したいと思います。

M.2スロットの数はSATAポートに比べると不足しがち

M.2スロットの数はSATAポートに比べると不足しがち
マザーボードのSATAポートは比較的多いです。大抵の場合、4~6つ以上あります。

M.2スロットの数は、マザーボードによって異なりますが1~3つくらい一方、M.2スロットの数は、マザーボードによって異なりますが1~3つくらいです。大抵の場合、マザーボードのサイズによって数が異なり、以下のような傾向があります。

ATXサイズのマザーボード・・・M.2スロットの数は3~5つ
M-ATXサイズ、Mini-ITXサイズ・・・M.2スロットの数は1~2つ

2TB以上の大容量のM.2 SSDを使うという方法もありますが、非常に高価です。そのため、500GB~1TBのM.2 SSDを使っている方も多いかと思います。

ただ、もし、500GB~1TBのM.2 SSDを使っていて、容量不足になったら、もう一つM.2 SSDを買うことになると思います。

そうなると、M.2スロットが2つしかないマザーボードであれば、M.2スロットが全て埋まり、これ以上増設が不可能になります。

M.2拡張カードでM.2スロットを増設

M.2拡張カードでM.2スロットを増設M.2スロットが全て埋まっている状態でも、実はM.2スロットの増設は可能です。それを実現してくれるのが、「M.2拡張カード」です。

「M.2拡張カード」は文字通りM.2スロットを拡張するカード「M.2拡張カード」は文字通りM.2スロットを拡張するカードです。M.2スロットではなく、PCI-Expressを使用するのが大きな特徴です。

AMPCOM PCIe 4.0 NVMe Adapterそれでは実際にM.2拡張カードを使用して、M.2スロットを増設したいと思います。使用する、M.2拡張カードはAMPCOM PCIe 4.0 NVMe Adapterです。

PCI-Express x16、PCI-Express x8、PCI-Express x4のスロット、また、2230、2242、2260、2280の規格に対応しています。

Kingston NV2 2TB使用する、M.2 SSDはKingston NV2 2TBです。PCIe4.0に対応するM.2 NVMe SSDです。

Kingston NV2 1TBのレビューはこちら↓。

Kingston NV2 PCIe 4.0 NVMe SSDをレビュー!コスパ良好なPCIe 4.0対応NVMe SSD
PCI Express 4.0(x4)接続対応のNVMe SSDの中でも、コスパの良さが売りのPCI Express 4.0(x4)接続対応のNVMe SSDの「NV2」シリーズをレビューしていきます。

AMPCOM PCIe 4.0 NVMe Adapterの内容物一覧
AMPCOM PCIe 4.0 NVMe Adapterの内容物一覧です。ドライバーが付属しているのはありがたいです。

SSDに熱伝導シートを貼る
SSDに熱伝導シートを貼ります。

熱伝導シートの上にヒートシンクをのせる
熱伝導シートの上にヒートシンクをのせます。

輪ゴムで固定
輪ゴムで固定します。

拡張カードのM.2スロットにM.2 SSDを刺す
拡張カードのM.2スロットにM.2 SSDを刺します。

ねじ止めをしてSSDを固定
ねじ止めをしてSSDを固定します。

ブランケットを拡張カードに取り付け
ブランケットを拡張カードに取り付けます。

拡張カードをPCI-Express x16に差し込み、ブランケットをネジで固定
拡張カードをPCI-Express x16に差し込み、ブランケットをネジで固定します。

M.2拡張カードの性能を検証

Crystal Disk Mark(M.2スロット)M.2スロット

Crystal Disk Mark(M.2拡張カード)M.2拡張カード

Kingston NV2 1TBのCrystal Disk Markの結果です。

M.2スロット、M.2拡張カードで違いはほとんどありません。Kingston NV2 1TBはPCIe 4.0に対応しているNVMe SSDですが、M.2拡張カードでもしっかりと性能を引き出せています。

Crystal Disk Mark実行中のドライブ温度
Crystal Disk Mark実行中のドライブ温度です。最高温度は64度でした。付属している熱伝導シート、ヒートシンクでしっかり冷却できています。

モガ
モガ

感覚的には、M.2スロットを使用したときとほぼ同じです。性能もしっかり引き出せていますし、冷却性能も十分です。

まとめ

M.2拡張カードで使った場合、性能低下はある程度覚悟していましたが、まったくそんなことはなく、M.2スロットと同じ感覚で使うことができました。

M.2スロットを増設する手段として、M.2拡張カードを使うのは非常に有効な手段だと感じました。

ただ、PCI-Expressのスロットが全て埋まっていたら、当然M.2拡張カードは使えないので、その点は注意が必要です。

amazonチャージ
Amazonで買い物をする際、現金チャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング経由)すると、下記のような特典が得られます!

・ギフト券を購入するたびに最大2.5%のポイントが還元!
・初回購入時に5,000円以上チャージで、1000ポイント還元!

チャージ券でのポイント還元は間違いなくお得なので、積極的に利用することをおすすめします。また、初回利用の方は「キャンペーンにエントリーする」をお忘れなく。

Amazonチャージのご利用はこちらから

Youtube動画投稿やってます!
静止画だけでは伝えられない情報もあると思い、youtubeチャンネル「モガラボ」を開設しました! モガラボは自作PC、ガジェット、ゲームなどを扱っているyoutubeチャンネルです。 マニアックな動画もたくさん投稿していく予定なので、興味ある方はぜひ「チャンネル登録」をお願いします!
この記事を書いた人

本ブログは、主題でパソコン・自作PC・ゲーム・ガジェット、副題でネットサービスなど、自分の得意な分野で情報を発信しています。皆さんのお役に立てることを第一に考え、ブログを運用していきたいと思います。

モガをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
モガラボ