ゲームNVIDIA

Resizable BARとは何か?効果のほどをRTX3060で検証!

Resizable-BAR

NVIDIAのResizable BARを試せる環境が整ったので、どれくらいゲームのパフォーマンスが向上するのか検証してみました。また、Resizable BARの設定方法、条件も併せて解説したいと思います。

モガ
モガ

Resizable BARを使うには条件を満たす必要がありましたが、自分のPC環境を一新したおかげでようやく試すことが出来ました。

スポンサーリンク

Resizable BARとは

Resizable BARとは
Resizable BARとは、PCI Expreeインターフェースのオプション技術のことです。

この技術はNVIDIA占有の技術というわけではなく、AMDもResizable BARとほぼ同じ仕組みの「Smart Access Memory」と呼ばれる技術を持っています。

近年のグラフィックボードはビデオメモリの搭載量が増えています。

例えば、今回検証に使ったRTX3060のビデオメモリは12GBあります。また、ビデオメモリを多く消費する消費するゲームも増えてきました。

VRAMは、テクスチャ、シェーダーなどゲームに必要な小さなデータを、CPUからGPUへ転送しています。ただ、今までの仕組みでは256MBという小容量でしか転送できませんでした。

そこでResizable BARを使うことで、その転送量の制限が撤廃され、必要な時に必要な分だけデータを転送するが可能になります。

つまり、理論上ですが、ゲームパフォーマンスが大きく向上するということを意味します。

Resizable BARを使うための条件

Resizable BARは無条件に使えるわけではありません。以下のような条件が必要になります。

RTX3000シリーズのグラフィックボードが必要

Resizable BARを使うにあたって、まず大前提になるのがNvidiaのRTX3000シリーズのグラフィックボードです。下位の3060から最上位の3090まで全て、Resizable BARに対応しています。

Resizable BAR対応グラフィックボード
RTX3060
RTX3060Ti
RTX3070
RTX3070Ti
RTX3080
RTX3080Ti
RTX3090

対応するドライバが必要

ドライバはGeforce 465.89以降のものが必要です。念のため、ドライバを最新バージョンにアップデートしたほうが確実だと思います。

対応するチップセット、CPUが必要

Resizable BARに対応するマザーボード(チップセット)と、CPUが必要になります。

インテル環境
マザーボード(チップセット)Z490、H470、B460、H410(インテル第10世代)
Z590、H570、B560、H510(インテル第11世代)
CPUi3-10xxx、i5-10xxx、 i7-10xxx、i9-10xxx(インテル第10世代)
i3-11xxx、i5-11xxx、 i7-11xxx、i9-11xxx(インテル第11世代)

 

AMD環境
マザーボード(チップセット)B450、X470(AMD 400シリーズ)※Zen3対応のもの
A520、B550、X570(AMD500シリーズ)
CPURyzen 3 5xxx、Ryzen 5 5xxx、Ryzen 7 5xxx、Ryzen 9 5xxx

対応するゲームが必要

Resizable BARは全てのゲームで効果が得られるわけではありません。効果が得られるのは下記の対応したゲームのみになります。※2021年8月現在

Assassin’s Creed Valhalla
Battlefield V
Borderlands 3
Control
Cyberpunk 2077
Death Stranding
DIRT 5
F1 2020
Forza Horizon 4
Gears 5
Godfall
Hitman 2
Hitman 3
Horizon Zero Dawn
Metro Exodus
Red Dead Redemption 2
Watch Dogs Legion

Resizable BARの設定方法について

Resizable BARを使うにはBIOS上で設定する必要があります。ただ、RTX3000シリーズの中でもRTX3060以前に発売されたグラフィックボード(RTX3060Ti、RTX3070、RTX3080、RTX3090)は注意が必要です。

もしそれらのグラフィックボードを使用していて、BIOS上から設定項目が見つからないのなら、グラフィックボード専用のBIOS、いわゆるvBIOSをダウンロードする必要があります。

各グラフィックボードのメーカーがvBIOSを提供しているので、そちらからダウンロードします。

自分の場合、RTX3060を使用しているので、特に何も設定しなくても、BIOS上にResizable BARの設定項目が見つかりました。

「Advanced(F7)」をクリック
設定方法をMSIのBIOSで説明します。まずトップ画面から「Advanced(F7)」をクリックします。

「SETTINGS」をクリック
「SETTINGS」をクリックします。

「Advanced」をクリック
「Advanced」をクリックします。

「PCIe/PCI Sub-system Settings」をクリック
「PCIe/PCI Sub-system Settings」をクリックします。

「Re-Size BAE Support」をEnabledに
「Re-Size BAE Support」をEnabledにします。これで設定完了です。

設定が完了したら、念のため、Resizable BARが使える状態になっているか確認します。確認方法としては2種類あります。1つめはNvidiaコントロールパネルから確認する方法で、2つめはGPU-Zを使う方法です。

Nvidiaコントロールパネルからの確認
Nvidiaコントロールパネルからの確認方法を説明します。Nvidiaコントロールパネルを起動したら、左下のシステム情報をクリックします。

リサイズ可能なベースアドレスレジスタがはいになったらResizable BARは設定済み
リサイズ可能なベースアドレスレジスタのところが「はい」になっていたら、Resizable BARは設定されている状態になっています。ここが「いいえ」になっていたら、Resizable BARは設定されていない状態になっています。

GPU-Zでの確認
GPU-Zは右下のResizable BARのところを確認します。「Enabled」になっていれば、Resizable BARは設定されている状態になっています。ここが「Disabled」になっていれば、Resizable BARは設定されていない状態になっています。

Resizable BARの効果を検証

Resizable BARの効果を検証します。検証で使用したパソコンスペックは以下の通りです。

CPUcore i5-11400F
CPUクーラー虎徹 Mark II
マザーボードMSI B560M BAZOOKA
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
グラフィックボードRTX3060(Colorful RTX 3060 NB 12G)
SSDNVMe 240G(CRAS C700 M.2)※OS用
HDD 4TB(ST4000DM004)※ゲーム用
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
OSWindows 10 Home

 RTX3060についてはこちら

RTX3060をレビュー!性能をGTX1070Tiと比較
COLORFULのRTX3060を購入したのでレビューしたいと思います。自分が今まで使っていたグラフィックボードはGTX1070Tiでした。RTX3060をGTX1070Tiと比較して、性能にどれくらいの差があるのか、検証したいと思います。

 core i5 11400Fについてはこちら

core i5-11400Fをレビュー!PL無効化で性能が化けるコスパ最強CPU
第11世代インテルCPU、Rocket Lake-Sのcore i5-11400Fは素晴らしいコスパに優れたCPUですが、性能を最大限に発揮するためにはややこしい設定をする必要があります。その辺りも記事で掘り下げつつ、レビューしたいと思います。

検証に使うゲームですが、自分が持っているゲームの中で、Resizable BARに対応しているのは「Battlefield V」、「Cyberpunk 2077」のみです。今回はこの2つのゲームを使って検証していきたいと思います。

Battlefield V
画質は最高設定、解像度は1920×1080です。Battlefield Vにおいては、Resizable BARの効果は全くないみたいです。平均FPS、最低FPSともに変化はほとんどなかったです。

Cyberpunk 2077
画質は最高設定、解像度は1920×1080です。Cyberpunk 2077においては、平均FPS、最低FPSともに2FPSの上昇が確認できました。

レイトレーシングとDLSSオンのCyberpunk 2077
続いて、レイトレーシングとDLSSをオンにした状態で計測してみました。画質はレイトレーシングウルトラ、DLSSはバランス、解像度は1980×1080です。

平均FPSは3FPS上昇し、最低FPSも5FPS上昇しました。

また、念のため、Resizable BARに対応していないゲームと、3DMARKでも検証してみました。

Resizable BARオフのFF15Resizable BARオフ

Resizable BARオンのFF15Resizable BARオン

FF15のベンチマークでは約150ほど、Resizable BARオンの方がスコアが高かったです。ただ、誤差の範囲と言えます。

Resizable BARオフの3DMARKResizable BARオフ

Resizable BARオンの3DMARKResizable BARオン

3D MARKではほとんど差が生まれませんでした。

検証結果を終えて

正直、今回の検証では、Resizable BARの効果をあまり実感できなかったです。ただ、上位グラフィックボードになるほど、Resizable BARの効果は上がるそうです。

今回検証に使用したRTX3060はRTX3000シリーズの下位モデルです。あらゆるスペックが上位モデルに比べて劣っていますが、特にバス幅が192bitと低いです。

Resizable BARはメモリの転送量に関連する技術なので、このバス幅の低さがマイナスに働いたのではないかと思われます。

ただ、Resizable BARを使えば、ゲームにもよりますが、FPSは向上します。もしResizable BARを使える環境があるのなら、設定しないよりはしたほうがよさそうです。

また、Resizable BAR非対応ゲームの場合、Resizable BARの効果はあまりないものと理解したほうがよさそうです。

まとめ

今回検証にあたって使用したゲームソフトはBattlefield VとCyberpunk 2077の2本のみなので、Resizable BARの効果に関してはまだはっきりとしたことは言えません。

ただ、自分の見立てでは少なくともRTX3060では、Resizable BARの受けられる恩恵は少ないと予想しています。

今後もResizable BAR対応のゲームを手に入れたのなら、その都度検証していきたいと思います。