【2024年5月更新】ゲーミングPC最新セール情報

RTX3060をレビュー!性能をGTX1070Tiと比較

COLORFULのRTX3060

NVIDIAのグラフィックボード、RTX3060を購入したのでレビューしたいと思います。自分が今まで使っていたグラフィックボードはGTX1070Tiでした。

RTX3060をGTX1070Tiと比較して、性能にどれくらいの差があるのか、検証したいと思います。

目次

RTX3060とは

RTX3060は2021年2月に発売されたRTXシリーズのビデオカードです。RTX3060はRTXシリーズの中で最もグレードが低い、いわゆる下位モデルという位置づけでした。

ところが、2022年2月、さらに下のモデルのRTX3050が発売されたことで、下位モデルという位置づけから脱出しました。2022年現在、RTX3060はRTX3000シリーズの中位モデルとして扱われています。

ここでRTX3060の性能を上位のRTX3060Ti、下位のRTX3050と比較してみます。

RTX3050RTX3060RTX3060Ti
アーキテクチャーAmpereAmpereAmpere
製造プロセス8nm8nm8nm
SM数20基28基38基
CUDAコア数2560基3584基4864基
RTコア数20基28基38基
Tensorコア数80基112基152基
ROP数32基48基80基
テクスチャーユニット数80基112基152基
ベースクロック1552MHz1320MHz1410Mhz
ブーストクロック1777MHz1777MHz1665Mhz
メモリスピード14Gbps15Gbps14Gbps
メモリ容量GDDR6 8GBGDDR6 12GBGDDR6 8GB
メモリバス幅128bit192bit256bit
PCI-ExpressGen4×8Gen4×16Gen4×16
消費電力(TGP)130W170W200W
参考価格49,000円69,000円85,000円

RTX3060は上記のスペック表から、RTX3050とRTX3060Tiの丁度中間くらいの性能になっているのが分かると思います。

ただ、VRAMの容量だけ12GBと上位モデルのRTX3060Tiより多いです。VRAMの容量は多ければこしたことはないので、このVRAM容量の多さはRTX3060の強みになります。

あわせて読みたい
RTX3050をレビュー!GTX1650、RTX3060と性能を比較 RTX3050はAmpereアーキテクチャを採用するRTX30シリーズのエントリークラスのビデオカードです。 今回はPalit製の「RTX 3050 StormX 8G」を購入したので、RTX3060、GTX1...

COLORFULのRTX3060通常モデルを開封、外観チェック

COLORFULのRTX3060通常モデルを開封、外観チェック自分が購入したのはCOLORFULのRTX3060です。製品名はColorful RTX 3060 NB 12Gです。OC版ではなく、通常モデルです。残念ながら2022年現在、購入できないモデルとなっています。

グラフィックボード本体とクイックガイド
開封してみました。同梱物はグラフィックボード本体とクイックガイドの2つです。ドライバが入っているCD-ROMもなく、非常にシンプルです。

COLORFULのRTX3060の外観
本体です。印象としてはとにかくデザインが派手です。そして3連ファンモデルなのでデカいです。低負荷時に、ファンが自動停止する「Intelligent start-stop fans system」に対応しています。

横は310mm、縦は130mm
横は310mm、縦は130mmです。

厚みは53mm厚みは53mmです。

COLORFULのRTX3060の裏面
裏面です。バックプレートが装着されています。

COLORFULのRTX3060の上面上面です。COLORFULというロゴがあります。ちなみにこのロゴは光ります。8ピンの差し込み口は中央から少しずれたところにあります。

COLORFULのRTX3060のインターフェイス
インターフェースはDisplay Portが3つ、HDMIが1つです。

重さは約1032g
重さは約1032gでした。1kgを超えています。

GTX1070TiとRTX3060
自分が今まで使っていたGTX1070Tiと比べたのですが、やはり一回り大きかったです。

黒鴉に組み込んでみたPCケースに組み込んでみました。

COLORFULのロゴが光る電源を入れるとCOLORFULロゴが光ります。発光パターンは複数あり、光らせ方を変えられます。もちろんOFFにも出来ます。

RTX3060のベンチマーク

CPUcore i5 8400
マザーボードZ370 GAMING PLUS
メモリDDR4-3200 8G×2(KD48GU880-32A160U)
グラフィックボードRTX3060 / GTX1070Ti
SSDNVMe 240G(CRAS C700 M.2)※OS用
電源ユニット750W(V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP)
OSWindows 10 Home
ドライバ461.72
ディスプレイ3840 x 2160@60 Hz(BenQ EW2780U)

ベンチマークに入る前に自分のPCのスペックを紹介します。CPUがcore i5 8400と古いのでRTX3060の性能をフルに活かせていません。ご了承ください。

resizable barという機能も本来はあるのですが、残念ながらCPU、マザーボードが対応していないので、使えません。

ただ、近い将来CPU、マザーボードを最新のものに買い替える予定なので、その時改めて検証したいと思います。

なおベンチマークはGTX1070Tiを比較対象としています。GTX1070TiはASUSのTURBO-GTX1070TI-8Gです。

Time Spy

Time Spy


Time SpyはグラフィックボードのDirectX 12の性能を測るベンチマークソフトです。RTX3060はGTX1070Tiと比べて約2000程高いスコアを獲得しました。

PassMark(3D GRAPHICS MARK)

PassMark(3D GRAPHICS MARK)


PassMarkはCPU、2D、3D、メモリ、ディスクのパフォーマンスを測定することが出来るベンチマークソフトです。

今回は3Dのテストのみ行いました。RTX3060はGTX1070Tiと比べて、約3000程高いスコアを獲得しました。

GEEK BENCH 5

GEEK BENCH 5


GEEK BENCH 5はスマホやPCなど様々なプラットフォームでパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。PCの場合はOpenCLのスコアが出ます。

RTX3060はGTX1070Tiと比べて、約50000程高いスコアを獲得しました。

VR Mark Orange Room

VR Mark Orange Room

VR Mark Orange RoomはVRアプリケーションの標準的なパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。

RTX3060とGTX1070Tiの間にほとんど差は出なかったです。

Blender Benchmark

RTX3060GTX1070Ti
bmw2753s1m33s
classroom2m32s4m53s
fishy_cat1m47s3m29s
koro2m55s5m15s
pavillion_barcelona5m6s8m41s
victor12m32s14m45s

Blender BenchmarkはGPUのレンタリングのパフォーマンスを測定するベンチマークソフトです。描画にかかった時間が短いほど、性能が良いということになります。

RTX3060はGTX1070Tiと比べて、大幅に描画にかかった時間を短縮出来ています。

FF14ベンチマーク

FF14ベンチマーク


一番差がついたのがWQHDです。それ以外の解像度ではそこまでの差はほとんどありません。

FF15ベンチマーク

FF15ベンチマーク


フルHD、WQHDでは約1000ほどの差がつきましたが、4Kだと差は縮まりました。

アサシンクリードオリジンズベンチマーク

アサシンクリードオリジンズベンチマーク

約1000程差がつきました。

RTX3060の実ゲームでのパフォーマンス検証

ゲームのベンチマークでは思ったほどの大差はつかなかったです。ここからは実際にゲームをプレーして、ゲームパフォーマンスを検証します。今回検証に使うゲームは以下の7タイトルです。

  • Apex Legends
  • フォートナイト
  • FF15
  • アサシンクリードオリジンズ
  • BF5
  • GTA5
  • モンスターハンターワールド

一定時間ゲームをプレーし、平均フレームレート、最小フレームレートを計測していきます。設定は、全て最高設定にしています。

また、解像度はそれぞれフルHD、WQHD、4Kに設定し、計測していきます。

Apex Legends(演習場)

Apex Legends(演習場)

フォートナイト(クリエイティブ島)

フォートナイト(クリエイティブ島)

FF15(ダスカ地方)

FF15(ダスカ地方)

アサシンクリードオリジンズ(アレクサンドリア)

アサシンクリードオリジンズ(アレクサンドリア)

Battlefield Ⅴ(演習場)

Battlefield Ⅴ(演習場)

Grand Theft Auto V(フランクリンの自宅付近をドライブ)

Grand Theft Auto V(フランクリンの自宅付近をドライブ)

モンスターハンターワールド(ジャグラスと古代樹の森)

モンスターハンターワールド(ジャグラスと古代樹の森)

7つのゲームを合算して、平均フレームレートを算出

7つのゲームを合算して、平均フレームレートを算出

7つのゲームタイトルの平均フレームレートを合算し、フルHD、WQHD、4Kの平均パフォーマンスを算出しました。

フルHD、WQHDにおいては、RTX3060とGTX1070Tiの間には約20fpsくらいの差がつきました。ただ、4Kの場合、差は縮まりました。

ゲームでのベンチマークでは大きな差は出なかったですが、実ゲームでのパフォーマンスでははっきりと差がつきました。

ただ、RTX3060で4Kでのゲームは正直厳しいかと思います。また、WQHDにおいても平均60fpsを下回っているタイトルもあるので、ゲームによってはWQHDも厳しいかもしれません。

フルHDであれば、どのタイトルでも快適に遊べると思います。RTX3060はフルHDをターゲットにしたグラフィックボードだと思います。

RTX3060のDLSS、レイトレーシング性能を検証

RTXシリーズにはGTXシリーズには搭載されていない機能がいくつかあります。その中でも注目なのが「リアルタイムレイトレーシング」と「DLSS」です。

レイトレON
レイトレON
レイトレOFF
レイトレOFF

リアルタイムレイトレーシング(以下レイトレ)は簡単に言うと反射をリアルに表現する機能のことです。この機能をONにすると、ゲームがよりリアルに表現されます。

ただし、レイトレはゲーム側で対応していないと、ONにできません。またレイトレONにすると、強烈な負荷がかかり、フレームレートが落ちるというデメリットが存在します。

一方、DLSSはDeep Learning Super Samplingの略称です。直訳すると、深層学習による画像補正のことです。

これは簡単に言えば、画質の劣化を最小限に抑え、フレームレートを向上させる機能です。レイトレと同じく、ゲーム側でもDLSSに対応する必要があります。

デメリットとしてはゲームによっては、DLSSにすると画質が劣化することがあることと、そしてDLSS対応ゲームでも、解像度によってはDLSSを設定できないものもあることです。

例えば、モンスターハンターワールドではフルHDだとDLSSは設定できません。

また、レイトレとDLSSは併用することが出来ます。レイトレによって落ち込んだフレームレートをDLSSを使うことで底上げすることが可能です。

今回はDLSS、レイトレに対応した下記のゲームを使って、フレームレートがどの程度変化していくのか、検証していきたいと思います。

  • フォートナイト
  • BF5
  • モンスターハンターワールド

なおレイトレ、DLSSはゲームによっては設定で強弱つけられます。今回はどのゲームでも、レイトレは最高設定、DLSSはパフォーマンス設定したいと思います。

あわせて読みたい
グラフィックボードのRTXシリーズに乗り換えると出来ることを3つ紹介! グラフィックボードのRTXシリーズは今までのグラフィックボードと違い、RTコアやTensorコアといった、特徴的なコアを搭載しています。 そのため、RTXシリーズは今までの...

フォートナイト(クリエイティブ島)

フォートナイト(クリエイティブ島)、レイトレ、DLSS


DLSSにすると爆発的にFPSが伸びました。逆にレイトレにすると凄まじい勢いでFPSが下がっていきました。フォートナイトのレイトレ最高設定はいくらなんでも重すぎです。

レイトレとDLSSを併用することでなんとかフルHDであれば平均fpsを60以上維持できました。

Battlefield Ⅴ(演習場)

Battlefield Ⅴ(演習場)、レイトレ、DLSS

BF5はレイトレをONにしないとDLSSを有効化できませんでした。そのためDLSS単体での測定ができませんでした。

やはりこちらもフォートナイトほどではないですが、レイトレをONにするとフレームレートが下がりました。

DLSSはフォートナイトのときと比べてあまり機能していないように見えます。特にフルHD、WQHDの場合は。もしかしたらDLSSが効くのは4K解像度のみなのかもしれません。

レイトレでFPS45だったのが、DLSSをオンにすることで、FPS54まで引き上げることが出来ました。

モンスターハンターワールド(ジャグラスと古代樹の森)

モンスターハンターワールド(ジャグラスと古代樹の森)、レイトレ、DLSS

モンスターハンターワールドはレイトレの設定ができませんでした。また、DLSSもフルHDの時は選べませんでした。

DLSSをONにするとWQHDにおいて、平均FPSが20上昇しました。

RTX3060の消費電力と温度を検証

消費電力

RTX3060GTX1070Ti
アイドル時42W前後45W前後
負荷100%時240W前後220W前後

アイドル時とOCCTでGPUに100%の負荷をかけている時の消費電力の推移をチェックしました。

グラフィックボード単体ではなく、システム全体の消費電力です。

ただ、CPUには負荷がかかっていないので、消費電力のほとんどがグラフィックボードに起因するものになっています。

結果はRTX3060とGTX1070Tiはほぼ同じ消費電力でした。RTX3060はGTX1070Tiより性能が優れていますが、大幅な消費電力増になっていません。

GTX1070Tiに比べれば、電力効率は優れていると言えます。

温度

RTX3060GTX1070Ti
アイドル時37度42度
負荷100%58度77度

アイドル時とOCCTでGPUに100%の負荷をかけている時のGPU温度の推移をチェックしました。こちらは消費電力と違い、かなりの差がつきました。

ただこれはグラボの構造自体で大きな差がついたなという印象です。

RTX3060は3連ファンタイプで、GTX1070Tiは外排気ブロアータイプです。3連ファンタイプは本体自体が大型化しますが、その分冷却に優れています。

RTX 3060搭載おすすめゲーミングPC

MD3655

MDL_57KP
スペック
CPURyzen 5 5500
GPURTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格116,800円+送料0円

MDL.makeの「MD3655」はRyzen 7 5700X×RTX 4060 TiのゲーミングPCです。

Ryzen 5 5500は6コア12スレッドのZEN3世代のCPUです。

Ryzen 5 5600Gがベースなので、L3キャッシュが少な目でゲーム性能に若干不安はありますが、RTX 3060 12GBとの組み合わせであればそこまで問題にはなりません。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MD3655のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
標準のストレージ容量が500GB
M.2 NVMe SSDの増設はできない
クリエイティブ性能は少し弱い

MD3657

MDL_57KP
スペック
CPURyzen 7 5700X
GPURTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(空きスロット0)
マザーボードA520 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格126,800円+送料0円

MDL.makeの「MD3657」はRyzen 7 5700X×RTX 3060のゲーミングPCです。

Ryzen 7 5700Xは8コア16スレッドのZEN3世代のCPUで、性能は十分高く、RTX 3060あたりのビデオカードとの組み合わせであれば、性能不足を感じることはまずないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、A520チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは0なので増設は不可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MD3657のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
M.2 NVMe SSDの増設はできない
標準のストレージ容量が500GB
クリエイティブ性能は少し弱い

MD36124

MDL_57KP
スペック
CPUCore i5-12400F
GPURTX 3060 12GB
メモリ16GB(8GB x2)
ストレージ500GB M.2 NVMe SSD
M.2スロット不明(増設は可能)
マザーボードB760 (Micro ATX)
電源650W 80PLUS BRONZE
価格128,800円+送料0円

MDL.makeの「MD36124」はCore i5-12400F×RTX 3060のゲーミングPCです。

Core i5-12400F」は6コア12スレッドのインテル第12世代のCPUでEコアはありません。実質、Pコアのみですが、シングル性能が高いため、ゲーム性能はスペックの割に優秀です。

スペックが高いCPUではないですが、RTX 3060との組み合わせであれば、性能不足を感じることはほとんどないです。

ただ、CPU性能はそこまで高くないので、動画編集のソフトウェアエンコードなど、クリエイティブ性能は少し弱いです。

ストレージは500Bモデルを搭載。ゲームを複数インストールする予定であれば、不安のあるストレージ容量です。できれば、最低でも1TBへの増設をおすすめします。

1TBへの増設は+7,000円で可能です。

マザーボードは特に記載されていませんが、B760チップセット搭載のMicro ATXサイズのマザーボードを採用。M.2スロットの空きスロットは不明ですが増設は可能です。

メモリはDDR4-3200の16GB(8GB×2)を搭載しています。

PCケースは、特に記載されていませんが、製品写真を見る限り、「Versa H17」、ガラスケースは「S100 TG」を採用していると思われます。ガラスケースは+3,000円で変更可能です。

標準ケースの寸法は幅(W):約205mm x 高さ(H):約400mm x 奥行(D):約423mmです。

ガラスケースの寸法は幅(W):約220mm x 高さ(H):約411mm x 奥行(D):約441mmです。

MD36124のポイント
メリットデメリット
コスパは優秀
PCケースを選べる
M.2 NVMe SSDの増設は可能
標準のストレージ容量が500GB
クリエイティブ性能は少し弱い
あわせて読みたい
おすすめのRTX 3060搭載のゲーミングPCを紹介! 5月のセールで安いモデルを選別 2021年2月、NVIDIAのGPUのRTX 3060を搭載したビデオカードの販売が開始されました。 RTX 3060の立ち位置は、RTX 3060 Tiの下位モデルという位置づけで、RTX30シリーズの...

まとめ

RTX3060はゲームにそこまでの性能を追い求めない、いわゆるフルHDでゲームをプレーする層にとって最適なグラフィックボードです。

本来であれば4万円代で世に出る予定で、ライトゲーマーにとって、ベストなグラフィッボードになったはずです。

ただ、実際は想定した価格より遥かに高い値段で取引されています。本来あったコスパの良さが完全に失われています。

このグラフィックボードの高騰はいつまで続くは未知数です。当分は安くならないという見立てもあります。たとえ値段が高くても、欲しいとおもった時に購入することをおススメします。

動画はこちら↓。

目次